仕事しながら転職は難しいつらいなら退職して活動が効率がいい現実

積み木の上昇機構

転職活動を仕事をしながらやるか、それとも会社を退職してからやるか・・・・・これって永遠のテーマですね。

これって結果論と言うか、だいたい2択になると思うんですよね。

給料が安いとかもっとキャリアアップしたいかっていうポジティブな理由だったら会社に在職して仕事をしながら転職活動することになるでしょう。

逆にブラック企業とかで長時間労働でパラハラ上司がいてもう精神的にも肉体的にも限界を超えているっていうなら、さっさと退職して転職活動するってのが現実的な選択になりますからね。

このページ見てるあなたはそのあたり悩んでると思いますけど、今の仕事に割と余裕があるなら働きながら転職活動をしましょう。もし、ブラック企業でもうヒイヒイ言ってるなら

ソッコーで辞めて転職活動したほうがイイですね。かなりシンプルな行動選択になってくると思います。

そもそも、ブラック企業っていうか今やってる仕事がかなり激務で良くありがちな終電まで働くような仕事だったらガチで転職活動なんてやってる時間てないですからね。

転職活動って地味にやること多いですしね。履歴書を書いたり面接対策とかってちゃんとやらないと書類選考とか面接で落ちまくることになるので、そのあたりの準備に

しっかりと時間をかけないと結局、時間の浪費になってしまいますからね。

結論言うとそりゃ転職は仕事しながらやったほうがリスクは全然低いです しかし現実は仕事しながら転職活動している人ってけっこうすくなかったです

結論を言うと、そりゃあ転職活動は「仕事をしながら」やったほうがリスクは低いです。転職先が決まってから会社を辞めればいいわけですし、そのあたりの調整とかができるなら仕事しながら転職活動をやっていきましょう。問題は「できるなら」ってところです。

私は31歳の時に、地銀の激務で精神的にダウンしていそのまま退職したんですよね。なので、強制的に「退職してから転職活動をした」ってケースになるんですけど、転職活動をやっていると、やっぱり面接とか受ける先で転職仲間みたいな感じで面接終わった後に飯食ったり、気が合ったりするとそのあと飲んだりする人が出てくるんですよね。

やっぱり同じ目的の人とは話が合うので、そういうことがあるんですけどほとんどの人が

「会社を退職してから転職活動をしている」

っていうパターンでした。現実ってやっぱりそうなりがちなですよね。

そもそも、よくキャラリアップとかそいういポジティブな理由で転職活動する人ってかなり少数派です。現実のほとんどは

「会社がブラックすぎて辞めた」

「うつ病になって会社を辞めて転職活動をした」

「いや、会社に勤めてながら転職活動って、毎日終電まで働いて休日出勤とかがかなりあるのにいつ転職活動なんてできるの?」

っていうのが実際の現実です。ホント、仕事が忙しい会社に勤めていてまともに転職活動ってできないのが現実ですね。私も地方銀行に勤めながら、毎日ノルマに追われて営業やりながら、しかも転職活動とかってやってたらかなり無理がありましたからね。

実際、ふたを開けてみると会社を辞めてから転職活動する人のほうが圧倒的に多いです。実際、転職活動中に転職仲間みたいな人たちと話しらほとんどの人がそうだったのでけっこう間違いないはずです。

だから、転職活動は仕事をしながらやるのがリスクも少ないですし、そのほうがイイと思いますけど現実はなかなかむつかしいということです。これはただ現実あので、あなたはこういったリアルな実情を加味して自分でどうするかを判断してください。

関連記事:あんまり仕事に疲れていたら一度休んでから転職活動したほうが効率がイイ

転職活動やったると面接で失敗したりないていが取れなくてだんだんとモチベーションが上がらなくなってやる気が無くなりますよね。一人で転職活動をしていると効率が悪く自分の履歴書や面接の改善点もわからないので、第三者のアドバイスをうけたほうがいいです。そのままの状態で面接を受け続けてもずっと落ち続けてさらにやる気が無くなってきますからね。

絶対にいけないのは転職活動をしているってことが会社にバレルのだけは避けたい 出世も無くなるしヘタすると転職活動じゃまされますからね

あと、余談になりますけどけっこう大事なことで、もし仕事をしながら転職活動するなら、

「会社に絶対にバレてはいけない」

ってことです。これって意外とバレることが多いです。たとえば仲のイイ同僚とかに「俺さあ、転職活動してるんだよね」とか口が滑ったりするともう一発でアウトです。

同僚から一瞬で会社にしれ渡しますしね。会社って同僚でもなんでも利害関係があるのであまり友達とかそういうのって信頼しないほうがイイですよマジで。

単純に、平日に有休取って休んでるのにスーツ着てるのを会社の人間に見られたりとか会社にばれるケースはいくらでもあります。

だから、仕事をしながら転職活動する場合に細心の注意を払って転職活動をしてることは会社にばれないようにしましょう。

なんでかっていうと、転職活動をしてるってのがバレた時点で、その会社での出世の目とかなくなりますし上司の査定とかが一気に悪くなります。それにそういううわさってすぐに会社中に広がるので、けっこうきついですよ。

日本の会社って愛社精神とかそういうわけのわからいものを重視する傾向にあります。私からするとこんなの意味が分かりませんけど、そういう

「会社に奉仕する」てきな精神をもっている、もしくはそういったそういう精神を「持ってるふりをしている」人が評価されます。

平たく言うと社畜精神がたっぷりの人間が評価されるんですよね。仕事ができるとかできないとかあんまり関係ないです。

あなたも気づいてますよね?会社でダラダラと残業して遅くまで会社に残っている人間のほうが高く評価されるのが、たいていの日本の会社です。仕事の内容とか効率とかどうでもいいので、仕事をやって会社に長い時間いればそれで高く評価されます。

そういう傾向がある会社で、「転職活動をやっている」なんていうことがバレたらもうその会社では「終わり」です。どうせ転職するんだからイイとは思いますけど、

転職がうまくいかなかったときにはその会社に居続けることになるので、会社に勤めながら転職活動する場合は絶対に会社バレだけは避けてくださいね。

仕事しながらの転職活動はまさに「時間」との戦い 平日面接とかで休めるのが大前提です 私個人的には会社辞めてから転職活動しますけそこは個人の判断ですよ

仕事をしながらの転職活動ってまさに「時間との闘い」ですすからね。

基本は面接とか平日なので有休を使って休むことになります。時間をかけて履歴書を作ったり面接対策をしないと内定撮れませんからね。履歴書をどれだけ作り込むかと面接対策をするかしないかでは結果が雲泥の差が出てきます。

これを仕事をしながらやるわけですから、かなりタイトなスケージュールになるのは仕方ないですね。だから、上述したように毎日終電まで働くような長時間労働の仕事だったりすると正直、転職活動は厳しいものがあります。だから、仕事しながの転職活動って割と平日有休が簡単に取れる仕事とか休日出金とかがほとんどないのが前提ですね。

っていうか、有休が簡単に取れるとか休日出勤が無いとかって結構いい会社じゃね?とか思いますけどね(;´Д`) ブラック企業を経験したことがある人ならそんな会社を辞めるなんて考えられないでしょうからね。

一般的には転職活動は会社に勤めながらやったほうがイイとは思いますけど、個人的にはホント会社に勤めながら転職活動できるような余裕のある会社だったら辞めないほうがイイんじゃね?

とか思ったりします。ただ、これは個人的な考えなのであなたがそのあたりをしっかりと判断して行動していってください。

まとめると、一般的には働きながら転職活動をやったほうがイイっていう意見が多いでしょうけど、個人的は会社辞めてから転職活動したほうが効率もイイと思いますし、

実際に転職活動をしているとたいていの人が会社を辞めてから転職活動をしています。不満の多い会社は一秒でも長くいたくないので、退職するケースが多いんでしょうね。

転職活動するならブラック企業に捕まらないようにするはとても大事です 効率よく転職活動していきましょう

あと、会社に勤めながら転職活動するにしても、会社を辞めてか転職活層するにしても転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。
やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動についてて的確なアドバイスをしてくれます。

転職ってっ難しいっていイメージもありますし、初めての場合は何からやっていいのかわからないってのもあります。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と再作をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、これからやっていく仕事を選ぶうえでの判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.パソナキャリア

2.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

3.リクルートエージェント

 

パソナキャリアは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「無料・転職サポートに登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

パソナキャリア (←公式サイトに移動します)

 

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)かリクルートエージェントを選択しましょう。

JAC Recruitmentもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともパソナキャリアに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

JAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多くリクルートエージェントは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

JAC Recruitment(公式)

 

リクルートエージェント (公式)

転職活動って、とにかく履歴書作りをテキトーにやったり、面接対策をテキトーにやってると面接に落ちまくるので、効率が本当に悪いです。

逆に言うとここをしっかりやっていると連続して内定が取れるようになってきます。これって話すのが得意とか、キャラが明るいとかってあんまり関係無くて本当に履歴書作成と面接対策をじっくり作り込んだかどうかだけなんですね。

私も転職活動をしていた時には、最初このあたりの履歴書・面接対策をおろそかにしていたので落ちまくりました。

これではまずいと思って対策をしたら連続で3社内定を取ることができたんですね。結果的に内定は取れたんですけど最初から履歴書対策、面接対策をやっておけば半年くらい時間を無駄しなくてよかったな・・・・と後悔しています。

これってやっぱり対策は第三者に診てもらわないと自己流だとけっこうきついのでそういう意味で転職エージェントって利用価値があるんですね。自分でやってるのってホント効率が悪いです。そのあたりの行動はいかに割り切って、利用できるものはキチンと利用できるってことが大事になってくるんですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!