ブラック企業で体調不良の時そのまま退職する方法と行動と考え方

ブラック企業で体調不良の時そのまま退職する方法と行動と考え方

ブラック企業の仕事がきつすぎて体調不良になった

もう退職したいけど、このままやめれないかな・・・・

カンタンに退職する方法はないのかな・・・・

こういった疑問にお答えしています。

本記事の内容

ブラック企業で体調不良の時そのまま退職する方法

ブラック企業で体調不良の時そのまま退職する方法

ブラック企業で体調不良の時そのまま退職する方法は以下の通りです。

・心療内科を受診して診断書をもらって休職→そのまま退職する
・退職代行サービスを使う

心療内科を受診して診断書をもらって休職→そのまま退職する

ブラック企業の仕事がきつくて体調不良になったらすぐに心療内科を受診しましょう。

心療内科を受診→うつ病・適応障害などと診断される→休職が必要といった診断書をもらえる
→会社を求職する→そのまま退職

こういった流れで退職しましょう。

ブラック企業の仕事がきつくて体調不良になっていたら・・・・

そのまま仕事をムリをして続けていても、どのみち、さらに体が悪くなって、退職になります。

手遅れにならないうちに、すぐに診断書をもらって休職→退職しましょう。

退職代行サービスを使う

ブラック企業で上司がパワハラ上司で、言い出せない・・・

ブラック企業のお約束の「退職の引き止め」に合うのがわかっている・・・・

という場合は退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスは、あなたが会社に行かなくても、「会社を辞める手続き」」をあなたの代わりに全部やってくれるサービスです。

退職代行については退職代行サービスの選び方とおすすめ【弁護士アリナシ・費用など】の記事にくわしく説明してるのでどうぞ。

ブラック企業で体調不良になったときの行動・考え方

ブラック企業で体調不良になったときの行動・考え方

仕事で体調がわるくなることってほんとよくあります。

それが、ちょっとした過労とか一時的なものな場合はイイんですけど、このページを見ている人は「退職したい」と自分から思っているんですよね。

それって、もしかして会社がブラック企業じゃないですか?あまりの激務とかパラハラ上司の圧力でもう体力的とか精神的に限界がきてるんじゃないですか?

というのは自分ならすぐにわかりますよね。会社に原因があるのか、それとも自分の身体が弱いからだ・・・・という判断はすぐにつくと思います。

結論から言うと、体調不良になるまで働かされたって場合には退職するしかないです。

当たり前ですけど、歯を食いしばってその仕事を続けてもどのみち更に体調が悪くなって、下手すると過労死とかしますからね。だから体調不良で辞めたいと思ったら辞めるしかありません。

そもそも、そんなあなたが体調不良になってしまうほどきつい仕事やらせる会社なんて、退職したほうがイイです。

もちろん転職活動してちゃんとした会社につとめるっていうのが前提ですけど、できれば体調を治してから転職活動したほうがいいです。そのほうが効率がイイです。

長い人生で半年とか1年くらいは休んでも問題ないです。そのくらいの空白期間なら理由付けができるのでそれほど転職活動にも不利にはなりません。

体調不良なのは、身体的な病気があるか「うつ病」なので、内科もしくは心療内科に行って診断書をもらって休職しましょう

あなたが継続的に体調不良なのは、なにか体に病気があるか、精神的に追い詰められて「うつ病」になっている可能性が高いです。とにかく、内科と心療内科には行ってみましょう。

体調不良の原因が「身体的な病気」だったら治療することができます。体調不良って大きな病気とかの前兆かもしれないので、早めに病院に行って医師の判断を受けましょう。

大きな病気だったとしても早期発見はら治療できる可能性は高いですからね。

そして、もうひとつやっかいなのは、体調不良の原因が「うつ病」だったりすると、内科とかに行って検査しても異常がないのにうつ病の場合は身体に様々な不調が起きてきます。

「夜眠れない」

「体がとにかく重い、まるで鉛を背負ってるような感じ」

「とにかく人と会うのがめんどくさい、もしくは怖い」

「たえず胃腸の調子が悪い」

「膀胱が痛くてたえず尿意がある」

「頭痛がする」

「死にたいといつも思っている」

これは実際に私が感じたうつ病の症状ですけど、この時、総合病院で血液検査やCTなどの検査をしても特に異常はありませんでした。

そう、精神的にうつ病になるだけで相当に体調不良になります。それが原因で会社を休職してそのあと退職したんですけどね。

とにかく、体調不良の場合は内科か心療内科に行って早めに診断書をもらって休職してしまいましょう。そしてとりあえずなるべく早めに会社を休んだほうがイイです。

うつ病の場合はその時自分に正確な判断力が無いので、とにかく会社を休んで体調不良を回復させることが最優先事項です。

会社って医師からの診断書があれば簡単に休職することができます。なぜなら、会社って公的な「書類」にめっぽう弱いからです。体調不良ならとにかく医師の診断書をもらうのがベターですよ。

休職して退職したいという意思が変わらなければそのまま退職する旨を上司に伝えればそれでOKです

診断書をもらって会社を休職して休んでいる間に退職したいという意思が変わらなければそのまま上司に退職することを伝えれがOKです。

休職していなくても体調不良がひどければ退職するしかないんですけどね。体調不良ってあなたが思っているよりも危険です。

結局、たいていブラックな会社とかだと引き留めがあります。その場合は「○○日までに辞めます」みたいな、退職願を出すのがベターです。

その際、会社に規定があると思うので、退職規定などには「退職の〇か月前までにはその意思を表示する」みたいな規定があるはずです。

そういった規定もないような小さな規模の会社でも通常1~2か月くらい先の日にちに退職日を設定すれば問題ありません。

そもそも民法では2週間、労働基準法では1ヶ月あれば退職していいと決まっていますからね。そのあたりは強硬にやっていったほうがイイです。

あんまり厳しければ、退職願をメールなどで送って、そのまま会社んい行かなければいいだけでです。

これは最終手段ですけど、どのみち離職票なんかをもらわないといけないので、会社の規定に沿って退職願を書いてしまいましょう。

といっても、普通に会社なら上司に言えばそこまで引き止められることも無く、退職できますけどね。

退職してとにかく体調を回復るすることだけに集中するのが大事です。体調が悪い状態で何か物事をやろうと思ってもあまりいい結果って出ないですからね。

結局、体調がいいからポジティブな考え加奈になりますし、それにともなって行動力もついてきます。

体調不良になるほどの仕事をやっているのがまちがい

体調不良になるくらいあなたは仕事したってことですよね。そこまでして、仕事するってこき使われてる証拠ですよ?

そもそも、仕事で体調不良になるって全く持ってナンセンスです。仕事って

「お金もらって生活を豊かに留守ための手段」

ですからね。豊かな生活っていうのは、「健康な体」の上に成り立っています。

そりゃ、自分で肥満になったり酒やたばこのやりすぎで体調不良になったら自己責任ですけど、あきらかに会社の仕事が原因で体調不良になるっていうのは全く持ってナンセンスですからね。

そんな仕事は退職したいと思うのの当然ですし、退職したほうがイイです。人生長い目で見るとそういった選択が正しいと思うときがきます。

新しい仕事を探す場合はブラック企業に絶対捕まらないようにするのが大前提です

仕事やってると

「仕事で風邪をひいても会社に来る」

「体調が悪くても会社に来る」

とかまあ、もう完全に頭がイカれてるって行動が、今・・・というか昔から「普通」なんです。

体調不良を我慢して仕事を頑張ってる人がなんか「かっこいい」みたいに言われることが多いですし、実際そういう風に思ってる人がいるでしょう。

いや・・・・風邪ひてるのに会社来られてもうつされたら最悪ですし、体調が悪い時なんてしごとの能率なんて半分以下なんですから、そんなのこないほうが言いに決まってます。

仕事>自分の健康

って価値観はもう辞めましょうよ。どう考えても

自分の健康>仕事

ってのがいたって普通だと思うんですけどね・・・・これ、仕事とかを自分の身体を犠牲にしてやってると、本当にあとで後悔しますよ。

仕事のストレスで酒タバコで、体を病んで40代50代くらいで心筋梗塞、脳梗塞とかで倒れてる人何人も見てます。

そのまま無くなってる人もいますし、後遺症が残ってる人とかいますからね。そうなってしまうとそのあとの人生が、かなり苦しいものになりますからね。

体が動くから仕事ができる・・・ってことです。

人間の幸福度って、ある程度の「お金」と「健康」だけで充分らしいです。

これがあると、たいていに人は幸福を地味に感じるみたいなんですね。いくらお金があっても持病とかがあったら人生がかなりきついです。

そりゃどんなに気を付けていても病気は避けられないってのもありますけど、明らかに仕事がきつくて大著崩したり、ストレスで酒タバコ、暴飲暴食をしたりして自分で健康を壊してるのってかなりナンセンスなような気がしますけどね。

そういった、きつい労働環境を避けるために行動するってのは、人生でも最優先にすべきことだと思うんです。