うつ病で診断書がもらえない時の対処法 心療内科ですぐにもらえる方法(実体験)からの解説

医者の診断書

私はうつ病で2回診断書をもらったことがあります。

1回目は本当にうつ病でもうほんと重症になっていたころです。その時は毎日死にたいと思ってましたし、この状況なら診断書を出さない医者はいないんじゃねーか?

って思うくらいです。

2回目は実は完全に仮病です。全然うつ病じゃないですけど、うつ病を装って診断書をもらいました。1か月くらい会社を休みたかったので、うつ病のフリして心療内科に行って診断書もらったわけです。マジメな人はできないでしょうけどね。どうか一生社畜でマジメに働いてください。

1回目に診断書をもらった時の経験があったので、うつ病の症状を伝えてもう死ぬかもしれないくらいの感じでやったら、普通に診断書をもらえました。

そう、心療内科の医師って別に、その患者が「本当にうつ病か仮病かなんて判断できない」わけです。

そりゃそうですよね。普通に症状を聞いて、抗うつ剤出すだけなんですからね心療内科の医師なんてね。だから、ぶっちゃけて言うと

「うつ病のフリをして診断書もらってる人」

ていうのも、すごく多いと思いますよ。だって診断書もらえば会社を休職できますからね。パワハラ上司とにイジメられたりしたらすぐに診断書もらって

休職したほうがいいです。それでもってパワハラ上司とか潰したほうが早いですからね。

関連記事;パラパラ上司を潰す方法

クズでむかつく嫌いな上司を潰すには社内で相談しても無駄です。労働基準監督署に訴えるか弁護士に相談して上司を訴えましょう。懲らしめて精神的に追い詰めて潰すにはそうしたほうがイイです。そこまでするくらいの価値がある行動ならですけどね。そんな会社さっさと見切りをつけて辞めてしまうも効率的な人生を渡ってい行くための方法でもあります。

とにかく私の経験上、心療内科医でうつ病で診断書をもらうのは楽勝です。本当にうつ病でもそうですし、うつ病でなくても診断書もらうのは誰にでもできます。

うつ病での診断書をもらうにはまず、症状を伝えるときにベタなうつ病の症状を伝える

心療内科でうつ病の診断書をもらうには、ベタなうつ病の症状を言うのが一番効果的です。具体的には、

「夜眠れない。疲れているんだけど全然眠れない」

「朝起きると、体が鉛のようで起きられないことがある」

「会社に行くと吐き気がする」

「会社に行くと頭痛や腹痛もある」

「パワハラを受けている。もう限界だ」

「死にたいと思うときが多い」

「高いところに行くと飛び降りたくなる」

こういったことを問診の時に言っておけば、100%うつ病認定されます。心療内科の医師がうつ病かどうかを判断するのは、こういった問診での聞き取りとか、患者の表情とか、しゃべり方ですからね。

実際うつ病がひどいと、表情はもう本当に悲壮感でいっぱいですし、しゃべり方ももう挙動不審な感で自信が全くないようなしゃべり方をします。

うつ病じゃなくても、本当に悲壮感があるようにしゃべればかってにうつ病認定されます。

ちょっと余談ですけど、医大生の知り合いがいたんですけど、心療内科の医師になりたいという男がいました。理由は「楽だから」ということです。

心療内科の意志は、開業するのに医療機器との設備投資もいらないですし机だけあればできる仕事です。それで薬出すだけですから、そりゃ楽ですよね。

今、心療内科ってものすごくたくさんあるでしょ?田舎でもいくらでもメンタルヘルス系の病院てあります。

だから、そういう医者から診断書を出してもらえばいいんですよ。上述の症状を問診で言えばほぼ初診でも診断書を出してくれます。

診断書を出してくれない空気だったら、

「もう会社に行くのが限界なので休職する診断書を書いてほしい」

とストレートに言えば普通に診断書書いてくれますよ。診断書なんて1枚30秒で書けるので、医師の負担にはならないです。

会社に無理にいって自殺とかされたら、医師も困るので診断書をくれと言って診断書を出さない意志って今時ほとんどいませんからね。

まあ、仮病でもうつ病のフリして楽勝で診断書もらえるので、あんまり悪用しないでくださいね(^O^)/

関連記事:診断書をもらって会社を休職する方法(具体案)

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

もらえなければ別の病院でもらえばいいです 医師によってすぐ診断書を出す人と診断書を出すのを渋る人っていますからね

万が一的な感じですけど、上述のように、うつ病の症状を問診でしっかりと言って、しかも診断書が欲しいと言っても初診では診断書を出してくれない心療内科の医師もいます。めったにいないですけどね。

こういう時は、可決策は簡単で「別の病院(心療内科)で診断書をもらえばいい」というだけです。

別に診断書を出してくれない医者と付き合う必要はないので、さっさと別の心療内科に行って新産所をもらったほうが効率がイイです。

医者って、変なこだわりがあったり、自分の診療の方法に変なプライドもった輩がいるので、そういう医者は無視してさっさと別の医者からサクッと診断書をもらいましょう。

結局、診断書なんて会社を休みたい人が要求するものですから、出したほうがイイと思うんですけどね。

本当にうつ病で診断書出してもらえなくて、会社を休めなくて絶望して自殺しちゃう人だっているかもしれません。だったら診断書出して会社休ませたほうがイイと思いますけどね。そんなに仕事なんて、体をお壊すほどやるもんじゃないですからね。

診断書はサクッともらってさっさと休職しましょう

診断書はさっさと出してもらって、うつ病にまで追い詰めるような会社はさっさと休職しましょう。

そしてその会社に復帰してもイイですけど、私だったら、うつ病になるまで追い詰められような膾炙には戻りたくありませんね。

休職してる間から、療養をしつつ転職活動をすればいいわけです。今務めてる会社よりもいい会社なんていくらでもありますからね。

ただ、ハローワークとかちまたにある求人誌とかだとブラック企業がいっぱいです。これは、ハロワとかが掲載企業を審査していないからですね。

ブラック企業の奴隷の釣り堀になっています( ;´Д`)

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的を得たアドバイスをしてくれます。

転職って難しいイメージがありますし、初めてだったりすると無いからやっていいかもわかりにくいですしね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。

準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですよ。

優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがおススメですよ。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認ができますし、自分がやってみたい仕事を選ぶ判断材料にもなりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.ワークポート

 

DODAは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアワークポートを選択しましょう。

パソナキャリアもワークポートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア 公式

 

ワークポート 公式

 

余談になりますけど、うつ病で診断書もらって休職すると、その会社に復帰しても「うつ病の人」みたいな目で見られて、その時点からその会社での出世の可能性とかもほぼなくなります。

そりゃそうですよね。うつ病やった人間をわざわざ責任のある仕事をやらせようとは思いません。うつ病経験のある私だってそう思いますしね。

その会社にもどっても、居場所も無くなってる可能性もありますし、そもそも、その会社で同じように仕事をすれば、高確率でまたうつ病が再発することになります。

うつ病になるまで、追い詰めるほど仕事させるとか、パワハラする上司とかってなんなんでしょうね。こんなことだから、ほんと日本の会社って駄目になっていくんですよね・・・・

でもその中でもまともな会社は探せばたくさんあります。無理にそういうった、うつ病になるような会社で働く必要って全然ないですよよ。

たかだか手取り20万円前後の金でそこまで、追い詰めらてもしょうがないですしね。もっと気楽に転職活動をしていきましょうよ。

追記です

個人的には会社ってサービス残業とかやらせるじゃないですか、これって違法行為ですからね。それを平気でやらせていたりしている会社に対して、診断書取って休職するっていう鼓動は、それがほんとにうつ病なら当然ですし、

仮にうつ病じゃなくて、仮面うつみたいな「仮病」っぽい感じでも全然アリだと思いますよ。

特にそういったブラック的な会社にそういうことをやっても全く良心の呵責とかないです。

そういう会社っていざあなたが、過労で倒れたり、うつ病でほんとに社会復帰ができなくなっても「何もしてくれない」ですからね。そう、会社にとってあなたは使い捨てです。というか社員は使い捨てなんですよね。

資本主義なんでこれが悪いことじゃあないですけど、ちょっと現実と考えると悲しいものがあります。

そう、意外と世の中って自分の身は時分で守っていかなければ生きていきえないので、こういった行動の知恵は盛っていたほうがイイですよ。特に「会社」の中では誰も助けてくれません。これは私ん経験ですけど間違いないです。

なぜなら、会社の中は普段仲間と思っている人でも利害関係が働くのでそれはしょうがないことなんですね。これも悲しい現実ですけど、会社はそんなもんだと割り切って勤めるのがベターってことが言いたいだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!