ブラック企業で正社員もは基本給が低いので生活できない 生活安定のための方策

暑いなあ

正社員で、毎日残業して土日とかもけっこう休日出勤している・・・・でも手取りが13万円しか給料がもらえないという人もいます。完全にブラック企業で基本給が低すぎますね。しかもいくら残業してもサービス残業なので給料は増えないのは当たり前です。

冗談みたいな話ですが、現実にあるある話です。サービス残業していて、休日出勤手当もつかないのでしょう。

これって普通に労働基準法違反です。ただこういう会社が多いのは現実なんですよね。これだけ働いても年収が300万円台とかもザラですよね。

今の会社にいる限り、年収が上がっていく見込みはほとんどありません。あなたの会社の年の昇給ってどれくらいですか?

年間1500円とかベースアップしても給料はほとんど変動しないでしょう。そもそもサービス残業を強要している会社が「給料の待遇が良くなる」ということは絶望的です。

こうなってくると、「給料を上げるための転職」が必要になってきます。転職はリスクがつきものと言われますが、私思うのですけど、このまま安い給料でこき使われて、家計が破たんしたり、そもそもそんな会社って今後成長していくとはとても思えないんですよね。

いずれ破たんしていく会社のような気がします。そういったリスクのほうが高いと思います。あなたはどう思いますか?

それなら転職するリスクのほうがはるかに低いと思うのですよね。

実際、会社によって給料の待遇は全く違うものになります。たとえば仕事がキツイ介護の業界はあれだけ仕事が激務なのの給料は安いですよね。

逆に、成長している産業などは、給料が業界全体で高いです。ウェブ関係の仕事などは一般的に給料が高いです。

ここでは、自分の会社を判断して転職すべきか決断したほうが良い理由と、転職方法をご紹介します。

自分の会社の労働を時給計算してみるとよくわかります サービス残業がある会社でしかも給料が安い会社は要注意

まず、自分の会社の給料を考えてみる手段では「時給換算」してみるとハッキリわかります。

残業をしてもしっかり残業が付く会社は当然残業をすればするほど給料が増えるので、仕事はきつくてもそれなりにやっていく気力もわいてきます。

ただ、サービス残業が前提で、休出手当などが付かない業種も多いですしね。よく広告業界なんかは広告が完成するまで徹夜で作業してその残業はつかない。マスコミ業界なんかもつかないパターンが多いですよね。

当然普通の会社でも、事務とか営業やっててもつかないケースが多々あります。一回一か月だけでも自分が働いた時間をチェックしてそれを時給に換算してみるといいですよ。

それやってみると「時給750円」とか普通にありますから。へたすると法定最低時給より安い場合もあります。

そりゃあ、給料が安くて困りますよ。それだったら、定時で帰れる会社に入って、空いてる時間にバイトしたほうが良いです。

そもそもサービス残業難かは法律違反なので、そういったことに厳しくなったご時世で残業つかない会社っていずれ破たんしますよ。

そういった会社にいるなら即時に転職を検討したほうが無難です。

転職ってもちろんリスクもありますけど、普通にキチンとやれば普通の会社に入ることができます。あなたがいる今の会社は普通ではないですよ。

残業代もあって、給料もそこそこあるというのが「普通」の会社です。

そういう普通の会社に入れば、ただ、会社を移るだけで年収が50~100万円はアップします。まず自分の会社がサービス残業を強要する会社だったら、まじめな話転職を考えたほうが無難です。

「金周りが良い儲かっている業界」に転職するのが給料アップのコツです 選択肢は大行だけではないですよ

会社の給料は、会社によってかなり違いもありますが、儲かっている業界によっても年収がかなり違います。

IT業界はこれからも伸びていく業界ですし、給料も平均的に高いです。給料って仕事量やスキルと比例しないのが会社にはいるとよくわかると思います。

どんなにスキルがあって仕事ができる人でも、これからつぶれるような会社に入っていたら、給料はさがっていきます。わかりやすいですよね。

とにかく「儲かっている会社、儲かっている業界」を見つけることが転職で給料を上げるポイントです。

物が売れている製造業・ビール業界・儲かっている会社の事務・経理・総務など、給料を上げるならそういう「儲かっている会社業種」の求人情報を徹底的にチョイスしていくことが必要です。

ただ、それを独自で求人を探していくのはかなり手間のかかる作業で、そもそもどの会社やどの業界が儲かっているのかをリサーチするのはとても大変です。

その場合は転職エージェントを利用して儲かっている会社、業種の求人を選んでもらうことで、効率よく給料のイイ求人をがさすことができます。

転職エージェントを利用して効率よく給料のいい会社をさがしていこう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

給料のイイ儲かっている会社、業界に絞って転職活動をするもの可能です。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!