派遣社員がクビ切られる理由は人員増減調整だけですよ いきなりクビの通知におびえるより正社員になったほうがイイ理由

下降矢印

私事で教職ですけど、以前の仕事で派遣社員を管理する仕事をしていました。平たく言うと工場の人員が足りなくなってきたら派遣を雇って補充して人員が余ったら派遣を切るという仕事です。

これっていやなもんですよ。派遣を切るってのは、そりゃ会社指示なので私が切るわけじゃあないですけど、実際に派遣会社の担当者にそれを言うのは私の役目でした。

そう、今更言うまでもないですけど派遣社員てただの人数合わせなんですよね。正社員はクビを切れないから派遣社員の人数を調整して人員を回すわけです。

ホント切ないんですよね。正直派遣社員ってピンキリなんですけど、「仕事がとことんできない人」と「仕事ができる人」と二極化してるんですよ。

ほんとに仕事ができないタイプの派遣社員はどんな会社にいても「こりゃダメだろう」ってくらいの人が多いです。だから派遣社員なんでしょうけどね。

逆に気の毒なのは「仕事ができる派遣社員」もけっこう多いです。というかうちの会社の正社員より余裕で仕事できる派遣社員とかザラでしたからね。

そういった「仕事のできる派遣社員」でも人員がいらなくなれば簡単にクビをきられます。派遣契約の期間が3ヶ月とか半年とかありますけど、たいてい3か月くらいの契約にしているので、その期間をもって終了・・・・っていうことになります。

正直な印象として、派遣社員でも「どうしようもないようなスチャラカ社員」でもない限り、最低限の仕事さえすれば仕事が理由でクビを切られるってほとんどないですよ。

派遣社員をクビにする理由はほとんどが「生産量が落ちたときにいらなくなった人を切る」ということです

よく、色んな情報とか記事で「仕事の態度が悪い派遣社員はクビになりやすい」とか言われてますけど、正直、目立つくらいに仕事の態度とか悪い人ってあんまり見たことないですからね。

特に派遣社員は仕事ができる人でも仕事ができない人でも、そんなに極端に仕事の態度が割る人とかいないですよ実際には。自分が派遣社員だという立場をわきまえていますし、そんな強いな態度とか仕事中にしゃべりまくるとかそういった人は少ないです。

逆に正社員のほうが仕事中にしゃべったり、なんか態度が悪いやつとかいっぱいいますよ。でも正社員はクビにはならないですからね。コンプライアンス(法律)違反とか、逮捕とかされなければクビにはなりません。

派遣社員をクビするりゆうってほぼ99%「生産量が下がったから人員がいらなくなった。だから派遣社員の数人を切ろう」っていうことです。これしかないです。

仕事っぷりがあまりに悪くて首を切ったって主出しただけでも4人くらいですよ。後は派遣として雇ったらもとがヤクザだったとかそういう人は首を切りましたけどね。

そのヤクザもんんも別に私個人としては「そんなのイイじゃないか今は脚を洗ってるんだし・・・・」と思ったんですけど、会社はうんとは言わなかったでからですかどね。

だから、派遣社員ってただ人員の増減を調整するため「だけ」の補充要因なんですよ。今更ですけどハッキリと言いますけどそれ以上でもそれ以下でもありません。だから、ものすごく雇用としては不安定なんですよね。

これって製造業でもそうですけど、飲食業でも介護でも販売業でも派遣で人員の増減をしてるだけなんですよ。

だからどういうことになるお思います?景気が悪くなると派遣社員は全くいらなくなりますからね。

思い出すのはリーマンショックの時です。このときはその派遣社員を120人くらい切りました。いや、前も書いたんですけどこの時は派遣切りした派遣社員に

うしろから刺されるんじゃないかと、ガチで思ってましたからね。

「子供がいるから今職を失うと困る」

「家のローンがあるから今、派遣を切られたらローンが払えない」

「家賃を払えなくなる、生活できなくなる」

といったことを散々聞かされました。切ないというか正直私なんか罪の意識で病んでしまいましたよ。でも仕事なのでどうすることもできないわけなんでね。

派遣でやってる人に言いたいんですけど

「正社員になりましょうよ」

と言うことを言いたいだけです。特に20代~30代くらいまでだったら正社員にはなれるんで、派遣をやってる人はだまされたと思って正社員になるために就活しましょうよ。

よく「派遣でも一生懸命仕事としてやらなければいけない」と言われますけどそれはキレイ事 仕事の何にもできない正社員とかいますからね

ちょっと余談なんですけど、

「派遣でも塩事を一生懸命やらなければいけない」「

どんな低賃金でも仕事は一生懸命やらなければいけない」

とかいいますけど、これってただのキレイごとだと思います。

いや低賃金でいつ切られるかわからない仕事なんてテキトーにやればいいんですよ。もちろん、手抜きしまくりってのもまずいですけど、少なくとも一生懸命やる必要なんかないです。

そんなことしては仕事って長期戦ですからね。うまく手を抜けるところは抜いていったほうがイイんですよ。どうせ正社員のやつらだってテキトーに仕事してますからね。

そんな、いつクビきられるかわからなくて低賃金の派遣の仕事なんてテキトーにやってればいいんですよ。

そんなことやるよりも、正社員になる就活やったほうがイイですよ。どうしてそういう行動をしないのちょっとよくわかりません。

派遣社員はそもそも、主婦だった人が片手間に働いたり、50代以降くらいの年輩の人が働いた入りする形態の働き方です。

20代30代の人がそれをやってるだけで時間と賃金のギャップがありすぎて、もったいなさすぎます。普通に就活すれば正社員になれる年齢でそれをやっていないのは40代50代になって、大きく人生が破たんすることになります。

正社員と派遣社員の生涯年収の差は「2億円」です。2億もさがでるんですよね。無能な正社員でも「肩書」だけ持ってればこれだけ差がついてしまうんですよね。

これって賞与の差と福利厚生と各種手当(住宅・通勤・家族など)の差が大きいですよね。あとクビを切られないってのも大木ですからね。

派遣で働いているとクビ切られて1~3ヶ月無職なんて時もザラですし、職場が変わるたびに新しい環境に慣れていかなければいけません。

これってどうですか?逆にストレスたまりません????効率悪いというかめんどくさいような気がするんでけどね・・・・・( ;´Д`)

いや、やっぱり正社員になりましょうよ。普通に就活すれば正社員員なれますから。面接で落ちるって場合は「やり方」がまずいだけなんですよ。

肩書だけで決まる世の中ですただ「正社員」と言う肩書だけがヒカル世の中 だったらクビにおびえる派遣社員よりも正社員になったほうがイイにきまっているから就活しましょうよ

派遣社員の人ならもう気づいてしまってると思うんですすけど、正社員と派遣社員の仕事の差ってほとんどないですからね。派遣でもけっこうむつかしいことを

やらされて、そんなに正社員と仕事のレベルって大差ないんですよね。

そう、だから正社員と派遣社員の差って「肩書」だけなんですよ。これに気付いてしまっているんんじゃないですかね?あなたもそうじゃないですか?

そう、正社員と言う肩書がだけが光る世の中なんですよ。政府もそういう政策をとって、派遣社員がどうなろうと知ったこっちゃありません。派遣法とか改正されていてもほとんど機能していませんしね。正社員になるしかまともな人生を生きていけないっていうのが悲しい現実です。

現実をみたら、就活しましょうよ。そのほうが前向きですしね。

ただ、ハローワークとかちまたの求人誌を使ってもブラック企業ばっかりです。これはハロワとかが掲載企業を審査していないので、ブラック企業の奴隷の狩り場になっちゃってるんですよね。

正社員になるといっても大前提は「普通の会社の正社員」ですからね。

普通の会社の正社員>普通の会社の派遣社員>ブラック企業の正社員>ブラック企業の派遣社員こういった感じです。わかりやすすぎますけどね・・・・・( ;´Д`)

就活エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが就職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

派遣社員から正社員への就活って難しいと情報であられているので、不安になりますよね。

しかし就活は、優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

一度、優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思います。そうすればブラック企業じゃない会社の正社員の求人があるというのがわかりますし、なにより、自分がやりたい仕事の選択の半材料になりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。就活エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって就職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (→公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、就職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

 

ワークポート 公式

 

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!