仕事を辞める時期とかタイミングなんて自分の都合で考えればいい理由

辞表

仕事辞めるる時期っていうかタイミングって結構悩みますよね。

いろんな記事とかでなんか1月がいいとか3月がイイとか言ってますけど、結論いつと別にいつでもいいってのが現実です。

どうせ会社辞めるって思って行動しようとしているくらいですから、その会社に未練はないでしょうし辞めるならその会社からの評価とかどうでもいいわけです。

だから自分の都合でいいんですよね。というか自分の都合のいい時期にすべきです。

逆にそのくらいの図太さがないと世の中わたっていけませんよ。相手の顔色ばっかりうかがっていたら何もできません。

そもそも会社なんてあなたがある日突然いなくなったとしても、まったく影響はないです。普通に会社は続きますし、業績も1人の人間が抜けたからって全く影響ないでしょう。

そういう風にちょっと冷静に考えてみると、会社辞める時期なんていつでもいいんですよね。そんなのあなたの都合を最優先すればいいだけです。

念を押しておきますけどこれって「自分勝手な行動」ってわけじゃないですからね。会社辞める時期なんていつでもいいってのは当たり前の権利です。

そんなのよりパワハラとかして部下をイジメてる上司のほうが487倍自分勝手ですからね。もう一度言いますけど、会社を辞めるタイミングなんて自分の都合のイイ時期でいいわけです。

なんか、よく会社辞める時期は1月がいい3月がイイ12月がイイとかっていう情報いっぱいありますけど

「いやいや、それじゃあほんとにいい時期っていつだよ?」

って突っ込みたくなってきます。ほんとにそういう情報みてるとバカじゃねえのか?とか思いますね。会社辞める時期なんて自分が辞めて都合のいい時期にきまっています。

もう一度だけ言いますけど、これって自分勝手な行動じゃないですからね。労働者として当然の権利です。

個人的にいいと思うタイミングは、ボーナスもらってからor会社が忙しい時期の直前くらいに退職できるのがベストですね

会社を辞めるのに特に時期的に成約が無い場合は

「ボーナスもらって辞める」

「ボーナスとか無いような会社だったら忙しい時期になる直前に辞める」

のがベストですね。

なんか当たり前と言うか、ボーナス出てから辞めるのは当たり前ですね。

ちなみに私は地方銀行を辞めるときに冬のボーナスが出てから辞めました。12月の忙しい時期でしたけどボーナスもらうためにはしょうがなかったですね。ボーナスと立派ぐれたらけっこうきついですからね。

今時ではブラック企業なんかではボーナスとかロクに出ない会社がありますけど、こういう会社だったら仕事が忙しい時期になる「直前」に辞めたほうがいいです。

そりゃそうですよね。わざわざ忙しい時期の仕事をしてやめるひつようなないですからね。自分の時間と労力が無駄になりますからね。

といっても現実はブラック企業なんかでは毎日のように長時間労働で深夜まで働いているケースが多いので、すべての時期が忙しいってことになります。

だから、ブラック企業とかだったら会社を辞めるタイミングなんて

「自分が辞めたいと思ったタイミング」

でいいってことになります。そもそも会社辞めるタイミングを考えるのは普通の会社の場合で、ブラック企業なんか即日辞めたほうがいいですからね。

このあたりにをなんか「責任感」とか「辞めるのは迷惑」とかなんかキレイごとを言ってる人がいますけど、そんなことばかり考えていたりして自分の行動を妨げているよう

だったら本当に、会社にいいようにこき使われる人生になりますからね。

会社が主体じゃなくてあなたが主体ですからね。

会社を辞めるタイミングはこの時期にしてくれって会社の規定とか法律で決まいるわけじゃあないですから、あなた自身の都合を最優先するのは当たりです。

そうやってみんな生きていますからね。というか先ほど言いましたけど、会社でパラハラやってる上司とかいじめやってる先輩とかのほうが全く持って自分勝手で

会社にいないほうがイイんですけどね。そういう人は会社に居続けますからね。

ちょっと論点がずれてるかもしれませんけど、会社辞めるタイミングなんてほんと自分の都合でいいんですよ。そんなの誰も気にしませんからね。

 

関連記事:仕事を辞める勇気がない人は思考停止してるだけですからね

仕事を辞める勇気が無いとか思考停止してるだけ 退職は冷静に状況を判断すべき理由
会社を退職して仕事を辞める勇気といっても、仕事辞めるのに勇気っておかしいですよね。もっとクールに感情論は捨てて自分の労働環境を判断して決断すべきです。仕事なんて生活を充実させるためにやるものなので、逆に仕事で体を壊したり命を落としたいりしたら本末転倒ですよ。

あと引継ぎとかを気にする人がいますけど、そこも全く気にする必要はありません 異動とかでも3日とかで引継ぎするでしょ?だから引継ぎなんてそんなもんです

あと、会社を辞めるとなると「引継ぎ」とかを気にする人もいますよね。

極論、引継ぎとかなんて無くても普通に会社は回ります。その証拠として、私がサラリーマン時代でも病気とかである日突然会社に来れなくなった人とか

なんか会社をバックレた人もいましたからね。急にその日からその人の仕事の分は他人がやることになります。当然引継ぎとか無くてね。

それでも、仕事を振り分けてこなしてしてきましたしね。しばらくすれば補充の人員も入りますし、普通に引継ぎとか無くても仕事は回っていきます。

もちろん、普通に引継ぎやって退職すればいいわけですけど、そんなのを気にして自分の会社を辞めるタイミングをずらすっていうのはハッキリ言ってナンセンスですね。

まず、会社を辞めるときには建前上は会社を立てるようなことを言ったりします。

「本当は辞めたくないんですけど、どうしてもほかにやりたい仕事がありまして」

とかいのは鉄板ですよね。

でも実際のほとんど辞める理由の本音は

「今の会社が嫌だから辞める」

ってことです。そもそも、こんなご時世に相当嫌な理由が無い限り会社なんて辞めないですからね。会社が嫌で辞める・・・仕事が長時間労働でサービス残業。

パラハラ上司がいてイジメられる。先輩からいじめられる。仕事の量がどんどん多くなってもうエンドレスで家に帰れない。

こういった理由が95%ですからね。逆に言うとそういう会社が多いってことです。かなり悲しい現実ですけど現実なのでしょうがないですね。

だから、そういった会社の都合とかそんなのあまり考えないほうがイイです。だって「辞める会社」ですからね。辞める会社がどうなろうとどうでもイイでしょ?

キレイ事ばかり言っていると本当に会社にこき使われるだけに人生で終わってしまいますよガチで。

仕事辞めるタイミングとか考えてるってけっこう余裕のある人ですからね ブラック企業とかだと辞めるも何も体壊して悲惨なことになりますからね

あと、仕事を辞める時期(タイミング)を考えて悩んでいるって、ぶっちゃけて言うと余裕がある人です。

もう、仕事がきつくて限界とかだったら辞める時期とかそんなの考えてる余裕とか無いですからね実際にはね。

私事で恐縮ですけど、会社を辞める時ってもう、たいてい精神的に

 

「もうこの会社限界だな・・・・・」

 

って会社に愛想が完全に尽きている状態なのがフツーですからね。だからもうこんな会社どうでもいいわマジで。

そいうのが普通なので、会社を辞めるタイミングもなにも「今すぐ辞めたい」ってのが本音の場合があります。上述したようなボーナスもらって辞めるとかそういうのよりも

本当にもうこの会社から脱出したいってのが本音で、なるべく早く辞めたいってのが当たり前の状況ですからね。そんな状況で辞めるタイミングとか冷静に判断できるって

なんか余裕あっていいなーって思います。私はそんな風に会社を辞めた経験もないので、たいていブラック企業でもうダメだ…:みたいな感じで辞めましたからね。

そうい経験から言いますと何度も言いますけど、どんなタイミングで辞めても結局文句言われるんですよ。だって辞めるっていう人間にいい印象をもつ会社んてこの世に

ないですからね。

だったら、自分の好きなタイミングで辞めればいいわけです。会社の都合とかを一瞬でも考えるとまたそこでいいように仕事を盛られたり、最悪辞めないように引き止められて

ズルズルと勤めることになってしまいますよ。

実際そういう風にまじめな人ほど会社ではいいように利用されますからね。会社って我を通したほうがイイですよ。なんかいい人であればあるほど出世もしないですし、辞める時も損をするってのがよくあります。

その証拠にパラハラ上司でいじめ野郎のほうが出世しますし会社では「人間性」っていう評価項目はありません。管理職と言っても管理ではなくて、がんじがらめにして部下をこき使うのがうまい人間がやっぱり出世します。

話が逸れましたけど、辞める時のタイミングで悩んでるってけっこう余裕があるわけですね。うらやましいですね。そんなので悩んでみたいです。

 

関連記事:パラハラ上司の対応方法

パワハラ上司の本当の対処法 上司との付き合い方とか物申すとかするより会社外部の機関にサクッと相談してください
パラハラ上司に対処法ってよく記事とかがありますけど、対処というよりもその上司をサクッと会社外の機関を使って排除する方法をやったほうがいいです。その前にさっさとパラハラ上司にあったら、ICレコーダーで証拠を取って心療内科で診断書をもらって休職して労働基準監督署か弁護士に相談して早めにパラハラ上司を排除しましょう。

転職活動するにしてもブラック企業に捕まらないようにするのがとても大事 落ち着いて転職活動をしていきましょう

会社を辞めるタイミングを探してさっさと辞めて天職活動したほうがイイですからね。

転職活動すると言っても、転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しいイメージもありますし、初めての場合何からやっていいのかわからないってのもありますからね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイですね。ブラック企業じゃない求人があるっていう確認にもなりますし、なによりこれからやっていく仕事を選ぶうえでの判断材料にもなりますからね。

 

→使いやすい転職エージェントの情報はコチラから