既卒(第二新卒)で成長中のホワイト工場の中堅製造メーカーに内定を取った話

田舎で営業する人

大学を卒業・高校を卒業してそのまま就職に失敗するといわゆる「新卒カード」が使えなくなりかなり就職に厳しい状況になります。

まだまだ日本て、新卒一括採用の会社がほとんどですからね。既卒になってしまうと確かに就職は新卒時よりむつアしいです。

既卒はそのまま無職になるか一時的にバイトしたり、勉強したりするルートをとることが多いですがその期間が長くなればなるほど就職がむつかしくなてきます。

既卒として就活をするわけですが、内定が取れないとついつい焦って求人誌やハローワークで適当な求人に応募して働いてしまうということも多いです。得てしてそういう会社ってブラック企業なんですね。

まだ学校を卒業したばかりで、ブラック企業にハマる恐ろしさを甘く見ている若者が、奴隷になって使われるだけ使われてボロボロになったころに捨てられるわけです。

ブラックに使われてしかも一年くらいでやめて余計な職歴が付くという悪循環にハマるわけですね。

既卒になるとたしかに焦ります。人生のレールから外れているような感覚にお襲われるので、無理もないです。

でもいったん気持を落ち着かせてキチンと戦略を立てて就活を行えば既卒でも内定は取れます。まだ若いですしね

それほど極端に焦る必要なありません。ここでは既卒の就活の方法をご紹介します。

中堅製造メーカー・中堅の食品メーカーはねらい目です 若者の人材不足に悩んでいます

新卒カードを失った既卒(第二新卒)はやはり大企業は知名度の高い会社を目指すのはナンセンスです。これはよく就活系のサイトでもさんざん言われていることです。

この点については私も同じ意見です。知名度の高い会社ま無駄に競争率が高いですし、かといって「社員に優しい会社」とは限りません。東芝みたいな知名度の高い会社があっても、つぶれたら意味ないですしね。

また、大企業はぶっちゃけい仕事もキツイですし、それだけ転勤も多く海外事業も多いです。入ったら入ったで「仕事がきついだけで、給料も思ったより高くなくて、いいことはステイタスがあるだけ」というパターンも多いです。

まあ何が言いたいかというと、「優良な成長過程にある中堅企業」のほうがねらい目ですし、働きやすい会社が多いということです。

たとえば、車の部品一つとってもハンドルから、ワイパー、駆動系のベアリングからクラッチと様々な部品があります。

こういう部品を独占的に作っている中堅企業も多いです。また浜松ホトニクスなどは製造メーカーでありながら医療の分野にも進出している、全国的には知らない人が多いですけど超優良企業みたいなパターンもあります。

全国各地探すとけっこうあります。「全く知らない中堅の成長している会社」

こういう会社を探していくと、かなり既卒や第二新卒の枠で募集をしていることが多いです。なぜかというと、そういう企業は知名度が無いために、会社として優秀でも新卒採用ではネームバリューだけで選んでしまう学生がほとんどだからですね。

そりゃ大学生なんて選ぶ基準なんて社会を知らない分わからないですからね。そういう隙間を突いて、中堅企業ってのはなかなか若者が集まらないというのが現状なんですね。

なので、探してみると恰好あります。その場合は既卒・第二新卒専門の転職エージェントを利用すると求人誌では見ることができない非公開求人の成長中の中堅企業の求人をチェックすることができます。

そういう会社は新卒だろうが、既卒だろうがそんなに人材のレベルに差が無いというのが分かっています。

現実私の会社でも中途で採用された人のほうが早くに出世しています。それだけ苦労もしてますし、

就職で失敗したりブラック企業につかまった経験がある人のほうが意外とバイタリティがあったりするからです。

そのあたりを中堅企業は理解しているので、既卒・第二新卒の募集に積極的なんですね。

中堅企業といってもメーカーや食品会社の製造業は連休が取れるのがナイス

私も地銀からメーカーに転職したクチですが、とにかく連休で休みがとれるお言うのがいいです。マジ最高です。

正月・ゴールデンウィーク・お盆にだいたい7~11日くらいの連休があります。これは大手企業のメーカーがそういう休み

をとっているので、中堅メーカーもそれに合わせて休みを取るわけです。工場や製造ラインを飛び石連休などで動かすのはものすごく非効率だからですね。

もちろん普通の土日も休みです。ただ、飛び石の祭日は出勤です。たとえば水曜だけ休みの祝日は出勤になります。

とはいうものの、こういった連休があるのでかなり生活も楽になりました。休みの時にできることが多いですからね。

最近思うのですが、仕事をするにしてもやっぱりしっかり休みを摂らないと結局仕事の能率がわるくなってその会社のためにもなりませんね。

そういう意味で、無理矢理、人を働かせてそこから利益をむさぼるブラック企業みたいな利益の上げ方は、結局そのうち破綻すると思います。普通に考えてそういうやり方は無理がありますからね。

だから既卒(第二新卒)の人には、きちんと就活を焦らず行って、ブラック企業を避けてしっかりした休日のある福利厚生が堅い会社に入ってほしいんですね。

その点、製造メーカーなどは労働組合がしっかりしているので労働環境はしっかししています。ブラック企業につかまらない

ためにも、中堅企業の成長中の会社は特におススメです。

成長中の優良中堅企業の求人は転職エージェントの力を借りよう

綱渡りするスーツの男

中堅企業の求人はなかなか普通の求人誌には乗りません。そういう求人誌やハローワークに載っている会社はブラック企業可能性も高く、判別しにくいです。

基本既卒の求人は探しにくいものですが、そういう求人を中心に扱っている転職エージェントなら話は別です。非公開求人も多く会社をエージェントが審査しているのでブラック企業はほとんどありません。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人を適正に合わせて選んでくれます。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良なの転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.JAIC(ジェイック)

2.若者正社員チャレンジ

3.就職Shop

 

JAIC(ジェイック)の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あなたの立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

JAIC(ジェイック)では公式ページの説明会エントリーフォームの説明会の場所を選択して、名前、アドレス、TEL番号を入力して登録します。登録は30秒ほどで完了します。あとは選択した説明会会場に行って説明を聞くだけです。

自分の希望の求人を紹介してもらって就活ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就活に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

JAIC(ジェイック) (←公式サイトに移動します)

 

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合は「若者正社員チャレンジ」や「就職shop」を選択しましょう。

若者正社員チャレンジも就職shopも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともジェイックに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

若者正社員チャレンジ事業  (公式サイト)

 

就職Shop (公式サイト)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!