損保の営業を辞めたい時の転職方法 きつくてストレスが溜まる損保業界の実態

損保営業

私の大学生のサークルの同級生で損保業界に入った友人がいます。その友人は普通に人当たりがイイなんというか家が金持ちでいわゆる「いいとこのボンボン」みたな奴でした。といっても別に友人なので嫌な奴ではないですけど、若干世間知らずな部分がありました。

なので就職活動も損保業界が激務というかかなりブラックな業界というのをあまり理解してなかったんですね。たいてい損保業界にや言って営業をやるっていう人種は、損保営業は激務だけど給料がいいのでその点は我慢して激務をしよう・・・みたいに割り切って入る奴が多かったです。

でも、その友人はそういったことをあまり考えずに聞いたことがある有名な損保会社だったから入ったみたいな感じで入社してしまいました。その時やっぱり私は「こりゃ長くはもたないだろうな」とは思っていました。

4年ぶりくらいにサークルのOBの飲み会で会ったときには、やはりその友人はすでに損保会社を辞めた後でした。ちょうど損保の営業を辞めた直後でかなり顔つきも攻撃的というかぎらついたものになってましたけど、それでも精神的にも肉体的にももう限界だった・・・と言っていましたね。

かなりきつい思いをしてみたいですね。そりゃ損保の営業ですからね、キツイってわかってんのにどうして入ったのか・・・たまに意識が高い人が間違って入ってしまいますがその友人も「意識が高い」感じで損保業界に入ってみたいです。学生時代には気付かなかったことです。

詳しく友人に辞めた理由を聞いてみました。

損保の営業は日本の悪い会社の風習を全部持っている職場

もともと損害保険の業界っていうのは「損保」といっても種類があります。良く知られた自動車の保険から火災保険、地震保険、貨物運送保険とかの損害保険があります。

やっぱりメインは自動車保険で、損保の営業はこういった損害保険というものを取り扱う誇り高い仕事だ・・・ということを最初に吹き込まれるみたいです。

損害保険がいきわたっている日本だからこそ、これだけの経済発展をしてきた・・・みたいに仕事のプライドをあおってやる気を起こさせるみたいですね。友人はこういった作戦的なのにハマったみたいでした。

こんなテンションで入社しても、入社してすぐに損害保険の業界がどういったものかと言う現実が分かってしまうんですけどね。もう損保の営業は生き地獄のような仕事内容みたいでした。

とりあえず入社したら自爆営業をする これが永遠に続くのが損保の業界です

まず損保業界に入ったら最初にやることが自爆営業です。自爆営業って郵便局の職員が年賀状を自腹で買ったり、お中元とかお歳暮のギフトを自腹で買ったりするアレです。

郵便局員は下手なブラック企業顔負けのきつい労働環境になっています。自爆営業、夜遅くの配達、限界を超えた配達物の量。顔負けというよりすでに民営化してるのでブラック企業ということですよね。ブラック企業大賞いも顔を出してますしね。実際どういうふうに激務な子かを見ていきましょう。その上で郵便局員は改めて辞めたほうがイイというのを再認識しましょう。

とりあえず、損害保険会社に入ると自分の車を買わされます。この自爆営業はすでに車を買う代理店もメーカーも決まっています。いわゆる大口取引先ですね。

それでもって、その自動車代理店(ディーラー)で「余った車」を買わされます。いわゆる不人気者で在庫が余っているものですね。それによって自爆営業価値が上がるわけです。

いきなり親友社員で入って、300万円以上するあんまり売れてない不人気車種のミニバンとかを買わされるわけです。そんなデカい車買っても一人で乗るわけですね。

どうせ損保の営業になったらずっと仕事ばっかりでスキーとかそういったレジャーなんてできないのにミニバンを友人は買わされたみたいです。

こういうことをする業界って何でしょうかね?結局、自爆営業をしている業界って長期的にみればダメになっていくと思います。それだけ自爆営業に頼って効率的に仕事を回すことを放棄していますし、とくに損保業界はそういって空気が大きいですからね。まあ、何とも言えませんけど今ではネット損保とかも充実してきていますし、こんな自爆営業をやっている大手の損保っていうのはいらなくなってくるような気がします。

実際私も、自動車保険なんて毎月の保険料が高くて、ネット損保に乗り換えましたからね。そのほうが人件費がかかってない分かなり安いです。

こういった古い慣習を根強く続けている業界は根本的に未来が無いので見切りをつけたほうが賢い選択なんですね。

寝ている時間以外はずっと仕事の損保営業の仕事 休みでもお客さんの対応をすることは日常茶飯事で仕事のみをする人生

損保の営業は基本長時間勤務です。営業ですからね。ノルマも当然きついですし、お客さんの対応は24時間ありあますからね。最近では24時間ネット対応している損害保険会社がほとんどです。

損保の営業は事故の連絡を受けて、24時間事故を受けてその対応をしてきます。日中はその事故対応で追われているので、ずっとスマホが鳴りっぱなしというわけです。

昼間はとにかく事故処理や損保の契約処理に追われるので、契約の見積もりを作ったり、契約書を作ったり事故処理の書類を作るのは夜、事務所に帰ってきてからです。

夜遅く22:00~24:00くらいまで事務処理の仕事をして帰るのは終電と言うこともザラです。しかも、夜でも緊急の事故対応もある場合もあろので24時間仕事を言いるような感覚です。

休みの日でもお客さんに会ったりして対応しすることも多いですしね。これは「営業」と名のつくものをやっていれば当たり前と言えば当たり前です。

たまの休みでもノルマのことや事故処理のことが頭を離れずリラックスすることができないので、だんだんと精神的に追い詰められてきます。

損保の仕事は人間のどす黒い部分を見続ける仕事 だんだんと人間不信になって精神を病んできます

損保の仕事って結局、自動車事故とかがあった時に対応するわけです。そういう事故の状況って人間のどす黒い部分がハッキリ出るんですね。

とにかく、損保の仕事は自己なんかだとモロにお金が絡んだ「利害関係」が露骨に出てきます。お金が絡むと人間ものすごく「本性」を出しやすいです。

あきらかに過失があって、自分が悪いような事故でも損保の営業に対して「お前何とかしろよ」「保険屋だったら何とかしろ」「私は一切悪くないだからなんとかしろ」とか意味不明な理論でつっかかってきます。そう事故とかになって自分の過失を少しでも減らそうとすると、人間思い切り本性が出ますからね。

いやあ、人間て怖いですよ。相手が損保の保険やだと思うと普通に「お前」「バカか」「死ね」とか普通に暴言を言うみたいですからね。そんな風に普通に会社で言ったらアウトですからね。ブラック企業たとかだとこういった言葉使いが日常茶飯事ですけどね。

そう人間利害がからんだりお金が絡むと、人間性がモロ出ます。そういった見たくもない人間の悪い部分を毎日のように見続けるのが損保の営業の仕事なんですよ。

もう、仕事とはいえこういったことがあるってことはブラックな仕事なんですよ。そこまでしてお金とかもらいたくないです。私だったらそう思いますけどね。

こういう状況なのでいままで世間知らずだった友人の精神は簡単にダメージを受けていくわけです。

結局、上司に媚びへつ割らないと生活できない悪しき日本企業のわかりやすい業界

さて、損保の営業はとにかく営業成績とか良くても出世できません。仕事の査定をするのは上司なので、「上司に気に入られなければ出世はできない」という色が特に大きい職場です。これって銀行関係もそうでした。私も地銀に勤めていた時代はこういった上司への媚びへつらいはウンザリしていました。

地方銀行(地銀)にいると営業やらされてやたらノルマがきついです。そのため仕事も当然長時間残業を強いられて精神的に追い詰められていきます。そうすると辞めたいと思うのは当然です。ブラック地銀の兵隊は給料も安くて出世しにくいですし、出世のためには上司に媚びを売る必要があります。それができないなら労働環境を変えてみる必要があります。

損保の営業が上司にこびへつらわなければ「いけない」のは営業成績とか普段の行動とかが全くと言っていいほど評価されないからです。いかに自爆営業を率先してやったり、上司と飲みに付き合ったりゴルフをしたりするというのが出世でもっとも効果を発揮します。

なぜなら、損保の営業って別に事故処理とかをやっていれば誰でもできる仕事なんですよ。要は我慢強いだけというか特別、スキルが高くなくてもできる仕事なんですね。ストレス耐性だけがあればできる仕事です。

だから、別に優秀な人でなくても割とこなすことができます。仕事が優秀にできても逆に上司の鼻につくだけで逆に嫌われます。

適当に仕事をやってあとは上司に媚びへつらうのが損保の営業ではとても大事なことなんですね。いやあ最高の業界ですよ。私だったら耐えられませんね。

当然私の友人がこういった「上司に媚びるのが」ヘタでした。仕事はそこそこできたみたいですけど、損保業界ではそういうのは意味ないですしね。いかにどんなバカな上司にでも気に入られることがとても大事です。なんだか書いていて悲しくなってきましたよ。

こういった上司に媚びないと出世できない業界もだんだんと長期的にはダメになっていきます。普通に考えて効率よく利益を上げる体制ができるとは到底思えないからです。

これからの時代は損保業界も競争が厳しくなりますし、そもそも損保って入ります?消費が減っていく世の中で真っ先に辞めるのって保険関係ですからね。

保険なんてほんとは最低限のものだけでいいですから、真っ先に見直しの対象になりますからね。そのあたりが分かっていればこれから伸びていく産業ではないというのが素人でも簡単にイメージできます。

損保の営業がもう精神的にも肉体的も限界だという場合には労働環境を変えることを検討する必要があります

上述のような労働環境で友人は4年ほど働いていましたが、精神的と肉体的に限界がきて損保会社を退職しました。

いまでは、地元の会計事務所に入って会計職員として働いています。損保営業の時代よりも給料は下がりましたけど、決算時期以外は普通に定時で帰れますしノルマもなくストレスもたまらず人間らしい生活ができると言っていました。

男性が事務職というと転職が難しいと思われがちですけど、実務経験をゲットするための裏技を使って経理職や総務職についていくことができます。とにかく実務経験が必要とされることが多い事務職に転職できるようにしていきましょう。

損保の営業の仕事に限界を感じているなら労働環境を変えることが必要です。正直、金融系の仕事というのはどこに行ってもハードです。そこそこ給料はもらえますけど、どうせやるなら外資系の仕事をやったほうがいいです。なぜなら、外資系の仕事は激務でも実力が評価されますし、なにより上司に媚びが必要って言うことは全くありません。

それに給料は2~3倍になりますしね。ある程度、仕事をするのに自信がある人なら外資系企業などがおススメです。損保の仕事をやっていた人なら外資系企業の仕事でもこなせると思います。

外資系企業のメリットは、日本的な人間関係のしがらみが無くて給料が高いということにあります。仕事ができても給料が上がらなないという矛盾が外資系企業にはありません。仕事に自信がある人なら迷わず外資系企業い転職すべきです。日本的なしがらみが無いのは想像以上に仕事がやりやすいですよ。

また、仕事が激務なイヤならメーカーなどの製造業に勤めるのも選択肢の一つです。メーカーなどはそれほど激務なところが少ないですし、ホワイト工場に入れば定時には帰れるし残業があってもしっかりと残業代がつきます。

また週に2日休めますし有給休暇もしっかりと消化できます。正直、損保の営業よりも労働環境は天と地ほども違います。そう結局金融系の仕事ってブラックなんですよね。私も地銀時代は本当に生きている感じがしなかったです。人生でも「死んだように生きている」時期でした。それでも製造業に転職してからは人間らしい生活ができるようになったので感謝しております。

ホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

損保営業から転職するのが不安だ 転職してブラック企業に捕まったら怖い・・・と言う不安がある場合には

損保の営業から転職するのが不安だ・・・転職しても、もしブラック企業に捕まったら最悪だ・・・・こういった不安はどうしても出てきます。

しかし、そういった場合には一度優良な求人を紹介してもらって自分の眼で求人を見てみることで悩みは解決していきます。

優良な求人を見ることで、世の中にはよい求人があるという確認ができますし、自分がこれからやりたい仕事を判断することもできます。また転職への不安も和らいできます。

ただ、ハローワークやちまたにある普通の求人誌ではブラック企業がたくさん掲載されています。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからです。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動に的確なアドバイスをしてくれます。

転職は難しいというイメージがありますし、たしかに簡単ではないですからね。私も実際、転職活動をするまでは不安でした。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスを受けつつ履歴書を書いて面接対策をしていけばそれほど難しくはありません。

準備と対策をすれば内定は取れます。私も対策をしたおかげで内定は3つほど摂ることができました。

特に優良な求人を紹介してもらうのは一番大事な部分で、求人を見る言ことで自分が転職活動をするかどうかの判断にもなるので求人は見るのはやってみるのがいいですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

転職サイトDODAで求人探し

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!