生保レディ辞めたいとかいう記事多いけど ノルマが嫌な人は無理だよ転職したほうがいいよ

悩む牛

生保レディの仕事ってブラックですね。普通に知恵袋とか読んでてもそんなのばっかりですし

友人のお母さんが生保レディやってましたけど、なんかホント仕事辛そうでした。シングルマザーでしたからね。頑張るしかなかったんでしょうね。

生保レディって、入社するまでは、

「福利厚生がしっかりしてる」

「育児や家事を両立できる」

「君は人脈が広そうだから期待できる」

「営業してて空いている時間は自由に使えるからね」

とかいいことばっかり言われます。そうすると普通に生保レディとして普通に入社しちゃうんですよこれが。

でも実際入ってみると悲惨なんですよね。ほんと悲惨。

実際営業のノルマほきつくて、特に最初は営業のなんてやったことない人は、新規の契約なんか取れません。

結局、親族を頼ったりすることになります。

育児や家事を両立できるわけないですよ。そもそも生保レディに限らず営業って、普通の人が仕事を終えて帰ってきたときに訪問することも多いので、夜20時とか21時とかにいくのもザラです。こんな時間を主婦が家空けられます??

小さい子供とかいたら絶対動けませんよね。

ちなみに営業の交通費とか、交際費とかは自腹です。経費で落ちません。いやこれって営業にとって致命傷ですね。

当然普通に残業代とかでないですしね営業の典型です。このあたりでブラック臭がプンプンするのが生保レディの世界ですね。

そもろも生保レディってすぐにやめるために離職率が激高い

えっと生保レディの離職率は「8割」です・・・・

えええ?マジですか?8割の離職率って超絶ブラック企業並みじゃないですか。でもこれが現実です。

生保レディって普通に生理止まりますからね。そうです。精神的なノルマのストレスと人間関係、お客さんからの理不尽な要望など「人間関係」のストレスマックスです。

もうこの時点で生保レディって割に合わないと思いませんか?あなたはそれでも生保レディを続けるんですか?

友人のお母さんが生保レディやってましたけどホント靴すり減らして精神すり減らしてましたね

友人のお母さんが生保レディやってましたけど、しょちゅううちにも来てました。ノルマがきついんでしょうね。

そのお母さんは、どう見ても不器用で「営業向いてないなあ・・・」って感じでしたけど一生懸命でしたよね。

それでも、生命保険てそもそもネット生保や損保の押されて下火なんですよ。だってネットの生保とか損保のほうが安いし充実してますからね。

そりゃあ、ネットのほうが人件費かかって無いですから。だから、そのお母さんがいくら頑張っても生命保険なんて売れませんよ。

そのお母さんは結局体を壊して入院しました。そのあと当然生保レディを辞めました。なんでも精神的なストレスで倒れたそうです。

いやこれ、生保レディの仕事って怖すぎます。もっと割のいい仕事いくらでもありますよ。視野広めましょうよ。

関連記事:生保営業は本当にきつい

生保営業が向いていないと思ったら、労働環境を変えていくのがベターです。生保営業は一部のトップ営業だけが利権をもらえる、超ブラックな職種ですからね。もっと楽で給料がまともな職業はいくらでもあります。

生保レディってハードですよ 普通にノルマ地獄で典型的な営業ができない人には地獄が待ってますね

というわけで、生保レディを辞めたいというあなたは全くもって、「普通の健全な精神」を持っている人です。

そりゃあ、もっといい仕事ありますよ。なんで相手生保レディを選ぶのかがよくわかりません。

そもそも、営業は相当タフでまったく人の顔色とかが気にならないほど鈍感な性質を持っている人じゃないとのし上がっていけません。あるいみ「鈍感力」が高い人じゃないと無理です。

普通に繊細な人は地獄を見ますよ。とくに、生保という形のないお金がかかる商品を売るのはかなり難易度が高いです

だって、もともと生命保険てなくても生きていけるじゃないですか。

そういう無くても生きているものって売るのがとても難しいです。それを無理に売っていくために高いノルマを設定してやっていくわけですから、そりゃ仕事に無理が出ます。

生保レディは使い捨てです。8割辞めていくので、いつでも求人誌に求人が載っています。辞めたら補充するという典型的なブラック企業のやり方と全く一緒ですね。そのあたりをしっかり認識してください。

関連記事:ノルマ地獄に追われるとこうなります

新卒でブラック企業に入って5年ほどたちました。毎日ストレスをためながら仕事していくなかで、あることがきっかけて「奴隷洗脳」が解けてきます。そうするとだんだんと「この会社ヤバくねえか?」と冷静に考えられるようになってきました。ネットの普及で「ブラック企業」という用語が出てきた時代でもあります。

いやこれって普通に工場とかの派遣とか事務職とかのほうが全然気楽でよくないですか給料とかもそこまで違わないですよ

あなたは普通にノルマのない、定時で終わるような仕事が指定とは思いませんか?

私がいた製造業の仕事での工場での仕事なんかではけっこう、主婦の人とかが派遣で入っていましたよ。

仕事は軽作業でそれほど疲れませんし、定時で帰れます。もちろん残業とかやっても残業代は絶対つきますし人間関係も楽でノルマなんか当たり前ですけどありません。自給も1300円とか1500円とかもらえるので、それほどわるくありません。

参照記事:ホワイト工場は最高の労働環境

ホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

事務職で入っている人もいますね、正社員の人もいますけど派遣でも事務所に配属されて、システムがやってくれる事務処理を

補助する仕事でパソコンがある程度できれば誰でもできる仕事です。ノルマに追われたり、上司からノルマのことで追い詰められたりはしません。

もちろん定時で帰れるので、主婦とも両立できます。

女性がやる仕事で、生保レディってかなり過酷で割に合わない仕事ですよ。どうして生保レディなったの?とちょっと

??????な状態ですけど、あなたが辞めたいならすぐに辞めてノルマ無く定時に帰れる仕事を長期的にやったほうが

生活の安定のためには絶対そっちのほうがイイです。

ただ、転職するには正社員でも派遣でも転職エージェントを使うのは必須です。普通に求人誌を使うだけだとまた変なブラック企業に引っかかってしまいすからね。

生保レディを辞めたいから転職したい・・でも不安だというのもありますけど・・

生保レディがいくらブラック企業だからといっても退職して転職するというと実際不安なものです。

ただ、転職が不安というのは実際に求人を見てもあまりいい求人がないから・・・と言う現実があります。

たしかにハローワークや普通の求人誌を見ると、正直まともな求人は少ないです。特にハローワークはとても国が運営しているモノとは思えないくらいひどい求人ばかりです。

その理由は、求人を載せる企業を審査する機能が無いからなんですね。依頼があった会社の求人はなんでも掲載してしまいます。

転職エージェントでは紹介する求人の会社は審査があります。当然ブラック企業の求人は、転職エージェントの評判を下げるので紹介される企業にブラック企業があることはほとんどありません。

そういった優良な求人を紹介してくれる場所で、求人を見てみると視野が広がって転職活動がそれほど難しくないというのが実感できるはずです。

実際、正しく優良な求人を選んで、履歴書対策・面接対策をすれば転職活動はむつかしいものではありません。

少なくとも、ブラック企業で働き続けて体を壊したりするリスクのほうが圧倒的にたかいものです。

そこに気づくか気付かないかで人生が大きく変わってくるはずですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!