調理師の仕事をやめたい 給料の手取りが安く人間関係もきつい環境から転職すべき理由

昨今のグルメブームもあり、調理師になる人は多いです。料理が好きだから。将来は独立して店を持ちたいと希望をもって調理師の門をたたく若者は数多いです。

料理というのはクリエイティブな世界で、有名店のシェフともなると相当な名声を手に入れることができるという夢のある職業です。

調理師専門の学校もたくさんあり、調理師の免許を取得するのはそれほど難しくはないのですが、調理師の現場というのはかなりハードで有名です。調理師を目指す人はある程度それはわかってこの職業を選んでいます。

労働条件は基本15時間労働とかは当たり前。先輩の調理師の怒鳴られて、かなりのパワハラがあるのは普通です。

また給料も下積み時代はかなり低く15時間労働をして、先輩調理師や料理長にボロクソに言われながら働いて手取りが13万円以下とかザラです。一人暮らしでアパートを借りていたら生きていけないくらいの金額です。

当然休みも少なく週休1日でその休みも間お供に取れないこともあります。こういうあまりの厳しい現状に耐えられず「調理師を辞めたい」という人は後を絶ちません。

とこういうストーリーですけど、描いていた理想と現実が違うことなんで社会に出るといくらでもあります。もし現実があまりにかけ離れていたら、良く歯を食いしばって耐えろとか言う人もいます。

でも私はそうは思いませんね。自分の理想と違うのはしょうがないですが、「あまりにかけはなれている」場合はさっさと別の道を探す方が人生をよりいいものにしていけると思います。現実い耐えられなくてそこで立ち止まっているより、

自分が受け入れられるレベルの現実の職業や職場を探すほうがよっぽど前向きです。未来が見えないなら別の環境を探していくのは普通のことです。

ちなみに調理師の労働環境がよくなるのは「独立」してからです。いわゆる「自分の店」を持ってからですね。

それまでは、調理師の世界のありがちな、先輩調理師からのいじめや、体育会系の人間関係にひたすら耐えていかなければなりません。ほんと昔の「悪い部分だけ」を良く受け継いでいるのが調理師、ひいては飲食業界の特徴です。

そうなると最低でも5~10年くらいは修業の期間が必要です。そういう修行の期間のが長さに耐えることができるかどうかを自分で考えてみることも大切なんですね。

ここでは調理師を辞めたい理由を見極めて、きちんと次の仕事に就くことができる方法をご紹介します。

 

関連記事:飲食店の店長も超ブラック仕事ですよ

飲食店の社員や店長の地獄の仕事から転職する方法【激務な理由】
飲食店に勤めるのは地獄だと思ってますか?本記事では飲食店からの転職方法・飲食店の仕事が地獄で激務の理由をご紹介しています。飲食店の仕事と縁を切りたい人はごらんください。
スポンサーリンク

調理師のウザいことは「人間関係が悪い」か「仕事がイヤ(待遇含む)」の二択です それを把握しておきましょう

調理師を辞めたいという理由は「人間関係が悪い」か「仕事の待遇が悪くてイヤ」のどちらかがほとんどです。もしくは両方という場合も多いですけどね。

そりゃあ、調理師の現場なんで昔ながらの体育会系の縦社会ですから「人間関係が良好」というところのほうが少ないです。

ある程度その辺は想定して調理師になるべきでしょう。それとメンタル的に太い人でないと将来的にも調理師としてはやっていけないでしょう。

必ずと言っていいほど、先輩や料理長などだれかしらば罵声を浴びせてきます。もちろん悪意が無い場合もありますけど、

それでもメンタルが弱い人はその時点で心が折れます。このあたりは昔のわるい習慣が色濃く残っているのが調理師という世界ですね。

良く言えば職人気質ですけど、悪く言えば時代遅れです。ただ、調理師の現場はとてつもなく忙しいので、ピリピリする雰囲気になるのはいたしかたないですしね。

人間関係が悪いという理由でメンタルがやられる人も多くなります。

また、調理師の下積み時期は長時間労働で給料が安いです。手取りで12万とか13万とかザラなので、一人暮らしだと生活できない可能性もあります。最初は寮などがある職場のほうが無難ですね。

しかも休みが週一で忙しい時には15連勤とか普通にあります。こうなると精神的にまいってくるのも早いですね。

こういう状況なので、調理師は確固たる「将来独立して絶対に一流の調理人になる」という意思が無いと続けられるものではありません。テキトーに流されて調理師になると痛い目を見ます。

どちにしても、調理師を辞める場合こういった「辞めたい理由が何か」をしっかりと自分で押さえておきましょう。

そうすれば次につく職に転職するときに失敗することが無くなります。重要なポイントです。

 

関連記事:うつ病で仕事がでないような状況になったらすぐに休職しないと命にかかわります

仕事がてきなくて思考停止ならうつ病の危険アリ 急激に仕事の効率が落ちたらヤバいです
うつ病で仕事ができないくらいに、激務な職場、パラハラ上司、長時間労働で追い込まれれることがあります。うつ病になると思考回路が鈍って簡単な計算とか仕事の段取りもできなくなってきてミスを連発して仕事のスピードも目に見えて遅くなってきます。今までできていたことができなくなります。そういう自覚症状が出たら、うつ病はすでにかなりじゅうしょうになっています。

調理師のウザい人間関係やいじめが理由で辞めたくなったら自分が次につくべき方向性を決めましょう

こういった調理師を辞めたい理由を自分なりに押さえておきます。

「人間関係が悪い、この職場ではもうダメだ」といった理由うなら一度職場を変えてみればいいわけです。

もちろんゆるい調理師の職場ってのはあまりないですが、人間関係がまともな職場はあります。ほかのレストランなどに転職するのもアリです。人間関係は環境が左右するので、「人間関係が耐えられない」というケースは同業種でほかのレストランなどに転職するのが無難です。

調理師の人間金系ってけっこう体育会系の世界ですからね。けっこう教え方も上から目線だし、そもそも体育会系だと先輩の調理師の言うことは絶対あ世界です。

料理人の世界って、ほんとに

「自分でいつか店を持つ」

っていう目的が無いとメリットってないですからね。無駄に人間関係がきつくて普通にイジメとか多い業界ですからね。

調理師って低賃金で、体育会系でやる「料理がすきだから」っていう理由だけじゃとてもやっていけないしょくぎょうですよ。やっているあなたはそう思っているのかもしれませんしね。

関連記事:体育会系の人間関係はウザい

体育会系ノリの会社を辞めたい 合わない社風の特徴と転職すべき理由
体育会系の会社の特徴ってホント嫌なんですよね。これってブラック企業って基本体育会系なので体育会系企業はブラック企業として認定したくらいです。もし辞めたいなら、体育会系の会社に近寄らないほうがイイですよ。運悪く入ってしまったら労働環境を変えることも検討しましょう。

 

あと、労働に調理師って労働に対しての評価が低い仕事なんですよね。

たとえば、介護職とか飲食業って業界全体でメッチャ給料が安いんですよね。個人的には、介護とか飲食の仕事にはもっと高い給料を与えるべきだと思っています。

しかし、世の中の評価というか、金回りの関係もあって業界自体の賃金が低いんですよね。

だから、激務なのにそれに見合った賃金がもらえないわけです。

でも調理師なんかは、「いつか自分の店を持つ」っていう修行の期間と思えばやっていけるわけですね

逆に言うとそういう「自分の店を持つ」みたいな目標、目的が無い人は調理師とかって割の合わない仕事ですよ。もっと楽でそこそこ給料もらえる仕事なんていくらでもありますアからね。

個人手的には工場の仕事とか美味しいです。定時で終わって、有給休暇も完全取得できスリ、土日休みで正月、ゴールデンウィーク、お盆と長期休暇もあってボーナスも普通に出て、給料もそこそこあります。

調理師とかの仕事をやった後に工場の仕事ととかやると「拘束時間の短さ」にびっくりすると思いますよ。そして工場勤務のほうがぶっちゃけ給料が良いケースが多いはずですからね。

関連記事:ホワイト工場の仕事は美味しいですよ

製造業の工場勤務がホワイトな理由【定時帰宅当たり前】
製造業の工場勤務をしてみたいと思ってせんか?本記事では工場勤務がホワイトな理由・ブラックな工場に入らない方法・ホワイト工場に入る方法を説明しています。工場勤務したい方は必見です。

 

また、「調理師の給料ではもうやっていけない、仕事に休みが少なすぎる長時間過ぎる」といった労働条件への不満なら調理師以外の別業種に転職するのがベターです。

20代30代前半くらいなら未経験で採用してくれる企業もまだまだあるので、仕事の時間がきっちり追われて、そこそこの給料がもらえる業界を狙って行きます。事務職や経理、製造業の仕事などはカレンダー通りで定時で帰れる職場が多いです。

そういった職種を狙って転職することで、労働時間が長かったり、給料が安すぎるという不満も解消することができます。

そういう転職の計画を自分の中で決めることで転職活動も効率的に進めていくことができます。

ただ、自分一人ではなかなかこういった理由が分かっても具体的にどう行動していいかわからないものです。

求人を探すにしても、一人でやる時のはかなりてまがかかります。その場合は転職サイトを利用して

転職の行動方法にアドバイスをもらったり、希望の求人をさがしてもらうのがおススメです。