30代が年収アップする方法 出世か転職のどちらで収入を上げるか判断しよう

綱渡りするスーツの男

30代で収入アップというキーワードで死ぬほど記事がありますよね。まあなんというか収入アップするなら

「今の会社で出世する」

「転職して今より給料のいい会社に入る」

これ二択ですよね。もちろん宝くじ当てるとか、定期昇給だけの分でいいとか、個人事業主になるというのはのぞいてます。サラリーマンのままでという意味合いです。

そうなってくると、「出世」か「転職」ですよね。いろいろ書いてありますがシンプルに考えましょうよ。

もしあなたが今の会社である程度出世コースにいるならそのままいたほうがイイですよね。そのまま行けば給料はアップしていきます。

でも仮に出世コースにいても、もしそこがブラック企業だったら逆にかわいそうですよね。だって出世すればそれだけブラック企業の「レベルの高い奴隷」になっていくわけですからね。

ここでも、会社がつぶれたらどうする?とかのツッコミは無しですよ。出世して給料が下がるってことはないでしょう。でもブラック企業はつぶれる可能性も普通の会社より高いんですよね。これはしょうがないですよ実際にね。事実ですからね。

ただ、あなたの今いる会社なので、出世してもどれくらいの給料が上がるかはわかってしまいますから、人生での給料の伸びはその会社の規模とかもとからの給料で決まってきますよね。

より30代でより給料を伸ばそうと思うなら「転職」です。転職すれば給料が上がるというのは鉄板です。

もしあなたの会社がブラック企業だったら転職したほうがいいですよ。ずっと奴隷のままで生きていくんですか?私だったらほんのちょっぴりの給料アップするだけなのに、一生奴隷っていうのは耐えられませんね。

なのであなたがどうしても30代で給料を上げたいと思っているなら、行動パターンはシンプルですよね。

そのためには出世するようにひたすら社内政治をがんばる、転職するために早い段階から行動していくといった必要があります。

関連記事:30代女性が今の給料で満足してしまうと危険な理由

30代の女性が今の自分の給料で満足していると、待遇のいい会社に移る機会を逃してしまいます。転職で自由が効くのは30代前半くらいまでで40代が見えてくるとやはり年齢の壁もアリむつかしくなってきます。転職できる時期を逃して泣行けない理由をご紹介しています。

社内で出世するための現実はガチで苦行ですよね 生涯ずっと上司に媚び続けないといけないわけですからね

スマホを見るおっさん

日本の会社で出世するには「媚びを売る」「上司に気に入られる」とこれだけです。

「スキルとか仕事ができるってのも必要じゃないの?」

と思われるかもしれませんが、仕事ができるっていうのはほどほどでいいです。逆に仕事が出来過ぎても日本の会社では上司に嫌われたりします。

これ悲しいですけど、出世するためには上司の査定が良くないといけないので、上司に嫌われたら終わりなんでしょね。

だからイヤな上司でも媚びて好かれてください。特に会社内で力を持った上司なら、その人がゴミ野郎でも媚びて気に入られてください。

現実私の会社でも人間的にはゴミでも力を持った役員がいて、その人に気に入られた順番で出世していきました。

ハイこれが現実の会社です。かえって仕事ができて上司に歯向かったりすると出世しません。自分より仕事ができる部下とかは逆に出世させないですからね。

なんか書いてて悲しい現実ですけど、こうですよすよね?あなたの会社は違いますか?上司に嫌われて出世できた人いますか?

だから、「我慢」して「上司にきにいられて」ください。そうすれば出世します。そのあと人生のむなしさが来るかもしれないですし、何か大切なものを失うかもしれませんが出世して給料は上がっていくでしょう。頑張ってみてください(^O^)/

正直、きれいごとを言っているとイライラしますよね。もし実力主義で出世をしたいなら外資系企業に転職しましょう。外資系企業なら上司に気に入られなくても完全に実力で出世できます。そこが日本の企業と全く違う部分ですね。

出世するのに20年以上かけて、しかも出世でききなかったら最悪ですからね。というかそういう選択は仕事ができないというか、仕事がやる気のない人がする選択肢です。上司に媚び売るだけで「ある程度」は出世できます。私もサラリーマンを20年近くやっているので、このあたりは間違いない現実です。

しかし、それって耐えられないですよマジで。ずっと20年と媚びるわけですよ。絶対に自分の意見とか、会社を良くするためでも上司と違う意見とか言ったら出世はアウトです。

ごめんなさい、私はそういうの無理です。だったら外資系企業に転職したりする選択肢を取りますね。外資系企業でなくても、もうすこし風通しのイイまと裳な会社に転職したいです。dって永遠にゴミ上司に媚びるのは無理なんですもん( ;´Д`)

関連記事:出世するには媚びるのも必要なんですよ 悲しいですけどね

仕事で出世するためには上司に媚びるのも必要です。露骨に媚びるのもなんですけど、適度に上司を立てることができる人は、仕事ができなくても出世しますよね。現実的にそういう人を何人も見ているので間違いないです。このまま会社で出世しいくつもりなら媚びる技術を習得しておきましょう。

転職して収入ををアップするほうが現実的というか 私ならそうしたいです 媚びるの無理ですもん


30代では転職するには職歴を見られますね。30代で給料アップを狙ってるくらいのあなたならたぶん職歴は申し分ないでしょう。

といっても職歴とかがあまり良くなくても、転職する会社によっては給料は確実にアップします。

ちょっと現実的な話で悲しいですけど、転職で給料をアップするには「儲かっている業界」に転職するのがガチで大事な部分です。

当たり前ですけど、儲かってい業界、金回りのイイ業界は給料がイイです。同じくらいの仕事のレベルでの年収が100~200万円違ったりします。

IT業界やスマホゲームやSNS、飲食業界でも鳥貴族など、ヒット商品が出ている製造業、成長期にある中小企業やベンチャー企業。

こういったところを狙って行くことになります。間違っても「大企業だから給料がイイだろう」とか思うとアウトです。

「成長してく過程にある会社」を選ぶのがキモです。

会社って

会社誕生→成長期→成熟期→衰退期→倒産

こういったサイクルをたどります。残念ながら永遠に存続する会社はありません。平均で会社の寿命は30年くらいその過程で「成長期」にある会社が一番金回りがイイです。そしてその待遇は「成熟期」まで続きます。

成長曲線

画像出典元 プラスワーク 成長曲線・ライフサイクルとはなんでしょうか?

ホント間違っも大企業だからといって「衰退期」にある会社とか選ぶとシャープとか東芝みたいになります。こうなると悲惨ですよね。取り返しがつかなくなります。

そう、たいてい大企業に目が行きがちですけど、小さな会社でも「成長期」にあって元気な会社はたくさんあります。

ただ、そういう会社って普通の求人誌やハローワークなんかには求人はほとんどないんですよね。

じゃあどこににあるの?というと転職エージェントにあります。

転職エージェントは成長期にある会社の非公開求人を多く扱っています。こういう会社はネームバリューが無いので、普通に求人を売っても人がなかなか集まりません。そのため転職エージェントに依頼してよい人材を集めてもらうように依頼してるんですね。

そして非公開求人なので、転職エージェントに登録した人しか目にすることが無い求人です。そのため競争率も低く内定も取りやすい、しかも成長期にあり給料もイイという好条件の求人です。

ついつい大きな会社に目が行ってしまうのが人間というもの。でもあなたの周りには成長過程にある伸びていく求人が意外とたくさんあるのです。

それお主に扱っているのが転職エージェントです。年収アップを狙う30代のあなたにとっては必須の転職ツールになってきます。

転職するなら転職エージェントで成長過程な企業の求人を狙おう

じっと見つめる猫

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

このサイトで何度も書いていますけど、私はいわゆる「成長中の製造業メーカー」に転職することができました。

そもそも地方銀行からの転職で全くの異業種で経験もなかったわけですけど、経理系の人材が欲しいということで採用してもらったわけです。

ホント製造メーカといっても規模的には小さく数百人の規模の会社だったわけです。ただ、最初から給料は地銀と大して変わらなかったですし、独自のある部品でシェアを独占していた会社だったので、会社の利益は上がっていきました。

それにともなって給料も上がっていきましたしね。会社が成長していくと当然ですけどそれに比例して給料が上がっていきます。

これって会社の規模ごか大企業だからとかって全く関係ないんですうよね。そもそも最初から大企業だった会社なんてありませんからね。どんな会社でも最初はありますし、そもそも現時点で大企業ってことは、これから上述のグラフで「衰退期」に入っていくというのは、素人でも解ることです。

会社って永遠には続かないですからね。長くて30~50年くらいが一般的な寿命です。その寿命の中でいかに「成長期」の会社を見つけることができるかっていうのが、給料が上げていくことができるかという大きなポイントになります。

会社が成長していけば、転職した時点で給料が転職前のチョンチョンか少し低いくらいでも、それからの給料の「伸び」のほうが大事な要素なんですね。

もちろん、転職先の会社で出世できるかどうかというのも大事な要素です。

このあたりも、今時点で成長している会社ってけっこう実力主義の会社が多いんですよね。むかしてきな上司に媚びている人が出世するといった会社ってあんまりありません。

そもそも媚びる事しかできない人が出世していたら、会社なんて長期的には絶対に傾いていきます。もうそんな時代じゃないですし、それほど日本も経済的な余裕なんてないじだいです。経済的いいい時代じゃいと、そんな媚びる人間が出世できる組織って成り立たないんですよね。

今いる、会社が給料が悪くて、しかも媚びる人が出世できるような体質の会社だったら全くその会社に未来はありませんよ。

関連記事:会社選びは会社の「成長性」を見ようね

大企業に入社したけど後悔している。仕事が激すぎる、組織が大きすぎて報告書を出すのが仕事になっている、媚びる人しか出世できないだから辞めたい・・・みたいな大企業って「規模」が大きいだけで、そこまで安定性は無いものなんでよ。会社を選ぶときに「仕事内容」「成長性」を見てないと本当に悲惨なことになります。大企業に入って後悔してるなら転職したほうが無難ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!