ブラック業界で仕事がつらいゲーム会社を辞めたい 長時間残業と無茶な納期の仕事の実態

杜に迷い込む人

ゲームが大好きな人は一度は考えたことがあるだろう「ゲームを作る業界」への憧れですね。

実際自分がやりたいようなゲームを自分が作ることができたら、さぞやりがいのある仕事だろうな。ほんとに夢のある仕事であることは間違いありませんね。

やっぱり、仕事となると普通に就活して無難な会社に入ってしまった。でもゲーム業界へ入りたいという自分の思いをおさえられない・・・あなたもそういう状況なのでしょう。

実際ゲーム業界って、未経験者でも入れるものなのか??やっぱりIT業界でしのぎを削った経験者じゃないと入れないんじゃないのか?と思うのが普通です。実際どうなのでしょうか?

入り込むのが難しそうなゲーム業界ですが、未経験者でも戦略的に転職活動をやっていけば入ることは可能です。

ただ、ゲーム会社ってブラックですよ。どのくらいブラックなんですかね実際は?入ってから後悔している人がほとんどです。何と言っても永遠に残業が続くエンドレスの仕事環境ですからね。アニメーターや底辺SEと同じくらいのブラックっぷりです。

それでもゲーム業界に入りたいなら、入ってもイイですけど、辞めたくなる可能性のほうがまず高いですよね。

ゲーム業界のブラックっぷりはよく知られています 具体的にはこんな感じです 長時間労働で低賃金が鉄板の業界ですからね

ゲーム業界ってとにかく残業が多いです。もうやってられなくなるレベルなんですよね。毎日基本日付が変わるまで仕事ですしね。

寝てるか仕事をしてるかどっちかという感じです。たまに休みがあると一日中寝てる感じで「仕事のみの生活」と言ことになってしまいます。

また、給料が安くて悲惨なんですよ。けっこう高度な事やっててプログラミングやってるにに手取り16万円とかでやってるわけですね。生活ができないレベルです。しかもボーナスなんてロクに出ないので年収300万いかないくらい。

人間としての生活ができないです。ゲーム業界っていったい何なの?という思いが出てきます。

ゲーム開発といっても、実際には自分の好きなゲームの開発をするわけでもなくて、パチンコの電子機器の開発をしたり、ゲームが好きというだけではとても続けることのできない毎日の長時間残業でだんだんと、やる気が無くなってきます。

クライアントは無茶な納期を言ってくるので、結局自分が思っているようなゲームを開発することはできないといった現状もあります。

そんなストレスフルな生活をしているとだんだんと精神を病んできて、うつ病になったりして退職するといったのがゲーム業界の鉄板の流れなんですよね。

2chとか掲示板を見てるとたまに

「自分の好きなゲームの仕事をしていから給料は安くていい」

みたいな書き込みとかを見たことがあります。

いやいや・・・・・給料が低いって限度がありますからね。その人は年収が290万円くらいなんですけど28歳とか書いてありました。

いや、まだ若くて体力もあるからそういうことが言えるわけでこれが30代後半とかで年収300万円ぜんごだったらどうします?ゲーム会社はけっこう給料が上がらないケースが多いですし、仕事だけはエンドレスで増えていきますしね。

結婚とかしないにしても、体力が衰えていくと長時間労働ってガチできつくなってきますし、そもそも年収300万円ぜんごってほんと生きていくだけで精いっぱいですからね。

金が無いってホントにミジメですよ。特に年齢が上がって金が無いってのはホントに惨めな思いをします。そのあたりはマジメに将来のビジョンを考えたほうがイイともいますけどね。

 

関連記事:ウェブデザインの業界もかなり低賃金です

webデザイナーがつらいから辞めたい web業界の実際の状況と転職するための選択肢
webデザイナーの仕事は、業界にありがちなクライアントの指示が絶対で、納期もタイトなために長時間労働が基本です。web業界や就職するのはやめとけとか言われるゆえんです。自分のデザインをしたいと思っても結局は顧客の指示に従ってデザインをするため、仕事へのやる気がだんだんと無くなってきます。加えて給料も安く昇給も無いので、仕事を続けて言いうのが限界に来る人が多いです。その場合は労働環境を見直してみる必要があります。

クリエイティブなゲーム業界は基本漫画家やSEなんかと一緒で労働時間が長いのは覚悟してくださいね

ゲーム業界はいわゆるクリエイティブな業界です。このクリエイティブ系の業界は基本、仕事中心の生活になります。

広告業界や出版社業界、テレビ業界や音楽業界をイメージしてくれればわかりやすいですね。平たく言うと

「残業とかもお構いなし、普通に会社に泊まり込んで仕事とか日常茶飯事」

とういことになります。とにかくゲーム開発には時間はかかりますし、そこで妥協するわけにもいかないので、会議や打ち合わせなどがエンドレスで行われることが多いです。そういう業界なんです。長時間の労働は覚悟しておきましょう。

ただ、ゲーム業界はそういった労働環境以上に「いいゲームを作り上げる」という使命と、会社やチームでの作品作りへの情熱という「やりがい」があります。

そういったものが、本当に仕事が楽しいという人がいるんですよね。逆にそういう人じゃないとこういう長時間労働が基本のゲーム業界ではなかなかやっていけないでしょう。とにかく

「ゲームの仕事が好き、残業なんていくらでこい」

というスタンスでないとなかなか続けていくことができない業界でしょう。

とにかく定時で帰って、のんびりプライベートを過ごしたいという人はゲーム業界には入らないほうがイイです。ただゲームが好きというだけではやっていけない業界であるのは間違いありません。

そういう労働環境でも

「どうしてもゲームを作る業界に入って、仕事をしたい」

というなら、とにかくベンチャーゲーム会社などから業界に転職していくのがイイですね。

ただ、私は無理ですね。定時で帰りたいですからね。ゲーム業界に入ってしまって後悔している知人も多いです。だいたいがゲームが好きというだけで入ってしまっているので、そりゃ後悔しますよね。

ちなみ、私は地方銀行から製造業に転職しましたけど、製造業って定時で帰れて、有給休暇も消化できますし、正月とかお盆語か10日前後の長期休暇もあって給料もフツーに末端の工場の作業者でも年収は最低400万円以上あります。40代なら500万円くらい行きますからね。ホントに何というか、業界が違うだけで別にクリエイティブな仕事じゃなくてもけっこうイイ待遇の場所もあるって言うことを視野を広めて知っておくことって大事なんですよね。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しいですよ

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

ゲーム会社のから脱出して転職するなら早いほうがイイです。早ければ早いほど転職は有利になりますからね。

ゲーム業界といっても、ピンキリでもちろんホワイトな会社もありますけど、それは一握り、たいていはブラック企業で長時間残業、低賃金、無理な納期で最後には精神を病みます。

そうなってしまってもイイや、ゲーム大好きだからというならずっとゲーム業界に居るのも一つの手ですよね。一蓮托生と言うやつです。

でも体壊してまでゲーム業界に居るのっていうのもどうかと思いますよ?その場合はやっぱり労働環境を買いえていくのもなりなですよね。

転職エージェントをつかえば割と異業種に転職するのも難しくはないです。それだけ求人の質が高いということなんですね。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから

 

けっこうクリエイティブ系の仕事って、スキルは高くてもなぜか給料が安いってのがあります。SEとかも給料が安いうえに長時間労働ってのが鉄板の業界ですしね。

もちろん会社によって待遇の差があるので一概には言えませんけど、大まかなところでたいてい低賃金です。

逆に工場系とか単純作業系の仕事のほうが給料がよかったりしますからね。これって単純いイメージとかの違いで人が集まりにくいかどうかで違ってくるのでしょうかね。そのあたりはわかりせんけど、クリエイティブ業界は独立して仕事をしあいかぎり会社勤めではかなり低賃金です。

私だったら、仕事は給料がよくて拘束時間の少ない仕事をして、プライベートでクリエイティブなことしますけどね。その方が生活も安定して、自分の好きなことができるからです。

仕事って低賃金だと本当にいいことって1ミリもありませんよ。特に長時間労働で低賃金なんて仕事は、年齢が上がっていくと本当にきつくなってきます。というか長時間労働自体が需要を縮めますし、ストレスもたまるので、過労で倒れたりうつ病になることも多々ありますからね。

関連記事:どのくらい仕事をすると「うつ病」になるでしょうか

どのくらいの労働時間でうつ病になるの?長時間労働・仕事量・ストレスがこれくらいでなる実際のケーススタディ
長時間残業をしてストレスがたまっていくと、意外と簡単に「うつ病」になってしまいます。具体的にどのくらいでうつ病になったかを体験を踏まえてごしょうかいしています。あんまり思い出したくないことですが、これがあなたの役に立てば幸いです。

仕事って長期的に勤めることができる視点で選んでいかないと

「ただ好きだから」

っていうのは、スポーツ選手や音楽家、芸術家とかで高収入を得れれる一部の職業だけですからね。普通の仕事を「ただ好きだから」ってことで続けていると人生かなりキッツいことになってきます。

ゲーム業界が悪いってわけじゃあないですが、キッツいことになってしまうのはなんとなく簡単にイメージできますからね。