いちいち細かい上司がいる職場の人間関係は最悪です 細かい上司への対処法

派遣女性

「細かい上司」っていますよね。ここでの細かい上司はちょっと細かいっていう人じゃなくて「病的に細かい」とい人です。

「ここのラインからものがはみ出ちゃダメだろ」
「この経費予想のこの100円のこれと10円のこれをけずってないぞ」
「この部品を100パターンの組み合わせが無いとダメだよ」
「トイレットペーパーは30センチしか使っちゃだめだよ。」
「トイレの便座のふたがおろしてなかったぞ」

「書類の出し方が悪い」

「コピーの取り方が悪い」

「お前の声が悪い」

「お前の顔が悪い」

 

 

とキリがないのでこのくらいにしますが、「この人病気なんじゃねえのか?」というくらい、いちいち細かい上司がいます。いいですね。こういった上司がいると冗談みたいで悲惨ですよね。

こういう上司がいる時点である意味「ブラック職場」決定です。ブラック企業ってのは死後gと内容だけじゃなく、自分の体験する人間関係がブラックな場合でもブラック企業になりえます。

こういう、他人に極端に細かい割には、たとえば自分の体は太っていてみっともない体型をしている人が多いんですよね。ブヨブヨで気持ち悪いっすよねー。

だけど、自分の体型も管理できないのに、人に対してものすごく細かいイチャモンつけてきますよね(^O^)/あなたの上司はそんな感じじゃないですか?

特徴は「他人に対して病的に細かい」くせに「自分の体形などを管理できない、つまり食事制限はできない。」というタイプの人間です。平たく言うと「他人に厳しく自分に甘い」典型的なタイプです。

こういうタイプの上司にあたると、だんだんと精神的に疲弊していきます。かるくノイローゼやうつ病になる人も少なくないです。

どんなに仕事をキチンとこなしても、必ずアラを細かく探して指摘してくるので、仕事は回らなくなるし、残業になって効率も悪くなります。

そしてやっかいなのは、モーレツなパワハラとは違うタイプで、ただ細かいだけなんですよね。そのため、会社側としても「細かい上司」が周りにどれだけストレスを与えてるのかわかりにくいです。

 

いやもうガチで死んでほしいんですけどね。たかが仕事でこんなカスと付き合うとは・・・

「あの上司が細かすぎます。」と訴えても正直ピンとこないケースが多いのです。

かなりやっかいな人種なんですよね「いちいち細かい上司」というものは。いっぱいいます悲惨な上司っていうのが。

 

関連記事:クソ上司の対応方法

嫌いな上司を潰す方法 ゴミなパワハラ上司復讐するには社外に訴えたほうがイイ理由
クズでむかつく嫌いな上司を潰すには社内で相談しても無駄です。労働基準監督署に訴えるか弁護士に相談して上司を訴えましょう。懲らしめて精神的に追い詰めて潰すにはそうしたほうがイイです。そこまでするくらいの価値がある行動ならですけどね。そんな会社さっさと見切りをつけて辞めてしまうも効率的な人生を渡ってい行くための方法でもあります。
上司のパワハラでうつ病になったらすぐ休職して転職活動をしよう ついでに社外に訴えれば一石二鳥な理由
上司にパワハラを受けてうつ病になったらさっさと休職してその間に転職活動をしましょう。ついでにボイスレコーダーで証拠をとっておいて労働基準監督署か弁護士に相談してその上司を再起不能にしましょう。会社内の人に相談してもまったく無駄なのでクールに行動していってくださいね(^O^)/
上司がうざい会社がイヤで辞めたいから転職は正解 パワハラ・モラハラは我慢すべきではない
人間関係の悪い職場ではほぼ「クソうざい」上司がいます。パラハラ、モラハラ、異常に細かかったりイジメたりネチネチ言ってきたりととにかくウザいです。こういった上司がいることで会社自体の運営もうまくいかなくなってきます。そういう上司が幅を利かせてる時点で会社の未来もそんなに長くないことが分かります。そのために転職などの身の振り方を早めに考えておいた方がイイですよ本当に。
無能な働き者の上司がいる職場は危険 アスペルガーな相手に疲れたときの対応方法
無能な働き者の上司がいると、仕事が全く回りません。そんなときは異動願いを出す、上司が異動するまで待つ、転職して労働環境を変えていくという順番で行動してくべきです。我慢して行動をやめているといずれ、うつ病などになって取り返しのつかないことになってしまいますよ。

なんで上司が細かいのか?完璧主義な承認欲求の塊だからです

 

うつ病イメージ

「いちいち細かい上司」の特徴は「完璧主義」で「承認欲求の塊」ということです。

完璧主義と聞くと一見仕事でいいように思えますが、仕事は完璧に行おうとしても対人間やお客様がからむことがほとんどで完璧にできることはマレです。

実際仕事は「7割くらいの完成度でどんどん回していく」ほうが効率がいいですし、顧客側の満足度も高いです。

完璧主義の特徴は

「人を信用していない」
「すべて自分の視野に入る位置に無いと気が済まない」
「人の意見を聞かない」
「人に相談したり調和を求めたりしない」

「自分以外の人間はすべて下僕」

「自分が一番なんでも知っている何でもできる」

というふうな点です。

特にきついのが「人を信用をしていない」という点で、部下がいくら仕事をキチンとしても細かいところをいちいちついてきます。

これをずっとやられると当然、仕事へのやる気はどんどん下降してきます。

とにかく「自分のやり方を押し付ける」わけです。そりゃあ人を信用してない寂しい人間ですから細かくなるんですよね。ああ死んでほしいゴミ上司です。

要するに、自分に自信が無い人の典型なんですね。完璧主義の人っていうのは。世の中完璧ということはありえないのにそれに固執するのはナンセンスです。

また、細かい上司は承認欲求が高くいつも「認められたい」という思考で行動をしています。

「これだけやってるんだから認められるだろう」という頑張りが細かい部分になって表れてしまうんですね。

ただその細かい行動をすればするほど、周りからは「なんだあの人?」という目で見られて距離を置かれていくわけです。

自分が承認されたいという欲求があるのに、細かい行動をすればするほど承認されないという負の無限ループに陥っています。

こういう人種は仕事で定年するまでこのループにハマっているので、満足することはありません。

ただ、この細かい上司の直接の部下になったりすると大迷惑です。

当然、異常な細かさにストレスはたまりますし、仕事は回らないので仕事はたまる一方、残業も増える一方で心身の状態がかなり悪くなっています。

こうなるとストレスでうつ病になったりして、退職なんてことも良くある出来事なんですね。

正直、いちいち細かい人間は嫌われのなので出会ったらあきらめるしかない

 

心臓が痛いサラリーマン

正直「いちいち細かい上司」と一緒に仕事をするようになったら、あきらめて仕事をするしかありません。

細かい上司には、「とにかく逐一報告する」というのが一番上司を満足させることができます。

自分の感覚で「こんな細かいことでも報告したほうが良いのか?」ということでも報告していけば相手は満足します。

それが、細かい上司とうまくやっていく唯一の方法です。これも最初はあまりの細かさにめんどくさくなりますが、だんだんと慣れてくるので、半年くらい経てば自然と報告ができるようになります。

 

ただ、これやってると精神的なストレスとかものすごいことになって、病みますよね。私がそうでしたから。そのおかげで異動させてくれと懇願しました。それが無理だったから転職しましたけどね(^O^)/

 

関連記事:ストレスがたまったらすぐに休職しよう

心療内科の診断書を利用して休職する方法 実際にうつ病で休職して傷病手当金をもらいつつ転職活動するのがベター
仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

ただ、性格的にどうしてもこういった細かい報告ができない人はいます。細かい報告もただの「上司に報告するための報告」なので、これで仕事の質が上がるわけではないからですね。そういった割り切りができない人は苦痛になってくるでしょう。

どっちかというと、自分のペースで仕事がしたい人はかなりのストレスになります。

そういう場合は、もう転職するしかありませせん。他に選択肢が無いってのも悲しいですけど、異動とかできれいばいいんですけどね。もし異動ができないなら、選択肢が転職オンリーになってしまうのは現実ですがしょうがないことです。

上司と言っても数年で異動するのでそれまで待つか耐えられなければ転職する

 

砂時計

「いちいち細かい上司」にかぎらず、会社には必ず異動というものがあります。

細かい上司にあたってしまったた冷静に「後どれくらいでいなくなるかな?」を予想してみましょう。

もしあなたとその上司が同時期にその部署に赴任してきたなら、3~5年くらい一緒にやる可能性があります

そうなると、異動を待って耐え続けるのは現実的ではなりません。たぶん1年くらい耐えることができてもそこからはもう精神的に限界が来るでしょう。

その上司の細かさに慣れることがでいればまだいいですが、生理的になれることができない場合は地獄です。まあ経験上そんなのに「慣れる」のは実質無理ですけどね。とっとと辞めたほうがイイです。そんな会社。

そうなる前に転職を検討するのが人生にとってプラスに働くでしょう。本当に移動ができないなら、あたなの精神的なストレスが崩壊して本当に体を壊してしまいます。それがゴミ上司の負のパワーなんですね。

そんな、ただ細かいだけの上司につきあう必要は全くありません。

一から活動して転職するなた「転職エージェント」がおすすめ

考える男性

「でも、転職するって何から始めればいいの?」というケースでは「転職エージェント」を使うのが必須です。ハロワは求人サイトなんてブラック企業の宝庫ですからね。

転職エージェントは転職のプロのエージェントがあなたと面談して、希望の求人を探してくれます。求人もエージェントが審査した企業なのでブラック企業はありません。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.CONNECT(コネクト)

3.パソナキャリア

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は「かんたんスピード無料登録」をクリックしてメールアドレス・名前・生年月日・電話番号と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (公式サイトに移動します)

 

 

パソナキャリアが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はCONNECT(コネクト)かパソナキャリアを選択しましょう。

CONNECTもパソナキャリアも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

CONNECTは企業のキーマンに直接会えるというシステムで転職活動を効率化できます。また多くパソナキャリアは幅広い求人が多くのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

CONNECT(コネクト)(公式)

 

【パソナキャリア】 (公式)

 

こういったいちいち細かい上司っていうのは、病気なんですよ。家庭とかプライベートで誰も相手にしてくれないから、こうやって職場の中で部下とかにめんどくさいことを言って、自分を価値を確認してるわけです。

と言ってもその行為自体が自分の価値を極限まで下げているということに全く気付いていないわですね。

そういった上司に出会ってしまったりする人間関係って完全に「運」なんですよ。悲しいことなんですけどね。

プライベートだったら嫌な奴なんでスルーして無視すればいいんですけど、仕事になって直属の上司とか無視できないでしょ?それもたまたま配属先にその上司がいたり、異動してきてその上司になったりしただけですから、会社の人間関係がイイか悪いかなんて100%運だけです。

関連記事:人間関係が悪い職場を辞める方法

人間関係が悪くて仕事を辞めたい時の行動方法 辛い最悪な職場環境を変えるには転職が最も効果がある理由
人間関係が悪い職場ってソッコーで辞めたほうがイイ理由です。私はそういう職場にダラダラいてメチャ後悔していますからね。キッツい人間関係の職場で仕事をいていてもあなたの人間性までダメになってきますし、そこまでして仕事ってするもんじゃななですしね。サクッと転職して環境を変えれば全く違う世界が見えてきますよ。

 

だから、あなたが悪いわけじゃなくてただ、運が悪いだけです。だから、運が悪かったらその労働環境から脱出するしかないんですよ。ずっと我慢しても状況は正直変わりませんよ。

なぜなら、私が我慢して結局状況は変わらなかったからです。

地銀に勤めてるときとか、パラハラ上司に当たって我慢して、やっと異動したら、また似たようなパラハラ上司だった・・・・みたいなことの連続でしたからね。

そう運の要素プラス、そういうゴミ上司が多い会社って、社内の雰囲気が悪いんですよ。というかブラックな会社がその会社にブラック具合に比例してゴミ上司が多いです。

これも悲しい現実ですよね。

仕事がユルい会社って意外と普通の人が多いですからね。会社って人間関係の雰囲気までちがってくるんですよ。それに応じてゴミ上司の比率も違ってきます。

だから細かい上司我慢しても、結局また変な上司に当たりますよ、その会社に居続けてもね。だから環境を変えたほうがイイってのは本当に思います。転職は自由ですからね。そこを忘れないようにしてください。