生保営業が向いてないと思った時点で転職すべき理由 もっと楽で給料がまともな職場はいくらでもあります

雨の中のリーマン
まあ、生命保険の営業なんでブラックな仕事なんですよね。ネット上とかでいくらでもそういう情報ってありますからね。

だから、求人誌なんかではいつでも生命保険営業の求人が載っています。そりゃあブラックだからすぐに辞めてしまいますからね。

生命保険の営業の辞めてしまう率は8割以上ですからね。ほとんどの人がすぐに辞めてしまいます。

でもどうしてそんなにブラックなのに生保営業を始めてしまう人がいるかというと、それは情弱だからなだけです。

もちろん、生保営業で美味しいのは「トップクラスの一部の営業」だけです。

後のフツー以下の営業は、きついだけで給料も悪くていいことは一つもありません。

生保営業の求人ていいことばっかり書いてあるんですよね。

福利厚生がイイとか、主婦が家事とか育児をやりながら仕事だできる、あなたの人脈を生かせる、営業はフリーであなた次第で時間の管理ができるとかね・・・

これって現実は、福利厚生なんてショボいですし、営業の交通費とか自腹ですしね。

お客さんから電話がかかってきて夜遅くとかに会わなければいけないこともあって、育児とか家事なんてやってる暇ありません。

人脈生かせるって言ってもねえ・・・これってあなたの親戚とかに生命保険を売ってこいって言ことですよ。

営業する時間はフリーってことはサービス残業でいくらでも働けってことです。

これに加えてノルマがきつくて、上司から毎日、ノルマのことを言われます。

そう、それにこんなご時世で生命保険なんて売れると思います?ちなみに私は生命保険は一つも入っていません。

なぜなら、その掛け金で健康になる努力をしたらいいわけですしね。そのほうがよっぽど効率がイイです。

とまあ、これだけブラック企業な要素がオンパレードなのが生命保険営業の実態です。

生命保険営業って仕事が激務で割に合わないですよ 結局美味しい思いをするのは生命保険会社だけ

うつ病イメージ

生命保険の営業って基本女性ですよね。

そう女性を営業にして、安い賃金で生命保険を売らせる。しかもその営業の親族とかなんでも生命保険を契約させるので、最悪、そのあとすぐその営業が会社を辞めたとしても、親族だけには生命保険を制約することができるんですよね。

どのみち、雇い主である生命保険会社はオイシイわけですね。うまくできていますよ実際。

そんでもって、生保営業ってやってみたあなたならわかりりますけど、とにかくノルマはキツイ、そもそも生命保険なんて売れない上司にネチネチノルマのことを言われる、残業代なんてつかないから時給に換算すると800円も行かないかもしれない。

みたいなことになるわけですよね。

ちょっと考えると、「マジかよ?」って思うくらいの効率の悪い仕事です。仕事は必ず時給換算してくださいね。

給料が良くても、残業月に200時間とかして休日出勤でそれが全部サービス残業だったら、時給にすると1000円以下なんていうのがザラです。

それなら普通に派遣で工場のラインでユルい感じで働いている穂が100倍いいですよ。工場派遣とかでも時給1300~1500円くらい

もらえますしね。しかも残業すれば残業代は出ますしね。

そう、生保営業は時間がエンドレスなうえに、ノルマがキツイという時点で割に合う仕事ではありません。

私ならそんな仕事絶対やりませんけどね。そもそもノルマがあって給料が低いって時点でいいように会社に利用されているだけですからね。

そんな生保営業を続けたいですかあなたは?やっぱり向いてない辞めたいと思っているんですよね。

でも、いいですよ。辞めても。だって世の中にはもっとユルくて割のいい仕事はいくらでもあります。

さっき言った工場の派遣のラインの仕事だって、生保営業よりはマシですよ。ノルマも無いですし、定時に帰れるし残業代もつきますからね。

生保営業よりいい仕事なんて世の中にはいくらでもあります もっと視野を広げましょう

あなたが「生命保険営業をやっていきたい、どんなにキツクてもいい」というならしょうがないですが、向いてないとおもっているなら、さっさと割りのイイ仕事に転職したほうがイイです。仕事は生活をするための手段という

意味合いが強いですからね。キャリアアップとかを考える以前に、労働環境がまともでないととても続けていくことはできませんしね。

よほどのドMじゃないと労働環境のキツイ仕事って長続きしないですよ。それほどまでして仕事をしていく意味がありません。

ということで、転職するわけですけど、生保営業より割のいい仕事っていくらでもありますよ。

女性がユルくはたらけるなら、派遣とかでの製造業なんかがおススメです。特に自動車系なんかの派遣では

女性は重たいものを持たせてはいけないという労基法があるので、軽作業をやることになりますしね。

テキトーにライン作業をやって、定時に帰れて残業もつきますし、ぶっちゃけ仕事はユルいです。私は製造業の派遣を管理する係をやっていたのでまず間違いないです。

もし、割りにいい仕事がわからなければ

「定時で帰れる」

「残業代がキチンとつく」

「ノルマが無い」

「人と接する回数が少ない仕事」

こういった基準で仕事ヲ選べばわりにいい仕事に出会えます。

間違っても「人と接するのが好きだから接客業をやりたい」なんて若い何も知らない娘が言うような青臭い理由で仕事を選択しないでくださいね。接客業とかはどんな仕事でも基本「キツイ」です。それがいいならキツイ仕事の代表である飲食業とかで働いてみてください(^O^)/

もし生保営業を辞めたいと思っているなら、人と接するストレスが仕事では、かなりきつくなってくるというのを経験しているはずです。

別にプライベートで人と接する分にはいいんですよ。あくまで「仕事」に関しては人と接するとストレスになりますからね。

それがストレスに感じないなら、生保営業をずっとがんばって続けてください。

割のいい仕事はハローワークとかでは無いですよ 転職エージェントを使ってください

気楽なサイクリング

割りのイイ仕事というと、ハローワークとかには絶対ないですよ。というかハロワはブラック企業のオンパレードですからね。

これも普通に知られていることですけどね。

ある程度、きちんとした仕事で割のいい仕事は「転職エージェント」を利用してください。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが企業を審査しているので、ブラック企業はありません。

あなたがしっかりとエージェントとの面談で

「定時で帰りたい」

「ノルマが無い仕事」

といった条件を最初言っておくことが大事です。その条件での仕事を選んでくれれうわけですからね。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!