大学中退で正社員は無理じゃない理由とフリーターの具体的な就活方法

視野が広がるぜ

大学中退してフリーターやってるけど正社員ってもう無理なのかな・・・

ジッサイ、大学中退しても就職できるのかな?

フリーターだけど正社員に就職できる方法はないのかな・・・・

こういった疑問にお答えしています。

本記事の内容

スポンサーリンク

大学中退で正社員は無理じゃない理由

大学中退したけど正社員は無理じゃない理由は以下の通りです。、

・高卒の人でもイイ会社に就職してるから

・20歳前後は若さの就活メリットがあるから

・フリーター・バイトの正社員の就職窓口がたくらんあるから

高卒の人でもイイ会社に就職してるから

結論を言うと大学中退で正社員になれます。

高卒で就職してる人も多いですし、大学をやめても、そこそこイイ会社んい入ってる人がいるのが普通です。

とはいえ、大企業に入るのはむつかしくなります。

大企業に入るには、大卒の新卒カードをつかって、入り込むしかないですからね。

ただ、大企業でも製造メーカーなどは工場から入って正社員になれますし、普通に高卒の若い子たちが製造メーカーで正社員として働いています。けっこう大手の工場だったりします。

中小企業でもイイ会社はたくさんあります。

逆に中小企業が成長して大企業になれば、そこで出世すれば、ヘタな会社よりも何倍も給料が上がる可能性があります。

20歳前後は若さの就活メリットがあるから

結論を言うと、20歳前後の若い人なら正社員への就職は楽勝です。

理由は「若さの特権」があるからです。

20歳前後なら未経験の求人もいくらでもあります。

20歳くらいなら、2~3年くらい専門学校に行って、スキルを身に着けてから就職してもいですし、

いくらでも選択肢はあります。

大学を中退していてもそこまで深刻に考える必要はありません。

ちゃんとした方法で就活したり、もう一回勉強をし直してから就活すれば、ちゃんとした会社の正社員になるのはわりと楽勝です。

※じっさいに20歳前後での大学中退者でも正社員になれる求人を見てみるといいですよ。わりとちゃんとした(ブラック企業くさくない)会社の求人がたくさんありますから。

フリーター・バイトの正社員の就職窓口がたくらんあるから

大学中退してからフリーターをやってる人・・・・

こういった人向けの、就活をヘルプしてくれるサービスはたくさんあります。

フリーターから正社員むけのサービスがたくさんある理由は

「企業は若い人をほしがってる」

からです。

特に、あんまり名前が知られていない会社は若い人が集まらなにので、こういったフリーターから正社員を目指す人向けのサービスの求人を登録しています。

※あんまり名前が知られてないだけで、イイ会社はたくさんあります。逆に、知名度が高い大企業でもブラック企業はたくさんありますよね。

ユニ〇ロやワ〇ミなどは大企業ですが、社員の仕事はめちゃくちゃきつくて給料もやすいです。

※企業は45歳以上くらいになると、人がいらなくなってリストラしたりします。日本では「年齢」が高いだけで就職が不利になる国です。

若いうちは正社員への就職先はあるので、あんまり不安になりすぎるのはやめておきましょう。

※ブラック企業にさえひっからなければ、若い人の就活はうまくいきます。

ブラック企業を見分ける方法はブラック企業に入らないための会社の見分け方・行動方法・マインドの記事にくわしく書いてあるのでどうぞ。

大学中退のフリーターの具体的な就活方法

大学中退のフリーターの具体的な就活方法

大学中退のフリーターが正社員に就職する方法は以下の通りです。

①大企業に入ろうとしない(大企業がイイ企業ではない)

②大学中退の理由を面接でこたえられるようにしておく

③フリーターが正社員になるための就活ツールを使う

①大企業に入ろうとしない(大企業がイイ企業ではない)

大学中退のフリーターが「大企業」に入るという考えは捨てましょう。

特に名前を知ってるような大企業は、新卒カードを使った就活でしか入れません。

とはいえ、さっきも書きましたが大企業は意外とブラック企業も多いです。

無理に入りにくい大企業を受けていても面接は受からないですし、ブラック企業だったら目も当てられません。

大学中退のフリーターが狙うべき会社は

「あまり名前が知られていない会社」

「これから成長していく可能性のある会社」

です。名前が知られていない会社は大学中退(高卒)の求人を出しています。

これから成長していく会社なら、その会社が成長していけば自然と給料も増えていきます。

※これから成長する会社の特徴

・あたらしい技術や特許をもっている

・成長産業をやっている(IT系やAIなどをあつかっている)

・地味な技術でも国内や世界でのシェア率が高い会社

・経営者の人格がまとも(社員のことを考えている)

・あまり知られていない会社

こういった特徴のある会社は伸びやすいです。

特にポイントなのが「IT」「AI」「シェア率が高い」「特許をとっている」というのがキーワードです。こういったキーワードが出てる会社はチェックしていきましょう。

②大学中退の理由を面接でこたえられるようにしておく

大学中退の理由は面接でこたえられるようにしておきましょう。

理由は、面接で8割以上聞かれるからです。

理由といっても、完全に本当でなくていいので理由を作っておきましょう。

・親が病気になったの学費が払えなくなった

・入った学部以外のことに興味が出た(受ける会社の業界に興味があったなどというのがベター)

・大学の勉強にどうしても興味がもてなく、社会に出て早く経験を積みたいと思った

こんな感じの理由でいいでしょう。

大学中退はネガティブなことなので、なるべくポジティブな感じで話すのがベターです。

面接で大学中退の理由を聞かれたら、すぐに答えられるように準備しておきましょう。

中退理由を考えたら、何度も暗記するまで練習しておくきましょう。

③大学中退のフリーターが正社員になるための就活ツールを使う

大学中退のフリーターが正社員になるための就活ツールを利用しましょう。

こういった専門の就活サイトは若者向けの正社員の求人だけをあつかっているので、求人誌を見たいするよりも楽にイイ会社をさがせますl。

既卒の人やフリーターをやってる人がメインの就活ツールについては第二新卒・フリーター・ニートが就職する方法【ブラック企業をさける】の記事でくわしく説明してるのでどうぞ。

まとめ

大学を中退したといっても、あまりネガティブになる必要はありません。

20歳前後で正社員になれるかどうか悩んでるなら、普通に就活して行動すればいい会社の正社員になれます。

逆に20歳前後で大学中退して

「まだ、若いしフリーターのままでいいやー」

といって25歳くらいまでフリーターをやり続けるのは危険です。

参照記事:26歳のフリーターが30歳までに正社員にならないと人生が詰む理由と就活の方法

いま、正社員になる行動をすれば、かなり将来性があります。

就活をしてイイ会社の正社員になっていきましょう。大学中退をそこまでネガティブに考える必要はないですよ。