仕事の邪魔をする上司がいる場合はブラック職場 キチガイ上司と関わりを絶つ方法

凸凹コンビ

キチガイ上司シリーズみたいになっていますけどね。今回はwww仕事を邪魔する上司っていまよね。

特に、営業なんかで成績を上げなければいけない場合って、もちろん個人的にも一人一人成績を上げなきゃいけないんですよ。

そうすればそれが店の性的になり、結局は会社の利益に直結するので、個人の営業成績が上がるってのは本来会社にとってもその部下の上司にとってもメリットがあるわけです。

ただ、仕事を邪魔するキチガイ上司のの思考は違っていて「こいつ営業の仕事できるな。仕事が俺よりできるなんて許せん邪魔して潰してやろう」ってことになります。

なぜか仕事のできる部下がくるとその人の邪魔をして潰そうとします。これってたぶん自分の地位を脅かされる?

とか思ってるんですかね?でも部下の成績が悪くなれば自分の評価も下がるってこをが「すっぽり」と思考から抜けてるような気がします。

でも実際邪魔されましたからねー。

「営業日報を出すと日報の書き方が悪いとか言って書き直させる、ちなみに営業日報を書き直すとかいうレベルの書類ではない」」

「営業の周り方に文句をつける。順番が悪いとか意味不明なことを言ってくる」

「仕事を終えて帰ろうとすると必ず何かどうでもいい仕事を与えてくる。永遠に帰れない」

「事務所でコピーを取っていると、そんな暇あるな外に出て回ってこいという。いやいやお客さんの書類をコピーしないとお客さんに迷惑かかるだろ。何言ってんだこの人」

「お前辞めてくれていいよ」と言われたので「じゃあ辞めます」と言ったら焦りまくっていた。
「家に帰ってから夜中に携帯に電話がかかってくる。何事かと思ったら今日のあの書類どうなった?とかどうでもいい電話いや店を出てからそんなくだらないことで電話してくるなよ」

とまあまだいくらでもあるんですけど、ネチネチと行動にいちいち難癖をつけてきます。これを毎日やられるとトップ営業もたちまち精神的に参ってきて、つぶれていきます。クラッシャー上司ですね。たまりません。

とまあ、こういう仕事を邪魔する上司ってけっこういますよね。自分に自信がないのか、よくわからないですけど、まずゴミです。こういうゴミに心当たりがある人いますか??

もしあなたが上司に仕事を邪魔されているなら、さっさと見切りをつけて転職しましょう。私はこの時点で転職せずそこから数年まだ頑張ってしまいました。

ものすごくその数年を後悔しています。結果的には転職しましたが、行動はなるべく早いほうが良かったという後悔は未だにあります。

 

関連記事:きれいな上司を潰す方法

嫌いな上司を潰す方法 ゴミなパワハラ上司復讐するには社外に訴えたほうがイイ理由
クズでむかつく嫌いな上司を潰すには社内で相談しても無駄です。労働基準監督署に訴えるか弁護士に相談して上司を訴えましょう。懲らしめて精神的に追い詰めて潰すにはそうしたほうがイイです。そこまでするくらいの価値がある行動ならですけどね。そんな会社さっさと見切りをつけて辞めてしまうも効率的な人生を渡ってい行くための方法でもあります。

どこに行ってもゴミ上司はいるが、会社によってかなり質は変わる 激務な会社はゴミパラハラ上司がいる確率は高い

結局どこの会社に行ってもこういうゴミ上司はいます。仕事の邪魔するって、いったいどういつもりで仕事してるんですかね。

仕事って働いて賃金もらうだけなのに、そんなことしたら人としての価値がさがりまくって、しかも仕事辞めたら相手にしてくれる人とかいませんよ?

でもまあ仕事辞めたら一人で孤独に生きていくんでしょうね。ただ、こっちに迷惑かけないでほしいですよガチで。

価値観の違いはあるけど、仕事なんで時間売って金もらってるだけです。これはあくまでも私の価値観ですけど、実際突き詰めると雇用契約なので、そういう仕組みです。サラリーマンなんて。なのでなるべくならこういうゴミ上司がいない会社のほうが「効率的に」賃金がもらえます。

イヤな気分で働くって本当に嫌ですからね。なんであえてこういうイヤな気分にさせるんですかね?そういう邪魔したあととか気分が良いんですかね?やっぱりサイコパスとかそういうたぐいなんでしょうね。だから罪悪感とかないんでしょう。

ただ、こういう輩って会社を変えると、その会社の質によってなり減ります。

やっぱりブラック企業はこういうゴミ上司が平均して多いです。ホワイト企業はこういう上司は少ないです。

これって上司って、いい上司に当たるか、ゴミ上司にあたるかは完全に「運だけ」です。なのでそのゴミ上司に当たる確率を下げるには、質のいい会社にはいるしかないんですよね。

質のいい会社は上司にするにもある程度「人間性」まで昇進に考慮している会社です。こういう会社のほうが結局利益が上がっていくんですけどね。要は、仕事ができて、人間性もイイ人が上司になれば当然会社は伸びていきます。

こんな簡単なことがわかっていないので、つぶれる企業も多いです。東芝とかシャープとか・・・・

というわけで、仕事の邪魔をする上司がいたら転職したほうが良いです。まずそういう会社ってそのまま勤めていてもまったく希望が持てなかったですね。

だって仕事しても邪魔されるんですよ?だったら仕事しないほうが良いじゃないですか。当時はかなりマジメだったのでそんな状況でも仕事してました。

マインドがすっかり変わった今だったら、そんな目に合ったらとりあえず次の日から会社に行きません。そのまま一週間くらい体調不良で休みます。そのまま診断書もらって求職しますね。

そして転職活動をします。仕事が決まったら会社は辞めるという方法を取りますね。マジメに仕事してた自分がアホみたいでした。

転職したらさすがにそのときは転職先はキチンとした会社をえらんだので、そりゃそりが合わない上司もいましたけどさすがに「仕事を邪魔する」上司は今のところいません。そこは大きな進歩でした。

転職には転職エージェントを利用して、非公開求人のなかから製造業を選んで受けましたね。数社の中で内定をもらうことが出来てホント精神的には助かりました。

転職エージェントについては以下の記事を参照にしてください。仕事邪魔する上司がいたらガチで辞めたほうが良いですよ。

まったく未来がありませんそんな会社。そんなのを上司にできるんだから大したもんですよね。本当にね。

仕事を邪魔する上司ってのは罪の意識とかを感じないサイコパスがほとんどです これって人格障害なのて改善するのは不可能なんですね 怖いです

仕事を邪魔する上司って、普通に考えると部下の仕事を邪魔するわけですから、自分の業績も下がる可能性もあるわけですよね。自分の首を自分で絞めているっていうわけですからね。

こういう仕事を邪魔する上司の心理って、実はただ自分の本性を実行してるだけです。

ほとんどがサイコパスなんですよね。こういう人たちって。サイコパスっていうのは

「罪の意識を感じない病気」「良心の呵責とかが無い」

っていう精神障害です。だから、こういった行動が改善すること絶対なないんですよね。

参照 精神病質(サイコパス) ウィキペディア

サイコパスでも本当に重症というかレベルのたかいサイコパスだと人を殺すこととかが楽しいと思うレベルの人間もいます。猟奇殺人とかをする人間はこのレベルの人間ですね。

職場で部下の仕事を邪魔したりするのはプチサイコパスです。法律を犯さない程度で人をイジメのがメチャクチャ好きで罪の意識とか良心の呵責とかないんですよね。

そういう人間が人をイジメるのは「趣味」みたいなもんです。人をイジメて

「こいつを壊してやったよ」

とか自慢する奴っているでしょ?完全に人格が壊れています。

ただ、サイコパスって知能も高いタイプの人間が多くて、自分の身を守る能力も高いので、それこそ法律違反すれすれの線で人をイジメたりします。自分が捕まるようなことはめったにしません。

だから、仕事の邪魔する上司って自分の首を絞めてるように見えますけど、ただ単純に自分の趣味(人をイジメる)を職場で楽しんでるだけです。それ以上でもそれ以下でもありません。

もうわかるでしょ?こういう人間に当たってしまったら状況は改善する伊ことはありません。できることはその環境から逃げ出すことです。

このサイトで何度も言ってますけど、「逃げる」ことはものすごく大事な行動です。

逃げることをネガティブな感じで言うことが多いですけど、逃げる行動ができる人が生き延びることができますからね。

この環境にいてうつ病になったりして自殺したらまあそれは逃げることができなかった人です。気持ちはわかりますけど、死んだら終わりですし死なないまでもそんな佳境にいて仕事してても意味ないってわかりますよね?仕事は世の中にたくさんありますし、少なくとも今の環境よりはいい環境ってのはいくらでもあるってのは現実です。

関連記事:サイコパス上司とは関わらないほうがイイ

営業職で上司のパワハラで会社を辞めた経験 罵声説教イジメのサイコパス上司は最悪だ
ブラック企業でよくありがちな上司のパラハラ。まあ耐えることなんてないんですよね。パラハラなんてそもそもそんなの相手にするより労働環境をスパッと変えたほうが人生うまくいきますからね。さっさと見切りをつけていきましょう。ノルマと激務、長時間労働の上にそんなサイコパス野郎につきあってると確実に人生が傾いてきますからね。

ただ転職活動は不安があるというケースも多い

上司がキチガイでいやでも、さすがにそれが理由で転職っていうのはちょっと怖い。そういった不安はあります。

たしかに転職をするっていうのは行動に起こすにはなかなか勇気がいるものです。

ただ、そういった上司がいる状況で精神的に病んでしまっている人、そのために会社に来れなくなっている人をたくさん見ているので普通に転職活動するリスクのほうが低いんですね。

たとえば、転職はむつかしいと言われていますが、それは求人の質があまりに悪いからそういわれているわけです。

転職エージェントで一度、優良な求人を見てみれば、転職するリスクが思ったよりも低いということがわかります。

普通に優良な求人をしょうかしてもらって、アドバイスを受けながら履歴書対策・面接対策をしていけば思っているほど転職はむつかしいものではありませんよ。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから