【無料プレゼント企画】ブラック地銀からホワイト製造業に転職した方法・レポート配布

32歳でブラックな地銀からホワイトな製造業に転職したマサが実際の体験を踏まえたホワイト企業を選ぶ「本質」の方法を無料レポートでご紹介しています。

無料レポートダウンロードはコチラ

ホワイト企業への就職方法

メールを受け取ってダウンロードする形になっています

 

ホワイト企業への就職方法

メールを受け取ってダウンロードする形になっています

 

夜勤で吐き気・ゲリ・胃が痛い 腹の調子が悪くなる理由と解決方法

夜勤で吐き気・ゲリ・胃が痛い 腹の調子が悪くなる理由と解決方法

夜勤やってると吐き気があってキツイ そんなに食べてないのになんで?

夜勤明けとかに吐いたりしたよ・・・なんでだろう

普通にゲリとか胃もたれもするし・・・・・

これなんとかならないのかな?

こういった疑問にお答えしています。

本記事を書いた理由

18歳から29歳まで10年くらい工場で夜勤をやっていました。

吐き気がひどくて吐いたことも何度かありました。その経験をシェアしたくて記事を書きました。

本記事の内容

夜勤で吐き気とかゲリになる理由

夜勤で吐き気とかゲリになる理由

夜勤で吐き気とかゲリになる理由は以下の通りです。

・夜勤でストレスと疲れで自律神経がみだれるから

・夜勤でホルモンバランスが乱れる

・夜勤の時は胃腸が働いていないので、間食すると吐き気が出る

夜勤でストレスと疲れで自律神経がみだれるから

結論を言うと、夜勤をすれば自律神経はみだれます。

「自律神経ってなに?」

と言われるとおおまかには2種類あって

交感神経・・・・・・日中活発に働くための神経
副交感神経・・・・・・夜にリラックスするための神経

こういったものがあります。夜勤をやると、昼夜が逆転の生活をするので、昼と夜の自律神経がぐちゃぐちゃになってしまい、みだれてしまいます。

自律神経がみだれると

自律神経が乱れるとこういった体の不調が出てきます。

・吐き気・全身のだるさ・不安になる・うつ病・頭痛・かたこり

・不整脈・胃の調子が悪い・ゲリ・呼吸がくるしくなる

こんなことになります。いいことが1ミリもありません。

 

夜勤で吐き気・ゲリ・胃が痛い 腹の調子が悪くなる理由と解決方法
出典 ゆたか倶楽部

夜に起きて活動することは、自律神経が乱れるしかないので、どうしてもこういった体に悪いことがおきてしまいます。

そして胃腸が弱い人は「吐き気」が出てきます。夜に活発に活動すれば、胃腸に負担がかかりますし、そんな中で夜に間食とかすれば、さらに吐き気とかができます。

「夜勤をやってると吐き気がある」ってのは、不思議なことじゃなく、体にダメージがあってそうなってるだけで、普通にあることです。

夜勤でホルモンバランスが乱れる

夜勤をすると「ホルモンバランス」が乱れます。

このサイトで何度か書いてますが、夜勤をやると

レプチン‥‥食欲を少なくするホルモン
グレリン・・・・・食欲を大きくするホルモン

夜勤をやると
グレリン>レプチン

こうなってきます。ホルモンバランスは昼夜逆転の生活をすればかんたんにくずれます。

夜勤をやると食べる量が増えてませんか?

そうなると胃とかにダメージが大きくなって、夜勤やってると吐き気とかが出てきます。

とはいえ、夜勤やってるとストレスたまるので、たくさん食べたくなるのはしょうがないですよね・・・・・

夜勤をやってて、たくさん食べないようにする対策方法は夜勤で太りやすい理由と対策方法【ホルモンやビーマルワンが関係する】の記事でくわしく説明してるのでどうぞ。

夜勤をやってるときに食い過ぎで吐いた体験

工場で夜勤をやって22歳くらいのときに、めっちゃ食ってました。

上で書いた「グレリン」がピークだったというか・・・・夜勤が終わって寝て、起きてから昼に食べて、晩に食べて・・・夜勤に行く前に牛丼とか大盛りで食べてから夜勤やってました。

それでいて、夜勤中にチョコとかカロリーメイトとか食ってて、さすがに腹の調子が悪かったです。夜勤明けに吐き気もありました。

それでも、夜勤のストレスからホルモンバランスがくずれていたのでしょう。ひたすら食べることでストレスを解消してました。7キロくらい太りました・・・・

そして、ある日夜勤明けにめっちゃ吐きました。家に帰ってからだったのでたすからいましたが・・・

よつんばいになって吐きました。

それからですけど、食事の量を減らすようにして、すこし、胃のちょうしとかもマシになりました。

とはいえ、夜勤をやってるときは、ずっと胃腸の調子はわるかったです。夜勤をやってる限りは胃腸の調子がわるくなったりするのは、覚悟はしておいたほうがイイでしょう。

夜勤の時は胃腸が働いていないので、間食すると吐き気が出る

夜勤の時には胃腸が働いてない(夜は体は休む時間なので)です。

そういうときに、夜勤中に間食とかすると、吐き気がでてきます。

なんにも食べないでも、吐き気はありますが、夜勤中に間食とかしたらアウトです。

とはいえ、夜勤中ってストレスがたまって、お菓子とか食べたくなるのはメチャクチャ気持ちがわかります。

吐き気がある人が夜勤中に間食をする・・・これも夜勤の「あるある」ですが、吐き気やゲリなどはさらにひどくなるので、夜勤中の間食はマズいです。

夜勤で吐き気やゲリをおさえる方法

夜勤で吐き気やゲリをおさえる方法

夜勤で吐き気やゲリをおさえる方法は以下の通りです。

・まずは夜勤期間中の睡眠をしっかりとって自律神経を安定させる
・消化のいいものを食べる
・吐き気があるならガマンせずに吐く
・休息する(これしかない)
・夜勤のない仕事をする

まずは夜勤期間中の睡眠をしっかりとって自律神経を安定させる

夜勤をやってるとどうしても睡眠不足になります。睡眠の質も悪いですしね。

それでも、なるべく夜勤をやってるときには「なるべくイイ睡眠」をとるようにして

「なるべく自律神経を乱さないように」するようにしましょう。

なんか、自律神経とかいうとむつかしそうですけど、

「なるべく寝て」
「なるべくストレスをためない」

とやるこはこれだけです。夜勤をやってるとき体力をつかったり、酒飲んだり、遊びまくったりしない・・・・といったことだけです。

※夜勤は体に思ってる以上に負担がかかっています。ムリをしてると後で必ずと言っていいほど、なんらかの体調がわるくなります。特に吐き気とかゲリ、胃が痛いとか

「このくらいなら大丈夫」とか思って放置してると悪化します。ずっと吐き気とかが続いてるなら、一度、病院に行って相談してみましょう。

 

※睡眠の質をよくするのは

人が眠くなる条件と眠りやすい状態を作る方法【夜勤者必見】

夜勤で質のイイ睡眠を取るコツ【仮眠・サングラス・カーテンの重要性】

睡眠の役割と夜勤で睡眠の負債(ダメージ)がたまる理由 

の記事にくわしく説明してるのでごらください。

消化のいいものを食べる

夜勤で吐き気とかゲリがあるときには消化のいいものを食べましょう。

夜勤をやってるとついついコーヒーとか酒を飲んだします。タバコを食べたりチョコとかの甘いモノも食べてしまいます。

これってめちゃくちゃ胃腸に負担がかかります。(下の図を見ればわかりますが・・・・)


出典 セルフドクターネット

吐き気やゲリ・胃の調子が悪いときは、残念ながら消化の悪いモノを食べるとさらに悪化します。できれば消化のいいものを食べて、体調を調整しましょう。

※なるべく自炊して消火のいいものを食べましょう。【参照】一人暮らしの夜勤で疲れてるときの自炊方法 体に悪い外食は少なくしよう

夜勤をやってると食べたい気持ちはわかるが、ガマンしないと吐き気は悪化する

夜勤をやってると、甘いモノとか、あぶらっぽいもの、酒とか食べたくなります。

これは上に書いた「グレリン(食欲が大きくなるホルモン)」が大きくなるのでしょうがないです。

とはいえ、吐き気やゲリとか胃が痛い・・・とかあるときには、やっぱり消化の悪いモノは「ガマン」しないともっと悲惨なことになります。

私のように、よつんばいなって吐くことになるので、食べたい気持ちはわかりますが消化の悪いモノはガマンしましょう。

吐きそうだったらガマンしないで吐いたほうがイイ

吐き気があって吐きそうだったら、ガマンしないで吐いたほうがイイです。

ただ、吐いてしまうくらいに胃腸にダメージがあるので、そうなってるなら、仕事を休むとか、消化の悪いモノを食べない。休息をとるなどをしないと、大きな病気になってしまう可能性もあります。

体調が悪いのを「放置」するのが、一番いけないことです。吐いてしまうくらいきついなら、自分の体をいたわるようにしてください。時間があるとき病院で診てもらいましょう。

夜勤のない仕事をする

夜勤をしていて、睡眠をしっかりと取るようにする・消化のいいものを食べる・・・・・

といったことでも吐き気が治らないなら、病院に行ったほうがイイです。

とはいえ、夜勤をやってると吐き気はどうしても出てきます。解決するためには夜勤のない仕事をやるしかありません。

さいわい、夜勤のない仕事はいくらでもあるので、自分の体のことを考えて今後の仕事をどうするかを考えるいい機会かもしれません。

体調不良が理由で夜勤のある仕事をやめることは、これからの人生を考えるとベターな選択であるかの世が高いです。その理由は夜勤のある仕事を辞める理由が「体調不良だから」でもイイ理由の記事で説明してるのでごらんください。

夜勤での体調が悪くなるのはしょうがないこともある・それを覚悟で夜勤をしましょう

夜勤での体調が悪くなるのはしょうがないこともある・それを覚悟で夜勤をしましょう

夜勤の仕事で吐き気やゲリ、胃が痛くなったりするのは、どんなに気を使っていても、

「夜勤をすること自体が体に負担がある」

ことなので、しょうがない面もあります。

夜勤をやるってことは「体にかなりの負担がかかっている」ということは知っておいたほうがイイでしょう。

夜勤をやることで寿命はちぢまります。夜勤をやる人の寿命については夜勤で寿命が縮む理由と対策方法【体の負担を少なくしよう】の記事にくわしく説明してるのでどうそ。

 

人生で夜勤をやる期間などを考えていくのがベターです。長期間夜勤をやっていくと寿命はやはりちぢんでいってしまいます。