ブラック仕事のバスの運転手を辞めたい人は製造業のホワイト工場への転職がおススメ

バスの運転手というと、車に乗れない人などの足代わりになったり、高齢者がよく利用する地域になくてはならないインフラを背負っているというやりがいのある仕事です。

地域に貢献したいと思ってバスの運転手になる人や、生活のためと割り切ってバスの運転手になる人など動機は様々ですが、その仕事内容は、かなり過酷なモノになってきます。

「バスの運転手を辞めたい」という人の辞めたい問理由はたいてい、この労働環境の過酷さにあります。

労働環境といっても労働時間の長さや給料面で生活との折り合いがつかない・・・という現実的な生活をしていくうえでの

理由で辞めたいと思うケースが多いんですよね。

ここでは、バスの運転手を辞めたいという理由が多いケースと転職方法をご紹介します。

バスの運転手は見た目以上に厳しい労働条件と自己リスクもある厳しい職業です

バスの運転手って求人の募集には月30万円以上可とか書いてありますけど、これって求人詐欺のケースが多いんですよね。

ハローワークなどでこういう求人があったら気を付けたほうがいいですね。たいていのバスの運転手の待遇は朝4時起きで帰宅は午後10時みたいなルーティンワークをこなしていっても25万円くらいの月収が普通です。

休みは4週6休なので年間休日は100日以下というのは当たり前になってきます。年間休日が100日以下というのはやってみるとかなりきついですよ。休みが少なければそれだけストレスも発散できませんし、かなり精神的に参ってきます。

人間関係は普通に先輩が絶対みたいなイメージでいいです。新人はかなり辛いことになります。あまりに先輩が文句ばかりいうので、それが嫌になった・・・という人も後を絶ちません。

運行管理をしている人間が運転手を見下している部分もアリ、若い運行管理の人間が自分の父親くらいの50代くらいの運転手に横柄な態度で接することはよくあります。

バスの運転手の実情を知っている人ならわかるのですが、会社側はバスの運転手の労働環境を良くしようとは思っていません。

なぜならいくらでも、変わりがいるからです。いかに安く運転手を使って人件費を削減し利益を上げていくことしか考えていません。

バスの運転手でネックなのが、「人を乗せて移送している」ということです。特に地域の路線バスは利用するのは高齢者が多くて、かなり気を付けて運転していても普通にの手る人は転んだりします。

高齢者とかは簡単にケガして下手をすると骨折したりするんですよね。ここでケガをしたりすると、バスの運転手による人身事故になった知ります。そうなるとじんしんですから「免停」になることもあります。

会社側は当然保障してくれませんし、バスの運転手は法的に守られていることは無いです。ここがきついとこですね。

これを考えるとバスの運転手はかなりリスキーな職業なんですね。労働環境の上に自己リスクもあるとなるとちょっと考えモノ職業です。

バスの運転手をやるってどうなの??とは思いますけどね

バスの運転手の実情ってこんな感じです。もちろんこれが全てではないと思いますが、私ならとても無理な職業の一つです。

バスの運転手になる人は私のイメージでは「若い人が地域に貢献できる仕事をしたい」というケースと「ほかの仕事ができなかった訳アリのケース」という場合難じゃないかと思います。

バスってかなり細い道とか走ってるじゃないですか、普通に乗っててバスの運転手の技術って凄いなと思います。

しかも、あれだけ人を乗せているので、そうとう気を使った運転をしないとそれこそ、高齢者のけが人が出る可能性がりますしね。

バスの運転手は地域に必要な仕事なので、もっと待遇を良くしてほしいものなんですけど、残念ながら私だったらとても勤める気にはなりません。生活していくのがつらいですからね。

できれば「定時で帰れて」「そこそこの給料がもらえる」という仕事のほうが良いです。

どうしてもバス運転手になりたいという人ならしょうがないですけど、たいていの人は「定時で帰れて」「そこそこの給料がもらえる」という仕事のほうが良いんじゃないでしょうか?ここはじっくり考えてみるべきですよね。

定時で帰れてそこそこの給料がもらえるのは、大手製造業の下請けメーカーなどの工場です

工場というと結構きついイメージがありますけど、これって工場によってかなり違うんですよね。

きつい工場は「大手メーカー」の工場です。例えばトヨタとかスズキとかヤマハのラインはやったことがありますけど

かなりきつかったです。それでも定時で帰れてそこそこの給料はもらえましたけどね。そういう意味ではきつくてもやる価値はあります。

さらに良いのは、「大手製造業で下請けのメーカーの工場」です。特に作っている部品やものが小さいとかなり肉体的にも
楽です。

それでいて大手メーカーの下請けなので、給料もそこそこいいです。もちろん工場なので定時で帰れますし、残業もしっかりつきます。

これって、ホント残業がつかないのって業界によるんですよね。金融業界とか商社、広告業界とかそういうホワイトカラーってサービス残業ばっかりです。

逆にこういったカレンダーで時間が決まっている工場って、一見ブルーカラーでキツソウですけど、そんなことも無いです。

定時で帰れて、給料もあってボーナスもあります。末端の現場の人でも400~500万円くらいの年収は普通にありますしね。

こういう実情を知っておけば工場勤めも悪くないです。選択肢の一つに入れてみるのがいかがでしょうか?

参照:工場求人サイト

工場求人ナビ(公式)求人情報

ただ、バスの運転手からどんな業種に転職するにしても、一人で転職活動をするのはかなりむつかしいです。

求人情報を調べて履歴書を書いて面接対策をする・・これがうまくできればたいてい転職はうまくいきますがこれってなかなかむつかしい作業なんですよね。

そこで転職エージェントのエージェントに転職についてサポートしてらうと効率のイイ転職活動をすることができるんですね。

転職は転職エージェントを利用すると効率よく転職できます

可愛い娘
転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人を適正に合わせてピックアップしてくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

転職サイトDODAで求人探し

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!