ブラック企業の社員は「使い捨ての奴隷」 使えなくなた奴隷を捨てて補充するという経営方法

砂時計

ブラック企業の基本のやり方っていうのは「社員の使い捨て」です。

そもそも、ブラック企業で長く務めることができる人ってほとんどいないですよね。長くても3年もすれば精神的にか肉体的に限界が着て辞めることになります。

ブラック企業経験者から言わせると、あの仕事量と上司のパワハラレベルで長期間勤めることができる人って存在しないと思います。

そう、とにかく辞めていく人が多いんですよね。でもどうしてそんなに人が辞めていくのにブラック企業が成り立っているかというと、ただ単純に従業員を常に大量募集しているからです。

求人誌とか見るとあるでしょ?年中従業員を募集している会社って。それは、わかりやすいブラック企業です。

今時だと、こういった会社に入る人は情報弱者と言われていますけど、訳アリの人とか選択肢のない人がいくらでもいます。

そう求人誌とかしか会社選びの選択肢が無いと結局そういう会社に吸い込まれてしまうんですよね。悲しいことなんですけどね。

激務で理不尽な仕事で人が辞めていっても成り立ってるブラック企業 そこには使い捨てのからくりがあります

ブラック企業の従業員は「使い捨て」です。仕事内容はそれほど難しくないですけど、とにかく仕事量が多くてサービス関係などのクレームが多い仕事がメインですよねブラック企業って。

そういったとにかく、人を安い賃金でサービス残業をさせて長時間働かせて利益を上げるというのがブラック企業のビジネスモデルです。

そういう仕事ですから、たいして教育もしないでもできる仕事が多いです。でも仕事の量とキツさは半端なく高いというのが特徴です。

そんな仕事だと、だいたいすぐ辞めますよね。長く持ちこたえてもだいてい3年くらいが限界です。

そうここに「からくり」があります。

3年以内くらいに人が辞めてくれれば、賃金も昇級させる必要もありませんからね。ずっと平社員だけをぐるぐると奴隷として回していけばいいわけです。

そういうことで、最低限の賃金で人を回していくことができます。

それか、入社してすぐに店長とかの管理職にして、少ない管理職手当を与えて、無限に時間を働かせるという手もあります。

管理職にすれば残業代を出す必要もありませんからね。公然と長時間働かせることができます。

どのみち3年以内に嫌気がさして辞めるか、精神的、肉体的に限界が着て辞めるかどっちかです。

こうやって、「使い捨て」のコマを回して人件費を少なくしていくのがブラック企業の経営方法です。わかりやすいですよね。

辞めていった従業員はまた、募集して「補充」すればいいわけです。いやなんか、こういった仕事の選択肢が限られている

不景気になればなるほど、ブラック企業のビジネスモデルはうまくいきますよね。だって、従業員もブラック企業だと

解っていても、ほかに行く会社が無いからこの会社に入る・・・という人が嫌でも入ってきますからね。人が辞めても

替わりの人間はいくらでもいる・・・まさに「使い捨て」の状態です。

そして上司はほとんどがパワハラ上司で激務と上司のパワハラに耐えられなくて辞める こうすれば逆に自主退職なので問題が起こりにくい

でも、ブラック企業でも強制的に従業員を辞めさせることはできないので、辞めてほしい人間には圧力をかけることで「自主退職」をさせるんですよね。

自主退職させてい人っていうのは「うつ病」をやってもう仕事で使い物にならなくなっている人とかですよね。あとは普通に病気とかになった人も含まれます。

会社で使われるだけ使われて、仕事ができなくなったら辞めてもほしい・・・・というわけです。

そんな時にはもう、上司のパワハラとかがさらに増すわけなんですよね。そのためにパワハラ上司がいるわけです笑。

会社をうまく辞めてもらうためにブラック企業ではパワハラ上司は必要な存在なんですよね。だから、こういった上司が多いんですよ。なんでこんな奴が上司なの?っておもった人はこれでちょっと会社のからくりが分かったんじゃないでしょうか?

上司がパワハラしてくれて、仕事も病気になっても激務のままでということは、もう自主退職するに決まっています。

これでミッション終了です。無事、使えない人は辞めさせて、新しい奴隷を補充する。この繰り返しがブラック企業です。

それでもっていくらでもまた社員を募集すればいい 仕事が無い人がいくらでも応募してきますからね

いくら社員が辞めても、いくらでも人が入ってきますしね。それだけ世間には、「まともな会社を選ぶことができない」人が多いわけです。

でも、仕事がブラックだとどのみち長期間勤めるのは無理ですし、結局、ブラックな仕事をしてるとスキルもつかないし、

精神的にやられて「うつ病」になる可能性もかなり高いですし、うつ病になったら1~3年くらいはまともに物事にやる気が起こりません。

過労が限界になって「うつ病」が重度になった時、体が動かなくなるくらい、身体的にも負担がきます。階段を上るのもきつい状態です。いままで膨らんできた風船がはぜてしまう感覚に似ています。そうまったく空気が入らないスカスカな精神状態です。何も考えれない、思考力が回らない。それが重度のうつ病です。

そうすると、社会復帰が数年かかるケースも多いです。これって体験者ならわかりますけど、かなり悲惨ですよ。

働くだけ働いて、体壊して職を失って、再就職もなかなかできない体調になってしまます。それなら最初からブラック企業になんとしてでも入らないほうがイイですし、今ブラック企業にいるならなるべく早く労働環境変えたほうが無難と言うことです。

こういった会社にあえて入らなくても「普通の会社」っていうのはあります 転職のツールがおかしいだけなんですよ

こういう敢えてブラック企業に入らなくても「普通の会社」というのも世の中にはたくさんあります。

そういうまともな「普通の会社」を扱っているのが転職エージェントです。ハローワークとか求人誌だと、ブラック企業のほうが多いのが現実なんですよね。

仕事選びに関して、転職エージェントを知らない人もいます。そしてあえてハローワークとかで仕事を選んでしまってまんまとブラック企業のクモの巣にかかってしまうという人が本当に多いです。

できればこういった転職の際のツールから変えていって、とにかくブラック企業から脱出する。そして就職の際にブラック企業に入らないというのが本当に大事なことになってきます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!