30代のニートが就職できないってのはデマです バイトしか職歴が無くても工場系なら就職できます

自由なニート

30代でニートのあなたは働きたいと思ってますか?いや思わないですよね。

というか私も働きたくないですけど、働かないとお金が無いので働くしかないので働いているというわけです。

あなたの親が資産家とかで充分にお金があるなら別に無理して働く必要ないですよ。私もお金が合ったら間違いなく働きません。

実際、働いてない人もいますしね。ただ、それはお金がある人ならいいですけお、お金が無くて働かないとけっこうな悲惨で壮絶な人生が待っているのはあなたでなくてもだれでも想像できますしね。

だから、働くの嫌ですけど、ユルい仕事でいいんで働いたほうが結局「楽」になります。生活保護とかは身体が健康な人には出ませんからね。期待しないように。

30代ニートで、職歴がバイトとかしかなくても普通に就職できますよ。

世の中の情報って怖いですよね。30代になると就職できないみたいな情報ばかりですけど、あれ?って思いますからね。

前にいたうちの会社はそこそこホワイトな製造業ですけど、普通に30代でも中途入社してきましたよ。今まで派遣とかバイトとかやってたって人けっこういました。ニートだった人も何人かいましたね。

私の出る地域は工場とか比較的、産業さかんな地域だったのもありますけど、工場とかが多いんですよ。だから普通に工場勤務なら

就職できますし、いきなり正社員が厳しかったら派遣とかからでもいいなら、いくらでも働く場所はありましたからね。

 

関連記事:ホワイト工場は美味しい仕事場

ホワイト工場は定時で帰れるのは当たり前 ホワイト製造業に転職してブラック企業をおさらばしよう
製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

 

30代でニートというか派遣はバイトの職歴しかない人でも普通に就職できてますよ 現実に近所のおばちゃん(46歳)とかでも正社員に就職してましたしね

そりゃ大企業とかカラー的な仕事はむつかしいですけど、けっこう肉体労働系なら仕事はありました。

正社員で入れますし、普通にうちの近所のおばちゃん(46歳)でも正社員で職人加工の工場の正社員になっていましたよ。

30代でニートだとたしかに、就職するときには工夫しないと難しい面があります。

いきありホワイトカラーとかの正社員とかはそりゃあ難しいです。というかニートでなくても普通に人でもそれはむつかしいですからね。

逆に工場とか、ビルメンとか警備員だったら普通に就職できます。

こういった職種は、工場やビル管理先によってはブラック企業もあるので、うまく普通の会社に入ればそれなりに給料はもらえます。

私は地銀といういわゆるホワイトカラーから製造業というブルーカラーに転職しましたけど、工場で作業して定時で帰れて残業代がついて、ボーナスもそこそこ出ました。

ぶっちゃけ地銀とそんなに給料が変わらない。

勉強して大学出て、頑張って就活して地銀に入って・・・・あれってなんだったんだ??とか思いますよ。普通に高卒とかでこの工場に入ればそれで

全て解決したやん・・・・って思いましたからね。いやマジでホント大学とか出て、就活してブラック企業に入るとかクソですからね。

話が逸れましたけど、30代ニートだったら肉体労働系をやればそれで解決します。

肉体労働っていっても普通に体力があればできますし、下手に飲食とか接客業とか介護職とかに入るより100002410倍いいです。

肉体労働系は対人関係も少ないですしね。土方はやらないほうがイイですけど、それ以外の肉体労働系「工場、ビルメン、警備員」とかは肉体的にはそこまで消耗しません。

仕事選びすぎなんですよ。それでもって、仕事を選びすぎて逆にホワイトカラーの仕事とかやるとブラック企業だったりすると悲惨ですしね。

工場系はガチでおススメですよ。30代のニートでもそれほど、無理なく仕事をしていけると思います。

 

工場・製造業専門の求人サイト【JobHouse】(公式)

仕事が無いからと言って飲食業とか接客業、介護ややめてね

ちょっと触れましたけど、いくら仕事が無いからと言って、30代ニートといっても飲食業、接客業、介護とかはやらないほうがイイです。

これって、普通の人とかでもたいてい仕事がきつ上にあまりに低賃金で、辞めてしまう人がほとんどです。

こういったところで働いている人って、ちょっと就活で工夫すればもっといくらでも、もう少し負担が少なくて賃金もいい仕事がいくらでもあるのに、

安易にこういった仕事をやってしまうんですね。

 

「俺にはこういった仕事しかない」

みたいな劣等感もあるんでしょうけど、ちょっとだけでいいので就活を工夫してまじめにやれば、こういった職業以外ってやることができるですよ。

飲食とか牛丼屋の店員とか見たことあるでしょ?あんな仕事できると思います?というか、下手な営業よりもきつい仕事ですよ。

しかも、工場のラインとかよりも10倍難しいと思いいますしえ。地銀の営業は私、やれと言われればいやいやでもやれると思いますけど、牛丼屋のスタッフとかどう考えてもやれる気がしません。

それだけ、むつかしいことをやってるのに時給900円とかですからね。

だから、何度も言っていますけど、工場とかの派遣のほうがマシです。時給1500円以上もらえますからね。もちろん正社員も募集しているタイミングもあるので工場のほうが美味しい仕事です。

あとは、接客小売りとかもスーパーとかは勤めなほうがイイですよ。小うるさいクレームばかり付ける客と相手にしたくないですよね?

こうやって言ってると、仕事を選んでいるように見えますけど、飲食とか接客、介護とかそのあたりの仕事って、結局長続きしないんですよ。

なぜならあまりにブラックすぎるからです。

多少仕事がきついくらいなら人間て意外と続けられるもんなですよね。慣れてきますから。

でもこういった飲食系、接客、介護あたりはブラック「すぎる」のでどうせ続かないです。

30代でニートって人間との付き合いがきらいだからニートになるわけですからね。私も一人でいるほうが楽ですしいいですか。

だから、工場とかのほうがやりやすいんですよね。そういうところから仕事を探していくのって大事ですよ。

ハッキリ言って、人間関係が薄くて、そこそこ仕事がなんとかできて、給料もそこそこもらえて、休みも多くて時間で終われるっていう仕事って工場しかない

ですからね。30代のニートでほかの仕事に就ける自信があるなら別にほかの仕事でもいいですけどね。判断はあなた次第と言うことになってきますからね。

 

関連記事:飲食・介護・接客販売の仕事はガチで辞めたほうがイイ

飲食店の店長を辞めたい 超ブラックな業界の奴隷の代表である店長の実態と転職方法
ファミレスなどのチェーン店での飲食店で店長になったらほぼ人生詰みます。責任、長時間労働、バイト管理、仕入れ管理などで時間無視で働かされて、最後は精神を病んで辞めてしまうケースがほとんどです。奴隷としての駒としか扱われていないのが飲食店の店長です。病んで辞める前に労働環境を変える必要があるわけです。
訪問介護のヘルパーを辞めたい 過酷な介護現場の現実と転職方法
訪問看護のヘルパーは介護の仕事でも一番ハードな仕事です。全部一人で高齢者に対応して、認知症の老人の暴言に耐えながらセクハラされ放題で汚物を処理する過酷な仕事です。それでも給料は安くて労働対価につり合いが取れてない仕事です。ヘルパーの仕事に限界を感じているなら労働環境を変えていく必要があります。
百貨店の販売員を辞めたい ノルマがきつくパワハラもあり低賃金の現状と転職の方法
百貨店の販売員は長時間労働で不規則なシフトで体調を壊しがちな仕事です。そのうえノルマもきつく上司からのノルマ達成がらみのパワハラも普通にあり、精神的にスリへってきます。また、お客様との接客でも理不尽なクレームも多くそのうえ給料も手取りで16万円くらいもザラで効率の悪い仕事内容です。百貨店の販売員の仕事に限界を感じているなら労働環境を変えることを検討すべきです。

 

ただ30代ニートだと就活のやり方を教えてもらわないと自分でやみくもにやっても難しいので対策を立てるために転職エージェントをつかったほうがいいですよ

ただ、30代ニートだと、自分で就活を手繰りでやろうとするのは厳しいです。

履歴書とかテキトーに書いて出してると永遠に書類選考で落とされますからね。そりゃ、30代ってだけでも書類選考では不利になるので、履歴書のか言い方を就活のプロから教えてもらったほうがイイです。

そして、面接になってもやっぱりこれも対策してないと、面接で内定が取れないですからね。逆に面接ってまじめにチ策する人って意外と少ないので、やれば高確率で内定が取れます。

模擬面接とかやったことありますか?そういうのやってないと、面接を何回受けても無駄な労力になってしまうのえ、面接対策はガチでやったほうが後々楽です。

就活のアドバイスは就活エージェントを利用して就活のプロであるエージェントにやってもらうのが手っ取り早いです。

特に面接対策は自分一人ではできないですからね。模擬面接的なものをやってないと、何度面接を受けても落ちると無限ループになってしまいます。

面接でわるいところってちょっとしたことが多いんですうよ。声が小さいとか、もっとゆっくりしゃべったほうがイイとか、そういうレベルの事でも改善すると結果が全く違ってきますからね。

これって、一人で就活してると永遠にきづくことがありません。だから内定が取れなくて結局は就活がイヤになって、介護とか飲食業とかいつでも仕事ができるブラック業界に入って、激務でうつ病になって人生終わる・・・みたいなパターンになります。

そうならないためにもやっぱりアドバイスってもらったほうがイイですよ・・・・そのくらいの労力は割いたほうが無難です。やっぱりプロの力を借りるって全く結果が違ってきますからね。

就職活動のツールで何と使うか?っていうと就活エージェント一択ですからね。
やっぱり就活してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが就活エージェントなわけなんですよね。

就活(転職)エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが的確なアドバイスをくれるっていうのもありますしね。

優良な求人を賞秋してもらって、自分で見てみるといいですよ。ブラック企業じゃない求人があるっていうのもわかりますし、自分がやってみたい仕事を判断する材料にもなりますしね。

 

 

 

ニートも時代の流れで出てきたもんですからね。今の親の世代ってのはまあ、年金もありますし、給料も右肩上がりの時代に生きてきた人たちなので資産は豊富にあります。

でも今の20代~40代くらいってけっこう悲惨と言うか、就職難の時代でもありますし、今景気が良くなってるとか言ってもあんまり採用してないですからね人員とかね。それでいて税金は高い時代ですし、年金額も高くてもまあ支給される年齢も70歳に上がっていくかもしれませんし、このまま老人になっても行き倒れする可能性はあります。

平たく言うと金持ってないってのはけっこう致命傷なんですよね。ニートで親の金をア転するものいいんですけど、親だって体が動かなくなれば介護費用もかかるので、お金はそちらに流れていきます。そうなってきたらもうあなたに回ってくるおカネは無くなるわけですね。

40代50代になって金もなく、親がなくなってしまったっととか「生活保護があるじゃん」とかいいますけど、まあ生活保護は働ける健康な人には出ませんからね。そうなってから生き地獄を見るのはわかりきっています。

普通に働く方が「楽」なんですよね。そりゃブラック企業に捕まるってのは論外ですけど、普通の会社で働いているほうが、悩みも少なくて楽です。特にお金と生活の悩みってのは想像以上に精神を病みます。それに年齢が上がってくると健康の悩みも出てくるので、ぶっちゃけ普通に働いたほうがトータルでの人生の悩みってのは減ってきます。

いいんですよ。働いてみて、きつかったら辞めればいいんですから。どうせもともとニートですからね。ちょっと就活してみて働いてみればいい・・・それだけのことです。