生命保険営業がきつくて向いてないから辞めたい 激務でノルマがキツイ仕事のわりに給料が安い仕事

雨の中のリーマン
まあ、生命保険の営業なんでブラックな仕事なんですよね。ネット上とかでいくらでもそういう情報ってありますからね。

だから、求人誌なんかではいつでも生命保険営業の求人が載っています。そりゃあブラックだからすぐに辞めてしまいますからね。

生命保険の営業の辞めてしまう率は8割以上ですからね。ほとんどの人がすぐに辞めてしまいます。

でもどうしてそんなにブラックなのに生保営業を始めてしまう人がいるかというと、それは情弱だからなだけです。

もちろん、生保営業で美味しいのは「トップクラスの一部の営業」だけです。

後のフツー以下の営業は、きついだけで給料も悪くていいことは一つもありません。

生保営業の求人ていいことばっかり書いてあるんですよね。

福利厚生がイイとか、主婦が家事とか育児をやりながら仕事だできる、あなたの人脈を生かせる、営業はフリーであなた次第で時間の管理ができるとかね・・・

これって現実は、福利厚生なんてショボいですし、営業の交通費とか自腹ですしね。

お客さんから電話がかかってきて夜遅くとかに会わなければいけないこともあって、育児とか家事なんてやってる暇ありません。

人脈生かせるって言ってもねえ・・・これってあなたの親戚とかに生命保険を売ってこいって言ことですよ。

営業する時間はフリーってことはサービス残業でいくらでも働けってことです。

これに加えてノルマがきつくて、上司から毎日、ノルマのことを言われます。

そう、それにこんなご時世で生命保険なんて売れると思います?ちなみに私は生命保険は一つも入っていません。

なぜなら、その掛け金で健康になる努力をしたらいいわけですしね。そのほうがよっぽど効率がイイです。

とまあ、これだけブラック企業な要素がオンパレードなのが生命保険営業の実態です。

 

関連記事:生保レディはキッツい仕事だからヤバいですよ

生保レディ辞めたい ノルマがきつくて人間関係が悪い職場で無理がある理由
生保レディはごく一部のスーパー営業以外は低賃金でサービス残業も多い超ブラック業種です。離職率は8割と圧倒的に高い離職率を誇ります。ノルマ達成はほとんど無理で結局、いいように使われて限界が来たらやめてくれと言われる典型的なブラック企業です。女性が無理に営業職をやるよりも、定時で帰れる仕事はいくらでもあります。そういう事情をご紹介しています。

生命保険営業って仕事が激務で割に合わないですよ 結局美味しい思いをするのは生命保険会社だけ

うつ病イメージ

生命保険の営業って基本女性ですよね。

そう女性を営業にして、安い賃金で生命保険を売らせる。しかもその営業の親族とかなんでも生命保険を契約させるので、最悪、そのあとすぐその営業が会社を辞めたとしても、親族だけには生命保険を制約することができるんですよね。

どのみち、雇い主である生命保険会社はオイシイわけですね。うまくできていますよ実際。

そんでもって、生保営業ってやってみたあなたならわかりりますけど、とにかくノルマはキツイ、そもそも生命保険なんて売れない上司にネチネチノルマのことを言われる、残業代なんてつかないから時給に換算すると800円も行かないかもしれない。

みたいなことになるわけですよね。

ちょっと考えると、「マジかよ?」って思うくらいの効率の悪い仕事です。仕事は必ず時給換算してくださいね。

給料が良くても、残業月に200時間とかして休日出勤でそれが全部サービス残業だったら、時給にすると1000円以下なんていうのがザラです。

それなら普通に派遣で工場のラインでユルい感じで働いている穂が100倍いいですよ。工場派遣とかでも時給1300~1500円くらいもらえますしね。しかも残業すれば残業代は出ますね。

製造業の仕事って普通に定時で帰れるし残業代もつくし、有休休暇も完全に消化できますしね。正月、ゴールデンウィーク、お盆と長期休暇があって給料もそこそこいいです。なによりノルマとか無いですし、サイコでしょマジで。

関連記事:ホワイト工場の仕事はオイシイ

ホワイト工場を選ぶポイントと特徴【オイシイ仕事で給料もイイ】
ホワイト工場に入りたいと思ってませんか?本記事ではホワイト工場を選ぶポイント・ホワイト工場に入るためのツール・ホワイト工場に入るとこうなる・・・を説明しています。ホワイト工場に入りたい方は必見です。

そう、生保営業は時間がエンドレスなうえに、ノルマがキツイという時点で割に合う仕事ではありません。

私ならそんな仕事絶対やりませんけどね。そもそもノルマがあって給料が低いって時点でいいように会社に利用されているだけですからね。

そんな生保営業を続けたいですかあなたは?やっぱり向いてない辞めたいと思っているんですよね。

でも、いいですよ。辞めても。だって世の中にはもっとユルくて割のいい仕事はいくらでもあります。

さっき言った工場の派遣のラインの仕事だって、生保営業よりはマシですよ。ノルマも無いですし、定時に帰れるし残業代もつきますからね。

生保営業よりいい仕事なんて世の中にはいくらでもあります もっと視野を広げましょう

あなたが「生命保険営業をやっていきたい、どんなにキツクてもいい」というならしょうがないですが、向いてないとおもっているなら、さっさと割りのイイ仕事に転職したほうがイイです。仕事は生活をするための手段という

意味合いが強いですからね。キャリアアップとかを考える以前に、労働環境がまともでないととても続けていくことはできませんしね。

よほどのドMじゃないと労働環境のキツイ仕事って長続きしないですよ。それほどまでして仕事をしていく意味がありません。

ということで、転職するわけですけど、生保営業より割のいい仕事っていくらでもありますよ。

女性がユルくはたらけるなら、派遣とかでの製造業なんかがおススメです。特に自動車系なんかの派遣では

女性は重たいものを持たせてはいけないという労基法があるので、軽作業をやることになりますしね。

テキトーにライン作業をやって、定時に帰れて残業もつきますし、ぶっちゃけ仕事はユルいです。私は製造業の派遣を管理する係をやっていたのでまず間違いないです。

もし、割りにいい仕事がわからなければ

「定時で帰れる」

「残業代がキチンとつく」

「ノルマが無い」

「人と接する回数が少ない仕事」

こういった基準で仕事ヲ選べばわりにいい仕事に出会えます。

間違っても「人と接するのが好きだから接客業をやりたい」なんて若い何も知らない娘が言うような青臭い理由で仕事を選択しないでくださいね。接客業とかはどんな仕事でも基本「キツイ」です。それがいいならキツイ仕事の代表である飲食業とかで働いてみてください(^O^)/

もし生保営業を辞めたいと思っているなら、人と接するストレスが仕事では、かなりきつくなってくるというのを経験しているはずです。

別にプライベートで人と接する分にはいいんですよ。あくまで「仕事」に関しては人と接するとストレスになりますからね。

それがストレスに感じないなら、生保営業をずっとがんばって続けてください。

私の知人で生命保険営業をやっている人がいますけど、一人としてなんというか、生活に余裕のある人ってのがいないんですよね。それでいて生命保険営業ってハードな仕事ですからね。

冒頭でも言いましたけど、生命保険てぶっちゃけ売れないですよ。

そもそも、日本は健康保険が「国民皆保険」ですからね。国民全員が健康保険に入っているわけですし、重い病気になったとしても「高額医療制度」があって、病院に支払う額も極端に高額になることはありません。

だから、病気で癌になったとしても、普通に高額医療制度とか使えば、別に家が破たんすることはないんですね。

そんなことよりも、タバコや酒を減らして、健康に気を使ったほうが100倍いいです。高額な生命保険を払って、不健康な生活をしている人がいっぱいなのは、ちょっと頭おかしいんじゃないのか?と思います。

こういうことに、ネットの普及もあってみんな気づいてしまってるんですね。

それに独身率も上がっているので、独身の人が生命保険とか入らないでしょ?だって家族がいないんですから、自分が死んだところでお金を残してもしょうがないわけですからね。

こういう現代的な事情があって、生命保険はオワコンです。

そもそも、ビジネスモデルとして、営業が人海戦術で保険をするって言うこと自体が、ネットが普及している世の中でナンセンスすぎます。普通にネット生保とかのほうが掛け金も安くて、楽ですしねこれからそちらにシフトしていくわけです。

生命保険の営業って時代の流れに乗ってないわけですね。これから金融の仕事は無くなっていくわでです。

どうせやるなら外資系の生命保険の営業をやったほうがイイですよ。外資系はさらに仕事が大変ですけど、その分結果を残せば普通に30代でも年収2000~3000万円とか行きます。

私が地銀時代に同期の営業でトップ営業だった奴が、30歳くらいで外資系の生命保険会社に転職していきました。その後は、なんとか成績を上げて年収2000万円になっていましたからね。そのまま地銀に勤めていてもせいぜい年収600万円くらいで打ち止めだったでしょう。

とにかく、生命保険営業は激務な割に給料もたいして良くないので、身の振り方は考えていったほうが無難なのは間違いありません。