ドイツ語ができると外資系企業の就職に有利な理由 ドイツ系外資系企業には穴場の就職先です

外資系企業を受けるにはTOEICが超有名ですよね。これが無いと外資系企業を受けることができないといっていいくらいです。

でも外国語は英語だけじゃなくてドイツ語もかなり就職に役立ちます。

「ドイツ語って聞いたことないんだけど?」というイメージですけど、ドイツ語検定をパスしているとドイツ系の外資系企業に当然内定をもらいう安くなります。

ただ、ドイツの外資系企業ってあまりなじみがありませんし、ぶっちゃけ普通に生きていると聞いたこともないパターンがほとんどです。というか、ドイツという国自体もアメリカや中国にくらべるとあまりなじみが無いというか知られていないですよね。

そう、だから外資系企業の中でもドイツ系の会社は競争率も少なくて「超狙い目」なんですよね。しかも待遇は日本企業とは比べ物になほどいい。ドイツ系の外資系企業に転職したら普通に給料が倍になるというのは珍しくありません。

ここではドイツへの外資系企業の就職の方法をご紹介します。

でもさあドイツってどんな国なの?ドイツ系外資系企業ってどうなの?

 

ドイツは「ヨーロッパの経済大国」と言われています。正式名称は「ドイツ連邦共和国」です。

以前は西ドイツと東ドイツに分かれていましたが、1989年にぺル厘の壁が破壊されて1990年に統一国家になりました。

ドイツはヨーロッパの中でも経済力に優れています。自動車の輸出台数はフランスの次で2位ですし、GDPもアメリカ、中国、日本に次いで政界で4位です。

ドイツ人は日本人と似ていて勤勉で、親切で秩序を大切にします。この辺は日本人ととても似ていますよね。ドイツは安全な国で普通に街を歩いていてもまず危険なことはありません。

文化のレベルも非常に高くクラッシック音楽が盛んで、学問の分野でもドイツの大学の8大学が世界大学ランキング100位以内に入っています。

ドイツ系の外資系企業も意外と多く日本に進出していて、日本の文化にもあっているというのが正直な印象です。

ドイツ語自体も日本人になじみの深いものが多いです。「リュックサック」「メス」「カルテ」などはドイツ語でも普通に日本語として使われていますよね。もとはこれってドイツ語なんですよ。知らない人は知らないですからね。

もともと、戦前までは英語とドイツ語は普通にドイツ語を勉強していました。このような背景もあってドイツ語はもともと日本人になじみの深いものになっています。

そうドイツ人って日本人みたいにマジメな感じのキャラで、けっこう文化も似ている部分があります。そのため、外資系企業といっても日本企業と180度違うというわけではなく、アメリカやフランス系の企業よりはかなり、勤めやすいです。

そのあたりドイツ系の外資系企業は競争率も低くてねらい目ですし、美味しい転職先と言えるわけです。

関連記事:外資系企業の働きやすさ

外資系企業への転職は給料倍増・人間関係改善のメリットが大きい理由
外資系企業のメリットは、日本的な人間関係のしがらみが無くて給料が高いということにあります。仕事ができても給料が上がらなないという矛盾が外資系企業にはありません。仕事に自信がある人なら迷わず外資系企業い転職すべきです。日本的なしがらみが無いのは想像以上に仕事がやりやすいですよ。
外資系企業の女性に働きやすい魅力 年収が高く男女格差無しでスキルを磨ける素晴らしい環境です
外資系企業は女性にとっては「仕事においての真の平等」がある環境です。日本の会社では女性が管理職になることもまだまだ少ないですし、女性は補助的な仕事が主体と言うのが現状です。キャリアを積みたい女性にとっては日本企業はまるで意味のない環境なんですね。年収、男女格差無し、スキルアップと外資系企業ならではの魅力は働きたい女性にとって代えがたいものがあります。
外資系企業に転職するメリットとデメリット 完全成果主義で体育会系な雰囲気は無し
日本企業はいくら成果を出しても給料が上がりません。その点、外資系企業では完全成果主義で成果を出せが給料はうなぎのぼりです。ただ、成果をさせなければすぐに解雇されやすいというデメリットもあります。外資系企業のメリットデメリットを見ていきましょう。

ドイツ語検定の生かし方 できればTOEICも取っていくのが大事 ドイツ語検定とそろえば無敵状態です

日本の社会では、語学能力が求められるのは最初はやはり「英語」です。まず英語ができているのがやはり大前提になってきます。

考え方としては英語ができてそのうえでドイツごもある程度できる。というスタンスが一番最強です。当然外資系企業で英語とドイツ語ができれば、かなり大きな差別化になることは簡単にイメージできますよね。

完全にドイツ語オンリーの外資系企業があればいいのですが、やはりグローバルな展開をしているのが外資系企業の特徴でどうしても英語は切り離せません。英語ができてドイツ語が片言でもできる程度でもかなり強いです。

そのため、基本スタンスはやはり「英語+ドイツ語」です。

そしてドイツ語検定(独検)ですけど、3級くらいが大学の1年くらいで履修すれば取れる程度の目安です。

実際3級くらいでは履歴書に書けるれレベルではないので、ドイツ語検定では「2級以上」は取っておきたいところです。

そのため、ドイツ系の外資系企業をうけるまでには、最低2級、そのあと準1級・1級と取得していければベターですね。

ただ、ドイツ語がペラペラでないとドイツ系の外資系企業に入れないというわけではありません。

ドイツ語をその場でペラペラしゃべれんくても翻訳できたり聞き取ることができれば、ドイツ語から日本語、ドイツ語から英語へと翻訳することができますよね。こういった人材はかなりすくないので、ドイツ系外資系企業でも重宝されます。

そのため、とにかくドイツ系の外資系企業にドイツ語検定を売りにしてもぐりこんで、そこからさらにドイツ語の会話を学んでいくというのが現実的に一番成長が早いです。

結局現場に出るのが一番会話を学べますしそうやって実績を作っていけば、徐々に仕事のバラエティも増えていきます。

最初は翻訳だけだったのが、会社の中枢に潜り込んでいって営業や人事、総務、経理などがきるようになると外資系企業では年収1000万以上を簡単に狙うことができます。日本の企業との大きな違いはここですね。日本の企業だとせいぜい500~600万が限界です。

ドイツ系外資系企業は日本人にとっては就職しやすいです

先ほども述べたように、ドイツ人は非常に気性が日本人とにています。マジメで仕事を一生懸命にやる思いやりのある人間が多いです。

アメリカや中国の文化は「自分をアピールしないと全然ダメ」というアグレッシブな会社が多いですが、ドイツ系企業はどちらかというと日本の企業に近いものがあります。

日本人はもともとアグレッシブに自分をアピールするのが苦手な人種で、アメリカや中国系の外資系企業ではとても疲れるストレスがたまるということよく聞きます。

日本人離れした、野心が高くてグイグイ仕事をするタイプならアメリカ中国系の外資系企業に合っていますが、たいていの日本人気質の人はドイツ系の会社のほうが勤めやすいでしょう。

 

ニッチなドイツ語ができると外資系企業での仕事に差別化ができる

ご存知の通り、外資系企業っていうのは完全実力主義です。仕事ができれば年収2000~3000万も当たり前の世界ですが、結果を出せないとすぐに解雇されるといった厳しい世界です。

その外資系企業で自分の差別化するためには英語以外にドイツ語ができるのが大きな差別化になります。

ドイツへの出向などがあれば、ドイツ語ができる人間が候補になるのは当然ですし、それって語学ができるかできないかの問題です。

ドイツ語ができるというのは、ドイツ系の外資系企業をねらうことでかなりのアドバンテージになります。

あとは、これ私事ですけどドイツ語ができるとカッコイイじゃないですか。ドイツ語が話せるのは外資系企業で仕事をやるうえで大きなアドバンテージになっていきます。こういったニッチな外国語をマスターすることは、英語だけしかできないと違い、かなり強力な武器になるのは間違いありません。

外資系企業への就職は転職エージェントを利用しよう

外資系企業に求人が多く存在する「転職エージェント」はプロのエージェントがあなたと面談をして希望に合った外資系企業を紹介してくれます。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから

 

正直、私の学生時代でも第二外国語とかを「ドイツ語」とかにする人は少なかったですね。ドイツ人て性格的にも日本人に近くてマジメで働き者です。

だから、外資系企業に行くにしても、ドイツ系列の外資系企業ってのは割と働きやすいってのもありますからね。日本人とドイツ人のキャラクターはけっこうマッチするもんです。

なんでもそうですけど、「ニッチな分野」を責めるってのは大事ですからね。アメリカ、イギリスあたらりの外資系企業もいいんですけど、やっぱりドイツ語を駆使してドイツ系の外資系企業で成績を上げていくって方が成功の確率はやっぱりグンと上がっていきます。そのあたりを考えるとドイツ語をやってるってのはかなりアドバンテージになってくるんですよね。