金融業に就職して後悔した体験 地方銀行は本当に辞めてよかった

ビルを見つめる人

私は新卒で地方銀行・・・いわゆる「地銀」に就職したんですね。

これって、ハッキリ言うと人生最大の後悔になってるわけです。今はフリーで働いていますけど、まったくもって後悔の念はかわりません。

なんでそんなに後悔しているんのかと言うと、

地銀で働いていて精神的・人間的に成長したってことがほとんど感じられない、むしろ人間的に嫌な人間になたような気さえする

地銀で働いているときにはまったく、生活していて楽しくなかった。ノルマに追われてパワハラを毎日受ける日々だからそりゃ当たり前だろう

地銀で働いていていても、営業成績が良くても出世できない。媚びを売ることで成り立っている世界。派閥ですね。ってことですね。

これから新卒で銀行を受ける大学生がいたり、知り合いで大学生がいる倍には絶対に金融系は勧めません。ああ、外資系の金融は別ですよ。ノルマはきついですけどその分給料は圧倒的に高いですし、パワハラとかそんな上司は少ないですからね。結果主義ですから。

それと違って日本の銀行ってのは、やっていることが完全に衰退産業ですからね。営業が足を使って法人・個人を訪問してお客さんに役に立たない金融商品を売りつけるっていうのが、今の日本の銀行がやってることです。定期預金や投資信託、住宅ローン、マイカーローン、企業融資などを売るわけですね。

いや・・・もうこんなのって、あれですよ。個人向けの商品はネット銀行で事足りますしね。手数料安いですし。だからネット銀行使ったほうが全然いいです。

住宅ローンに関しても、そもそも家を建てる人も少ないですし、ローンを35年とかで組むって狂気の沙汰ですよ。これって高度経済成長期の給料が上がっていくのが前提の仕組みですからね。土地の価値も上がっていくのが前提です。

話それますけど住宅ローン組む人ってすごいですよね。35年の間に自分の収入がトラブルなく続くと思ってるんですかね?10年後とかリストラや会社の経営が危うくなって、クビになったり給料が下がって住宅ローンを払えなくて、家を売っている人を死ぬほど見ましたからね。そういうことは無いと

思い込んでいる人が住宅ローンを組むんでしょうね。怖いです。自分だけは給料が下がったり、ずっと定年まで安定した収入を得られると思い込んでいるのが逆に怖いです。どこからそんな根今日ない自信があるのかわかりません。

話が逸れましたけど、銀行は平たく言うと

ノルマがきつくて、毎日パワハラ上司からノルマのことで責められ、たいして魅力のない金融商品を強引に売りつける仕事です。

もちろん長時間労働ですし、これといって銀行営業をやっていてもスキルは身につきません。なんというか強引にモノを売るスキルは身に付きますけどね。

マジメな人はこの時点ですでに良心の呵責で嫌になってきます。毎日毎日ノルマに追われて、魅力のない金融商品を売りまくる。営業から帰ってくれば

絶えず上司が何かネチネチ言ってきて、時には罵声を浴びせる。営業をガンバって成績を上げても出世するわけじゃなく、権力をもっている上司に

媚びて飲みに行ったり、ゴルフをやって媚びを売らなければ絶対に出世できない・・・・

ということです。これが永遠に続くわけです。昔は地銀も給料がよかったらしいですけど、私が地銀から中堅クラスの製造業に転職した時には

たいして給料が差が無かった、実際サービス残業とかを考えると時給換算すると製造業のほうが圧倒的に時給がよかったんですね。転職してこれは

衝撃でした。今まで俺何やってたんだ・・・・・っていう後悔は今でもしていますね。ぐちぐち考えることは無くなりましたが、後悔の念は一生消えることはないでしょう。

地方銀行って私の田舎ではトップレベルのステイタスだったんですね だから情報が今のようにネット情報が発達していなかったので、ほとんど迷うことなく地方銀行を選んでしまった

そう、じゃあなんで地方銀行に入ってしまったんだろうかってとこですよね。それにダラダラ8年くらい勤めてしまったのも後悔の要因です。

まず、当時はネットはありましたが、まだそれほど普及していない時代で「ネットで情報収集する」という概念があまりありませんでした。

今では、2chとかでも、ちょっと見ればいろんな人の本音を見ることができます。だから銀行系ってブラックってのは簡単にわかりますからね。

そういった情報があまりない状態で、地方銀行って田舎で地銀に就職できるってのは「ステイタス」だったんですね。地銀で働いていればそれだけで社会的な信用が抜群なわけです。

だから、仕事内容とかって「多少はキツイけど我慢すればいいか」くらいのノリで当時は地銀に入社してしまったんですね。

この時の浅はかな自分を過去にもどってぶん殴ってやりらいくらいですからね。

新卒の時には地銀ともう一つ大手自動車メーカーの下請で部品を作っている製造業も内定が出ていたんですけど、そっちを蹴って地銀に入ってしまったんですよね。

これって本当に痛恨の選択ミスというか、若いというか浅はかと言うか・・・・やっぱりちょっとした選択ミスで人生を大きく後悔してしまうってのは本当にあります。新卒で入る会社って5割の人は選択に失敗しますからね。現実、新卒で入った会社を3年に内に3割辞めると言いますしね。

日本では新卒で入った会社のレールから外れると、巻き返しは苦しと言われていますが、半分当たっていますが、半分はウソです。

別に巻き返しとか必要ないですからね。地味でも仕事が楽で給料がそこそこもらえる会社って世の中にはいくらでも洗いますし、そういう会社は

地味なので新卒での求人が集まらなくて意外と中途採用をしているもんですよ。

関連記事:会社は規模やネームバリューじゃなく「内容」で選ぼう

大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

地銀に入ってからはノルマ・パラハラ上司・長時間労働・ボランティアの休日出勤・役に立たない銀行業務試験など後悔の連続

地銀に入ってからは、上述のとおり、きついノルマに追われて、毎日のようにパワハラ上司に追い詰められて長時間労働をすることいなります。

日中回れないお客さんのところにはサービスで夜間回ったり、それをやると普通に帰りは深夜になります。事務仕事や資料とかも営業やってると作っている時間が無いので、家に持ち帰って作ったりしますからね。休みとかもそれでつぶれることもあります。

休みと言ってもなんか、地域のイベントとかにボランティアで出たりすることもあって、もちろん無償で時間がつぶれます。

ちなみに、製造業に転職してから、資料作りとかで家に持ち帰ったことなんて無いですよ。残業でやれますし、きちんと残業代もつきますしね。

地銀だと、なにかにつけて飲み会とか営業チームで月末とか必ず飲みに行ったりとかホントつまらない飲み会とかが多いです。その飲み会では上司の昔の武勇伝とか説教とかを延々と聞いて終わるという、最悪の飲み会でしたしね。それでもって上司がおごってくれるわけじゃないですし

全く持って意味わからない飲み会ですしね。その飲み会を断れば、ただでさえハラパラがひどいのに、さらにそのパワハラが倍増すすので断るみたいな

選択肢も無いんですよね。ホント地獄絵図ですよ。

ああそうだ、あと銀行業務検定みたいなのがあるんですよ。法務・財務・税務・とかFP2級とかそういった資格を取られます。これが普段全く時間とか無いのに、勉強しないと合格しないので、かなりきつかったですね。

この銀行業務検定ってのは、まったく実務に役に立たない試験なんですよね。仕事やっててその知識的なことをあまり使った記憶がありません。

今普通にネットで得られる知識のほうが全然役に立ちますしね。ただ机上の空論をいってる感じの試験でしたからね。これも、時間を無駄にしたということを思います。

長時間労働で激務な仕事をしているとストレスが溜まってくる ストレス発散のために過食や衝動買いとかが多くなる

私は今はフリーでやっているので全く持って、雇われるストレスがありまん。なのでストレス発散のために、酒飲んだり過食したりすることも無いですね。

地銀に勤めているときには、ストレスがたまりまくります。やっぱり酒を飲んだり、過食をしたりするわけです。これがストレス発散になるわけですね。

だから、外食とかメッチャしていましたよ。こんな生活をしているので、お金はかかるし健康にも悪いし、だから体調もさらに悪くなったりします。完全に負の連鎖ですね。

そう、ストレスがたまったりすると、衝動買いとかもけっこう多いんでしょね。アマゾンでなんか変なもの買ったりして結局使わないとかいうパターンがメチャメチャ多かったです。

そう外食とか衝動買いとかが多いのでお金もたまらないという負の連鎖なんですよね。今考えると本当にストレス発散のために無駄な買い物をしていました。

これって、仕事はきつい、ストレスがたまる、お金がたまらない、健康はだんだんと壊れていく・・・・最悪なんですよね。

地銀に勤めているときは運動する時間とかも全くなくて、ほんといつも体がだるい状態でした。はっきり言って寿命が縮まっているのは間違いないです。

これって、人生の長期スパンで考えると本当に無駄と言うか、仕事でストレス溜めるのって一番やっちゃいけないことなんですよね。

とくにきつかったのは、同級生などが時間的余裕がある生活をしている、ノルマのな衣生活をしていて表情や会話が明るかったことがきつかった

とにかくきつかったのは、同級生とかは割と地元のメーカーとか製造業に勤めていたんですね。

ノルマが無くて基本定時に帰れる仕事が多いわけですよ。ちなみに、製造業は転職先には個人的には一番いいと思っています。定時で帰れるケースが多いですし、

残業代もついて有給休暇も完全消化できますしね。それで地銀とかとそれほど給料も変わらないですし、ノルマとかがある仕事をやる意味が解りません。

関連記事:製造業の仕事はオイシイ

製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

私の同級生は比較的、製造業に入っている奴がおおかったので、けっこうゆったりと仕事をしていました。だから、飲んだりするとノルマとか

そういったものがどれだけきついか見たいのが理解できないようでした。普通に土日はまるまる時間があって平日でも趣味のスポーツサークルに行ったり彼女と遊んだりという、人間らしい生活をしていましたね。私は平日にプライベートの用事を入れるとかってほとんど無理でしたからね。趣味で

ジムに行ったり趣味サークルに行ったりするのは無理でしたからね。

そういう同級生が時間的な余裕や、ストレス度合いがまったく違う生活をしているのを見てしまうと、本当にきつかったです。

「このまま俺はこんな生活をしていくのか?」

といった言いようのない絶望感みたいなものを感じたんですよね。メーカーなどに勤める友人の表情は明るいんですよね。

私の友人で、信用金庫に入った友人もいました。信金も地銀と同様でノルマもあって長時間労働です。その友人とはネガティブな面で話が合いましたね。

なんとうか絶望感という嫌な共通点で話が合いました。

関連記事;信用金庫の営業もかなりブラックな仕事です

信用金庫の営業ってノルマきついし商品も無駄に多いし、毎日上司にパラハラ受けるし客からのクレームとかで悲惨なほどストレスがたまります。それで給料も大したことありません。こういった悲惨な状態でストレスたまると過労死しますからね。大したスキルも身につかないし銀行業務検定とか時間の無駄ですしね。友人は信金を辞めて会計事務所に転職したのでその話をご紹介します。

なんとうか地銀に勤めていた時の絶望感て半端ないですよ。いまでこそ「転職すりゃあいいじゃん」的なことが言えますけど、当時は洗脳されていて地銀を辞めて転職なんて失敗するだろう・・・みたいあ訳の分からない洗脳がありしたからね。

さっさと転職すりゃあよかったんですよ。それがけっこう大きい後悔の一つですね。地銀に入ったのも後悔ですけど、だらだら8年も勤めてしまったのが

もっと大きな後悔になっています。だからこんなサイトやって「ブラック企業から脱出するために転職したほうがイイ」っていうニュアンスのことを延々と記事にしてるってのもあります。

もっと早く転職しておけばよかったっていうのは、地銀時代の大きな公開の一つですね

結局、8年ほどでうつ病になって休職して半年休職して退職したんですね そのあと運よくホワイトな製造業に転職出来て今に至ります

そして地銀つとめ8年目で、うつ病になって休職して半年後退職したわけです。休職中に普通に転職活動してましたしね( ;´Д`)

そして製造業に内定を得るという流れです。製造業では上述しましたけど、ノルマも無く定時で帰れる残業もついてパワハラ上司もほどんどいない、しかも地銀とたいして給料変わらないという、生活が激変しました。

そこからうつ病が再発することは無かったですし、というか、うつ病になるようなな環境でもないですしね。人間らしい生活ができています。

本当に、転職してよかったですよ。不幸中の幸いと言う転職先がまともな会社だったのが本当に助かっています。

結果としてうつ病になって転職したのがよかったわけです。うつ病は悲惨ですけど、あのまま地銀にいてももっと悲惨だったかもしれませんしね。

だから、転職をしたほうがイイってこのサイトでずっと言ってるわけです。そうしないと遅かれ早かれ精神的に限界がきてダウンするかの性が高いからです。

ただ、転職すると言っても転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動に的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいとか言われますし、最初は何をやっていいの解りにくいです。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を書いて面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみると、ブラック企業じゃない求人がちゃんとあるという確認にもなりますし、これから自分がやっていく仕事を選択する材料にもなりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!