30代でできる仕事がないなら仕事がユルくて人間関係の薄い仕事に転職すべき理由

激務で最悪だぜ

30代でできる仕事が無い・・・・ってどんなんだ?って思いますけどね。

できる仕事が全くなければ、仕事できないってことですかね?それじゃあお金を稼げないので餓死するしかありません。

私はブラック企業とかでこき使われるくらいなら、餓死したほうがマシだと思ってるんで別にいいんですけど、あなたは嫌ですよね?

多分あなたは、できる仕事が無いって言ってるくらいだから働くのが嫌いなんでしょう?私も働くのは嫌いですからね。っていうか働くのが「好き?」って人ってかなり少数派ですよ。これだけ給料を抑えられてこき使われる時代ですからね。しかも、給料も上がっていかないでしほ97%の人がイヤイヤ金のために働いていると言い切ってもいい時代です。

でも、そんな場合でもなるべく仕事がユルくてそこそこ給料をもらえる仕事がイイにきまってますよね。そういう仕事って探せ阿波けっこうあります。

30代って未経験でOKな仕事も20代に比べるとガクンと求人が減ってくる時期なんですね。また31歳と38歳では転職のしやすさも雲泥の差があるくらい転職市場での「年齢の価値」が一気に下がっていく時期なんですよね。転職市場では「若ければ若いほうがイイ」って感じです。なんか女性の価値で言われていることと同じですけどね。

余談ですけど、だから年齢が行けば行くほどお金をためてお金をためておかなければいけないわけです。年齢が上がって人間としての価値が下がるわけではありませんけど、転職市場での価値は下がっていきますし、当然体力も気力も年取れば衰えていきます。だから、年齢が上がればそれだけ金を稼ぐ力は社会的にも肉体的にも弱っていくわけなんですね。

自分で会社立ち上げて社長やってるとかなら別ですけど、会社で出世する人は10人に1人くらいです。のこりお9人はただただ会社や転職市場での市場価値が下がっていくだけなので、リスクを減らすためにお金はためておきましょう。

話は戻りますけど、30代で、できる仕事がないと思ってるくらいなら、なるべくユルくてそこそこ給料をもらえる仕事をしたいですよね。

そういう仕事を選んで、万が一ブラック企業に間違って入ってしまったらソッコーで辞めるっていうスタンスを取ってさい。そうすれば30代でもいい仕事にめぐり合うことはできすからね。

関連記事:ブラック企業はソッコーで辞めるべきですよ

ブラック企業を退職したいけど、強引な引き止めや理不尽な仕事強要、辞めたら殺すぞ的な違法な教養とかするキチガイなブラック企業もあります。普通に退職するのがイイにきまってますが、それができない会社ならバックレるしかないということもあらいます。会社をバックレるときに知っておいたほうがイイことをご紹介しています。

できる仕事っていうか、介護、飲食、販売、小売りだったらいつでも募集中です でもここはブラックな業界なので避けたほうがイイおが事実

「できる仕事」ってぶっちゃけて言うと、人間どんな仕事でもやろうと思えばできます。

ただ、キッツい激務の仕事でしかも低賃金って仕事は避けたほうがイイにきまってますからね。敢えてその仕事をやる意味は1ミリもありません。

激務でも給料がよかったり、給料が安くても仕事がユルければ、やる価値はありますからね。

同時に「激務」で「給料が安い」ってのは仕事として効率が悪すぎますし、人生の時間を割く価値は無いですよ。

「激務」で「低賃金」ってのが最初から分かっている業界ってのが、介護、飲食、販売、保育士と言った業界ですね。この業界に30代でわざわざ入るってのは意味がありません。

よく、保育士試験の勉強をしている30代の女性がいますけど、バカなんじゃないの?とか思いますしね。わざわざ資格取って、自分から激務で低賃金の業界に入ろうとしているなんて正気の沙汰とは思えません。

これって、「資格取ればなんとかなる」とか安直に思ってるだけなんですね

同じ資格取るんだったら、危険物の乙四とかの資格取って、ガソリンスタンドの夜勤のバイトとかしたほうがイイですよ。メッチャ楽ですよ。深夜で基本人が来ないですし、セルフとかのスタンドだったら、ただいるだけ・・・・みたいな状態が続きますからね。。

仕事って、やみくもに選ぶと悲惨なことになりますよ。そりゃ介護とか飲食の業界なんて、ずっと人手が足りないから誰でもいつでも就職できるってのはあります。

メントクサがって転職活動をはしょってテキトーに入りやすい業界に入ってしまうとそのまま「激務」で「低賃金」でこき使われて体壊して捨てられます。

そういう業界って高確率でうつ病いなりますからね。介護業界で正社員になった知人もいますけど、結局うつ病で辞めてしまいました。まだ28歳で若いのにこうですからね。

30代でもできる仕事でいいものをピックアップすると工場系がダントツで良くてあとは清掃系、建築、警備員、ビルメンとかですね 人間関係が薄い仕事のほうがいいわけです

30代でもできる仕事で、いいものっていうとダントツで工場系の仕事がいいです。工場系の仕事は30代くらいでもけっこう求人があって中途採用をしている会社もあります。

工場の仕事ってなんか軽く見られがちなんですよね。私は地銀から製造業に転職しましたけど、製造業で現場を3年ほどやりましたけど、定時で帰れるし残業があっても2時間くらいで確実に残業代もつきます。最初の2か月くらいきつかったですけど、体が慣れると全然仕事時代は楽勝でした。そもそも

自分の作業をやっていれば人から文句言われることもほとんどないですしね。人間関係が薄いのでストレスもほとんどないです。

有休休暇も完全消化できますし、正月、ゴールデンウィーク、お盆と長期休暇もありますからね。それでいてそこそこの給料がもらえます。

製造業ってのは生産するものがある程度一定です。時代とともに変わっていきますけど、ある日突然全く別のものを作り始めることってのもないので

仕事は慣れると一定の作業がほとんどです。だから「できる仕事」ですからね。かなりオイシイしい事です。

関連記事:ホワイト工場は美味しい仕事ですよ

製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

あとは、清掃業、建設業、警備員あたりがいいですね。

このあたりは私の中では工場系の仕事のサブみたいな位置づけですけど、清掃業とかビルの清掃とかですね。これって仕事はかなり楽です。今ではビル清掃って掃除の機械も充実していて、けっこう楽です。ただ、給料があんまりよくなですね。仕事は楽ですけどってところです。

建設作業員とかですけど、これは正社員で入るとけっこう給料がイイです。その代わり仕事はけっこうきつです。私は工場ほうが全然楽だと思いますけどね。

それに伴って警備員て仕事もあります。最初は警備員として入社しますけど、正社員としてフツーにやってれば、その警備員を管理する仕事をやったりします。

これも人間関係は薄い仕事ですね。ストレスはたまりにくいです。

でもなんか、仕事が偏ってないか?とおもってません? そう私はもうホワイトカラーで営業の仕事とかやるのはもう無理です。ぶっちゃけホワイトからーで

やるとしたら事務職員のしごとだけですね。営業とかノルマのある事とか商社とか広告業界、証券業界とかは嫌です。

あなたがこういったホワイトカラーの業界に入れるくらいなら、そういった業界に入って営業をやるのもいいかもしれません。私は嫌ですけどね(;´Д`)

ホワイトカラーの仕事ってストレスを自らために行くようなもんですよ。それでも良ければ頑張ってホワイトカラーの仕事に転職してみて下さい。正直あまりおススメはできません。

関連記事:30代の仕事で楽な仕事を選ぶ方法

人生で楽な仕事を選ぶってことは本当に大事なことです。激務な仕事で40年とか働けないでしょ?過労死するかうつ病になってしまますからね。30代で楽な仕事に転職は十分できますけど、そういった仕事を選ぶときの考え方と実際どういう仕事が楽なのかを見ていきましょう。

無理にホワイトカラーの仕事行く必要もないですよ けっこう激務で大企業辞めて中小企業の仕事がゆるいところに来る人多いですからね

30代ってもう無理にホワイトカラーの仕事に行く必要ってないようなきがしますけどね。

ホワイトカラーの仕事やったことがある人ならわかりますけど、余計な人間関係のストレスとかめっちゃ多いですからね。

ちなみに余談ですけど上述の介護、飲食、販売とかの仕事は「論外」ってのが前提で言ってますからね。介護、飲食、販売の仕事は人間関係もキッツくて肉体的にもきつくて、賃金も安い論外の仕事です。

たしかにホワイトカラーの仕事は仕事はキッツですけど、賃金がいい仕事とかありますからね。まだマシです。あと、事務職とかはホワイトカラーの中でもけっこう楽ですからね。ただ、事務職ってのは正社員で就くのはなかなかむつかしい。最近ではもうシステムで自動処理する時代なんで事務をする人自体がいらなくなってきている時代です。

だから、ホワイトカラーでほしい職種なんて「営業」が9割りです。商社とか広告業界とかでも総合職とか言ってますけど、やってるころはノルマがあってお客さんに商品を売り込む営業と変わりません。

営業のしごとってホントにゴミですよ。二度とやりたくないです。ノルマもきついしたいてい上司がパワハラ野郎ですからね。なんで仕事ごときで金稼ぐだけなのにパワハラ受けなきゃいといけないんだ?とか思いますしね。人のことにいちいちかまってるだけ、自意識過剰な人間なんて相手にしたくないです。

そういう意味を含めて、工場系の仕事とかを推してるわです。一応根拠あるんですよね。

ホワイトカラーの仕事ってとにかくストレスがたまりやすいです。30代くらいいなるとそれがメッチャ解ってくるんですよね。

人生って以下にストレス溜めないで生きていくかってのがかなり重要です。ストレス溜めまくって生ききていると、どうせ酒とか飲みまくって暴飲暴食して、体に悪いうえに余分に金とか使いますしね。ストレスがたまってると衝動買いとかギャンブルとかやりがちですらね。

そのうえ、酒、たばこ、暴飲暴食やってると50代くらいで高確率で脳梗塞や心筋梗塞で倒れます。そういう人たくさん見てきましたからね。

倒れる系の病気をやるとその後の人生がかなりハードモードになります。ヘタすると半身不随のままで生きていくことになりますからね。

それでもいいならいいですけど、私は嫌なんですよね。あなたはどうですか?

関連記事:ストレスのたまる仕事は高確率でうつ病になります

仕事の業務量があまりに多くて限界だから辞めたい。よく聞く話です。仕事ができる人はガンガン仕事を盛られるので仕事量が減ることはありません。このまま仕事続けるとストレスでパニックになったり、うつ病になって休職したりヘタすると過労死します。そういう状況を変え類は労働環境を「自分で」変えるしかありません。

30代で転職活動するならハローワークとか使っちゃダメですからねブラック企業がいっぱいありますからね 

30代で転職活動をするならハローワークとかちまたにある求人誌を使っちゃダメですからね。ハロワとかって掲載企業を審査していないのでブラック企業でてんこ盛りです。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。ブラック企業の最高の奴隷の狩り場になっています。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラックな企業はほとんどあません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいってイメージがありますし、初めての場合は何からやっていいのかわからないってのがありますからね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば余裕で内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人があるっていうかっく員もできますし、これからやっていく仕事を選ぶうえでのいい判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.パソナキャリア

3.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録はスマホでは下段の転職希望時期→希望勤務地と入力していき、パソコンでは公式ページのだいだい色のボタンの「簡単スピード無料登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

リクルートエージェント(←公式サイトに移動します)

 

 

 

リクルートエージェントが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を選択しましょう。

パソナキャリアもJAC Recruitmentも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

パソナキャリアは幅広い求人が多くJAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多いのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア 公式

 

JAC Recruitment(公式)

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!