転職コラム一覧

転職での面接マナーと企業分析を重視するのが内定をもらう最重要ポイントな理由

中途採用などの転職での面接はマナーと企業分析と自己分析が最重要ポイントです。マナーは一般的なことだけできれば十分ですが、企業分析は徹底的にやるのがベターです。自己分析は客観的に第三者に自分のことを見てもらうのが楽ですし確実です。その方法をご紹介しています。

ブラック職場のプログラマーが待遇の良い職場に転職する方法 

プログラマーというと納期も早く仕事量も多くて激務なイメージです。実際そういう職場も多いですがピンからキリまであり待遇のイイプログラマーもいます。30代で未経験でもそういう待遇のよい職場があるのもプログラマーの職場の労働環境の楽さが激しい理由です。待遇のイイ職場に転職するのがベターなんですよね。

ブラック職種のキャビンアテンダント(CA)を辞めたい CAのスキルを活かした転職方法

キャビンアテンダント、いわゆる客室乗務員は接客業でハードな仕事です。華やかな世界んい見えますけど、やっていることは奉仕作業の接客オンリーの仕事です。語学を生かす機会も少なく接客ばかりをすることになり限界になって辞めたくなる人も多いです。その場合どう言う業界に転職するのがイイかをご紹介しています。

20歳のフリーターでも正社員になる方法 30歳までフリーターだと人生詰むのを教訓にしよう

20歳くらいだとフリーターにやってると楽しいです。わざわざ正社員にならなくてもイイやと思ってしまいます。これが大きな罠でそのままフリーターだと30歳くらいで人生が詰んでしまうわけです。そうなる前に正社員になっておくのがベターです。21歳22歳くらいまでに就職活動をして正社員になりましょう。

就活や面接がめんどくさいのでサボるクセがついたら危険 就活だけはマジメやるべきな理由

就活や面接って確かにめんどくさいです。ただ、めんどくさいと言って就活しないでフリーターになったり派遣っで働いていると30歳くらいで人生が詰みます。そうならないためにも就活だけはマジメにやっておいたほうがイイ理由をご紹介しています。

転職活動がうまくいかない疲れたときは転職エージェント一本に絞って求人を探していこう

転職活動がうまくいかないと心身ともに疲れてきます。そうなるとあれやこれやと行動がブレてしまいます。転職活動で最重要なのは「良い求人を探して面接を受ける」ということです。転職エージェントはこれが最も効率よくできるツールなのでうまく利用して転職活動を乗り切っていきましょう。

30歳以上の転職では求人の情報が最重要 スキルや職歴スキルアップより求人集めが大事です

30歳以上の転職はキャリアやスキルが重視されがちですけど、結局「イイ求人を探す」事につきます。30代前半なら未経験でOKのホワイト企業の求人もありますし、いくらスキルがあっても求人がダメだと結局またしょぼい会社に捕まってしまいます。それだけ求人探しは徹底的にやっていくべきなんです。

サザエさん症候群も重症化するとうつ病 そうなる前に転職を検討しよう

日曜日の夕方になると明日会社に行きたくないから憂鬱になる。いわゆるサザエさん症候群ですね。サザエさん症候群も程度の差はありますけど重症化すると簡単に「うつ病」になります。本当に会社が嫌で嫌でしょうがない。こういう場合はうつ病で体調が悪くなる前に労働佳境を変えることを検討するのがベターです。

保育士の世界はドロドロの派閥がある 人間関係に疲れたら迷わず転園しましょう

保育園は女性だけの特殊社会で人間関係も昼ドラ顔負けのドロドロした世界も実際にあります。先輩からのイジメや主任からの無視、同僚からの嫌がせなどがあるなら素直にその保育園を離れて転園したほうがベターです。そこまでして悪い人間関係い耐えるのは時間の無駄だからです。

error: Content is protected !!