退職後の転職活動は不利じゃない理由 面接官はそんなところを見ていません

考える男性

もともと転職活動は会社に勤めながら活動するか、会社を退職後に転職活動をするかの二択ですよね。

これを議論すると、ケースパイケースになるので何とも言えないですけど、そりゃあもちサラリーマンとして今後もやっていくつもりなら在職中に就職活動をして転職先を決めてしまうほうがリスクは少ないです。

ただ、退職してからの転職活動をするケースも普通に多いですし、私は一次面接を受け持ったことがありますけど、 ほとんど、そういった現在勤めているか、すでに辞めてから面接を受けているかというところは全く考慮に入れてなかったですね。

ぶっちゃけ会社を退職してから転職活動をするというのが不利になることはありません。ちょっと考えすぎですよ。

そこを悩んで行動ができないなら、さっさと会社を辞めて自分に合った転職先を探す行動を取ったほうが時間が無駄にならないので、悩むだけ時間がもったいないです。というか退職後に転職活動しようが退職前に転職活動しようがそんなの面接官とかは全く意識していませんからね。

スポンサーリンク

面接官はぶっちゃけ経歴とかあまり見ていない 面接での態度、言動、キャラクター、謙虚な姿勢を見ているわけです

私も面接官とかの係をやらされたことがありますけど、実際面接官やってみるとわかるんですけど、履歴書とかってあんまり面接官は重視していません。というかほとんど見ていません。

履歴書って結局、どうとでもなるじゃないですか。話を盛ることもできるし、嘘書いたとしても其の場では見抜くことはできません。まあ嘘書くと後でバレるかもしれないので履歴書で話を盛るのはいいですけど、嘘は書かないほうがイイですけどね。

だから、面接官とか行っても仕事なので、まあ、面接を受ける人の挙動とかを見て決めています。

どれだけ堂々として落ち着いて回答しているか

謙虚な姿勢で受け答えできているか

ハキハキとしゃべっているか

笑顔が不自然じゃないか

とかでだいたい決まってしまいます。

一言で言うと面接官が

「こいつとなら仕事を一緒にやっていいな」

って思えばそれでだいだい内定が取れます。面接官は履歴書なんてロクに見てないですよ。だって読むのメンドクサイですしね。そんなもんです。面接官も仕事ですからね。それに決めるのはわと、「こいつ好きなタイプだからOK、こいつ嫌いなタイプだからだめだ」みたいに決めています。割とテキトーに決めていますね。

こういうこと書くと、面接ってなんだろう?とか思いますけど現実こんなもんですうよ。

だから余談ですけど、なんか会社はいるために資格とか取るとかあんまり意味ないです。ガソリンスタンに入るのに危険物乙四とか工場に入るのにフォークリフトの目協とったりするのは意味がありますけど、なんかワードとかエクセルとかの検定とかとってもむだですよ。

パソコンなんて扱えて当たり前ですからね。というか一か月でもぱそこにじってればワードエクセルくらいはフツーにできるし、そんなの実際仕事で使ってる人ならだれでも知っていることですからね。

今では「ブラック企業」が認知されているため仕事を辞めてから転職活動する人もたくさんいます ブラック企業の勤めながら転職活動とか絶対無理ですからね時間的にもね

まず、いまではブラック企業に勤めていて、それが限界で転職するというケースが転職の半数以上を占めていると思います。

私もそうでしたしね。そういう状況で、「ブラック企業に勤めながら転職活動ができるのか?」という疑問ですけど、

応えはNOです。

ブラック企業で奴隷として働きながら、上司に罵倒され精神的に参っている。しかも、毎日夜遅くまで場合によっては毎日深夜まで働かされている。

これでは時間的にも無理ですし、転職活動をするにはやっぱりある程度、冷静な判断と行動が必要です。ブラック企業に勤めている状態で、とてもまともな転職活動ができるとはまず思えません。

心配しなくても会社辞めてからゆっくり落ち着いて転職活動すれば大丈夫ですよ。もちろん失業手当も自己都合代謝になるので3か月間もらえませんが、さすがに3か月分くらいの貯金が無いというケースも少ないでしょう。 会社を辞めてしまってから転職活動をするということは先ほど書きましたがまず不利になることはありません。

というか面接する側はそんなところは見ていません。もちろん退職してから1年以上たっていると、面接で突っ込まれたりしますが、退職してから一年いないなら全くそういうい部分は見ません。

そういう部分より基本的は面接での受け答え、あいさつ、自分をアピールできる能力を見ています。しっかり面接対策をして堂々とした態度で面接を行えば、全く問題はありません。

関連記事:面接で落ちる理由とその改善方法

 

できれば在職中に転職活動をして転職先を決めたいところですが、無理をするとパンクをするので今の職場がきついなら辞めたから転職活動をするのが無難です

もちろん在職中に転職活動をして自分の希望の転職先を決めてしまったほうがリスクは少ないですし、それができるならそうしたほうが無難です。 ただ、在職中に転職活動をしたことがある人ならわかるのですが、かなりめんどくさいというか、時間的にも精神的にも在職中の転職活動は疲弊します。

もちろん仕事をこなしながら、求人情報を集めて履歴書を書いて面接対策をします。履歴書は休みの日に書くことになりますしこれをやっているとすぐに休みが終わってしまいます。

また基本企業の面接は平日で一次面接から三次面接くらいもで一つの企業に費やします。これが10社くらいになると20~30回くらい平日の休みを取ることになります。

もし2~3社くらいで転職先が決まればいいのですが、そういうケースはマレなので、有休を何十日も平日に取ることになります。 こうなるとたいてい「何やってるんだあの人?」となって会社にばれるケースも出てきます。

在職中の手職活動はリスクが少なくなるというメリットがある反面、かなりの精神力と体力が必要ということを覚えておいた方がいいでしょう。

退職後の転職活動になることは多い

私の場合も「強制的に退職後の転職活動」でした。

うつ病になって休職してそのまま退職したっていう感じです。休職しているときから転職活動を軽くやってましたけどね笑。もううつ病にされるほど、キッツい労働環境で働く気力なんて全くなかったからですね。

実際はこういうケースが転職って8割以上ですよ。今の仕事がきつ過ぎて、辞めるしかない状況まで追い込まれないとなかなか転職なんてしませんからね。特に日本みたいに

「一つの会社でずっとやっていくのがかっこいい」

「我慢してやればなんとかなる、我慢サイコー」

と言った価値観がある場所ですから、転職すること自体が悪いことみたいなくうきすらありますからね。まあそんなこと言ってたら自分の人生が一生ブラック企業に縛られていることになるので、それだけは避けたいところですね。

個人的には退職してから転職活動したほうがイイですよ。特に若いうちならなお更です。

そもそも転職したイって思う人は多いですけど、実際行動にする人は結構少ないんですよね。そのため実際行動するって人は、けっこうかなり切羽詰まった状況にある人です。

もうその会社の仕事がキツ過ぎて過労で死にそうとか人間関係がきつくてもうだめだ死にたいとか、そのくらいの状況の場合が多いですからね。

そもそも、上述しましたけど仕事がキツ過ぎる状況で時間的にまともに転職活動とかできないですからね。そこまでの状況で仕事しながら転職活動するとかけっこうナンセンスです。効率が悪すぎますからね。

どうせその会社なんていずれ辞めるんですからサクッと辞めてから転職活動したほうが全然人生のための効率が良くなりますよ。