女性で資格なしでも転職する方法 自己分析して面接でアピールすべき理由

バツを作る女性

資格を取ると就職に有利に働く・・・これはよく言われる言ことですよね。たしかに完全に間違いではありません。 ただ、資格って転職に役立つものって現実にはかなり少ないです。

具体的には、弁護士・会計士・税理士・医師・薬剤師・司法書士・社労士などいわゆる士業と言われる資格ならその事務所や専門の職場にはいるには直結の資格になります。

看護師や保育士などの資格があれば、そのものずばりの職業にはそれほど苦労なく就職することができます。

ただ、いわゆるこういう資格は「何年か勉強したりして取得する価値の高い資格」なわけです。 良くちまたにある「パソコンの資格」「簿記3級」とかは簡単に取れる資格ですが、現実ほとんど転職には役に立ちません。

資格マニアになると、こういう簡単な資格をたくさんとってしまうパターンが多いですよね。

ハッキリ言うと「軽い資格」はいくらとっても就職の役に立つことはありません。実際面接官はそれほど「資格」の欄は見ていません。

そんなところではなく、面接時の受け答えや今までやってきたことがどういったことだったかを見ています。

よく資格取得すれば就職に有利になるというのはテキトーな資格を作ってそれを受けてもらって受験料を設けたり提携している専門学校の入学者を増やしたりするための、金儲けの手段です。資格商法という分野ですね。

そんな資格を取るより、転職活動では待遇のいい会社の求人を探したり、自分を見つめて履歴書をしっかり作成するほうが全然大事な要素です。そこに時間をかけるべきなんですよね。

実際私も資格とかけっこう取りましたけど、使ってるのって会社に入って取らされたのだけですね。ちなみに地銀に勤めてたことがあるんですけど、銀行業務検定とかもかなり取らされましたけど、まったくもって役に立っていません。

資格ってもう一度言いますけど、上述の「士業」レベルの資格じゃないとあんまり利用価値ないですね。

あとは、実用的なフォークリフトとか大型トラックの免許とかのほうがよっぽど利用価値がありますからね。

スポンサーリンク

資格は必要があったら取得すればいい 自分の仕事で確実に役に立つだろうと思うのだけにしないと時間の無駄です

呆れる女性

資格は先ほど言った、弁護士や会計士、医師などの「この職業に就きたい」というときに絶対に必要な資格は取得する意味があります。

それ以外の、会っても無くてもその仕事ができる。資格が無くてもその仕事ができる・・・というケースで無理に資格を取る必要はありません。その時間がもったいないですからね。

会社に入ればもし資格が必要なら、「会社のお金で受験料を出してくれて」この資格取ってちょうだいみたいに要求されます。 私は総務課に配属になったときに必要だからと「第一種衛生管理者」「危険物乙4種取り扱い者(乙四)」を取らされました。

簡単な資格ですけど、受験料とか必要な講習代とかも会社が出してくれました。 何が言いたいかというと、資格は会社にはいってから会社で言われたものだけ取ればいいです。

会社に入る前に資格取得に時間をかけるのはナンセンスなんですね。その時間をじっくり転職活動「自体」に時間をかけたほうが全然いい会社に就職できる可能性は跳ね上がります。

それかそれこそ「士業」の資格を取ったほうがいいです。といっても士業の資格はむつかしいのでかなり時間がかかります。とにかくその資格を使って開業するくらい勢いがないと無駄な時間になってしまいます。

極論言うと、別に資格なんてなくてもイイんですよね。運転免許くらいはあったほうがイイですけどそれ以外の資格って一か月も勉強すれば取れる資格とかってそんなに価値はないわけです。

それよりも、待遇のいい会社にはいる転職活動の面接対策とかをみっちりやったほうが人生のトータル的にはメリットが大きいですからね。

資格取得に時間を割くよりも普通に求人情報を探す時間に使ったほうが良い その方がトータルで見ると効率的です

資格取得は先ほど言ったように会社に入ってから会社のお金で取得すればいいです。

それに時間を割くより、求人情報を探して自分が入りたい職業で待遇いいものをとことん探していくのが大事です。 これには理由があって、待遇や労働佳境って会社によって全く別物なんですよね。同じ業種でもAの会社は定時に終わって人間関係もいいというケースもあれば、Bの会社はサービス残業ばかりでというケースもあります。

求人情報を見ると今ではほとんど待遇のいい会社というのは少ないというのがわかってきます。

その中でも待遇のいい会社というのは存在します。そういう会社の求人を見つけるのはいわゆる「宝探し」的なイメージです。

そこに時間を費やすのが転職活動をするうえでかなり重要な要素の一つなんですね。そういう求人を見つけるか見つけられないかで あなたの人生が大きく変化する可能性があるのです。仕事は人生でかなりお影響を持つものですよね。

その待遇のいい求人を見つけるということに労力を使うべきです。転職するのにどこに力を入れるかを間違えてしまうと、結局資格を取ってもブラック企業に入ってしまったなんて言う悲しいエピソードが生まれてしまいます。

結局、入った会社で人生が大きく決まってしまうってのが今の日本の現実です。そこそこ給料がよくて仕事も普通というかユルい会社に入ればそれだけで、人生が充実するシステムになっています。ブラック企業に入ったら人生が充実どころか悲劇になるっていうなんか ちょっと悲しい現実なんですよね。

そこを考えると人生の大きな選択肢の中で「会社選び」メチャクチャ大きな比重があります。そして、会社を受ける際に資格ってあんまり役に立たないんですね。というか、工場に勤めるならフォークリフトの免許とかあったほうがイイですし、そういうのはぶっちゃけ簡単に取れますしね。フォークリフトとか3日くらいで取れまから。

そこを考えるよりも会社の面接の準備対策に時間を使ったほうがイイですよ。力を入れる方向を間違うと時間の無駄になってしまいますからね。

自己分析をして自分のアピールポイントを探す 素の自分でも表現方法をしっかりすれば大丈夫です

もう一つ大事なことが、自分のアピールポイントをしっかりと履歴書に書ききるということです。

よくいままで自分のやってきた仕事のことを履歴に書けといわれても、そんなに立派な仕事をしているばかりの人ではないですし、バリバリと女性でも営業をうやっていたりする人もいれば、パートでおそうざいを売っている人だっています。

仕事の内容ってそれほど関係ないんですよ。どんな人だって、「仕事でがんばったなあ・・・」という思いで的なことはあるはずです。 それを多少大げさでもいいので、書いていくのが王道ですね。自分の素のことを履歴書に表現すればいいわけです。

パートでお惣菜を売っていたなら。「一日で50個のお惣菜を売ってきた。」ということ履歴書で書けばいいわけです。 面接官て立派な今までの武勇伝的なエピソードより、こういった庶民的なエピソードのほうが好きですよ。

それくらい、面接官てそこまでスキルとかいままでの職歴とかは重視していません。もう一度言いますけど、面接ではその人の話し方や、面接官の受け答え。もしくは面接官をいかに気分よくさせたかが重視されます。

面接の主役はあなたではなくて、面接官というイメージで面接に臨むとうまくいきます。

話がそれましたが、いくら資格をとって履歴書に羅列してもあまり面接官の印象は変わらないということです。そんなことより、履歴書には自分のいままで仕事でやってきたがんばったことを素直に書いて、面接出は面接官が気持ちよくなるような受け答えをするように徹底すべきです。

そういった面接の対応方法は転職サイトでアドバイスを受けることでより面接対策をしていくことができます。

資格取得は自己満足なことが多い

資格取得ってなんか勉強やってる自分に自己満足してしまうことがあるんですよね。簡単な資格とかいくつ取得しても実際は仕事でほとんど役に立たないですからね。

それに、そういった資格って会社に入ったら、資格取るように言われますし、受験料とかも会社が出してくれますし、そういうのに乗っかったほうがイイですよ。

だからそのためには、いわゆるブラック企業以外の会社に入るのが絶対条件です。ブラック企業は資格なんて取らせてくれないですからね。そんなところに人件費は使いません。

こういうところがブラック企業って目先に事しか考えていないので、長期的には人材がショボくなって経営がヤバくなるわけですけど、そこまで資格取得にこだわるよりも、とにかくまともな会社に入るために就活してください。そこから資格取得を考えても全く遅くないですよ。