ブラックな印刷業界を辞めたい きついし将来性が無いから別の業界に転職すべき理由

どうです?あなた印刷業界に勤めていて?

印刷会社に勤めていた知人とかみんな転職しましたからね。この業界はホントもう拘束時間が長い割には給料も激安でいいことが一つもないですよね。マジで。しかも将来性が無いというのはもう勤めているあなたもわかっていますよね?

どうですか?金銭面とか健康面とか考えると続けていくべき仕事ですか?あんまり激務な割に給料が安いとかなり精神的にストレスがたまってきますからね。

もうアレですよ。紙を印刷するって言うこと自体が世の中から無くなりつつあります。全てWEBで管轄する世の中なんですよね。

ネットでの本人確認書類(運転免許証とかのアレ)もスマホで写メ撮ってアップロードするくらいですからね。

本もアマゾンでkindle(キンドル)でダウンロードして、部屋の中に本とか置きたくないですしね。

とまあ、印刷業界をディスってるわけじゃあないですけど、将来性も無いですし、しかも薄利多売方式で仕事ばっかり多くて給料が少ないという、ブラック業界にありがちな経営方向になっているのは間違いないですよね。

もう転職したほうがイイっすうよマジで。そうしないと人生が破滅しますよ。

印刷業界って完全ペーパーレスになってきている世の中で必要ないですよね

電話する女性

そうペーパーレスの時代になってきました。特にもうリーマンショック後の2008年以降はそのうごきが加速しています。

「紙媒体って何?」というくらい紙で処理することは少なくなってきています。コピー機会社のリコーなんかもかなり厳しい経営状況になっていますからね。

会社にいて思うのですが、やっぱりもうコピーとか印刷とかしないですよね。ましてや名刺とかも簡単に印刷ソフトがあるので、普通にプリンタで印刷できます。

書籍も当然先ほど言ったkindleですし電子データですからね。だから印刷単価も足元を見られてメチャクチャ低くなっています。

だから仕事ばっかり多いでしょ?月に300時間以上働いても給料が安い印刷業界。転職して月に160時間くらい働いてその会社のほうが給料がよかったという知人がいました。このリアルな話を聞いて「これはちょっとな・・・」と思いましたよ。

そういう状況にあるので、印刷業界の未来はありません。これは断言できます。

でもそれって、勤めているあなたも気づいているんですよね?でもなんとなくわかっていても、どうしようもなく不安でも転職する気になれない・・・・

そこまで不安になることは無いですよ。今時では転職のリスクも減ってきていますし、きちんとした転職活動のツールもありますからね。

関連記事:残業100時間でもこんなにきついのに印刷業界はそれ以上にきついわけです

残業100時間やらされて、サービス残業で休日出勤もあって・・・と言う会社なら辞めたほうがイイです。正直人生に未来が無くなってしまいます。違法行為ですしね。残業100時間やると現実どういうことになるかの実例と労働環境を変えていくべき理由をご紹介しています。普通に転職活動をしていったほうが前向きですよ。

しかも仕事がキツイ上に利益も上げれないので、もう完全にいてはいけないブラック企業 死人も出てますしね

無く女性

もともと仕事がキツイ上にですね、利益も上げららないというジレンマがあるのが印刷業界です。一言で言えば「ブラック」な業界なわけですね。印刷工場では巻き込まれて死人とか出てますしけっこうキッい業界です。

これはもう時代の流れ的にしょうがないことです。印刷するもの自体が無くなってきていますからね。

あなたの会社とかは自社で開発した特殊印刷の技術とか持ってますか?そういう会社なら生き残っていけるでしょう。

でも、もしあなたの印刷会社が普通にただ印刷を受注して単価下げられて、仕事量ばかり増えているなら、もうそんなに先は短くないです。

印刷業界自体が仕事が無くなっていく時代に、そういった特別な差別化ができていない会社はどのみち潰れていきます。

そうい会社と共倒れするか、さっさと転職先を見つけて人生を立て直していくかはの判断はあなたしかできません。

私だったら、ソッコーで辞めて転職活動しまますけどね。辞めてくても仕事しながた転職活動します。そうしないとなにも状況はよくならないですし、これから仕事が薄くなっていく業界と面倒れしていくなんてのはまっぴらごめんだからです。

関連記事:印刷業界と同様にゼネコン業界も衰退産業なんですよね

いわゆるゼネコンはやめとけ激務だからといわれてますけど、建設業は言わずと知れたブラック企業で残念ながら衰退していく業界です。ゼネコンに勤める人から現場監督、末端の職人までとにかく工事単価が低く人件費を削りまくってるので、納期もぎりぎりで長時間労働、サービス残業、休日はない人間関係も悪いという悲惨な状況です。こういった労働環境からはいち早く脱出すべきなのです。

会社を選ぶって規模とかじゃなくて「成長性」「独自性」などを重視して選ぶ激なんですよね

残念ながら印刷業界は衰退産業ってのは素人でもイメージできます。仕事をしていても紙媒体ってホント使わなくなってきましたからね。

個人的にはキンドルで充分と言った感じです。部屋とかにスペースが足りなくなるので、本を購入するならキンドルで買って、あとは図書館とかで本を済ませていますしね。

領収書とか、契約書も電子データになってきていますし、これは時代お流れなので所が無いことです。印刷業界が悪いというわけではなく、時代の流れのために衰退してく産業ってのはどうしても出てきます。

逆にこれから伸びていく業界もあるわけですね。IT業界はこれからも当然に成長するでしょうし、独自の特許を持った会社や、独自のビジネスモデルを展開してる会社、業界のシェアをマイナーな部分でも独占できている会社なんかはまだまだ成長してきます。

会社が大企業とか規模とかあまり関係ないですからね。どれだけ「成長性」「独自性」があるかが膾炙を得れぶうえで大事です。

そういう意味では印刷業界などは残念ですが、成長し行くとは思えませんし、相当な差別化ができればまた別ですが、そういう企業を探すよりも、成長していく業界を探したほうが楽ですし効率がイイです。

平たく言うと、これからおカネが大きく動くであろう業界をチェックしていく必要があります。

関連記事:これから成長していく企業をチェックしていこう

大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

ということで転職するにはハロワとか使っちゃあだめですよ きちんとした転職ツールを使いましょう

「印刷業界の仕事を辞めたい」「印刷業界の仕事は未来が無い」と思っているなら転職活動をしましょう。

とはいってもハローワークとかで求人を探してダメですよ。あそこはブラック企業の合コン会場ですからね。イイ女とおもって

付き合って見たらとんでもないブラック企業という求人ばかりです。求人情報に平気でウソ書きまくってますからね。ホント酷いもんですよマジで。怖いですハローワークって。

ブラック企業の常套手段「求人詐欺」という手口があります。平気で求人でウソツキまくりの求人詐欺で労働する奴隷を捕まえて死ぬまでこき使うのがブラック企業お普通のやり口です。そこにひっかからないためには自分で自分の身を守るしかないんですよね。ハローワークでもこういった求人詐欺の求人はいくらでもあるので、ハロワは使わないほうがイイですよ。

ということで、転職するには「転職エージェント」を利用してください。なぜなら、転職のプロであるエージェントが求人企業を審査しているのでブラック案件はありません。ここが大きなメリットです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

もちろん登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!