編集者の仕事がつらいから辞めたい 低賃金と長時間労働の業界の闇と呪縛から逃れる方法

編集者

編集者の仕事ってきついですよね。もうこの仕事がキツイっていうのは、情報としていくらでも得ることができるので、編集者になる人は「きつい仕事でもいいから出版にかかわるしごとをしたい」という強い意志があってこの仕事を選んだのでしょう。

ただ、そういった強い意志を崩してしまほどの、編集の仕事にはブラックなパワーがあります。

編集者になるって人は、出版業界にかかわってクリエイティブなものと接する仕事をしたいという意識が高い系の人がほとんどです。

ただ、やっていることは普通にブラックな労働です。長時間労働で給料は安いですし、やっていることは文章の校正や誤字脱字のチェックや紙面に掲載すするときの構成を考えたりと、あくまでも補助の仕事です。自分で文章を書いているわけではないですからね。

最近ではウェブ関係にその市場を奪われてきて、紙媒体の出版物も減ってきています。雑誌という概念がそのうち無くなるんじゃ?と思えるくらいですからね。ネット見てればほとんどの情報も入ってきますしね。

そう、編集者の仕事って「クリエイティブな媒体にかかわりたい」という意識が高い系の理由だけでやっていける仕事じゃないんですよ。

編集者はブラックな激務とあまり将来性がない仕事ということで先行きは暗いです。自分の将来を考えるなら一度この仕事を続けるかどうかを考えれ見るべき時なのかもしれません。

編集者の現実の激務はかなりきついですからね 実際どういった状況なんでしょうか

今更ですけど、編集者のブラックな仕事っぷりを具体的見見ていきましょう。

こういったブラックな仕事環境でもなにか「やっていきたい」と思えることがあれば編集者を続ければいいですし、もう限界で辞めたいなら労働環境を変えていくべきでしょう。

長時間残業、休日出勤は当たり前でそれが致命的なミスにながることもある

編集者の仕事は普通に長時間残業で毎日終電になるのは当たり前ですからね。その時点で「仕事」と考えるとちょっと異常です。

また、出版の締め切りが近いと休日出勤で間に合わせるのも当たり前。こういった残業や休出に手当はつかないケースがほとんどです。

これ、時給に換算すると700円とか行ってないんじゃないですかね?ちょっと怖すぎますね。

特に編集者の仕事は、出版物を世に出してしまうと訂正が効かないので、とにかくミスは許されません。

文字もそうですけど写真の指し間違えとかあると取り返しがつかないですからね。でもこういった長時間残業で仕事をやってると疲れが蓄積されて自分では信じられないミスと化するんですよ。人件費削減で一人の編集作業量がハンパないですからね。

そういったミスをすると、会社に損害を与えたり減給とかになったりすることもよくあります。でもさあ、これだけ働かされてミスが全くないってものそりゃ無理だろと思いますけどね。

締め切りを守らない人の担当になるともう最悪

編集の仕事でめんどくさいのは、作者や原稿を書く人が締め切り守らない人がいることですよ・・・これって原稿が無ければ編集の自分の仕事もできないってことですからね。マジでこれはいい加減にしてほしいところです。

特に週刊誌なんかで締め切り守らない作者に当たったらほんと最悪ですからね。そもそも締め切りを守らないっていう人は社会人としては欠落してますからね。でも作家とかってそういった社会人として欠落してるから作家やってる人が多いですしね( ;´Д`)

締め切り守るように言っても普通にキレる人もいますし、印刷会社からももうダメだ間に合わないよとか言われて結局、作品が落ちることもありますしね。

こんな苦労誰もわかってくれないですけど、結局自分がいくら頑張っても、締め切りを守らない作者とかに当たったらアウトということです。そんなこで余分な仕事増やして、ストレスまで溜まってやってらんないですからね。

そもそも最近では話題性だけのブログの焼き増しの書籍が多い もうこんなの辞めたいよ

最近ではブログを書籍化するのも多いですよね。これって、実際アマゾンとかでブロガーが書いた書籍とか読むと内容がかなり薄っぺらい・・・そもそもブロガーって文章に関しては素人同然ですからね。

いちどアマゾンでブロガーが出してる電子書籍とか読んでみるとわかりますよ。ものすごく内容が薄っぺらいですから。呼んだあとで時間返してくれと思うくらいです。

ただ、ウェブでの活字がこれからも主流の媒体になってくるので、ブログの書籍化なんかの仕事も多くなってきます。

そういったブロガー的な輩を相手にするわけですよ。これって編集者としてはかなりきついですよ。

上質な文章やクリエイティブな媒体にかかわりたいと思っても現実は素人同然のブロガーとかと付き合うことになるわけですから仕事のやる気も低くなって言うというのは当然でしょうね。

こういった編集者の仕事が耐えられなくて限界にきていたら労働環境を変えることを検討するのが無難です。

上述したようなのは、編集者の仕事のきつい部分の「一部」ですけど、こういった状況が耐えられない場合は、労働環境を変えてみることも検討するのが無難です。

転職するかどうかは別にして、編集者が労働環境を変えていくという場合にはどいうった方面に労働環境を変えていけばいいのか見てみましょう。

ウェブ系の編集者なら長時間労働が少ない会社も多い

最近ではネットの普及でウェブ系の媒体が活発になってきました。そういったウェブメディアへの編集者も必要とされてきているんですね。

よくネットを眺めていると、企業がウェブ媒体としてブログ形式で上げているコンテンツが多いです。

そういったウェブ媒体を編集する仕事は、紙媒体を編集していたノウハウがそのまま生かせますし、なにより、ウェブは簡単に訂正もできるメディアなので、労働時間そのものも紙媒体の編集者よりもかなり短くなります。

長時間労働の地獄から脱出できるんですね。それでいてクリエイティブな媒体にかかわることができるので、今までの経験を生かせる業界と言えるでしょう。

異業種に転職する

編集者から異業種に転職するというには、未経験でOKな会社を選ぶ必要があります。といっても30代前半くらいまでなら未経験でOKな会社は多いので、異業種に転職する場合はなるべく早い方がいいわけですね。

異業種に転職する場合は、仕事に対してどういった希望があるかを具体的に書き出しておくのがイイでしょう。

残業少ない会社

サービス残業がない会社

定時で帰れる会社

週休2日制の会社

年収400万円以上の会社

といった希望を具体的に考えておいてそれに沿った求人を一度紹介してもらうのがベターです。そうすればどういった仕事があってどういった業界、どういった会社が自分にとっての条件い近いものがあるかというのがあります。希望が100%通る会社ってのは

少ないですが70~80%くらい自分の希望を満たしていればその会社に入ってからも仕事の満足度は高くなるでしょう。

そういう求人を紹介してもらうには転職エージェント利用するのがベターです。

転職するのがイマイチ不安だという場合には・・・

編集者から転職するといても、転職がうまくいくかどうかが不安で怖い。そもそも転職活動ってやったことが無いから不安がある。

こういった場合には、まずは、優良な求人を紹介してもらうのがいいでしょう。自分のどういった会社に入りたいかを希望を考えてそれを伝えて、求人を紹介してもらえば転職の方向性が見えてきます。

ただ、ハローワークや普通の求人誌で求人を探してもブラック企業ばかりなので難しいです。ハロワなどは掲載企業を審査していないのでどんな会社でも掲載できてしまうんですね。そうなるとブラック企業がガンガン掲載してくるわけです。

転職エージェントでは、厳しい基準で企業を審査しているためにブラック企業はほとんどないんですね。

転職活動って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをうけながら履歴書を丁寧に書いて、面接対策をすれば内定を取るのはそれほどむつかしくはありません。準備を正しくやるかどうかで決まってくるですね。転職エージェントではプロのアドバイスを受けることができるので準備を入念に行うことができます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!