地方銀行を辞めたい ブラック地銀で営業ノルマと長時間残業の現状と転職方法

メガネを上げる男

私の知り合いというか友人で、大手の地銀に勤めている人がいます。名前を言えばたぶん誰でも知っている地方銀行です。

W大学でかなり頭がよく、すんなり地銀に入りました。ただその人って今考えるとマジメなんですけど、砕けた感じじゃなくて上司にゴマすったりそういうのって下手なタイプなんですよね。

その地銀はこてこての地方銀行です。若いうちは兵隊営業でノルマも極限まで厳しく、土日もお客さんのところを回ってノルマ達成に努力します。当然手当なんか出ません。

しかも、地銀て上司とゴルフいったりして、ゴマすりしないと絶対に出世できないようになっています。典型的な昔の日本企業です。仕事も毎日10時くらいまで働いて、ノルマに追われ、プライベートは上司とゴルフ。しかも家庭を持ったらもう1ミリも自分の時間なんかありません。

そんな地銀に勤めている知人も30歳くらいでお見合い結婚しました。けっきょく女性と付き合ったことも無く仕事だけしていて、見合いでの結婚です。

さて、その知人も今どうなっているかというと、いまだに兵隊営業をやっています。すでに40代前半です。

同期ではもうすでに支店長になっている人もいるらいですが、かたや兵隊の営業でもちろん平社員です。年収で言うとたぶん300~500万くらい違うでしょう。なぜこうなってしまったんでしょうか?

銀行と言うと給料が良いようなイメージがありますが、それは昔のことです。都市銀行ならともかく地方銀行の給料は思っているほどよくありません。

地銀から転職した知人の話によると、異業種(製造業)に転職しても給料はほとんど変わらなかったと言っています。

しかも、製造業はサービズ残業も無く残業代もきっちりついて当然ノルマも無く休日も多くて最高らしいです。給料は同じでも時給換算すると1.5倍くらいになったそうです。拘束時間が地銀のほうが圧倒的に多いので、特に営業なんかやってるとサービス残業とかで永遠に帰れないのが実情ですからね。

給料って時給換算してみたほうがイイですよ。拘束時間がやたら長ければ実際の時給だとコンビニバイトよりも低いみたいなことはブラック企業の「あるある」ですからね。

地銀は超保守的 1回のミスや上司へのゴマすりがないと出世は無理 不器用な知人にはもともと無理あった

地銀は1回のミスがあったりするとその時点で出世がの目が途切れることもあります。その知人はイイ人なのですが不器用で、地銀に勤めているなら、人の手柄を横取りするくらいの図太さがないととても出世できません。もともと無理があったんですね。

営業も口下手ではむつかしいですし、部下の奴隷のようにこき使う冷徹さも必要になってきます。つまり「人としてどうよ?」っていう人材じゃないと出世できません。まあ人に嫌われるようなキャラじゃないと上には行けないわけですね。

なんか書いてて切なくなってきますが、これが地方銀行の現実です。

こういう現実を知っていれば地銀に入らなかったと思うんですよね。でも大手地銀に新卒で入れば世間的には「いいとことに就職したねえ」ということになるわけです。そりゃそうですよね。ただ、仕事ばっかりして全く自分の時間も取れずに、恋愛する時間もなくて見合いで結婚して、しかもずっと奴隷営業をしている。

とにかく地銀は保守的です。それに最近では業界自体があまり活気が無くて地銀同士の合併がよくあります。合併があると、仮に対等の合併だとしても、規模の小さい地銀は実質的には吸収合併されるということになります。

カンのイイ人ならわかると思いますけど、吸収合併されたほうの銀行員はもう出世の可能性はほとんどありません。せっかく頑張ってきたので、吸収合併された銀行員はもうただ兵隊として生きていくだけなんですね。リストラされないだけマシといったところでしょうか。

私の住んでいる地方では、地銀や信金の合併が今でも続いています。正直店舗が多すぎます。これだけネット銀行が発達していてコンビニでもATMがある時代にそれほど銀行の店舗が必要だとは正直思えません。特に地方では損傾向が高いです。

そんなふううに地銀は不確定要素が高いうえに、営業ノルマも高く、上司へのゴマすりをミスるともう先がありません。こういった人生送りたいですか?

そういう人生を送りたくないのは私だけでしょうか?あなたも地方銀行を辞めたいと思ってるんじゃないんですか?

地銀の営業がいやだったら遅くとも30代前半までには転職しよう それが異業種に転職できるリミットです

地銀から銀行以外に主食するなら30代前半がリミットです。私の知り合いには外資系の生命保険や損保に就職した人、製造業の経理課や総務課に就職した人もいます。

外資系は給料が倍近くになったと聞いています。外資系企業だと上司との無駄なゴルフなどなく、仕事の成績が良ければそのまま給料に直結します。

また、製造業の経理課や総務課は、給料はそれほど高くはないですが、仕事がかなりゆるくて、定時に帰れるそうです。

もちろん決算期は残業がありますが、それでも残業だいは確実につきますし、労働組合が強いので、サービス残業は全くありません。

地銀から営業を辞めて転職し行った人はイキイキしています。私の40代で奴隷営業をやっている知人に比べると顔つきが全く違います。

仕事の選択でこれほどまでに人生の充実度が変わるかと思うと、ちょっと切なくなってきますね。

こういった地銀の仕事に限界を感じて転職するのってだいてい30歳前後が多いです。地銀で営業成績が良くても、結局、上司に気に入られないと出世できないというのが分かってくるからです。

営業はできるけどど上司に媚びることができないひとはたいてい、30歳前後で辞めていきました。そうすると、地銀には「上司に媚びて仕事ができない人」だけが残っていくことになります。これが現実なんですよね。そういう地銀には正直いい未来を想像できませんからね。

「そうは言っても転職って言っても銀行の仕事が忙しくてどうやって転職活動すればいいかわからない」そういう場合にはい一度優良な求人を紹介してもらうのがイイと思います。

地銀を辞めて転職するなら転職エージェントから優良な求人を紹介しれもらうのがいいです

地銀の仕事と保守的な会社運営に嫌気がさしていたら、転職するのが無難です。そのためには、一人で転職活動をするのは効率が悪すぎます。

地銀を辞めて転職する。これって地銀は表向きはイイ職場になってるのでやっぱり転職するのは怖い、リスクがあると思いがちですよね。

たしかに、転職するリスクはありますけどそのままキツイ仕事をやっていてノルマに追われて、最終的いには体を壊すリスクのほうが正直高いです。

銀行の仕事はあまりほかの業種で応用が効かない言われますけど、実際私は地銀から転職したけどそんなことはありません。

ただ、転職するのが不安だ・・・と言う場合には一度優良な求人を紹介してもらうのがイイと思います。

そうすれば世の中にはいい会社あるいうのが解かりますし、転職活動をするかどうかの判断材料にもなります。また転職への不安も軽くなりますしね。

ただ、ハローワークとか普通の求人誌だとブラック企業がたくさん掲載されています。これはハロワなどが掲載企業を審査していないからです。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどあいりません。また転職のプロであるエージェントが転職活動に的確なアドバイスをしてくれます。

たしかに転職って簡単ではないですし、むつかしいというイメージもあって不安です。私も転職する前は不安でした。

しかし、優良な求人を紹介してもらって、アドバイスを受けながら履歴書を書いて面接対策をしていったら内定を普通にとることができました。準備と対策をすれば内定は取れます。

優良な求人を見てみることで、転職活動をするかの判断にもなりますし視野も広がっていきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!