ハローワークでブラック企業の見分け方 転職でハロワは優良企業が少ない理由 

ハロワ

会社を退職したら、とりあえず行くところがハローワークです。離職票を持っていき、再就職の意思があるかどうかを確認して、雇用保険給付の手続きに行きます。

そして、ハローワークのパソコンで求人を眺めるというのが一連の行動なんですけど、ハローワークの求人ていうのが曲者なのです。

一見、公共機関の求人情報なので、労働法違反するような会社は無いだろうと思う人もいます。ただこれ大きな間違いでハローワークは求人を出す企業がブラック企業かどうかのチェックなどは完全スルーな、いわゆる「ただ求人をそのまま載せている場所」にすぎません。

なぜなら、ハローワークは求人を載せるのにお金がかかることも無くチェック機能も無いためどんな求人でも載せることができてしまうという、ある意味ただの無法地帯になっています。

基本ブラック企業は離職率がすさまじく高いので、絶えず求人を出している状態です。普通の転職サイトなどに求人を載せるのはお金がかかるので、お金のかからないハローワークに求人を載せることになってきます。

そういう理由があるので、ハローワークはブラック企業の湖と言われるくらいブラック企業案件が多い場所でもあります。

もちろんハローワークが悪いわけではなく、そういうブラック企業がハローワークを使っているという事実があるとういことです。

そのまま、ハローワークの求人内容をうのみにして就職したら、求人の内容と仕事内容が違う上に休日日数や給料まで違っていたなんてのはザラな話です。

こんなの先進国であるのは日本くらいなんじゃないでしょうかな?法律違反してもまったく機能していないの労働法です。

ここでは、ハローワークでのブラック企業の見分け方と、ハローワーク以外の求人の見つけ方をご紹介します。

関連記事:面接でブラック企業を見分ける方法

ブラック企業を見分けることができれば間違って入社することも無いですし、間違って入っても次の会社でブラック企業を選ぶ確率が減ります。ブラック企業はっ求人票や面接などでわかりやすい特徴があるのでその特徴を抑えて就活をしていきましょう。ブラック企業に絶対捕まっていはいけません。

ブラック企業の大好きな求人のコピー こういう文面がハロワークの求人に会ったらそこは高確率でブラック企業です

がっかりする男

ブラック企業の大好きなキャッチコピー集です。よく見かけるものですが一応確認です。

「ノルマ無し 未経験者OK 残業無し」→ウソです
「アットホームな職場です」→職場なのにアットホーム?
「優しい先輩ばかりです」→そういわないと誰も来ないからです
「がんばりしだいで月収50万円以上可能」→ノルマ達成できたらね 達成できた奴いないけど
「あなたの努力を評価します」→人の5倍働いてまず普通だからね
「幹部候補生募集」→低賃金で責任はでかいよ
「若い人たちががんばっています」→離職率がハンパないから若い人しかいない
「笑顔のある職場です」→笑顔のない職場ってあるのか?
「社内イベントがもりだくさん」→上司との飲み会は断れないよ
「やりがいのある仕事です」→つまらない仕事だからやりがいが無いとできないよ
「仕事はお金のためにするものじゃありません」→根本的に間違っている
「あなたのやる気を待っています」→精神論が大好き
「経験が無くても熱い心があれがオッケーです」→精神論にもほどがあるだろ

といくらでもありますが、キリがないのでこのくらいにしておきます。いやあこれが冗談じゃなくてほんとに「こういう求人が98%」というのがハローワークです。

求人見たら愕然としますよ。なんか生きててもしょうがないな・・・・くらいの衝撃を受けます。ハローワーク行くのって無駄ですよねマジで。

そもそもなぜハローワークでは嘘の求人がいっぱいなのか?それは厚生労働省でウソの求人をある程度認めているからです

女囚人

ハローワークって嘘の求人が多いんですよね。でもこれった労働法に違反してるんじゃないの?と素朴に思うわけです。ただ、この労働基準法15条というのは、「労働条件の明示」を求めているですけど、この15条で言っているのは「労働者個人への明示」という意味なんですよね。つまりハローワークにある求人票は労働条件の「目安」ということです。

Q 求人誌を見て就職しましたが、求人誌に書いてあった給料や勤務時間などの条件と実際の条件が違っていました。これは労働基準法違反ではないのですか?

A 労働基準法第15条には、労働条件の明示が定められていますが、この条文で言う労働条件の明示とは労働者個々人
に対して書面で明示される労働条件のことです。つまり、求人誌やハローワークに掲載されている求人票はあくまでも募集の際に提示する労働条件の目安であり、労働基準法第15条で定める労働条件の明示には該当しません。
 なお、ハローワークに掲載されている求人票の条件と実際の条件が異なる場合は、まずはハローワークにご相談ください。

出典元 厚生労働省

本当の労働条件は「労働者個人へ明示」すればいいということになっているので、裏を返せが嘘の求人をのせてもまったくオッケーだよということになってしまいます。

参考記事(ハローワークで嘘の求人が乗ってるのはなぜ?)

ブラック企業の常套手段「求人詐欺」という手口があります。平気で求人でウソツキまくりの求人詐欺で労働する奴隷を捕まえて死ぬまでこき使うのがブラック企業お普通のやり口です。そこにひっかからないためには自分で自分の身を守るしかないんですよね。ハローワークでもこういった求人詐欺の求人はいくらでもあるので、ハロワは使わないほうがイイですよ。

労働基準法ってどうよ・・・・・と思いますけど、こういう理由があるので求人票に載っている労働条件はあくまで「目安」いう扱いなんですね。

これって知らないと怖いです。ハローワークの求人は基本内容を疑っていたほうが無難です。

個人的にはハローワークで求人票とかみたらわかりますよ。だって求人の質がヘタなバイト求人誌よりもひどいですもんね。

今時正社員とかで手取り15万円とかの求人とかがほとんどというかたくさんありますしね。

とても世界で有数の先進国の求人とは思えません。何かが間違っていますよ。

ブラック企業は入った瞬間に雇用条件が嘘だとわかる その場合は即その会社から離脱したほうが良い

鬼囚人

ハローワークでこういう上のような文言をみたら注意が必要です。もちろんハローワークもブラック企業ばかりとうわけではありません。その比率がかなり多いということです。

もし、転職してそこがブラック企業だったら、まずその会社に入った瞬間に、求人票との給料や休日の条件が違うことがあります。

これがある場合は100%ブラック企業なので、できれば即日離脱したほうがいいです。そこで、「少し働いてみるか」とか思ってしまうのはマジメな日本人にありがちです。

これ絶対ダメああほんとにダメです。少し働いてみるかというとブラック企業の思うつぼです。

ブラック企業はそういった日本人特有の「マジメな心」に付け込んでくる企業です。そういうところだけは、本当にうまいのがブラック企業です。

日本人はそういう、「すぐにやめたら迷惑がかかる」とか幼少のころから教育されているので、まじめな人ほど簡単に辞めたりしません。そこにうまく付け込んでブラック企業は成長していきます。

その人を使うだ使って、使い物にならなくなったら新しい駒を補充するだけなのですから。ブラック企業にとってだまされて働いてくれる人が一番最高の奴隷というわけですね。

奴隷万歳という感じでブラックの経営者がニタニタ笑っていますよ。

関連記事:転職に失敗してブラック企業に入ってしまったら即日でも辞めるべき理由

転職先がブラック企業だった、仕事が合わない・・これって転職失敗ですよね。どうしよう?と思いますよね。ほんと納得いかないですからね。ただ、失敗したと判断したらすぐに会社を退職して転職活動をするなりに行動をしていかないと時間だけがたってしまって、年齢も重ねて転職はドンドン不利になっていきます。すぐに辞めて転職するのがベターなんですよね

そもそもハローワークを使わないのが一番のブラック企業を避ける方法

悩む牛

ここまでくると薄々気づいている人もいると思いますが、転職するのにハローワークを使わないのが一番安全な方法です。

最近ではネットで情報が出回っているので、ハローワークを使う人も減ってきていますが、ついついここでブラックな企業とマッチングしてしまう人も後を絶ちません。

ハローワークでの40%の求人内容が違うと苦情が出ています。40%・・・一生を左右する転職というものを40%ものウソの求人があるハローワークで探すのはなんというかね、まさにやってはいけないことになっています。

これ、転職関係の仕事についている人に言わせると「ハローワークを使わないのは常識」らしいです。

でもこういう事実って知られていないことが多いんですよね。特に中高年の転職の場合ネットに疎い人が多いので、正直にハローワークで求人を探してブラックに捕まっている人がかなり多いようです。

ハロワは掲載企業を審査していないんですよね。だから、どんな会社でも求人を掲載できます。ブラック企業がいくらでも求人を掲載できるのがハロワと言う場所なんですね。

でもハローワークを使えないなら転職の求人はどこで探せばいいんだ???

となりますが、その時は転職エージェントで転職先を探すのが必須ですえ。転職エージェントは転職のプロであるエージェントが求人情報を載せる企業を審査していますのでブラック企業の可能性はありません。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。

転職はブラック企業の求人が無い転職エージェントを利用しよう

気楽なサイクリング

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

このサイトで、何度も何度も言っちゃってますけど、ハローワークを使うこと自体がナンセンスなんですよね。

なんか悲しいですよね。もっともメジャーな求人紹介機関がブラック企業のたまり場みたい位なってるのは紛れもない現実なんですね。

ハロワでブラック企業の求人を見分ける方法はありますけど、ほとんどがブラックな求人なので、見分けるも何もホワイトな優良求人を見つけるのはある意味「宝探し」的な要素が多すぎてギャンブルみたいなもんです。

それをやるなら、転職エージェントなどで優良求人がある場所から、プロの目で選んでもらったほうが全く持って効率が良くなります。

いや・・・ほんとハローワークって何とかなりませんかね。なんでハロワが嫌いかって言うと、転職活動して、何度かあまりにひどい求人を紹介されたからです。

面接に行って、あまりの面接官の態度とか会社をパッと見た印象が、どう見てもブラック企業の要素が満載のところばっかりだったんでよね。ハロワで紹介された求人がひどすぎて本当に

今思い出してもうんざりします。いや冗談だろ?って感じのものばっかりでしたからね。

こういった状況はもう日本の未来は暗いということがよくわかります。ブラック企業ばかりだと、結局、長期的に見れば日本という国は衰退していきますし、もうその兆しは普通に暮らしているだけでもなんとなくわかりますしね。無理な増税や上がらない給料。生活は苦しいままで高齢化社会と暗い話ばかりです。

ちょっとダークな気持ちになりますけど、それでもまともな会社を探していくのは、人生を良くするためにと手も大事なことなので、うまく良い求人があるツールを選んで使って行くことは当然なんですよね。ブラック企業につかまるのだけは御免ですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!