印刷業の仕事はきついしブラックな理由【工場系の楽な仕事紹介】

印刷業の仕事はきついしブラックな理由【工場系の楽な仕事紹介】

印刷業ってきつくてブラックな仕事なのかな?

印刷業がきつい理由ってどんなかんじなのかな?

印刷業以外にいい仕事ってないのかな?

こういった疑問にお答えしています。

本記事の内容

印刷業がきつくてブラックな仕事の理由

印刷業がきつくてブラックな仕事の理由

印刷会社に勤めていた知人とかみんな転職しました

この業界はホントもう拘束時間が長い割には給料も激安でいいことが一つもないです。

金銭面とか健康面とか考えると続けていくべき仕事ですか?

あんまり激務な割に給料が安いとかなり精神的にストレスがたまってきます。

紙を印刷するって言うこと自体が世の中から無くなりつつあります。

全てWEBで管轄する世の中なんです。

ネットでの本人確認書類(運転免許証とかのアレ)もスマホで写メ撮ってアップロードするくらいです。

本もアマゾンでkindle(キンドル)でダウンロードして、部屋の中に本とか置きたくないですしね。

印刷業界をディスってるわけじゃあないですけど、将来性も無いですし、しかも薄利多売方式で仕事ばっかり多くて給料が少ないという、ブラック業界にありがちな経営方向になっているのは間違いないです。

もう転職したほうがイイっすうよマジで。そうしないと人生が破滅します。

関連記事:DTPオペレーターもキッツい仕事ですからね

DTPオペレーターを辞めたい 将来性が無い薄給で長時間残業の業界の実情
DTPオペレーターは給料が安く長時間働く典型的な技術職の仕事です。クリエイティブな部分がほとんどなく淡々とパソコンを操作していく今期の必要な作業です。若いうちなら激務に耐えられますが30歳を超えると頭打ちになり若いうちにデザイナーになったり、異業種に転職していくといった行動が必要になってきます。

印刷業界って完全ペーパーレスになってきている世の中で必要ないです

ペーパーレスの時代になってきました。

特にもうリーマンショック後の2008年以降はその動きが加速しています。

「紙媒体って何?」というくらい紙で処理することは少なくなってきています。

コピー機会社のリコーなんかもかなり厳しい経営状況になっています。

サラリーマンをやっているのですが、やっぱりもうコピーとか印刷とかしないです。ましてや名刺とかも簡単に印刷ソフトがあるので、普通にプリンタで印刷できます。

書籍も当然先ほど言ったkindleですし電子データですからね。だから印刷単価も足元を見られてメチャクチャ低くなっています。

だから仕事ばっかり多いでしょ?月に300時間以上働いても給料が安い印刷業界。転職して月に160時間くらい働いてその会社のほうが給料がよかったという知人がいました。

このリアルな話を聞いて「これはちょっとな・・・」と思いましたよ。

そういう状況にあるので、印刷業界の未来はありません。これは断言できます。

勤めているあなたも気づいているんですよね?でもなんとなくわかっていても、どうしようもなく不安でも転職する気になれない・・・・

そこまで不安になることは無いですよ。今時では転職のリスクも減ってきていますし、きちんとした転職活動のツールもあります。

仕事がキツイ上に利益も上げれないブラックな業界

もともと仕事がキツイ上にですね、利益も上げららないというジレンマがあるのが印刷業界です。一言で言えば「ブラック」な業界なわけです。

印刷工場では巻き込まれて死人とか出てますしけっこうキッい業界です。

これはもう時代の流れ的にしょうがないことです。印刷するもの自体が無くなってきていますからね。

自社で開発した特殊印刷の技術がないと生き残りはきついでしょう。

でも、もしあなたの印刷会社が普通にただ印刷を受注して単価下げられて、仕事量ばかり増えているなら、もうそんなに先は短くないです。

印刷業界自体が仕事が無くなっていく時代に、そういった特別な差別化ができていない会社はどのみち潰れていきます。

そうい会社と共倒れするか、さっさと転職先を見つけて人生を立て直していくかはの判断はあなたしかできません。

関連記事:印刷業界と同様にゼネコン業界も衰退産業なんですよね

ゼネコン(建設業)を辞めたい ブラック企業な実情と衰退産業からは自分から脱出すべきです
いわゆるゼネコンはやめとけ激務だからといわれてますけど、建設業は言わずと知れたブラック企業で残念ながら衰退していく業界です。ゼネコンに勤める人から現場監督、末端の職人までとにかく工事単価が低く人件費を削りまくってるので、納期もぎりぎりで長時間労働、サービス残業、休日はない人間関係も悪いという悲惨な状況です。こういった労働環境からはいち早く脱出すべきなのです。

紙を使った業界はもう衰退していくのはしょうがない

私はもとも地方銀行で働いていて、転職したんですけど今ではネット銀行とかネット証券をメインで使ってます。

手数料が安いですし、証明書とか本人確認とかもペーパーレスですからね、PDFや写真をアップロードして対応できます。

紙を印刷したりコピーしたりしてそれを郵送するってのはものすごいてまですし、金もかかるしろくなことが無いです。

そもそも紙って金かかるし今ではスマホでPDFも観れるしメモとかもエバーノートとかで記録出ますし、メモ帳とかも全部スマホでメモっています。

クラウドに保存しておけばなくなることも無いですしね。手帳とかって無くしたら一貫の終わりですからね。

こう考えると,もう紙媒体の利用価値ってほとんどありません。

物を印刷するっていう行為自体が無くなってきています。

もう3年くらい雑誌とか買ったことが無いすよマジで。ネットで全部情報を見ることができるので、雑誌とか金出して買わないですよ。

ペラペラな雑誌でも500円以上しまうすからね。ここに金を出す人は相当裕福な人か思考停止してるひとなんでしょうね。

本を読むときもアマゾンでkindleで読んだり、図書館で借りたりするので紙媒体の本を買うことはほとんどありません。

本を買うと場所を取りますからね。kindleのほうが安いですし、紙媒体の本を買うメリットもぶっちゃけ全くありません。

こうやってちょっと周りを見渡して自分の生活を眺めてみると、印刷して利用するものは確実に減ってます。

わざわざこういったこれから無くなっていく産業に携わっていくことも無いと思います。特に仕事として選ぶならこれから成長してく産業、業界を選んでください。

どっちにしろ激務ならその方が全然いいです。

印刷業以外で楽な仕事(肉体労働系)

印刷業以外で楽な仕事(肉体労働系)

印刷業以外で楽な仕事(肉体労働系)は以下の通りです。

製造業の工場
食品加工工場の工場
ビルメンテナンス
マンション管理人
常駐警備員
セルフのガソリンスタンド

このあたりが肉体労働でも楽な仕事です。

工場系の仕事でも工場の仕事は「印刷業よりは楽」「印刷業より給料がいい」です。

同じ工場を選ぶにしても、自動車や電子機器や食料品加工の工場のほうがいいですね。

ビルメン・マンション管理人・常駐警備員などは、拘束時間は長いですが、仕事内容はかなり楽です。

基本とレブルさえなければ「いるだけ」ということも結構多いので、ストレスもたまりにくいです。

セルフのガソリンスタンドは、スタンドによってはクレジットカードを売ったりすることを強制されたりしますが、特に「夜勤」だと人も来ないのでやることは少ないです。

知人でセルフのガススタをやってる人がいて、夜勤専門で、ずっとスマホいじってるみたいなこと言ってましたし・・・・

一般の求人の探し方については転職活動する3つの方法【効率のいい活動でブラック企業に入らない】の記事に詳しく書いてるのでどうぞ。

工場系の仕事の探し方は工場の仕事に就職する方法【メリット・デメリットで説明あり】の記事にくわしくかいてるのでどうぞ。

まとめ

印刷業の仕事はきつくてブラックで給料もやすい・・・です。

スマホやタブレットの普及でこれからは「紙を印刷する」ということはドンドン減っていきます。

印刷業はムリにやる仕事でもないので、どうしてもやらなければいけない理由がない限りさけたようがいいでしょう。