CGデザイナーの仕事がきつくて辞めたい 底辺職で低賃金の長時間労働から脱出すべき

悩む牛

CGデザイナーというと、労働時間がとてつもなく長くいつも終電で帰るとうのは常識の業界です。裁量労働をとっているので残業代もつかないケースがほとんどです。代休もつかないですし仕事はキツイというのは理解してCGデザイナーになっている人ばかりです。

いわゆるブラックな業界なのは間違いないですね。こういったクリエーター系の業界はほとんどがブラックな業界なのでそのあたりは覚悟していたほうがイイでしょう。それでもこういった「自分の手で作品を作る」という喜びがあるからこそやっていける仕事と言えるでしょう。

CGを扱っているため仕事がら予期せぬアクシデントが起こりやすく、トラブル対応になると徹夜作業で職場に泊まって作業するケースもあります。クライアントとの要望とマッチしいないとストレスもたまり、CG作成いがいでも意外なストレスがたまるのがこの業界の特徴でもあります。

とはいえ、長時間労働は漫画家から始まるエンターテイメント系の仕事にとっては避けることができないことなんですよね。

エンドレスで働いて、時給に換算するとバイト並みの給料というケースがほとんどです。

ただ、この仕事を「好きで」やっている人たちがほとんどのため、給料や労働時間よりも「やりがい」で仕事を続けているケースが圧倒的です。

ただ、「好きなだけ」では生活することができないのも事実です。今務めている職場の環境があまりに悪く給料も悪いなら転職を検討すべきでしょう。

CGデザイナーは職業柄、転職するのは比較的簡単です。より良い待遇の職場をステップアップしてくことが可能です。

それにより給料を上げ、労働環境を良くしていくことも十分できるんですね。ここではその方法をご紹介します。

CGデザイナーは基本裁量労働。低賃金が基本で厳しい業界になります 下請けの下請けの職場は脱出したほうがベターですよ

残念ながらCGデザイナーの技術は高いものがあるのですが、年収は低く労働時間も長いのが現実です。

ただ、これは職場を変えることである程度緩和することができます。ヤバいのは下請けの会社にいけば当然待遇も悪くなります。

どんな仕事でも下請けは無茶な注文を強いられて、納期もきつく人手もぎりぎりでまわしているのは世の常です。しかもCGデザイナーというハードな仕事をするのですがから、かなりの劣悪な労働環境になるのがわかります。

ただ、あえて下請けの厳しい労働環境にいる必要はありません。CGデザイナーの職場は、本当にブラックとホワイトの差が激しい業界というのはよく知られた事実です。

最初の職場が最悪だったとしても、1~2年の経験を積めばわりと転職が簡単な業界です。普通に転職活動をしてより待遇のいいホワイトな職場に行くのは当然の行動になってきます。

基本、やることが同じなのに給料に差があったり、人員が足りないために労働時間が多くなるというわかりやすい理由で労働環境が悪くなっています。

CGデザイナーの需要は今後伸びていくので、経験があれば転職がさらに簡単になっていきます。そのため普段から情報を集めて、自分の環境から抜け出す行動をちゃくちゃくと進めていくのがベターな行動です。

どんな業界でも下請けに行けば行くほど締め付けというか、低賃金でこき使われることになります。たとえあなたのスキルが高レベルでも入った会社が下請けだったらその時点で、長期間というか下手すると一生低賃金が決定です。

もう一度言いますけどCGデザイナーの業界は特に、会社レベルによって給料の上下が激しい業界です。SE業界とかとにかくIT系の会社ってこういう傾向が高いってのがありますからね。

今自分のいる環境で年収が300万円前後だったり、それでいてこき使われて長時間労働とかやってる状態だったら、即刻、労働環境を変えていかないとけっこう悲惨なことになっていきます。

関連記事:手取りがする無いってのはやっぱり人生が厳しくなります

20代後半くらいで手取り14万円くらいしか給料が無い。年収もヘタすると300万円以下ない・・・と言った状況なら完全にブラック企業の利用されているだけなので、すぐにでも転職をしないとまずいです。30代になると未経験でも転職できる会社も無くなってきますし、なにより、そういった低賃金の会社は高確率で経営が傾きます。従業員を大事にしない会社は傾いていきいますからね。

労働環境を良くして収入を増やすには自分で事務所を立ち上げて独立するか、儲かっている業界への転職が必須になります

CGデザイナーで労働環境を良くしていくなら、独立するか転職するかの2択ですよね。

というかどんなクリエイター系の仕事でも子の二択になるんでしょうね。

自分のスキルに自信があり、ある程度の取引先が見込めるなら独立するのもいいでしょう。フリーのため、自分で時間管理もできますし、ある程度の営業力があれば取引先を増やし高収入を狙うこともできます。

ただ、実績がないうちから独立すると取引先からも足元を見られて単価を押さえられたりします。また営業力も必要に

なるので、自分の技術を売り込んでいくコミュニケーション能力も必要になってきます。高い字術をもっていてもそれを言葉にして売りむことができないと、なかなか差別化がむつかしい業界でもあります。

もしあなたが、まだ経験年数が数年なら、今の会社で経験を積むか転職してよりよい労働環境でしっかりと経験を積んでからの独立がベターです。自分がある程度やっていける自信と技術がついてきてから独立するのがキモですね。やはり技術以外の面での、営業力や自己管理、スケジューリング、社会人としての立ち振る舞いなどは経験年数がものをいう部分ですしね。そういう部分ができるようになってから独立したほうがいいです。

別の待遇のいい会社に行く場合は、CGデザイナーが必要とされている業界の選んでいくのがポイントです。

そういったCGデザイナーが必要とされている業界は変化が大きいですよね。映画業界から始まって、アニメ、携帯などの業界に多岐にわたります。そういったCGデザイナーが有利になるような情報を教えてくれるのが転職エージェントといった転職専門の会社です。

数年でこういったCGデザイナーが必要な業界は移り変わっていくので、その時に旬な業界に入るのが待遇を良くるするためには必要な行動なんですね。

転職するには普段からそういう情報や求人情報を仕入れていくことが必要になってきます。ただ、なかなかCGデザイナーの求人は表に出ないケースもあります。

そこで転職エージェントを利用して求人情報をゲットしていくとうのがおすすめです。

転職エージェントで求人情報を得て転職方法のアドバイスをもらおう

田舎で営業する人

転職エージェントでは就活のプロであるエージェントが、あなたと面談をして希望の求人情報をピックアップしてくれます。

あまり世に出ることのないCGデザイナーの求人を多く抱えていて、いわゆる求人誌に載らない「非公開求人」も数多く持っています。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

やっぱり、まずはある程度の給料がもらえて、仕事も長時間労働でサービス残業のデスマーチばかりやってる職場からは脚を洗ったほういいです。

そいう環境ってどう考えても3年が限界で精神が病んで、高確率でうつ病になりますからね。

関連記事:長時間労働はうつ病になるリスクが高い

仕事の業務量があまりに多くて限界だから辞めたい。よく聞く話です。仕事ができる人はガンガン仕事を盛られるので仕事量が減ることはありません。このまま仕事続けるとストレスでパニックになったり、うつ病になって休職したりヘタすると過労死します。そういう状況を変え類は労働環境を「自分で」変えるしかありません。

できれば、ある程度安定した職場でCGデザイナーとしてのスキルを磨いて、そこから独立してくっていうのが鉄板の方向性でしょう。独立する前にブラックな環境でデスマーチ地獄をずっとやっていると、結局CG病かいでやっていくのが嫌になって退職するっていうパターンになりますからね。

私の知り合いのCGデザイナーでも27歳で年収280万円・・・・っていう人がいます。映画とかパチスロ、CMとかのCGを手掛けていてメチャクチャ忙しいのにこの年収です

これって、ハッキリ言うと製造業で工場勤務とかしてるほうが年収400万円以上もらえたりします。しかも工場勤務とかって定時で帰れて、有給休暇も消化できるし正月、ゴールデンウィーク、お盆とかも10日前後の長期休暇もあるという状況での年収400万円以上です。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しいですよ

製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

CG業界はくどいですけど、給料が悪いです。もし別の業界に行くというなら28~32歳くらいまでに身の振り方と転職をしたほうがあとあと人生がかなり楽になります。

それだけ収入ってのは人生にとって大きく影響するものです

もちろんCGデザイナーをするっていう高い志も大事ですけど、余りに収入が低いという頃となら自分の今後の人生を考えて、身の振り方を一度視野を広めて考えてみるのも大事なことですからね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!