代理店営業の転職先会社を選ぶ方法 ブラック飛び込み営業を辞めたい人は選択肢に入れよう

飛躍する営業マン

営業というと、面識のない個人宅や会社に行って、自分の会社の商品を売り込むというイメージが強いです。

その一方で「代理店営業」というスタイルの営業もあります。

代理店営業とは、自分の会社の商品を売ってくれるパートナーになる会社を開拓して言ったり、そのパートナーの販売を手助けしていく営業職のことを言います。

特に、金融業界やIT業界では代理店営業が多い業種ですね。

代理店営業の特徴として、普通の営業やルート営業とは違いパートナーの企業へのコンサル的なこをも行います。

たとえば、自社の商品をうまく販売してもらうためにパートナーの企業にその商品についての教育や指導をしたりします。

また、パートナー企業といっても、自社以外の商品を売っている場合もあるので、自社の商品のアピールをして既存のパートナーの代理店に対してのパイプを強めていくことも大事な代理店営業の仕事です。

こう見てみるると、普通の営業より、幅広い仕事を行う必要があり、総合的なコンサルティング的な要素も含んでいるのが代理店営業です。

こういう感じの仕事なので、代理店営業だからと言って普通の営業と違いノルマが少ないからと言って「単純に楽な仕事」というわけではありません。

ここでは新規開拓営業や飛び込み営業との違いもみながら、代理店営業への転職の方法をご紹介します。

とにかく同じ営業でも「新規開拓」特有の精神的消耗が少ない

代理店営業と新規開拓営業との大きな違いや「ノルマがそれほどきつくない」という点です。

新規開拓営業や飛び込み営業は、その月、四半期、半期、一年とほぼ毎日ノルマに追われて、毎日のように上司から尻を叩かれて営業に向かうことになります。

代理店営業の場合は、代理店開拓のノルマはありますが、それ以上に既存の代理店の管理などの仕事がメインになるので、ノルマに追われまくるということはまずありません。

ノルマに追われるというより、代理店と自分の会社の関係を良いものにして、親密なものにしていくという「調整係」的な役割があります。

そのため、新規開拓営業のように、体育会系でパワフルなキャラは必要はなく、どちらかと言えば周りの人間関係をうまく回していく、できる管理職のようなキャラが求められる職種でもあります。

代理店営業は長期的に仕事ができる営業です そのため適性が最も重要視されます

正社員

先ほど言ったように、代理店営業はごり押しで自分の商品を売ってくる新規開拓営業とは違い、どちらかというとハートなー企業と自社の調整を主な仕事にしています。

そのため、代理店営業に向いている人は、人付き合いがよくて、人から好かれるようなキャラのタイプが向いています。

既存の顧客とは長い付き合いになっていくわけですから、好かれないと仕事がキツイですし、そのためには、代理店営業をやる人間も基本は「人間好き」でないとやっていけません。

かといって、ベタベタな付き合いもまずいので程よい距離感を保ちつつ、程よい関係で仕事を回していくという試合巧者的なキャラクターが向いています。

当然誠実な人柄というのが前提で、攻撃的な性格のほうが向いている新規開拓営業より、場の雰囲気を調整できる人が代理店営業に向いています。

代理店営業に転職するならとにかく「安定期」に入った大きな会社を選ぶのが鉄則

代理店営業に向いている人はこのよう感じですが、代理営業に転職するためのポイントは、その企業が

「安定期」に入ったある程度規模の大きい会社、もしくは中規模の会社でも独自のノウハウもったオンリーワンの

製品や商品をもっている会社を選ぶべきです。

そういう会社の代理店営業は言い換えると「精神的に楽」です。なぜなら、自分の会社の製品が実績もあり信頼もあるので、

たの会社のものと競合してもあまり苦労せず勝てるからです。

代理店営業といっても、自分の会社の製品が競合がたくさんあって、パートナー企業にいつほかの会社に乗り換えられるかもしれない・・・・・という状況では、精神的にもかなりつらいものがあります。

そこで代理店営業への転職は、安定した会社、商品がオンリーワンのノウハウを持った会社。つまり競合に勝てる製品・商品がある会社を選ぶべきです。

その会社の商品が好きになることが代理店営業の仕事をうまくやっていくコツです

そういう、製品が強い会社の代理店営業は仕事はしやすいですし、なにより自分の会社の製品が好きになれば

代理店であるパートナー企業にも躊躇なく心の底から自社の製品を売り込むことができます。

一番いいのは好きになれそうな製品・商品がある会社に代理店営業として転職することなんですね。

ただ、そう言う会社の情報を探し出すのは難しいです。

そういうケースでは、転職エージェントを利用して会社の情報を集めてもらいましょう。

転職エージェントを使って代理店営業への求人をさがしてみよう

考える女性

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!