定時で帰ったら上司に怒られた その時の行動方法と転職したほうがイイ理由 

定時退社

いやあ、ヤフー知恵袋を見たりすると、いくらでも出てきますね。いわゆる

「定時で帰ろうと思ってら、なんか上司に怒られた」

っていう相談とかがいっぱいざっくざっくと出てきます。

っていうか、これって私も普通に経験してますしね。定時で帰ると嫌味言われます。上司だけじゃなくて同僚とかににも「あいついつも定時で帰るんだ」みたいに言われるもんなんですよ。

えっと、まず結論を言うと、そういう「雰囲気」の会社では定時で帰ると上司に怒られ続けます。そしてそれが改善することはありません。

「ええ??そうなの?俺が間違ってるの?」

いえいえ、定時で仕事をきっちり終えて帰るあなたが正しいです。そこで起こる上司とかが頭がおかしいだけです。

しかし、そういうのって会社の方針とか、雰囲気でそうなってるんですよね。だから、会社を転職するかしないとそれは永遠に定時で帰ると怒られ続けます。

そして、相手が上司である以上あなたが正しいことを言っても、言い合いになれば負けるからです。上司にたてついても勝てませんからね、それが会社ってところです。

よく正論で「上司に対して定時で帰ると怒る理由を聞いてみよう」とかいうのダメですからね 会社なんて理不尽なところなんで正論振りかざしても無駄ですから

定時で帰ってら怒られた・・・・今時、これだけ仕事の効率が求められてていて、残業をダラダラやっている人間のほうが無能な人が多いっていう情報がネットとかでいくらでも見られる時代にこれですからね。

だって、上司っていってもパソコンの使えない人とかいるんですよね。普通にパソコンでブラインドタッチとかもできないんで、社内メールを送った居留守のも普通の人なら1分で書けるような文章を30分とかかけて作っている上司・・・・こういう人に限って定時で帰ろうとすると怒ったりします。

えっとですね、この手の人種に何を言っても無駄です。言い争いになってもあなたが部下である以上負けます。あなたがどんなに正しくても負けます。

一度試してみるとわかりますよ。上司に正論をぶつけて、理詰めで説得してもさらに状況は悪くなるだけです。

ヘタするとそっから上司のいじめが始まりますよ。なぜなら、会社組織は「上司の方が上」ですから。正しいことでも上司がダメと言ったらダメ。それが会社組織ですからね。

あなたのやっている行動は本来は仕事をきっちりと終えて効率よく行動しているわけなので、褒められる行動なんですよね。私もそう思いますし、今の若い世代はほぼ全員そう思っています。

ただ、社畜精神に洗脳されて年齢を重ねた人は、「ただ仕事と弔辞かにゃっていひとがとにかく偉いしかっこいい」という洗脳に犯されています。

その洗脳には「仕事の効率・仕事の内容」とかは全く加味されてないです。ただ長時間仕事をやっている人が有能だという空気があります。

個人的に思うんですけど、これってこれからの日本でも変わらないと思いまいますよ。それだけ、仕事をするのが大好きなんですよ。こういった長時間働けばそれでいいっていう空気を利用して、仕事なんかないのに残業代を稼いでる人とか何人も実際見てきましたからね。しかもそういって、タダ残業代を稼いでる人のほうが出世しやすいというのも現実です。

意味が解らん・・・・そりゃ、日本の企業は衰退しいますよね。欧米から中国企業に追い抜かれるのも無理はありません。なんか悲しくなってきます。

その会社で出世したいなら、定時で帰らず仕事やってるフリをする 出世とかどうでもいいなら何言われても定時で買える この二択です それだけです

さて、こういった「定時で帰ろうとしたら怒られる」ような会社での行動方法です。あくまでも定時で帰るのは正しいことですし、仕事ができる人だからこそできることというのが前提で話をします。

①その会社で出世したいなら、定時で帰りたいのを我慢してテキトーに時間をつぶしてから帰る 上司の帰る時間に合わせたり、会社の空気に合わせる

②その会社での出世とかどうでもいいなら、上司が怒るのなんか無視して帰る

行動はこの二択です。

私としたら、そういった定時で帰るのを怒られるような会社ってホント社畜丸出しで嫌ですけど、その会社で出世したいなら、上司に正論を言ってたてつけば当然ですけど評価は下がって出世はできません。

仕事はできても上司にたてつくタイプの人で、出世している人を見たことがありません。怖いですね会社って。仕事なんかできなくても、上司に媚び売ってゴルフ言ってればいいんですよ。会社なんてそれで出世します。ヘタすると役員クラスでも媚びだけでも出世できちゃう会社が多いですからね。

まあ、そういった媚びだけで出世できる会社も多い反面、そういった会社は長期的にみると高確率で経営が傾いてきます。大企業なんかに多いですけどね。

そりゃそうですよ。仕事できない人が出世してくんですから、管理職の管理能力なんてあるわけないですし、人望も集められないから部下が仕事なんてヤル気が出ないですからね。

そうしてじわじわと会社の業績が下がっていっていずれは経営がかたむいてきます。今の日本の会社ってそういうのおおいですよね。とう〇ばとか・・・・

あとはその会社で出世とかどうでもよければ、上司に何言われても定時で帰ればいいわけです。それでクビになることはありません。ただ、出世とかはできませんよ。下手するとずっと平社員です。

どっちを取るかはあなた次第ですけど、私だったら転職が可能だったらそんな会社転職しますけどね。長期的に見てその会社には未来はありませんからね。

定時で帰ることができて仕事の効率がイイ人間が優秀だとみられている会社 ベンチャー企業などはそういう傾向がありすからね そういった若い体質の会社のほうがイイですよ

こういった定時で帰るのを怒るような上司がいる会社って、そりゃ会社の体質は古いです。それに何度も言いますけどそんな体質の会社ってこれから業績が伸びていくともいます?

素人目見見ても無理ですよね。私の以前いた某会社もそういった「艇にに帰ろうとすると怒られたよー」的な会社ですが、いまでは吸収合併されて悲惨なことになっています。

そりゃ、そんなことやってたらダメだわな・・・・部下も仕事のやる気がなくなるし、だいたい会社としたら残業代払わなくていいんだから人件費削減になるはず・・・・

ああ、そうか当然サービス残業で仕事ないのに定時で帰るんじゃなくて無給で残業白ってことですよね・・・・

いや、そりゃ無理だよ。でもまあ、それに逆らって上司にたてついたら出世できないでしね。島耕作とか正論でよくやってますけど、あれ実際の会社でやったら悲惨なことになりますからね。またたくまに上司にイビられて終わりになります。

そういった会社は転職出来たらしたほうがイイにきまってますからね。ただ、転職すると言ってもハローワークとかちまたの求人誌とかってブラック企業が多く掲載されてます。

これってハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。悲しいですけどブラック企業の奴隷の狩り場になっているわけです。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職ってやる前は不安ですし、やったことがないと実際どうやっていいかわららないってものありますからね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいながら、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

優良な求人を紹介してもらって一度自分の目で見てみると、実際に自分がやってみた仕事を判断するうえでの材料になりますし、ブラック企業じゃない求人が実際にあるという確認にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス (→公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!