上司のパワハラでもう限界の時に転職する方法【パワハラの少ない会社】

上司のパワハラでもう限界の時に転職する方法【パワハラの少ない会社】

パワハラ上司からのパワハラでもう精神的に限界だ・・・

はやくこの会社を辞めて転職したいな・・・・

どうやって行動すれば、うまく会社を辞めてパワハラが少ない会社に転職できるのかな?

こういった疑問にお答えしています。

本記事の内容

パワハラ上司が少ない会社に転職する方法

パワハラ上司が少ない会社に転職する方法

パワハラ上司が少ない会社に転職する方法は以下の通りです。

・パワハラの少ない業界に入る
・会社の口コミは必ずリサーチする
・もしブラック企業にはいってしまったらすぐにやめる行動をとる

パワハラの少ない業界に入る

結論を言うと、パワハラの「少ない業界」に入るのがベターです。

パワハラの少ない業界

製造メーカー(工場作業をふくむ)
食品メーカー(工場作業をふくむ)
地方公務員
エネルギー業界(JR たばこ NTTなど)
インフラ業界(電気・ガスなど)
外資系企業
ペンチャー企業

パワハラの多い業界

金融業界
飲食業
販売業(アパレルなどの接客販売)
商社
不動産業界
マスコミ業界
古い体質の大企業全般

会社の口コミは必ずリサーチする

今ではネットで会社の口コミをチェックすることができます。

口コミを調べて

「仕事がきつい」
「パワハラが多い」

なんて口コミがある会社はやめておいたほうがベターです。

地元の会社とかなら、友人や知人にその会社について知ってる人もいることも多いです。

「この会社ってどう知ってる?」

という感じで、聞いてみるのもありです。意外と聞いてみると、会社のうわさってのは広がっているので、口コミが手に入りやすいです。

もしブラック企業にはいってしまったらすぐにやめる行動をとる

そうやって調べても、ブラック企業に入ってしまう・・・・・というのは100%避けることはできません。

万が一、ブラック企業に入ってしまったら、すぐにやめましょう。

理由は、ブラック企業に入ってガマンして働いていても、どのみちメンタルを病んでやめてしまうからです。

中途ハンパに長く働いてからやめる・・・・となると年齢が上がってしまって、そこからの転職が厳しくなるからです。

求人を探す方法

求人を探す方法は以下の通りです。

ハローワーク

メリット

地元の求人が多い

デメリット

ブラック企業の求人も多い

※ハローワークは求人掲載が無料でできるので、ブラック企業が1年中ずっと求人を載せてるからです。

求人誌

メリット

地元の求人が多い

デメリット

検索できないので自分の求める求人を探すのがめんどう

バイト・派遣の求人が多いので正社員募集には向かない

転職サイト

メリット

自分に合った求人を教えてくれる。

非公開の求人が多く、求人誌には出ない求人を探すことができる。

アドバイザーから履歴書の書き方や面接の方法を相談できる。

デメリット

アドバイザーと面談がめんどくさい人には向いていない。

 

こういったメリットデメリットがありますが、効率的に転職活動するには転職サイトを利用するのがベターです。

転職サイトの選び方

転職サイトの選び方

転職サイトの選び方の選び方は以下の通りです。

・求人数の多いサイトを選ぶ
・アドバイザーの対応がいいサイトを選ぶ
・自分の希望の業界が強いサイトを選ぶ

求人数の多いサイトを選ぶ

求人数が多ければ、希望に会う求人がある可能性はそれだけ高くなります。

求人数の多い転職サイトを使いましょう。

アドバイザーの対応がいいサイトを選ぶ

アドバイザーの対応がいいと、質問もしやすいですし、自分に合った求人を聞いたりするのも、聞きやすいです。

アドバイザーの対応がいい転職サイトだと活動がかなりヤシやるくなるからです。

自分の年齢にあった転職サイトをつかう

自分の年齢がアラサー以降だったら、総合的な転職サイトを使う

自分の年齢が27歳くらいまでだったら、若者向けの求人が多い専門の転職サイトを使う

年齢に会った転職サイトを使うとそれに合った求人を用意してくれるので、活動がとても楽になります。

優良な転職サイト

27歳くらいまでだったら若者向けの転職エージェント

就職shop

業界最大手「リクルートキャラリア」が運営する「若者向け求人」の転職サイトです

求人がある企業を100%取材してるので、ブラック企業が少ないのが特徴です。

 

就職Shop(公式サイトに移動します)

ジェイック

特に、アドバイザーの対応がいいと評判の転職サイトです。

履歴書の書き方、面接の方法などを聞きやすい、アドバイスを受けやすいです。

 

フリーター就職・既卒就職なら[JAIC(ジェイック)]説明会申込(公式サイトに移動します)

年齢が30歳前後より上だったら一般の転職エージェント

リクルートエージェント

業界最大の転職サイトです。

圧倒的な求人数があるので、どんな業界の求人にも強いというメリットがあります。

 

【リクルートエージェント】(公式サイトに移動します)

パソナキャリア

製造メーカー・IT企業・医療福祉系の求人に特に強い転職サイトです。
業界大手のサイトでリクルートエージェントほどではないですが、求人数はかなり多いです。

 

【パソナキャリア】(公式サイトに移動します)

まとめ

パワハラで精神的に限界の場合には、今の会社から(パワハラ上司)から逃げる・・・

そして、パワハラが少ない会社に入る・・・・

というのがベストな行動です。

パワハラをガマンしていても、パワハラは終わらないですし、さらにひどいパワハラにエスカレートします。

早めに逃げる行動して、まともなパワハラの少ない会社に移りましょう。

追記:パワハラ上司が仕事を辞めさせてくれない・言い出せない時には

パワハラ上司が仕事を辞めるのを引き留めたり、上司が怖くて仕事を辞めるのと言い出せない時の行動方法は

パワハラ上司が仕事を辞めさせてくれない・言い出せない時の行動方法

の記事にくわしく説明してるのでごらんください。

----------------------

追記

僕は新卒でブラックに入り

ノルマ・パワハラ・長時間労働・モンスタークレーマー・・・・

一通り経験してしまってから
メンタルを病んでブラックを辞めました。

そこから、定時で帰れる仕事について
生活が楽しくなってきました。

ぶっちゃけ環境が変われば
生活が楽しくなる。

ブラックにいたから楽しくなかった
とくことを経験しました。

結局、自分のいる環境で
生活は変わってしまうものだと
ということを実感しましたわけです。

なので、ブラックにいる時間は
人生のトップのイヤな時間でした。

だからブラックにかかわらないってことが
大事なんじゃないかと思ってます。

そうすると人生も楽しくなるし。

 

この記事では
僕が生い立ち、ブラックで経験したこと
今にいたるまでがわかります。

 

マサのプロフィール ブラックから抜け出してほしい思い

--------------------------

メルマガもやってます。

ブラック企業を辞めたい、関わりたくないといった方に
情報を配信しています。

→メルマガの詳細はコチラから

 

ブラック企業の上司対策
e-blackをフォローする
ブラ脱