期間工から正社員登用あり会社で正社員になるのは無理な現実 転職活動をやったほうが楽だし早く正社員になれますよ

砂時計

期間工から正社員になるっていうと、イメージとしては工場で期間工で働いている人が、仕事っぷりが余暇たりすると試験を受けて正社員になるっていうイメージですね。

たしかに昔っていうか、2000年代前半くらいには私の勤めてた工場でも期間工から正社員になった人間はいます。それでも、相当、仕事ができるというか期間工でメチャメチャ頑張って仕事できるアピールして、なんとか正社員になったっていう感じでした。

それだけその人たちはハングリー精神もあって、ふちゃけ普通の正社員なかんかうよりも、かなり使える人だったんですよね。

素朴に思ったんですけど、なんでこんなに仕事ができるにの期間工とかやってるんだ?とおもったんですね。

でも、新卒の採用とかでしっぱいしたり、最初に入った会社とかが大企業とかでもブラック企業だったりして辞めたりすると昔からですけど、日本て正社員になりにくいんですよね。

正社員になりにくいというというよりも「転職活動のノウハウとかがあんまりない」「優良な求人を紹介している機関を知らない」ってのもあります。

転職って言うとハローワークとかを使ってる人が多いですけど、これだとブラック企業に逆戻りなんですよね。

話が逸れましたけど、以前は期間工から正社員にってる人はたしかにいました。それでも、期間工が30人くらいいるとして、ほとんどが正社員を希望しますけど、その中で正社員になれるのは年に30人中1人くらいです。

それも2000年代前半くらいまでの話で、リーマンショック以降で期間工から正社員になった人を一人も見ていません。

期間工(派遣社員)から正社員になれたのを見たことがあるのは3人ですね 特にリーマンショック以降は一人も正社員になった期間工を見てことがありません

そう、期間工とか派遣社員とかでリーマンショックまえで正社員になったことを見たのが約3人、リーマンショック後には期間工から正社員になった人を見たことがありません。

うちの工場ってそこそこホワイト工場で、従業員にはやさしい会社ですし、福利厚生とかもしっかりしています。だから期間工は正社員になりたい・・・・と

希望する人がほとんどです。ただ、残念ながら正社員にはここ10年くら一人もなれていませんし、会社も期間工から正社員にする気はないみたいですね。

ああ、もちろん建前上は正社員登用する「可能性」アリみたいにはなっています。もしくは「正社員登用制度が有り」みたいなかんじですね。

正社員登用制度はあるけど、それで正社員になる人は無いよ見たいなスタンスですね。

すいません。回りくどい言い方をして申し訳なかったです。

正直、期間工から正社員に登用しようと思ってる会社とか無いですよ。昔はあったんですけど、リーマンショック以降はハッキリ言って期間工を

正社員にする気はないです。ト●タとか大手から始まって中堅の期間工をやとってる工場系の会社ではそういうのって無いですね。これかなり悲しい現実です。

結局、リーマンショックのときには人員がいらないので、いわゆる期間工や派遣社員を大量に解雇する「派遣切り」っていうのがあったわけですけど、

企業はこれ移行、期間工は完全に「人員調整のためのコマ」という使い方で割り切っています。正社員の採用は新卒採用か、中途採用からと決めてるんですね。

ただ、期間工や派遣社員からでも正社員に登用するという可能性があるということを、求人で言っておかないと、求人がなかなか集まらないんですよ。

だから、しぶしぶですけど「正社員登用アリ」みたいなことを言っているわけです。実際には機能していないんですけどね。

だから、私はそのとき派遣社員の人員を管理する係をやっていたので、たまに「正社員になることもできますか?」的なことを聞かれることがあったんですね。そのときはハッキリと

「正社員に慣れる可能性はゼロじゃあないですけど、普通に就活して正社員採用の会社を受けたほうがイイですよ」

と言っていました。これ課長とかには当然内緒ですけどね( ;´Д`) だって、正社員になれるわけないのに、期間工とか派遣の人が変な希望をもって

無意味にしごとがんばっても、会社に労働力を搾取されるだけですからね。さすがにそれは悲惨すぎます。

マジメな人ほど「期間工から正社員になれるかも」とかいって期間工でもめちゃめちゃ仕事頑張ったりするんですよね。

その頑張る体力を転職活動のためにつかって、ふつうに正社員募集している会社の面接受けたほうがイイんですよね。もちろんブラック企業はダメですけど、

会社の業績はアベノミクスのおかげで良くなってるんですよね。だから中途採用している会社もけっこうあります。ただ、会社は内部留保しまくってるので

給料は上がらないですけどね。でも普通に転職活動をすれば大企業とかにこだわれなければ、ブラック企業なない「まともな会社」の正社員になることは期間工から正社員になるよりもよっぽど簡単ですよ。

正社員になりたいなら、期間工をやりながら転職活動をしたほうがいいですよ 現実的な行動だとそうなります

そう、正社員になりたいなら期間工とか派遣社員になって、そこから正社員を目指すっていうのは効率が悪いです。

求人で「正社員登用アリ」みたいなことで釣っておいて、ずっと低賃金で働かせるっていうブラック的な手法はもううんざりですからね。

でも世の中ってこうやってだます人間のほうが多いののが現実です。イヤな世の中ですよ。正社員登用なんてする気ないんだろ?とか人生経験のある人とかならわかるんですけど、まだまだ世の中にはまじめで、だまされた経験のない人とかも多いので、そういうの信じちゃって期間工とかになって長く使われてポイって捨てられるんですよね。

そういうことをされないようにするためにも、自分で自分の身は守ったほうがイイですよ。普通に正社員になるために転職活動やったほうがいいです。

ただ、ハローワークとかちまたに出ていいる求人誌とかでは、ブラック企業がてんこもりで掲載されています。これってハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているんので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職活動ってやったことがないと難しいイメージがありますし、とっつきにくいですよね。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取ることができるんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるといいですよ。そうすると、ブラック企業じゃない求人が実際にあるっていうのが確認できますし、これからやる仕事の内容を判断する材料にもなりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

転職サイトDODAで求人探し

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

今、期間工をやっているなら期間工をやりながらちょっとずつ求人を紹介してもらって、自分のペースでもいいので転職活動をやっていくのが絶対イイです。

期間工のメリットって、時間でキッチリ終われることなので、そういう時間を利用して正社員の求人を紹介してもらって、面接をコツコツとうけていくといいですよ。

大企業とかって新卒で一括採用するんでダメですけど、意外と、地味でも業績のイイ中小企業ってのがあるんですよ。

特許を持ってたり、業績は右肩上がりなのに、ネームバリューがないから人材がなかなか集まってこないっていう会社が多いです。そういう会社を狙って転職活動をしていけば意外と正社員になるのって難しくないですからね。

「中小企業で業績が上がっている会社、特許を持っていたりする独自のノウハウのある会社の求人が欲しい」と言う希望をエージェントとの面談で言っておけば、そういう求人を中心に紹介してくれます。自分で求人とかを探すとメチャメチャ大変ですし、

しかもハロワと探してブラック企業ばっかりで自分で探してブラック企業ばっかりじゃあ悲惨ですからね。こういう求人探しはプロの手を借りたほうがイイです。

転職活動ってとにかく「楽をする」というのがポイントです。今では転職するのも一般的な耳朶になってきました。新卒で入っても3割は三年以内に

辞めますし、同じ会社にずっと勤める人は3割もいません。そう転職する人のほうが多い時代です。

だから、なるべく早く転職活動を始めたほうがイイんですよね。転職は若ほうが有利ですからね。一秒でも早く行動するのが早い方がそれだけ期間工の身か正社員にることができます。うまく転職エージェントを利用し倒して正社員の切符をゲットしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!