ハローワークの求人はブラック企業ばかり 転職エージェントを使うべき2つの理由

メモを取るスーツの女性

転職活動をいざしようと知ると、どうしてもハローワークとか求人誌や転職サイトを利用しがちです。

これって、完全に情報不足なんですよね。というかだいたいハロワとか使ってまともな転職活動がなんかできませんよ。

ハロワってブラック企業の楽園なんですよね。ハローワークとかウソの条件の求人とかで満載ですし、企業の登録に規制が無いので、ブラック企業の天国になっています。これって厚生労働省のサイトでウソの求人情報OK見たいなっていますからね。

Q 求人誌を見て就職しましたが、求人誌に書いてあった給料や勤務時間などの条件と実際の条件が違っていました。これは労働基準法違反ではないのですか?

A 労働基準法第15条には、労働条件の明示が定められていますが、この条文で言う労働条件の明示とは労働者個々人
に対して書面で明示される労働条件のことです。つまり、求人誌やハローワークに掲載されている求人票はあくまでも募集の際に提示する労働条件の目安であり、労働基準法第15条で定める労働条件の明示には該当しません。
 なお、ハローワークに掲載されている求人票の条件と実際の条件が異なる場合は、まずはハローワークにご相談ください。

出典元 厚生労働省

一回ハローワークの求人見たら、まともな人だったら「なんだこれ・・・」ってすぐわかりますよ。

求人誌や転職サイトはハロワよりはマシですけど、結局「自分で求人を探して全部自分で判断しなければいけない」という苦労があります。

転職活動で何がつらいかって、「求人探すの」ですよね。これって自分でやってるとものすごく苦痛です。

ぶっちゃけ言うとキリがないんですよね。というか「もしかしたらこれブラック企業じゃないの?」とかそういうのも求人誌見たり転職サイト見たりしても判断できないことって多くないですか?実際やってみるとホント求人探しって苦痛になってきます。

関連記事:ハローワークって行きにくいよね

ハローワークに行きたくない、なんとなく生きづらい・・っていう直感は正しいです。ハロワの求人は正直ブラック企業の比率が高くて、ハロワ職員も派遣や嘱託で言わば「バイト」の職員ばかり。就職相談もテキトーですし、そもそも求人の質が悪いので、面接を受ける意味も低いです。効率のイイ就活をするならハロワ以外の就活ツールを利用するのが必須なんですね。

ハローワークはあくまでもあくまでも失業手当をもらう場所なので割り切って利用すべき

ハローワークってハッキリ言って、「失業手当」をもらったり「職業訓練の手続き」をしたりする場所なんですね。そう、求人を紹介してもらう場所じゃアないです。だってブラック企業ばっかりなんですもん。

ハロワには、「ブラック企業だけどちょっと普通な感じなグレーな会社」と「完全なブラック企業」と「超絶激務な最悪なブラック企業」しかありません。これ地獄絵図ですからね。

知ってますか?ハローワークで働いている職員てほとんどが派遣社員か嘱託社員で正規の公務員てほとんどいません。おばちゃんとかおっさんとかが職員に多いでしょ?あれほとんど派遣とか嘱託なんですよね。

このひとたちって、職業を紹介するノルマみたいなのがあるらしくて、とにかくブラック企業でもなんでも紹介してきます。

超ブラック企業を「この会社仕事も楽でみんなやさしくていい会社ですよ」とか言って紹介してきます。マジですからね・・・怖いです。

関連記事:ハローワークの職員は嘱託・派遣社員ばかり 相談しても無駄

ハローワークで転職活動をするのはやめたほうがイイです。求人の質が企業が多くて、職員も派遣や嘱託社員なので本来仕事にやる気がありません。ブラックな求人を紹介されて終わり・・・と言うケースが多いです。その点民間の転職エージェントが転職相談するには効率がイイかの理由をご紹介しています。

ハロワで紹介された求人の会社に入ったらブラック企業だった。だからソッコーで辞めて労働基準監督署にその旨を相談したっていう人もけっこう多いです。

そういったことは労働基準監督署からハローワークに落とし込みがあるんですけど、その情報はハロワ内で共有されるだけで、その会社の求人が削除されるとかそういう対処はされません。だからブラック企業だと労基に訴えられたような企業でも、ずっとハローワークの求人に掲載されたままになるわけです。

だからなんですけど、ブラック企業のベタな特徴は、入ってもすぐに人が辞めるので、すっと同じ求人が出ているわけですね。ハローワークではこういった求人がほとんどなので、利用する意味が1ミリもないわけです。

ということで、今はハロワで求人を探すよりも、転職エージェントで求人を探すってのは常識になってるんですね。そりゃハローワークの状況がここまでひどいとそりゃハロワ使う人も減ってくるってもんです。

まともなブラック企業じゃない求人があるのは転職エージェントしかないんですよね これが現実なんですよ

そう、この求人探しの苦痛を一気に解決してくれるのが、「転職エージェント」を利用するということです。これだけで求人探しの苦痛から簡単に解放されます。

なぜなら、転職エージェントがあなたの代わりに求人を探してくれるからです。

転職エージェントって転職のプロであるエージェントがあなたの希望を面談で聞いて、それに合った求人を探してくれるという夢のようなシステムがあります(^O^)/

もちろん、転職エージェントだったブラック企業がまったくゼロってことはありません。

後で詳しく書きますけど、特に最近では厳しい基準で掲載企業を審査しているために、ブラック企業率はほとんどないわけですね。

転職エージェントは民間の会社なので、そこにブラック企業があるといった評判がでてくれば利用者がいなくなってしまいます。転職エージェントは企業に依頼されて、企業に人材を紹介することで企業から紹介料をもらって経営が成り立っています。そこで人材を紹介できなくなったらアウトですからね。

だから、ハロワと違ってちゃんと人材紹介にお金を払ってる会社なんですよ。だからブラック企業率も少ないわけです。しかももう一度いいますけど、厳しい審査で掲載企業を審査しているわけですから、ブラック企業が少ないってことがわかりますよね。

あと、求人て自分で探すのはもう辞めたほうがイイですよ。その間に自己分析したり履歴書書いたり面接対策とかやることもいろいろありますからね。求人探しはエージェントに任せて、時間を有効に使ったほうがイイです。

転職エージェントのメリット① 求人探しが圧倒的期に楽になる

ビックリする考える人

そう、これです。転職エージェントを使うと、求人探しがホント「圧倒的」に楽になります。圧倒的ですよ。

自分の希望をエージェントに話しておけば、それでいい感じの求人を選んで持ってきてくれます。もともとエージェントは転職のプロなので、自分で求人誌や転職サイトで見て自分で求人を選ぶよりも、かなり的確に選んでくれます。

「あなたにとってこういう求人が今ニーズがあると思います」

という今のあなたの状況や、業界の動向を考えて求人を選んでくれるので、無駄がありません。

自分ひとりで求人を探しているとこうはいきません。悪い言い方を言うと「ひとりよがり」な求人選択になってしまいますからね。

やはり「第三者」が選択してくれるというのは客観的な目線で選んでくれるので、たいてい的確な判断になります。

しかもエージェントはその道のプロなので求人を見る目は確かです。

転職エージェントのメリット② 求人はエージェントが審査してるので基本ブラック企業は無い

笑うサラリーマン

転職エージェントにある掲載求人て、基本エージェントが審査してるんですよね。

転職エージェントを使って転職した会社が、ショボい会社だったらその転職エージェントに悪評がついてしまいますしね。

「あの転職エージェントの選んだ求人でダメだったぜ」

なんて2chあたりに書かれたらすぐに拡散して、その転職エージェントを利用する人がいなくなってしまします。

そのため、エージェントは入念に求人をチェックして、条件が良くて、従業員にやさしい会社を選んでいきます。

そうこうやってきちんと求人のある企業を審査してるので、基本ブラック企業は無いです。もちろん完全にゼロということはないでしょうけど、大半がブラック企業で占拠されてしまっているハローワークや求人サイトよりは段違いに安全です。

転職で絶対にあってはいけないのが「ブラック企業にひっかかる」ということですからね。

だって、転職の理由の多くは「今いる会社がブラック企業だから転職したい」という理由が大半を占めます。

そして転職してまたブラック企業だったら、もう人生立ち直りできませんよガチで。

私もブラック企業がイヤで転職したクチですけど、がんばって転職してその先がまたブラック企業だったら・・・・

ガチで自殺もんですよ。ほんとうもう立ち直れないと思います。なので、絶対に転職ではブラック企業は避けなければなりません。

というか、本当もうブラック企業とか辞めてくださいよ。なんでそこまでして人をこき使って、ひどい目に合わせるんでしょうかね。

ゴミみたいな賃金で、奴隷のように使って・・・まあこういう愚痴を吐いてもしょうがないので、転職ではブラック企業に捕まらないようにするのはガチで鉄則です

そのためには「転職エージェント」を使うのは必須ですね。そうエージェントの選んでくた求人で面接を受けるのが一番の安全策です。

エージェントに希望する求人の条件は徹底的に自分なりに考えて報告しておこう

可愛い娘

エージェントにいい求人を選んでもらうために、自分の求人に対する「希望」を徹底的に考えておきましょう。

あんまり、希望が多すぎても、それにあてはまる求人は少なくなってしまいますし、あんまり抽象的でもダメですからね。

私だったら、ブラック企業から抜け出したいための転職だったので希望としては

「サービス残残業がなくてなるべく定時で帰れて、賃金は安すぎなくていいのでまともな会社」

とこれくらいでしたよ。こんな感じでもかなりいい感じの求人を選んでくれました。かなり担当エージェントには感謝しています。

かなりかなりと言っていますけど、ガチで「かなり」求人の質は高かったです。実際5社紹介されて、内定を2つもらえたので結果的にものすごくよかったです。

転職エージェントを選ぶにはだいたい2つくらいのエージェントを登録しておけば十分です。あんまり多すぎても対応に疲れるので、そのくらいがベターですね。

あなたも転職エージェントを利用して、求人を探してもらいなるべく簡単に希望の求人をゲットできることを祈っています。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

私も地銀から製造業に転職したクチですけど、失業手当をもらいに行くときに最初にいくところってハローワークじゃないですか。やっぱり最初はハロワをつかって「しまった」んですよね。

あの独特の悲壮感と陰鬱をした雰囲気がほんとに嫌だったのもありますけど、求人を見るとその質に低さに絶望したものです。

まだそのときには転職エージェントをしらなかったので、ネットで調べているとハロワのヤバさが分かってきましたし、使う必要もないんだっていうのが分かったので一安心しました

異業種への転職だったんですが、求人をある程度紹介してもらった時点でハローワークとの求人の質のちがいに安心したのを覚えています。

面接対策とかはエージェントが模擬面接をやってくれたので、たすかりました。しゃべり方と質問の答えかたがダメだったので改善できたのが内定をけっこうラクに摂れた取れた要因ですね。

ハローワークの求人もやはりもう少しフィルターをかけたほうがイイとは思うんですけどね。大人の事情でそれができないんですかね。まあ、ブラック企業ってのはどのみちうまくは行かないと思っています。ただ長時間労働で低賃金とサービス残業で違法行為で働かせて利益を上げるビジネスモデルは限界にきてますからね。効率のイイ仕事をやっている会社には追い付けないと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!