上司と喧嘩して会社辞める時の考えと行動 退職すべき会社を冷静に見極めたほうがイイ

ガッツだぜ

上司とケンカして辞めるってのは、こうやって書いてみるとなんかすごく子供な感じで社会人不適合な感じもしますよね。といっても、大人な社会人とかそういうのってぶっちゃけどうでもいいですよマジで。

普通に考えて、上司と喧嘩するとか、喧嘩するとかじゃなくても、こいつぶん殴ってやろうか・・・とかって相当なレベルのゴミ上司ってことです。だって多少嫌な上司とかでも、その会社では上司は上司なので喧嘩するとかまず考えませんからね。

そりゃそうです。会社の中で上司と喧嘩してもデメリットしかないですもんね。

「上司から評価を下げられる」

「上司からさらにイジメられる」

「上司から毎日辞めら辞めろとか言われる」

とか簡単に喧嘩した後の報復攻撃を受けるわけです。それに会社の中ではどんなゴミ野郎でも「上司のほうが絶対に権力がある」ってことです。法的にヤバいことじゃなければ(たまに法的にヤバいこととかの指示を聞いて粉飾決算や違法品質の製品とか世に出てしまいますけどね・・・・)何やっても上司の言うことの方が正しくなります。

なんかね・・・会社って手取り20万円の給料で上司の言うことを絶対に効かなければいけないみたいなことになるわけなんですよね。ショット冷静に考えてみると

かなり「それってどうよ?」って環境です。

そんな状況で上司からイジメられたり、ネチネチ毎日なんか言わらたらそりゃあ、まあ喧嘩もしたくなりますからね。

実際喧嘩するかどうかは別にして、喧嘩するくらいの気概のほうがいいですよ。ずっとそういった上司の横暴とかを我慢してると、普通に精神を病んでうつ病になりますからね。

実際私も喧嘩したことはありますけど、言い争いとかになってもその時上司を論破しても、結局そのあとに負けるのは部下なんですよね。そりゃあ上司喧嘩に勝ったとしてもその上司がいなくなるわけじゃあないですし、そこから上司を論破してしまえば、そのあと報復攻撃があるに決まってますからね。

でも、喧嘩するならもう辞めるつもりくらいのスタンスで行ったほうがイイですね。実際私もそのあとしばらくして辞めましたからね。というかその上司がいる労働環境とかで長く続けることも実際無理だったんじゃないかと思います。それだけストレスも溜まってましたし、そのあとの転職も割とうまくいったので逆にケンカして結果的はよかったってことになります。

上司からパワハラされたらケンカするとかってぶっちゃけ気概があっていいと思います ホントは殴りたいところですけど、暴力はめんどくさいので論破したほうがいいですけどね

上司とかからパラハラされたりするなら、喧嘩とかするくらいの気概があるってのは個人的にはイイことだと思います。

ぶっちゃけ殴りたいですからね。キレイごと言ってもしょうがないです。でもまあ、実際はきれいごとを考えて、ずっとひたすら我慢するとかの人がほとんどです。

その我慢の結果、どっちにしろ精神的に病んで、うつ病とかになって会社を去ることになります。大体このパターンですね。

暴力とかはまずいので、上司を論破してもいいんじゃね?と思います。ただ、その時はもうその会社は辞めてもいいという考えてやった方がいいですね。

そもそも、上司と喧嘩するとかって、ハッキリ言うとその時は勝てても、その会社でやっていくならもう居場所はなくなります。そりゃあ、喧嘩して上司を論破してもその瞬間からその上司からの報復が始まりますからね。けっこう部下をイジメるとかを楽しみで会社に来てるゴミ野郎とかもかなりの数で存在しますからね。

そういうのを毎日喧嘩で勝ったとしても相手をするわけですから、そりゃあ報復されますよ。

こういう状況が現実なので、

「上司と喧嘩しないほうがイイ」

ってのは確かに正論ですけど、そのままずっと黙って我慢していてもどのみち精神的に追い詰められて、うつ病とかで会社辞めることになります。遅かれ早かれそのゴミ上司とずっとやっていくこととかはむつかしいですからね。

そう、何たい痛いかと言うとまあ、喧嘩しようがずっとが増しようが、その上司がいる限りあなたが会社を去る可能性が高いってことです。だって喧嘩したくなるほど人い上司ですからそりゃそうですよね。ちょっと冷静に考えてみればわかります。毎日イジメられてイヤミ言われて逃げ場がないってのは、経験したことがある人ならわかりますけど、「リアル生き地獄」ですからね。

そいう状況だと休みと日とかも仕事のことが頭にうかんで、休みも気が休まらないので、本当に辛いですよ。私もそうでしたけど生きている気力みたいなものがなくなって

「もう死んでもいいなこんな人生なら」

くらいに普通にそういった思考になります。けっこうこれって「うつ病」でもかなり重症な状況なんですよね。そういうことは当時気づいていませんでした。こんな状況が続くと、ガチで自殺したりすることになるので、本当にそういう喧嘩するような上司がいる会社てのは危険てことですね。

なんでこんな極端な意見を言うかと言うと、ケンカするような上司の下でガマンしてやっていても、どのみちネチネチとイジメられて高確率でうつ病とかになって、会社を辞めるどころか社会復帰も厳しくなる可能性がけっこう高いからです

私がこういった極端な意見を言うのってのは、喧嘩するような上司の下でガマンして、毎日ネチネチイジメられてるとほんとまじで精神を病みますからね。

けっこうな高い確率でうつ病になります。そいう人を何人も見てきましたからね。

うつ病になると、会社に来れなくなるってのは当然ですけど、下手すると社会生活とかもキツイ状況になってきますからね。わたしなんかうつ病で1か月くらいマジで寝たきりでしたからね。ほんと動けないんですよ。

食事もしたくなくて、生きていく気力もなくなるわけです。ホントにこれって生き地獄ですよ。よくうつ病の人が突発的に自殺するのって、こういう動けないくらいの、ひどい状況からちょっと回復して体が動くくらいになった時に衝動的に高いところから飛び降りたりします。

だからまあ、ここでも何が言いたいかとお言うと、そういう喧嘩するほどのゴミ上司がいる状況でずっと働いてると、命の危険があるくらいヤバい状況だってことです。

そりゃそうですよね。毎日ですからね毎日・・・・・そうい上司と顔合わせてるだけでも苦痛ですし、喧嘩するほどまあ追い詰められてるってことはホントマジで相当なレベルのストレスがあります。

個人的には、こういったゴミ上司と喧嘩する人のほうが「正常」だと思いますよ。どう考えても頭のおかしい上司とかに我慢を続けるほうがかなり「異常」だと思います。

そりゃあ会社で働いて給料もらって生きていくことも大事ですけど、そこまでストレスを受けてないがしろにされてまで生きていくんだったら私だったら餓死したほうがいいですね。

餓死するよりもそんな上司論破して辞めたほうがまだいいと思ってます。というか、喧嘩するよりも労働基準監督署とかに訴えてその上司自体をパラハラとかえ抹殺したほうが合理的ですけどね。

関連記事:嫌いな上司を潰す方法

嫌いな上司を潰す方法 ゴミなパワハラ上司復讐するには社外に訴えたほうがイイ理由
クズでむかつく嫌いな上司を潰すには社内で相談しても無駄です。労働基準監督署に訴えるか弁護士に相談して上司を訴えましょう。懲らしめて精神的に追い詰めて潰すにはそうしたほうがイイです。そこまでするくらいの価値がある行動ならですけどね。そんな会社さっさと見切りをつけて辞めてしまうも効率的な人生を渡ってい行くための方法でもあります。

そう、個人的にはこういったゴミ上司とか喧嘩して論破したいところですけど、それもあとあとめんどくさいですし、このレベルの人間とかとそもそもかかわるのもめんどくさいですからね。

労働基準監督署とかにパワハラ音声とか持って相談に行ったほうが、意外と簡単いことは解決することも多いです。実際、私の知人のT君は労基に相談して労基から会社にパワハラ勧告がきてその上司は左遷させられましたからね。うまくゴミ上司を消す方法を自分なりに行動していきましょう。

上司とケンカとか普通にありましたよ私も。そういう上司でも媚びて頑張ってる人もいましたけど、個人的には「せいぜい頑張ってくれ」っていう冷めた目て見てましたからね

私も、金融時代に上司とかと喧嘩しましたね。

いや、営業ノルマのことで同じことを何度も言ってくる無能な上司でしたが、それ以上に仕事の妨害をする人間だったんですね。

なんというか、私そこそこ営業成績が良かったんですよね。そういう営業成績がいい人間を妬むような上司だったので、仕事を妨害するような行動もけっこうされました。

具体的に言うと

「訪問する順番がおかしい」

「昼休みとか意味不明なことで説教されて、時間を拘束される」

「夜、仕事してるのになんかちょっかい出してきて、仕事できないようにされる」

「会社から帰ろうとすると、意味不明なコピーとか雑用を押し付けられる(女の子にやらせるべき仕事)」

とかまあ、執拗にやられましたね。それでもってキレて論破してしまったんですけど、一週間くらいはおとなしくなったんですけど、また同じようにさらに執拗に嫌がらせをするようになりましたからね。そりゃあ、論破したところでその上司がいなくなるわけじゃないので、喧嘩して勝ったところで状況が良くなるわけじゃあないんですよね。

そのあたりはしょうがないというか喧嘩するのはイイんですけど、やっぱり上司と喧嘩するならもうその会社は辞めるっていうことを具体的に考えたほうがいいですね。

たとえば、仕事しながらでもいいので、転職活動とかするわけです。それでもって転職先が決まったら上司と喧嘩・・・・といっても喧嘩するのもなんなんで、ある程度の論破するくらいはいいんじゃね?と思います。というか、こういったゴミ上司を論破するなんて簡単ですからね。なにもできないから、自分に自信が無いから部下とかをイジメるわけですからね。

そういう上司とは喧嘩してさっさと会社やめる・・・みたいなのがいいですね。でもまあ、喧嘩するのもこんなゴミ上司とめんどくさいんで、さっさと別の会社とかに移ったほうが楽ですからね。

本とに思いますけど、そりゃあテキトーな理由で会社辞めたり、なんか「仕事があってないから辞める」とか抽象的な理由で会社辞めるのとかは良くないですけど、

こういった明確な理由

「上司がゴミで毎日イジメられる」

「会社が激務で精神的にもう限界」

「給料が安すぎて生活できない」

とか具体的にヤバい理由がるのにその場所にずっといるとかってホントにまずいですよね。それって普通に思考停止なわけで、特に20代30代でこういった労働環境に長くいるってのはデメリットしかありません。

もう一度言いますけど、テキトーな理由とか、単純に仕事が嫌だとかそいう自己的な理由で会社を辞めるのってあんまりお勧めしませんけど、あきらかに、どう考えても上司がおかしいとか、ブラック企業で激務すぎるとか、給料が安くて生活できないとかそいういリアルな理由があるなら、なるべく若いうちに労働環境がまともなところを探していくべきなんですよね。

ホント、このサイトで何度か言ってますけど、人生の最優先事項ってのは

「まともな労働環境を見つける、定着させる」

てことです。平たく言うと、ブラック企業以外の会社にはいるってことですね。こういった喧嘩するレベルの上司がいるってのもブラック企業とかに多いわけです。

だってブラック企業とかって、有能な人なんて残らないですよ。そういう人は真っ先に別の会社に転職したり、自分で仕事を開業したりします。ブラック企業にずっととどまっているってのは、自分で考えて行動できることができない思考停止した人間が多く集まります。厳しい意見だと思いますけど、これが現実なのでしょうがないですからね。

そういう場所にはゴミ上司がいっぱい出現します。もちろん、いい会社にもゴミ上司はいますけど、その割合からすると低いですからね。

喧嘩するレベルの上司がいる場所ってのは、長期間、自分の仕事として勤めるのはかなり危険です。労働環境を変えることができる20代30代とかのうちに、まともな労働環境を確保しておくってのは人生の最優先課題と言ってもいいわけなんですね。

転職活動するにしても一人で求人を探すとかはかなりめんどくさいですし効率も悪いです ブラック企業に捕まる可能性も高いので転職ツールは使ったほうがベターですね

転職活動するにしても、一人で求人を探すのってのはかなりめんどくさいですからね。効率も悪いですし、自分の希望に合った求人を探してもらうほうが楽ですからね。

それに、一人で転職活動をやってると、アドバイス設けられないですし視野が狭くなってブラック企業とかに捕まる可能性もありますしね。転職ツールは使ったほうが無難です。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから