ブラック企業の社員は「使い捨ての奴隷」 破棄される前に転職すべき理由

砂時計

ブラック企業の基本のやり方っていうのは「社員の使い捨て」です。

そもそも、ブラック企業で長く務めることができる人ってほとんどいないですよね。長くても3年もすれば精神的にか肉体的に限界が着て辞めることになります。

ブラック企業経験者から言わせると、あの仕事量と上司のパワハラレベルで長期間勤めることができる人って存在しないと思います。

そう、とにかく辞めていく人が多いんですよね。でもどうしてそんなに人が辞めていくのにブラック企業が成り立っているかというと、ただ単純に従業員を常に大量募集しているからです。

求人誌とか見るとあるでしょ?年中従業員を募集している会社って。それは、わかりやすいブラック企業です。

今時だと、こういった会社に入る人は情報弱者と言われていますけど、訳アリの人とか選択肢のない人がいくらでもいます。

そう求人誌とかしか会社選びの選択肢が無いと結局そういう会社に吸い込まれてしまうんですよね。悲しいことなんですけどね。

使い捨ての奴隷としてブラック企業に入ったら、行く末は決まっています。

「過労死するか過労で倒れるか、うつ病になって壊れる」

ってことです。こういう風に悲惨な運命になるのはいわゆる

「マジメな人」

ですね。仕事をまじめにやってブラック企業の長時間労働、サービス残業(違法行為)でも全部受け入れて、理不尽な仕事をやってしまいます。悲惨なほど低賃義で残業しまくりで残業代も付かないでこき使われます。

その挙句にマジメな人はマジメなので・・・・最後まで仕事をやろうとしてそのうち限界がきます。自分の身体よりも仕事を優先してしまうわけですね。

そして最後は過労で倒れるか、うつ病で壊れるか最悪過労死になります。

ここまでになって、最後は会社は別になにもしてくれません。誰も守ってくれませんよあなたをね。

まず価値観がおかしすぎます。

自分の健康>仕事

っていう価値観が当たり前じゃないですかね?仕事で体を壊すレベルだったらどうして会社を変えようとはしないですかね?使い捨てにされるのを誰も助けてはくれませんよ。自分の身は時分で守るしかないからです。

関連記事:仕事から逃げて過労死うつ病を防ぐ方法

仕事から逃げる方法 プレッシャーとストレスで過労死うつ病になる前に辞めるべき理由
仕事から逃げるってのはマイナスのイメージがありますけど、これって本能的に危険回避能力が働いているんですよね。こういった逃げたいと思うならすでにもうその職場は労働環境としては最悪だというのが解かり切っています。行動しないと未来は無いですよ。
スポンサーリンク

激務で理不尽な仕事で人が辞めていっても成り立ってるブラック企業 そこには使い捨てのからくりがあります

ブラック企業の従業員は「使い捨て」です。仕事内容はそれほど難しくないですけど、とにかく仕事量が多くてサービス関係などのクレームが多い仕事がメインですよねブラック企業って。

そういったとにかく、人を安い賃金でサービス残業をさせて長時間働かせて利益を上げるというのがブラック企業のビジネスモデルです。

そういう仕事ですから、たいして教育もしないでもできる仕事が多いです。でも仕事の量とキツさは半端なく高いというのが特徴です。

そんな仕事だと、だいたいすぐ辞めますよね。長く持ちこたえてもだいてい3年くらいが限界です。

そうここに「からくり」があります。

3年以内くらいに人が辞めてくれれば、賃金も昇級させる必要もありませんからね。ずっと平社員だけをぐるぐると奴隷として回していけばいいわけです。

そういうことで、最低限の賃金で人を回していくことができます。

それか、入社してすぐに店長とかの管理職にして、少ない管理職手当を与えて、無限に時間を働かせるという手もあります。

管理職にすれば残業代を出す必要もありませんからね。公然と長時間働かせることができます。

どのみち3年以内に嫌気がさして辞めるか、精神的、肉体的に限界が着て辞めるかどっちかです。

こうやって、「使い捨て」のコマを回して人件費を少なくしていくのがブラック企業の経営方法です。わかりやすいですよね。

辞めていった従業員はまた、募集して「補充」すればいいわけです。いやなんか、こういった仕事の選択肢が限られている

不景気になればなるほど、ブラック企業のビジネスモデルはうまくいきますよね。だって、従業員もブラック企業だと

解っていても、ほかに行く会社が無いからこの会社に入る・・・という人が嫌でも入ってきますからね。人が辞めても

替わりの人間はいくらでもいる・・・まさに「使い捨て」の状態です。

そして上司はほとんどがパワハラ上司なのがブラック企業 激務と上司のパワハラに耐えられなくて辞める こうすれば逆に自主退職なので問題が起こりにくい

でも、ブラック企業でも強制的に従業員を辞めさせることはできないので、辞めてほしい人間には圧力をかけることで「自主退職」をさせるんですよね。

自主退職させてい人っていうのは「うつ病」をやってもう仕事で使い物にならなくなっている人とかですよね。あとは普通に病気とかになった人も含まれます。

会社で使われるだけ使われて、仕事ができなくなったら辞めてもほしい・・・・というわけです。

そんな時にはもう、上司のパワハラとかがさらに増すわけなんですよね。そのためにパワハラ上司がいるわけです笑。

会社をうまく辞めてもらうためにブラック企業ではパワハラ上司は必要な存在なんですよね。だから、こういった上司が多いんですよ。なんでこんな奴が上司なの?っておもった人はこれでちょっと会社のからくりが分かったんじゃないでしょうか?

上司がパワハラしてくれて、仕事も病気になっても激務のままでということは、もう自主退職するに決まっています。

これでミッション終了です。無事、使えない人は辞めさせて、新しい奴隷を補充する。この繰り返しがブラック企業です。

ブラック企業に入った時点でどのみち使い捨てになるのは覚悟しておいたほうがいいです。

私ならブラック企業に間違えて入ってしまったら、一か月以内に辞めますけどね。最悪バックレてでも辞めます。そうじゃないと命が危ないからです。

関連記事:バックレてでもブラック企業は辞めましょう

ブラック企業をバックレて辞める方法 強引な引き止めや脅して辞められない時の対処 
ブラック企業を退職したいけど、強引な引き止めや理不尽な仕事強要、辞めたら殺すぞ的な違法な教養とかするキチガイなブラック企業もあります。普通に退職するのがイイにきまってますが、それができない会社ならバックレるしかないということもあらいます。会社をバックレるときに知っておいたほうがイイことをご紹介しています。

それでもっていくらでもまた社員を募集すればいい 仕事が無い人がいくらでも応募してきますからね

いくら社員が辞めても、いくらでも人が入ってきますしね。それだけ世間には、「まともな会社を選ぶことができない」人が多いわけです。

でも、仕事がブラックだとどのみち長期間勤めるのは無理ですし、結局、ブラックな仕事をしてるとスキルもつかないし、

精神的にやられて「うつ病」になる可能性もかなり高いですし、うつ病になったら1~3年くらいはまともに物事にやる気が起こりません。

関連記事:うつ病になるとガチで最悪ですよ

 

そうすると、社会復帰が数年かかるケースも多いです。これって体験者ならわかりますけど、かなり悲惨ですよ。

働くだけ働いて、体壊して職を失って、再就職もなかなかできない体調になってしまます。それなら最初からブラック企業になんとしてでも入らないほうがイイですし、今ブラック企業にいるならなるべく早く労働環境変えたほうが無難と言うことです。

破滅願望がある人はブラック企業に勤める人が多い

使い捨てにされるのが分かっていてブラック企業に勤めている人もけっこういますからね。

これって

「ここを辞めたらほかに働く場所なんてないだろう」

とか自分で勝手に思い込んでいるわけです。

いや・・・・ブラック企業よりも労働環境がいい会社なんていくらでもあります。最悪派遣とかでもブラック企業で正社員出やってるよりは、わりとマシな職場もありますよ。

製造業の工場とか定時で帰れますし、有休も消化できるし給料もそこそこもらえます。けっこうブルーワークとかでもいい仕事があります。

関連記事:ホワイト工場は美味しい仕事ですよ

製造業の工場勤務がホワイトな理由【定時帰宅当たり前】
製造業の工場勤務をしてみたいと思ってせんか?本記事では工場勤務がホワイトな理由・ブラックな工場に入らない方法・ホワイト工場に入る方法を説明しています。工場勤務したい方は必見です。

とにかく今の職場で使い捨てのゴミにされる前に、さっさと見切りを付けて自分から労働環境変えたほうがイイですよ。

介護、販売、営業、飲食、マスコミ、広告、印刷、金融とこのあたりを避ければそんなに極端なブラック企業はないんですけどね。間違っても介護とか飲食とかに行っちゃダメですよ。

転職活動をちょっとやれば・・・というか普通に履歴書書いて面接対策をすれば、さすがにまともな会社に内定はとれます。自分一人で転職活動がきついなら、転職サイトの手を借りましょう。効率化できるツールを使わないとなかなかうまいういかない時もありますからね。

っていうか、ブラック企業にいる自体ナンセンスなんですよ。自分がいなに人生で時間を損失しているかってのを考えたほうがイイですよ。しかも体壊して使い捨てで捨てられるんですから、1ミリも今の状況を継続する「意味」が見えないですからね。