給料が安すぎて生活できない 低賃金長時間労働ブラック企業からの脱出方法

暑いなあ

正社員で、毎日残業して土日とかもけっこう休日出勤している・・・・でも手取りが13万円しか給料がもらえないという人もいます。完全にブラック企業で基本給が低すぎますね。しかもいくら残業してもサービス残業なので給料は増えないのは当たり前です。

冗談みたいな話ですが、現実にあるある話です。サービス残業していて、休日出勤手当もつかないのでしょう。 これって普通に労働基準法違反です。ただこういう会社が多いのは現実なんですよね。これだけ働いても年収が300万円台とかもザラですよね。 今の会社にいる限り、年収が上がっていく見込みはほとんどありません。あなたの会社の年の昇給ってどれくらいですか?

年間1500円とかベースアップしても給料はほとんど変動しないでしょう。そもそもサービス残業を強要している会社が「給料の待遇が良くなる」ということは絶望的です。

こうなってくると、「給料を上げるための転職」が必要になってきます。転職はリスクがつきものと言われますが、私思うのですけど、このまま安い給料でこき使われて、家計が破たんしたり、そもそもそんな会社って今後成長していくとはとても思えないんですよね。

いずれ破たんしていく会社のような気がします。そういったリスクのほうが高いと思います。あなたはどう思いますか? それなら転職するリスクのほうがはるかに低いと思うのですよね。

実際、会社によって給料の待遇は全く違うものになります。たとえば仕事がキツイ介護の業界はあれだけ仕事が激務なのの給料は安いですよね。

逆に、成長している産業などは、給料が業界全体で高いです。ウェブ関係の仕事などは一般的に給料が高いです。

まあブラック企業に入るってのは論外です。長時間労働でサービス残業を強いられるうえに、給料が安いですからね。そのうえ仕事もきつくて、たいていパラハラ上司がいますかね。そんな状況で生きていく自体があなたの人生を大きく落としてしまうので早く脱出したほうがイイです。ブラック企業で辞めるかどうか迷ってるとかも論外ですね。迷う時点でだめかもしれません。

あとは仕事内容は普通で耐えられるレベルの会社でもやっぱり「生活できないくらい給料が安い」ってとこもありますからね。やっぱり年収300万円前後とかだと生活自体がけっこう厳しいです。そういうブラック企業じゃないけど給料が安いってのは悩みどころですけど、私位だったらすぐに転職します。

あなたが20代30代前半くらいだったら無条件で転職ですね。だってその後の人生のほうが圧倒的に長いからです。40代以降だったらもう少し慎重に考えますけどね。給料が安い会社って当然ですけど、その後頑張って働いても年収400万円台で打ち止めです。ヘタすると一生年収300万円前後って場合もあります。

普通の会社なら平社員でも50代くらいになればだいたい年収600まで行きますからね。ただ、しょぞくぢた会社が違うってだけでものすごい差が出るわけですよ。そこまでの差が出るって具体体にわかってるならそりゃあもう環境を変えるしかないってことですね。選択の余地はないわけです。

関連記事:手取りが10万円台前半だと結婚もできない そりゃそうだ・・・

自分の会社の労働を時給計算してみるとよくわかります サービス残業がある会社でしかも給料が安い会社は要注意

まず、自分の会社の給料を考えてみる手段では「時給換算」してみるとハッキリわかります。 残業をしてもしっかり残業が付く会社は当然残業をすればするほど給料が増えるので、仕事はきつくてもそれなりにやっていく気力もわいてきます。

ただ、サービス残業が前提で、休出手当などが付かない業種も多いですしね。よく広告業界なんかは広告が完成するまで徹夜で作業してその残業はつかない。マスコミ業界なんかもつかないパターンが多いですよね。

当然普通の会社でも、事務とか営業やっててもつかないケースが多々あります。一回一か月だけでも自分が働いた時間をチェックしてそれを時給に換算してみるといいですよ。

それやってみると「時給750円」とか普通にありますから。へたすると法定最低時給より安い場合もあります。

そりゃあ、給料が安くて困りますよ。それだったら、定時で帰れる会社に入って、空いてる時間にバイトしたほうが良いです。 そもそもサービス残業難かは法律違反なので、そういったことに厳しくなったご時世で残業つかない会社っていずれ破たんしますよ。

そういった会社にいるなら即時に転職を検討したほうが無難です。

っていうより検討もクソもバイト並みの時給で働くってことがナンセンスすぎますからね。これも選択の余地とか無いような気がしますけどね・・・・私ならバイト並みの時給で働くなんて絶対にいやですからね。

転職ってもちろんリスクもありますけど、普通にキチンとやれば普通の会社に入ることができます。あなたがいる今の会社は普通ではないですよ。 残業代もあって、給料もそこそこあるというのが「普通」の会社です。

そういう普通の会社に入れば、ただ、会社を移るだけで年収が50~100万円はアップします。まず自分の会社がサービス残業を強要する会社だったら、まじめな話転職を考えたほうが無難です。

まあ転職煽ってるわけじゃないですけど、年収300万円いかとかなら、あまり迷うことってないような気がしますけどね。ずっとその給料で生きていても今後の人生がつらいだけであんまり生きている意味がないような気がしますけどね。

 

関連記事:手取り14万円とかじゃあ生きていけない現実

20代後半の正社員で手取り14万円で年収300万いかないならすぐに転職活動をすべき理由
20代後半くらいで手取り14万円くらいしか給料が無い。年収もヘタすると300万円以下ない・・・と言った状況なら完全にブラック企業の利用されているだけなので、すぐにでも転職をしないとまずいです。30代になると未経験でも転職できる会社も無くなってきますし、なにより、そういった低賃金の会社は高確率で経営が傾きます。従業員を大事にしない会社は傾いていきいますからね。

「金周りが良い儲かっている業界」に転職するのが給料アップのコツです 選択肢は大行だけではないですよ

会社の給料は、会社によってかなり違いもありますが、儲かっている業界によっても年収がかなり違います。IT業界はこれからも伸びていく業界ですし、給料も平均的に高いです。給料って仕事量やスキルと比例しないのが会社にはいるとよくわかると思います。

どんなにスキルがあって仕事ができる人でも、これからつぶれるような会社に入っていたら、給料はさがっていきます。わかりやすいですよね。 とにかく「儲かっている会社、儲かっている業界」を見つけることが転職で給料を上げるポイントです。

物が売れている製造業・ビール業界・儲かっている会社の事務・経理・総務など、給料を上げるならそういう「儲かっている会社業種」の求人情報を徹底的にチョイスしていくことが必要です。

ただ、それを独自で求人を探していくのはかなり手間のかかる作業で、そもそもどの会社やどの業界が儲かっているのかをリサーチするのはとても大変です。 その場合は転職サイトを利用して儲かっている会社、業種の求人を選んでもらうことで、効率よく給料のイイ求人をがさすことができます。

転職サイトを利用して効率よく給料のいい会社をさがしていこう

転職サイトは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。 給料のイイ儲かっている会社、業界に絞って転職活動をするもの可能です。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職サイトに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職サイトはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職サイトの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

もう一度よく考えてほしいんですけど、仕事なんて「自分の時間を切り売りしてお金をもらっている」ってだけです。

よく、仕事にやりがいとか感じたり、やる気とか妙にある人は会社にいいように仕事を押し付けられて、どんどん仕事が増えてきますからね。

結構頭のイイ人は仕事はできるけど「できないふり」してる人も多いですしね。仕事はやればやるほどどんどの仕事を盛られて自分の首を絞めてしまいます。

そもそもそんな給料が安すぎて生活が厳しいような会社で仕事にやる気とか出したら、悲酸ですよ。

仕事をテキトーにやれって言ってるわけじゃあありません。必要以上のことをやっても意味がないってことです。まして給料がやっすい会社で一生懸命やっても効率が悪すぎるでしょ?

そのやる気とかがあるなら、労働環境を変える方向にやる気を出したほうが全く持って効率出来です。特に30代前半までならいくらでも転職ができますし、さすがに生活に困るくらいの安い給料しか出ない会社よりはいくらでもマシな会社が存在します。

あとはブラック企業に捕まらないように転職すればいいだけです。そこまで給料がやういって、介護、飲食、販売、小売り、保育士とかを避ければそこまで悲惨な給料はそうはないですからね。

自分が行動するかしないかは、そこでの踏ん切りと言うか冷静に自分の置かれている状況を考えてみることで行動すべきかしないかを判断することができますよ。