うつで休職中に転職活動した実体験 体調が少し回復したら行動したほうがイイですよ

公園のベンチ

まず、うつ病になったら・・・・というか、仕事が限界で自覚症状とか出てるなら、すぐにでも心療内科を受診して診断書もらって休職してください。

自覚症状っていうと

「夜眠れない」

「朝、起きると体が重くて起き上がれない」

「会社に行こうとすると吐き気や腹痛、頭痛、めまいなどがおこる」

「死にたいと思うことが多い」

こういった症状が出てるともう、うつ病はかなり重症になってますからね。まずは会社休職したほうがイイですよ。

心療内科で診断書はすぐに出してくれるので、最低でも2か月は休んだほうがイイです。そうしないと、下手するとうつ病は本当に末期の重症になって社会復帰自体ができないくらい取り返しがつかないことになる場合もあります。そういう人を何人も見てきました。

関連記事:自覚症状が出たら、うつ病は末期症状です

会社に行きたくないと思いつつ、しかも吐き気とか腹痛下痢、頭痛軟化の症状があったら、それってうつ病が相当進行している状況です。次の日にでも布団から起き上がれなくなっても不思議じゃないです。そうなると社会復帰に1~3年以上かかる場合もあるので、心療内科に行って診断書をもらって休職するのが賢明な行動です。

関連記事:うつ病で診断書がもらえない時の対処法

うつ病で心療内科に行ったら診断書をくれなかった。もらえないってことは普通にまずありません。その場合はさっさと病院を変えて、うつ病の症状を伝えて、ストレートに診断書を出してくれと言えば普通にもらえます。私は2回診断書をもらってるので、その実体験からその方法をまとめてあります。

さて、本題ですけど、うつ病で休職してるときに転職活動していいのか?というと、色んな情報が出てますけど、うつ病やったことが無い人が想像で書いてるだけだと思います。

私うつ病で休職してるときに転職活動やってましたからね。別にやっていいと思いますよ。法律で禁止されてるわけじゃあないですし。そんなこといったら、会社に行きながら転職活動してる人だってダメってことになるので別にいいともいます。

そもそも、うつ病になるまで仕事を押し付けて、こきつかうような会社なんてどうでもいいんですよ。そんな会社にいるより、ちゃんとした会社に転職したほうがイイにきまってるので、休職中だろうがなんだろうが転職活動してもいいですよ。人間の行動なんて自由ですからね。そもそも休職中に転職活動をしちゃいけないって、法律とかないですからね。

結論言うと休職中に転職活動してましたよ だってうつ病になるほど追い込む仕事の会社なんて辞めたかったですからね

私の場合は、金融系の会社でうつ病に追い込まれて、ガチで朝、金縛り????っていうくらいに体が重くなってそのまま心療内科に這うように行って診断書もらってそのまま休職・・・・と言う流れでした。

1か月くらいはずっと寝てましたね。そのくらいもうなにもやる気力が無かったわけです。

1ヶ月くらいたってから、少しずつ動けるようになってきて、抗うつ剤も効いてきたのかそこそこ動けるようになりました。

余談ですけど、うつ病が重症になったら抗うつ剤は飲んだほうがイイですけど、副作用もあるし、断薬するのもけっこうきついので、なるべくなら飲まない人生を歩んだほうがイイですよ( ;´Д`)

2か月休職して、まだ仕事ができるような状態じゃあないということでさらに2か月給料を延長しました。

実際、そっから転職活動をボチボチやってました。もちろんうつ病が回復しきってないので、ガッツリは転職活動できませんけど、平日に動けるので、履歴書書く時間とかもあるし面接とかもできますし、けっこう転職活動を気分転換みたいにやってましたね。

そのころ、うつ病が回復するにつれて、自分の人間的なキャラも大きく変わってきたのもあります。

うつ病前は

「仕事を病んだりするのは恥ずかしいことだ」

みたいなマインドがあったんですけど、

うつ病後は、

「こんなに追い詰めるような仕事をやらせる会社で仕事やるとかってバカじゃねえのか?かただか数十万円の給料のためにね」

と思うようになりましたね。いわゆる「社畜精神」ってが完全になくなりました。仕事で我慢してやってるのってかっこいいとか思っていた自分が

本当に恥ずかしくなってましたからね。

「人生は楽しむためにある」

みたいなマインドになってきたんですよね。

話が逸れましたけど、普通に休職中に転職活動をやってましたよ。今の会社に復職してもどうせまた仕事を盛られるだそうしな。こんな会社はもういやだ営業でノルマも嫌だ・・・・という理由と、転職活動自体がある意味、気分転換みたいになっていましたね。

運よく内定が取れて製造業に転職することになりました。

休職中でしたが、退職願いを出してそのまま退職したわけです。

休職していたので、どのみち引継ぎとかも全くなくてすんなり退職できましたしね。当たり前ですけどね。

私もそうですけど、あなたも「会社を辞めたら迷惑が掛かる」とか思ってるなら完全に社畜ですよ。

会社って別に人が辞めてもどうとでもなりますし、そもそも、うつ病になるまで追い詰められるなんて、迷惑どころの話じゃなくて罪にならない犯罪みたいなもんです。

そんな会社に迷惑をかけるとかそんな感情を持ってるうちは、社畜のままでいいようにこき使われる運命が待っていますよ。

ただ、まずはうつ病なら体調を回復させてから、転職活動をしたほうがいいです 

ただ、休職中にに転職活動をするにしても、うつ病をある程度回復させてからじゃないとできませんしね。

とりあえず何もしないで、ずっと寝てるのが経験上、うつ病が回復してきます。散歩とかしたほうがイイと言いますけど、無理にやろうとするとかえって精神的に疲れます。

散歩したいなと思えるくらいになったら、外に出て散歩すればいいですよ。とにかく自分がめんどくさいと思うことはやらないほうがイイです。

そもそも、うつ病になる人は、「がんばり屋でマジメな人」なので、放っておいても、うつ病が回復してきたら自分で行動できる人です。

ニートとかひきこもりとは違うわけです。もともとが、がんばり屋なので、うつ病が回復してくるとまた自然に行動できるようになってきます。

だから、あんまり焦らないほうがいいですね。2か月くらい何もしないで、普通に抗うつ剤を飲んでいればたいてい回復してきます。

もう一度言いますけど抗うつ剤って誤解がありますけど、副作用もありますし、必要以上に服用しないほうがイイですけど、重症のうつ病の場合はしっかりと抗うつ剤を服用したほうが回復のスピードが全然違いますからね。

自然に回復しようとするとたぶん1~2年くらいかかると思います。私の体感ではね。抗うつ剤を飲めば2か月も休めば、うつ病も50%以上は回復してくる体幹でした。

50~70%くらい回復してきたら、普通に軽い運動とかもできますし、転職活動も普通にできますしね。

というか、今後の人生のためにもう激務な仕事はやらないほうがイイですよ。

私は極論、激務な仕事をやって体を壊すくらいなら、餓死してもいいと思っています。今の日本なら餓死することは無いですしね。

休職しながら「ボチボチ」と転職活動をしてけばいいと思います。その間に転職先が決まればもうサッサと今の会社に退職届出せばいいですよ。

どのみち、うつ病になるまで追い詰められるってことは、ブラック企業なんですからそんな会社に定年まで勤めると思うとゾッとしませんか?絶対にイヤですよね。

だったら、休職中でもそうだねくてもその会社から抜け出す行動はやっていったほうがイイですよ。

ぶっちゃけその会社で復職しても、あなたの居場所とかは無い可能性がたかいですしね。「うつ病した人」ということで、出世はまず無理ですし、重要な仕事とかをまかされることもありません。

でも、重要な仕事とかいってまた激務やるのいやでしょ?だったらもうその会社にいるのはガチでやめるべきですよほんとに。

そうはいってもなんだかんだ言って転職したらうつ病とかウソみたいに出なくなりましたからね 結局「労働環境」がすべてということです

私は休職中に転職先が決まったので、運がよかったですけど、転職して仕事をしたら、うつ病とかウソみたいに症状が出なくなりましたからね。

そう、結局「労働環境」なんですよ。普通の仕事で普通の人間関係なら全然楽勝です。

いかに今までの金融関係の労働環境が激務でノルマが合って上司もパワハラ野郎ばかりで「異常」だったのかがわかります。

ホワイト製造業に転職したら、うつ病の症状は「まったく」出なかったですね。すぐに抗うつ剤も必要なくなりましたし、今ではまったく普通に生きています。

これって、どんなに強い人間でも「異常な労働環境」にいて、それがある程度長く継続すると「うつ病になる」と言うことになります。

そりゃそうですよね。ストレスは蓄積されていきますし、限界が来たら精神のふうせんが爆ぜてもう日常生活もままならなくなってきますからね。

これを考えると、休職中に転職活動してよかったと思ってますよ。

だいたい、会社を休んでいるときの行動までとやかく言うような会社だったらまあもうどうてもいいというか未練も何にもないですからね。

仕事とか会社ってそんなに大したもんじゃないですよ?ただお金稼ぐために労働力と提供してるだけですからね。

会社でやりがいとか、人生をかけている人は頑張ってくださいね。私はイヤなので、そういうのは一切考えていませんから。

あと、転職するにしてもハローワークとかちまたにある求人誌とか使っちゃダメですからね。ブラック企業がたくさん掲載されています。これは

ハロワとかが掲載企業を審査していないからです。ブラック企業の体のいい奴隷の狩り場になっていますからね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的を得たアドバイスをしてくれます。

転職って難しいと思われがちですし、初めての場合はなにからやっていいかも、わかりにくいというのがありますしね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスとかをもらいながら履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですよ。ブラック企業じゃない求人がある確認にもなりますし、これから自分がやりたい仕事を選ぶ判断材料にもなりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!