ブラックな信用金庫を辞めたい女性は製造業の経理か総務がおススメ 信金女性の転職に失敗しいない方法

テレアポの女性

信用金庫の女性は地方では花形の職種ですよね。信金に就職したと言えば親は喜びますし近所でも「いいところに就職したねえ」と言われるでしょう。

こういった表のイメージとは裏腹に、信金の女性の仕事はかなり過酷です。

メチャクチャ細かい為替の振込発信は給与発信の事務。
融資関係の稟議を書いたり、通帳発行や定期預金の作成などが永遠に続く作業。
窓口業務になったら預金のノルマがあり、クレーム顧客にも頭を下げる毎日。
出納業務になると、重たい硬化袋をもって器械に効果をぶち込んで、1円でも合わなかったら永遠に帰れない。

こういった、信金経験者でないとわからないストレスがたまりまくる仕事を信金の女性はこなしています。

これに加えて上司がパワハラ上司だったり、お局様に嫌われたりする人間関係のストレスが加わったらもう
普通の女性ではまともな精神状態でいられるわけがありません。

こういう状況で「信用金庫を辞めたい」と思うのはある意味当然の思考とも言えます。

「でも信金を辞めても行くところもないし、結婚でもしないと辞められない」

今では結婚しても、旦那の給料だけではやって行けずに苦しみながら信金に勤め続けている女性も多いです。

もし信金業務が嫌でもう限界だったらスパっと転職すればいいだけです。

ここでは、信金勤めの女性の仕事のキツさと転職する方法をご紹介します。

関連記事:信用金庫の営業はキッツい仕事です

信用金庫の営業ってノルマきついし商品も無駄に多いし、毎日上司にパラハラ受けるし客からのクレームとかで悲惨なほどストレスがたまります。それで給料も大したことありません。こういった悲惨な状態でストレスたまると過労死しますからね。大したスキルも身につかないし銀行業務検定とか時間の無駄ですしね。友人は信金を辞めて会計事務所に転職したのでその話をご紹介します。

信金女性は地方でなりながらブラックな業界です 歩合制でもないのにノルマとかありますしね

まず信金てブラックですよ。給料は地方秘してはそこそこかもしれませんが、地銀より安いですし、その割に

女性がやってることは地銀よりキツイです。窓口業務なんてやった日にはおじいちゃん、おばあちゃんにつかまってしかもキチガイなクレーマーとかたまにきてストレスたまりまくりです。

そこで預金ノルマをやらされて、後方事務に仕事を投げてもなかなか通帳ができないみたいな板挟みになって変えるころにはもう放心状態みたいな状況です。

特に支店によって仕事量の差があるので、お客さんの多い支店に配属されたらもうアウトです。

女性は男性と違って、異動のスパンはあまりなく、なかなか移動しないので、ハマった支店で長い間働くことになります。

そうすると、仕事だけきつくて気づいてみたら30歳になっていた・・・なんて人もけっこういます。

信金の仕事は女性にとっては正直割の合わない仕事です。同じくらいの給料でもまったりヤレル仕事はいくらでもあります。

そもそも、ノルマのある仕事ってのは仕事として選ぶとかなり悲惨です。出来ればノルマのない「BtoB」の仕事を選ぶべきなんですね。

関連記事:「BtoB」の仕事を選ぶとノルマのストレスから解放されますよ

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

信用金庫はつぶしは効かないはウソ 実は経理や総務や営業事務などにはつぶしが効きます

悩む女性

「信用金庫の仕事はほかの仕事にはつぶしが効かない」というのは誤解です。もともとどんな仕事でも異業種になればつぶしが効かないのは当たり前です。

それでも20代のうちなら、異業種への転職も十分間に合います。女性でも営業をやっていたら、30代でも転職は可能です。

信金女性は知らないうちに事務処理の能力はハンパなく上がっています。これは信金以外の業界を見たことが無いからわからないだけで、普通の会社の経理や総務、営業事務などの事務仕事は信金の事務の複雑さ量の多さにくらべたらものすごく楽です。

一度、信金業務をこなしている女性だったら、ほかの教会の事務量など「こんなもんなの?」というくらい余裕なんですね。

それだけ信金の事務は複雑でかつ量が多いです。

そういうことを、人事の採用者は知っているんですね。なので、経理や総務、営業事務、そのほかの女性がやる事務の全般の仕事は20代のうちなら信金女性が転職するのがどこでも可能です。

信金女性でも30代になると異業種への未経験の転職は厳しくなってきます。女性でも信金で営業をやっていれば、地銀の営業は都銀の営業などに転職するなら可能です。

とにかく、信金は仕事の量の割には、給料は地銀や都銀に比べると割安になっているので、さっさとてんしょくしてしまった方が無難です。

信金の事務が嫌になったら自分の適性を考えて転職先を検討して法が無難です

お茶を飲む女性

信金の仕事が嫌になったら、まず自分の適性を考えてみましょう。製造業ならじっくり仕事ができますし、都会に住んでいるなら、外資系企業への転職も十分可能です。

まったり仕事がしたいなら、異業種の事務系の仕事、バリバリ仕事をして高い給料をもらいたいなら外資系の仕事を選んだりと自分の適性を考えてから転職活動をしましょう。

外資系企業はTOEICが600点以上は必要ですが、これは大卒で受験英語をやってきた人なら三か月くらい勉強すれば取ることができるので、それほど恐れることは無いです。

こういった選択肢もあるので、「信金を辞めたいけど転職できない」とは何でいる人なそれほど悩むことなありません。

ただ、転職活動は一人で行うのは求人を探して、履歴書を書いて面接対策をするといったかなり大変な作業になります。

その場合は時間の効率を考えて、転職エージェントをりようするのがおススメです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の適性に合った求人を選んでくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.パソナキャリア

3.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録はスマホでは下段の転職希望時期→希望勤務地と入力していき、パソコンでは公式ページのだいだい色のボタンの「簡単スピード無料登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

リクルートエージェント(←公式サイトに移動します)

 

 

 

リクルートエージェントが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を選択しましょう。

パソナキャリアもJAC Recruitmentも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

パソナキャリアは幅広い求人が多くJAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多いのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア 公式

 

JAC Recruitment(公式)

 

信金の女性ってホントに頭が下がる仕事っぷりですからね。ぶっちゃけ信用金庫って客層が平均的にやっぱり客層が低いわけです。100円ショップと似たような感じです。

たしかに、信用金庫がないと地元もおじいちゃん、おばあちゃんとかが困りますしね。お金持ってきてくるなんて信用金庫しかやってないからです。信金の窓口の女性も大変ですけど、営業の人もめっちゃ大変です。

しかし、残念ながら信用金庫はもういらなくなる金融機関ですからね。

これだけネット銀行が安い手数料で便利なサービスを展開していて、これから仮想通貨などで支払いがキャッシュレスになるのは目に見えて明らかです。

だから、信用金庫ってもういらないわけですよ。貸金業務だってこれからネット銀行とかでの審査になってきます。そもそも、銀行に行ってお金借りる時代ってのが終わるわけです。

信用金庫って積み立ての集金とかやってるでしょ?現金を集めて積み立てしてるわけです。

引き落としとかある時代にこんな非効率なことをやって人件費使ってる金融機関てキッツいですからね。利益率が悪すぎるので、当然ですが合併しまくっています。

合併しているってことはもうそんなに信用金庫の店舗数もいらないわけですね。そりゃそうですよ。そんな集金とかしてる仕事の方法をやってる非効率な金融機関なんて必要ないですからね(;´Д`)

でも今でも女性の場合は金融機関に勤めるのが一種のステイタスになってる???のでしょうかね。女性が金融機関に勤めてもきついだけなんですけどね。

それに、職場結婚とかして今って金融機関の男性の給料ってあんまりよくないですよ。ぶっちゃけ普通の会社と変わりません。都銀となら給料はイイですけど、信用金庫とかの給料は悲惨なくらい給料が安いです。だから職場結婚してもあなたの狙ってる専業主婦とかとても無理ですよ。結局職場で結婚するとあたなもずっと信用金庫で働く羽目になります。

時代も変わりましたよねー。もう末端の金融機関に勤めるメリットは1ミリも無くなってきました。女性は特に信金に勤めてもきつくて細かい作業で、しかも窓口でノルマがあったりするただきついだけの職場になっています。なんとなく時代の流れとは言え現実って厳しいものですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!