ブラック企業を辞めたい時のマインドと行動方法 1日でも早く職場から離脱すべき理由

異動

ブラック企業を辞めたいと思ってる人は、たぶん数えきれないほどいると思います。あなたもそうですよね。

そりゃブラック企業ですからねえ・・・・基本スペックが給料が安くて長時間労働、しかもサービス残業が基本で、パラハラ上司がほとんどでノルマとかメチャクチャあって 毎日罵声浴びせられるっていう職場ですからね。

なんで辞めたいとか思うですか?それってちょっとおかしくて「辞めるに決まってる」って感じだと思います。 でも、まじめな人とか社畜洗脳されてる人とかなかなかそんな地獄のような環境でも辞めない人ってけっこういるんですよね。というか私もそうだったんで気持はわかります。

なんというか、

「会社を辞めるのってそのまま人生が終わるんじゃないのか?」

みたいな、意味不明な洗脳とかがあるんですよね。小さいころから我慢するのが大事だとか言う教育を受けてきたので、そいいう思考になるんですよ。

でも我慢ていっても、ブラック企業の仕事を我慢してやる・・・・っていうのはちょっとおかしいんですよね。我慢するのは自分の人生にとってプラスになる努力とかそいう方向性です。そう、ゴミみたいな労働環境での我慢は人生の時間の無駄ってことなんですよね。

それがわかっていてもなかなか社畜洗脳てきなもので辞められない人は多いです。ホント怖いですね教育ってね・・・・

ただ、私も経験したんですけど、会社辞めるって全然たいしたことないですよ。というかむしろこれからの展望とかなくても、ブラック企業辞めるとけっこう 勝手に人生が良い展開になってきます。

たとえば転職活動しても、ブラック企業よりはマシな職場に転職すれば今までが最悪だったので

「なんていイイ職場なんだ」

とか思ってしまいます。いたってフツーの忙しい労働環境でもブラック企業の環境に比べたら全然マシってことがほとんどですからね。だからブラック企業を辞めるだけで けっこう人生が好転するって可能性が高いです。そう辞めるだけで好転するんですよ。これは実際私が体験したことなんで間違いないと思います。

ブラック企業辞めるとプライベートとかでも行動できるようになってくるので、趣味とか恋愛とか積極的になってきます。ブラック企業にいるときは、ほんと仕事だけやって

たまに休みがあっても体力回復のためにずっと寝ていたり酒飲んだりするだけで最悪でしたからね。仕事だけしてるって状態でした。そりゃそうですよブラック企業ですからね。

関連記事:ブラック企業をバックレる方法

ブラック企業をバックレて辞める方法 強引な引き止めや脅して辞められない時の対処 
ブラック企業を退職したいけど、強引な引き止めや理不尽な仕事強要、辞めたら殺すぞ的な違法な教養とかするキチガイなブラック企業もあります。普通に退職するのがイイにきまってますが、それができない会社ならバックレるしかないということもあらいます。会社をバックレるときに知っておいたほうがイイことをご紹介しています。

ブラック企業を辞めるのって当然の行動ですから全く会社のことは考える必要が無いわけです なぜなら会社はあなたを利用してこきつかったわけですからね

まず、今だから言えるんですけど

ブラック企業を辞めるってのは、当たり前っていえば当たり前です。

極論を言うと間違って入ってしまったわけですから、即日辞めるべきなんですよね。だって会社を「選択ミス」したわけですからね。ブラック企業に入りたいって人います?どのみち勤めても99%の人は「辞めたい」って思うんですから、そこで何年か勤めるのって無駄なんですよね。

でもたいていの人はブラック企業とわかっていながら勤めるわけです。

「ここを辞めたらほかに行くところが無い」→イヤイヤけっこうありますよ意外と

「我慢して仕事をしないとダメだ」→我慢も大事ですけど、ブラック企業でガマンするのはちょっとおかしいでしょ

「辞めるのを上司に言うのが怖い」→イヤイヤそんなこと言ってたら一生辞められないよ?

「3年は勤めたほうがイイ」→今時、ブラック企業に3年もいたら過労で倒れるかうつ病になるよ?

ってことなんですよね。

こういったふうにブラック企業で働いているってこと自体がブラック企業の思うつぼなんですよね。本来、会社ってのは労働者と雇用主が共存してお互いWINWINの関係で行くべきなんですよね。

そういうWINWINの関係を保っている会社ってのは高確率で成長していきます。そりゃそうです。そういう会社は仕事のできる人が入りますし、なにより従業員が仕事にやる気がありますからね。

ブラック企業は雇用主(社長と役員数名くらい)だけが勝つシステムです。あとは全員奴隷なんで、すべてただの使い捨ての駒です。 そういう状況にあなたが身を置いているということは本当にそのうち過労で倒れるかうつ病になっていくという選択肢しかないわけなんですね。これって本当にキッツいことですよ。

そういう運命がわかっていて、ブラック企業に勤め続けているっていうならいいですけど、わたしなら死んでも嫌ですけどね。というか下手すると過労死しますから最悪死に直面

することもあるわけです。事の重大さがわかってない人とかがけっこういるんですよね。

関連記事:過労死する前に仕事は辞めましょう

 

ブラック企業はたいていパラハラ上司ってケースが多いので辞めるのを恐れてしまうケースや引き止めが怖いケースがありますからね そこは断固たる意志でクールに対応すべきです

ブラック企業ってたいていは上司がパラハラ野郎なので、

「会社を退職したいんですが」

とか言いにくいんですよね。私も地銀を辞めるときには、パラハラ上司にいったわけですかどね。

でも、まあ私の場合はそのパワハラ上司に会社を辞めるといった時には

「そうか」

とか意外とあっさりと引き止めとか説教とか全くなかったんですよね。普段、嫌と言うほど説教するくせに、辞めるといった時にも、辞めるまでの期間でもそんなにプレッシャーは
無かったです。

なんでしょうね?ホントはそのパラハラ上司も会社辞めたいんじゃないんか?と思ったんですよね。上司と言ってもさらに上の支店長とかにぼろくそに言われて、給料もたいして私と変わらない ですし、パラハラ上司は上司でストレスを抱えていたわけですからね。なんか部下である私が辞めるってのもある程度想像できてたんじゃないですかね?

そりゃいくら会社だからって、パラハラやってるくらいですから、頭おかしくない限りは自分に人望があるとは思ってないでしょうしね。というかパラハラやる人がそんな ことまで考えているかどうかも怪しいです。

ただ、やっぱり部下が辞めるってのはさびしかったんでしょう。なんか急に辞めるまでの期間はパラハラがユルくなりました。

こういったケースばかりじゃないでしょうし、上司に辞めるとか言ったら説教されたり、引き止められたりすることもあるでしょうけど、

「辞める」

と言って会社を辞めれなかった人を見たことがありません。どんなにひどい会社でも辞めてますしね。最悪バックレてでも辞めてますからね。

そう、だからブラック企業を辞めるのを中書するとか、引き止められるかもしれないから辞めると言い出しにくいってのはナンセンスですよ。そんなことを言ってるとドンドン年数がたって、年齢が上がって転職するにも厳しくなってきますからね。

転職って年齢が上がれば上がるほどキッツくなってくるので、そこは覚悟しておいてください。だから1日でも早い方がいいわけなんですよね。

関連記事:辞めるとき引き止めにあっても辞める方法

 

私の場合ですけど、地銀辞めるとき有給休暇は一日も消化できず、辞めると言っても会社の都合ばかりを推しつけられて1ミリもブラック企業にいい思い出がありません だからどうでもイイんですよマジで

私のブラック地銀を辞めたときには、思い出すと有給休暇はまるまる余っていたんですけど、結局消化することなく、給料にも反映されることも無くうやむやにされました。

まあ、私が強く言わなかったのも悪いんですけど、けっこうひどいわけですよね。地銀とかお堅い職場でもこうなので、ブラック企業なんて有休を辞める前に消化するとかそういう概念すらないでしょうからね。

しかも、思い出すと嫌なんですけど、辞めることが決まって退職日までこれでもかというくらいこき使われしたからね。

それになんかウザい飲み会とかもあったですし、辞めるのも結構確かにめんどくさいです。

ただ、ブラックな職場を辞めると本当にまず生活が楽になって視野が広がります。それに実際転職活動しても、もと居た職場がブラックなので、どんな会社に行っても

労働者の権利とか主張したいところですけど1秒でも早くブラック企業からは抜け出したほうがいいですからね。

そう、有給休暇とかなんかなんかのことを主張するのとかめんどくさかったんですよね。当時はもう1秒でも早くその労働環境から抜け出したくて精神的にもうかなり参っていました。

辞めると決まってからは仕事なんてほんとテキトーですよ。もうノルマとかどうでもいいですし、まったくセールスとかしませんでしたね。マジメな人とかは最後までちゃんとやるでしょね?

結構社畜洗脳されていた私でさえも、まじめに仕事をすればするほど、どんどん仕事を押し付けられて、エンドレスでノルマの基準も挙げられて、仕事をまじめにこなせばそれだけ仕事が増えていく・・・・・いやおかしくねえか?っていうのに気づいていたわけです。

そう、意外と仕事ってガンガンこなしていくといいことが無いんですよね。多少抑え気味で、やっていったほうがいいです。そうしないと仕事量が給料は上がらないのにどんどん増えていくわけです。

私もまじめだったので、営業の仕事をがんばってしまったんですよね。

「仕事頑張るのはかっこいい」

っていう価値観の洗脳をされていたわけです。

そりゃ仕事頑張るのはかっこいいかもしれませんけど、やればやるほど仕事が増えて自分の首を絞めるわけですから、結局ブラック企業の思うつぼなわけです。

このあたりの価値観操作のカラクリに気が付いてない人がけっこう多いんですよね。

仕事頑張るのはいいかもしれませんけど、ブラック企業で頑張るのはちょっと方向性がナンセンスというかおかしいです。

自分の仕事を評価されげ、ある程度は給料に反映したり、出世できるような環境に入ったからじゃないと本当に時間の無駄になりますし、そのおかげで過労とかで体を壊したら人生が傾きいます。そのことを認識してない人がホント多すぎるんですよね。まったく何とかしてほしいものです。

ブラック企業とかってのは資本主義の国では永遠になくなることが無いです。これだけ便利な世の中になって、IT化が進んで、効率が良くなった世の中なのになぜか人海戦術で労働させて、労働時間をサービス残業でちょろまかして利益を上げようっていうろくでもないビジネスモデルがあるってこと自体悲しいことですからね。

なんのために便利な世の中になってるのかわかりません。飲食業とか過剰サービスでホントいやですよね。牛丼チェーンのバイトとか見ていて悲惨ですよ。あれだけ

こき使われて時給900円とかで働いてるって、そりゃあ日本もダメになってきますよマジで。