ハローワーク職員はムカツク対応で求人もブラック企業ばかりな理由

ハロワ

ハローワーク、いわゆる「ハロワ」ですね。会社を退職すると誰でも失業保険の手続きをするのでたいてい必ず行く場所ですね。

ハローワークってこういった公的機関の中でも圧倒的に職員の対応が悪いです。実際行って職位の態度とか、あまりに襦袢が回ってこない。しかもせっかく行って待った挙句、職員にえらそうで、見下された態度をとられてしかも「マジでこれ???」っていうブラックな求人を紹介されるってことがあります。

マジでやばいですねハローワーク、やる気が無い職員、失業して不安がある人に対して、バカにするような態度をとる職員。

これだけ情報が出ている時代ですから、そういうハローワークのどうしようもない実態がよくわかります。

やっぱり、ハロワは求人が企業が無料で出せるので、ブラック企業がものすごく多いんですよね求人の数。同族会社で待遇が冗談みたいな会社とか、詐欺をするような会社とかも普通に求人で出ています。

ハロワは基本求人の質を審査しないので、こうなるのはしょうがないんですよね。その時点でもうハロワを利用する意味がないのがわかりますけどね。

たしかに、ハローワークのすべての求人がおかしいってわけでもなく、まともな求人もありますけど、それは宝探しレベルの少ない案件です。ハロワは失業保険をもらう場所というふうに利用する場所だと個人的には思います。

関連記事:ハローワークで職業相談しても無駄な理由

ハローワークで転職活動をするのはやめたほうがイイです。求人の質が企業が多くて、職員も派遣や嘱託社員なので本来仕事にやる気がありません。ブラックな求人を紹介されて終わり・・・と言うケースが多いです。その点民間の転職エージェントが転職相談するには効率がイイかの理由をご紹介しています。

ハローワークであったムカつくことをご紹介 公共機関がこういう対応ではちょっと悲しくなりますね・・・

悩む牛

とにかくハローワークの職員の態度が「ムカツク」といいう経験をしたことがある人は死ぬほど多いです。

そのムカつく対応をされた例を少し挙げてみますね。

何に腹が立ったかというと、子連れでマザーズハローワークへ行って、相談の順番を待ち、担当となった女性職員の方へ、「妊娠退職前のキャリアを活かしたい」という話をしたところなぜかふんふんと鼻で笑われ、「子供がいるのに働くの?」「働かないで家にいる事も可能なのに?」「なんで??意味がわからない」と言われ、、、

「貯金もしたいし、キャリアを活かして仕事をして、家庭と両立させる事が、私にとっては充実した暮らしで、妊娠前の経験は無駄にしたくない。」というような内容で真面目にお答えしたところ、

「充実した暮らし?・・・充実???ちょっと・・・・はははははははははは!!!充実・・」と充実がツボだったようで

小ばかにしたように暫し笑い、その後も「英語やパソコンのキャリアを保つ事が仕事の目的なんだぁぁ?(ニヤニヤ)」「じゃあずーっと家にいるの、嫌なんだ?苦手?ニヤニヤ」と、別にそんなつもりじゃないんだけど・・って事を色々と質問され、「そうです」と言わない限り、質問&追求が終わらない様子だったので、今日はこの辺で、と帰って来ました。

ブチギレるやら見下されたようで悲しいやらで、堪らなくなって泣きながら帰ってきました。馬鹿みたいですね。

ハローワークにて、求人の紹介をお願いしたところ、担当者から
「この求人の仕事、全てできますか、できないなのなら、企業様に余分なお時間とお手間を取らせることになるので、確認はします。」
と言って、求人内容の確認の電話をしました。
「この求人は、貴方には、無理です。」
とあっさり断られてしまいました。

初めて利用した際、求人票を印刷した後どうすればよいか分からなかったため
受付にいたその女性に尋ねたところ、鬱陶しそうな顔で「え、何!?」と言われました(聞こえなかったので聞き返したのだと思いますが)。
そして今日、受付で「求人を検索したいのですが」と言ったら面倒臭そうに札を渡されました(押し付ける感じです)。

とまあこれはほんのごく一部ですけど、いくらでもこういったハローワークのムカつく対応の事例はたくさんあります。

実際にはハローワークってバイトの人も多くてついついこういった態度になってしまうみたいですね。

公的なところってけっこうこういう対応が悪いところが多いです。

そう、ハローワークって

「求人の質も最悪」

「職員の質も悪い」

ということで就活で利用するメリットが全くないんですよね。もちろん失業保険をもらわなければいけないので、ハロワに行くことにはなりますけど、そうじゃなければ行く必要って全くないんですよね。

口述しますけど、ハロワーク以外に良質な求人があるところは存在するのであえて、ハロワを使う意味と言うのは全くないです。

まず、求人を審査していない求人内容を審査していない・・・・というのがネックですね。

あまりにひどい求人でも載せているので、単純に生きていけないような給料の求人も多いです。しかも正社員で。公的な期間がこれなので、ちょっと切ない気持ちにはなって起案す。

人が十分なサポートとか受けれるわけがないですよね。公的機関がこんな感じっていうのは本当に日本て怖いです。ああ怖い。

余談ですけどハローワークの職員て「嘱託社員」「派遣社員」とかがほとんどです。ハロワに行くとわかりますけど、どう見ても60歳超えたような人が受付やってるでしょ?これって

公務員を退職したひとが嘱託でやってることが多いんですよね。

だから嘱託社員とかがやる気があるわけないいですし、そもそも公務員とかで転職とか失業とかしたことない人がやってるんですから、気持ちもわかるわけないし、そもそも利益を出すとかノルマがあるわけじゃあないですから、テキトーに仕事して時間が過ぎればいいわけです。

早い話がバイトです。バイトとかにこっちはけっこ人生かかってる就職相談するわけですから、そりゃあやる気の温度差があるに決まってますよね。

関連記事:ハローワークは行きづらい行きたくないって人が実際は多いのが現実です

ハローワークに行きたくない、なんとなく生きづらい・・っていう直感は正しいです。ハロワの求人は正直ブラック企業の比率が高くて、ハロワ職員も派遣や嘱託で言わば「バイト」の職員ばかり。就職相談もテキトーですし、そもそも求人の質が悪いので、面接を受ける意味も低いです。効率のイイ就活をするならハロワ以外の就活ツールを利用するのが必須なんですね。

ハローワークでの求人は怖いくらいにブラックなので悲惨です 面白いくらいですよマジで(^O^)/

ハローワークの求人見てると、怖くなりますね。じさっ際に

月収13万円ボーナス0.5ヶ月

みたいな求人が普通にあります。これって。年収163万円??いや、生きていくこともできないし家賃とかあったら払えないレベルです。しかも正社員の求人でこれです。年収300万を切るといわゆるワーキングプアと言われています.

これじゃ、それ以下というかもう話にならないレベルです。もちろん、こんな求人に応募するのは相当な「訳アリ」な人間でしょうけど、こういう求人を普通に掲載しているハローワークってどういうところ?と普通に思います。

ワーキングプアとかを解消する方向になってるんじゃなないの?とか思いますけど現実はこんなもんです。

そして、たまに「まとも」な求人があればそこに人が殺到するので、普通に倍率が30~50倍とかになります。

これじゃあねえ・・そうとうな経験者とかそういう選ばれた人しか「まともな求人」には採用されないですいね。40代50代だったり、未経験だったりするとかなり苦しいです。

ということでハローワークではブラック企業がメインでの求人の紹介所ということです。政府から「ブラック企業を無くそう」みたいな指導はあるはずですけど、現実はまったく無視という状態ですね。

それでもって、先ほどの態度が悪い職員でしかも非正規社員のほうが多いわけですから、いかに組織としても機能していないかがわかります。

もう、なんかほかにもいくらでもハローワークのデメリットはあるんですがキリがないというか、挙げていて切なくなってくるので、もう結論にしましょう。

ハローワークをつかった就職は無理。ブラック企業に入りたい人はハロワを利用してくださいということが結論です(^O^)/

ハロワはやめて民間の転職エージェントにしましょうよ 悪いことは言いません

というわけで、転職活動や求人探しは転職エージェントを利用するのが必須です。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたの希望を面談できちんときいて、それに合った求人を選択してくれます。

求人はエージェントが審査しているのでブラック企業はありません。

ここがハロワと大きく違うところですね。転職エージェントがあるのに、なぜハロワを使うのか意味が分かりません。

ハロワは利益を求めていないので、そりゃあ求人を紹介するのにもヤル気はないですよね。平気でブラック企業を

「この求人いいですよ」とか勧めてきたりします。ホント怖いです怖い・・・ブラック企業斡旋機関になってるハロワです。そういった理由で転職エージェントを使ったほうが無難です

転職エージェントはもちろん登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.キャリコネ

 

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「無料転職サポートに登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)やキャリコネを選択しましょう。

JAC Recruitmentもキャリコネも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くキャリコネは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

 

JAC Recruitment(公式)

 

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ (公式)

 

実際に私もハローワークを使って転職活動をしてました。31歳の時ですかね。

でもまあ、あまりに求人の質が冗談みたいに悪いので、世の中ここまでひどいのか?とか落胆した記憶があります。

でもそれは、単純にひどい求人がハローワークに集まってるだけで、求人を選別してない上に、求人を出すのに経費をかけられないショボイ会社ばかりが掲載されているからだというのに気づきました。普通に転職エージェントを利用したら、そりゃいい求人ばかりじゃアないですけど、いわゆる「普通レベル」の求人がたくさんありましたからね。

ハロワの求人はこの「普通レベル」にも達してないものがほとんどでした。実際に私が体感したことですから、自分目線ですけど、けっこうこういう風に思ってる人多いと思いますよ。だってあの求人の質ですからね。なんか見ていて悲しくなったのを覚えています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!