キャリアプランを立てられないデメリット 20代で徹底的に自己分析すべき理由

綱渡りするスーツの男

「キャリアプラン」というと簡単に言うと「自分の仕事上での人生設計」です。

どうやって将来的に働いていくか、自分のキャリアをどうやって上げていくかというのを設計キャリアプランですね。

意識高い系の人なら30歳でこういった仕事をしてこれくらいの責任のある仕事をやっているみたいなプランを立てていることでしょう。

ただ、ぶっちゃけ言うと計画を立ててもその計画通りに行くってのは少ないんですよ。いきなり出鼻くじくようで申し訳ないけど、l仕事ってやってみるとわかるけど、自分の思い通りにはできないことのほうが多いです。人生や恋愛と一緒ですよね。

「なんて夢のないことを言うんだ」

みたいに思うかもしれませんが現実こんなもんです。

ただ、かといってキャリアプランを立てないってのもまずいです。キャリアプランはあくまで自分の「理想の仕事の形」という位置づけです。このキャリアプランに沿って仕事のキャリアをアップしていくというのはメチャメチャ大事なんですよ。

だからキャリアプランって若いうちに一回作っておけばいいってわけじゃなく、2~3年ごとに修正改善していったほうが良いわけですね。

そうそれだけ、今の世の中って変化が激しいですよね?つい10年くらい前までスマホがこんな風に普及するっていうことをイメージできた人っていないと思うんですよ。スティーブジョブズくらいですかね?

そう時代の流れの速さは今は尋常じゃなく早いです。昔みたいに会社に入ればそのまま定年という天国のような時代は終わっていますしね。

そのため、キャリアプランを立てて、それを数年ごとに修正していくという作業が一番ベターです。とにかく

「自分がどういった仕事に向いていて」

「どういう仕事をして」

「このくらいの年齢でこのくらいの仕事をしていたい」

というようなキャリアプランを若いうちに作っていくのがとても重要です。それをすることによって人生で仕事に対するモチベーションが飛躍的に上がります。

キャリアプランの立て方の根本についてここでは見ていきましょう。

10年後20年後のことは誰にもわからない 若いうちに自分の自己分析を徹底しておくのがまず大事

先ほど言いましたが10年後20年後のことは誰にもわかりません。

そう世の中がどれだけ変化していくかとか、価値観が変わっていくのは誰も読めません。今素晴らしいと思われていることが10年後には「最悪だな」とか思われるくらい価値観が変わるかもしれません。

ということで、世の中の流れを読むのは無理です。そういったのは時代の流れに自分が合わせて以久科なんですね。

なので

「10年後にはこういった世の中になるだろうから自分はこういう仕事をしよう」

というキャリアプランの立て方はちょっと危険ですよね。

そう変わらないことは

「自分のやりたいことや自分の適性」

はそう簡単に変化しません。そのためには自分についてのことを徹底的に考えて、自分を掘り下げることが大事です。

社会にに出て数年すればたいてい、自分の社会人としての力っていうのがわかります。極論サラリーマンに向いてなければ10年計画で職人になる計画を立てたり、ラーメン屋になる計画を焚けたりするのもアリです。

そう簡単に言うと

「自分がやりたい情熱をささげることができる分野や仕事」

というのは早い段階でわかって多くのがイイです。できれば20代のうちにそれが分かれば転職なども比較的簡単です。

キャリアプランを立てていないことのデメリット

キャリアプランを立てていないと「自分が向いていて情熱がささげる仕事」がよくわかってない状態です。

そういう状態で、仮に今の職場での人間関係が悪化したり、会社がかな向いたりして転職しなければいけなくなったとしましょう。そういう時にキャリアプランを絶ててないと、自分がやりたいことが分からない状態です。

そうなるとどうなると思います?

そう、会社の「規模」とか「ネームバリュー」とか「賃金」だけで会社を選んでしまいます。あと業種とかは「楽そうな業種」とかいう選び方になります。

これも間違いじゃないんですが、一番大事な「自分が向いていて情熱をささげる仕事」がどういうものかわかっていないので会社を選ぶときにそれが「スッポリ」抜けてしまっているんですね。

そうやって会社をテキトーに選んでしまうことになります。キャリアプランが無いんですから自分の仕事選択に対する「軸」が全くない状態ですからね。無理もないです。

そうこうなると、10年後とか後悔するパターンが多いです。自分で納得して決めた会社に入ったほうがイイにきまってます。

そのときに絶対必要なのが「キャリアプラン」なんですね。

そう、ものすごく細かいキャリアプランなんてひつようないんですよ。 どうせこれだけ変化の激しい世の中だから思い通りには行きません。

ただ、自分自身を徹底的に分析して自分の向いていいる職業や働き方を知っておくのはとても大事なこと。それをキャリアプランを立ててしっかり把握しておくのがベターです。

時代の変化はこれから加速していくので自分に合った職業についてくための転職は避けられない時代

意識が高い人で、これからも仕事をバリバリやっていきたい人は「時代の変化はこれからさらに加速していく」といことを念頭に置いておいてください。

変化が速い世の中なので、今やってる仕事の状況が変わることもあります。

私が勤めていた製造業でも10年間で一気に生産量が半減して、仕事のやり方も一気に変わりました。

なので転職したのですが、「この会社がいい」と思って就職しても、会社自体が変わってしまうことも多いです。

そりゃあネットの普及でこれだけ目まぐるしく世の中が変われば、会社の仕事も変化しますし一気の経営が傾いたり逆に一気に会社が急成長することもあります。

そんな自分自身では把握できない変化にビクビクしていても意味はありません。

そう、キャリアプランは「自分自身の適性ややりたいことを徹底的に死ぬほど把握する」という作業でもあります。

それが分かっていれば、会社の仕事内容が自分の適性からはずれたら転職すればいいことです。

もちろん簡単に転職都はいけませんが、キャリアアップしていくためには絶対に必要なのが自己分析を中心としてキャリアプランを作っておくことです。

それを軸に2~3年ごとにプランを修正・改善しつつ今の仕事をどうするか?を考えていくのがベターです。

「今の会社でガマンして定年までいればいいや」

というのも悪くはないですが、必ず後悔するときがきます。人生は一度きりです。

自分の長期的(10年スパン)のキャリアプランを相談するなた転職エージェントがベストです

自分の長期的なキャリアプランを作るのって意外とむつかしいです。そういうばあは自分ひとりで悩んでいないで転職エージェントに相談してみましょう。

エージェントは転職のプロでありこういったキャリアアップのプランに対して的確なアドバイスをもらうことができます。

一人で考えているとどうしても独りよがりになってしまうことって多いですからね(;^ω^)

キャリアプランを考えるなら当然専門家の知識と経験を借りるべきです。自分ひとりで考えるより一気に視野が広がります。

また、キャリアプランを考えることで、自分に合った職業などの求人を選んでくれますし、今後の仕事についても有益な情報を得ることができます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!