ブラック企業からの転職

ブラック企業からの転職

退職後の転職活動は不利じゃない理由 面接官はそんなところを見ていません

会社を退職してからの転職活動は不利になりがちだと言われています。実はそういうことは無くて、面接官は面接の受け答えで合否を判断しています。ブラック企業が認知されているので会社を辞めてから転職活動をする人のほうが多いくらいですしね。そこはあまり気にすることではないと思います。
ブラック企業からの転職

短い職歴は履歴書に傷がつくは嘘 面接は受け答えと態度で決まる理由

よく3年未満の職歴は履歴書にキズが付くとか言われて転職に不利ということをよく聞きます。それはデマと言い切ってもイイです。今時3年未満で退職するケースなど多々ありますし、面接では実際の人物の受け答えで合否を決めています。あまり履歴書とかは重視されていません。
ブラック企業からの転職

転職の入社前後のギャップを防ぐ方法 自分で満足度を決めて判断すべき理由

転職しても入社後に自分のイメージしていた仕事とギャップがありすぎることがあります。いわゆるミスマッチです。これがあるとまたすぐに外食することになるので、転職するときには応募会社の仕事内容を徹底リサーチして活動する必要があります。
ブラック企業からの転職

会社の考え方・価値観が合わないから辞めたいなら転職すべき理由

会社の経営の考え方が自分と全く違う。会社の役員、社長との価値観・方向性が全く合わない会社で納得できない。こういう場所で仕事をしているとかなりきついです。若いころはまだいいですけど30代40代になってくると本当に居心地が悪くなり、仕事のやる気も全くなくなってきます。その時に転職したいと思っても年齢的に遅いというケースは本当によくあります。そうならないようにしておきたいものです。
ブラック企業からの転職

面接のあがり症対策方法 緊張受入・マインド・模擬面接で克服する

あがり症だと面接でしゃべれないくらい固まってしまうケースもあります。その場合は緊張を緩和させるために、緊張感を受けいれるマインドが必要になってきます。開き直りにちょっと近いですけど落ちてもイイくらいのマインドがちょうどいいです。また、模擬面接を何度もやることで緊張が緩和されていきます。
ブラック企業からの転職

新卒でフリーランスになる方法 期限とやることを決めておく理由

大学を卒業してフリーランスになるのが流行っていますね。普通に働くよりも自分で稼ぐ力を身に着けるのはとても大事なことです。就職するにしてもフリーランスになるにしても特に最初は働く量は多いです。またフリーランスにではいつまでにどれくらい稼げるようになるといった「期限」を決めておかないと年齢だけ重ねてしまうので、期限を区切って仕事をしていきましょう。
ブラック企業からの転職

面接ではマナーと企業分析が大切な理由 転職面接では態度を見られています

中途採用などの転職での面接はマナーと企業分析と自己分析が最重要ポイントです。マナーは一般的なことだけできれば十分ですが、企業分析は徹底的にやるのがベターです。自己分析は客観的に第三者に自分のことを見てもらうのが楽ですし確実です。その方法をご紹介しています。
ブラック企業からの転職

ブラック仕事のプログラマーを辞めたい 長時間労働激務から転職する方法

プログラマーというと納期も早く仕事量も多くて激務なイメージです。実際そういう職場も多いですがピンからキリまであり待遇のイイプログラマーもいます。30代で未経験でもそういう待遇のよい職場があるのもプログラマーの職場の労働環境の楽さが激しい理由です。待遇のイイ職場に転職するのがベターなんですよね。
ブラック企業からの転職

30歳以上の転職では求人の情報が最重要 スキルや職歴スキルアップより求人集めが大事です

30歳以上の転職はキャリアやスキルが重視されがちですけど、結局「イイ求人を探す」事につきます。30代前半なら未経験でOKのホワイト企業の求人もありますし、いくらスキルがあっても求人がダメだと結局またしょぼい会社に捕まってしまいます。それだけ求人探しは徹底的にやっていくべきなんです。
ブラック企業からの転職

保育士の世界はドロドロの派閥がある 人間関係に疲れたら迷わず転園しましょう

保育園は女性だけの特殊社会で人間関係も昼ドラ顔負けのドロドロした世界も実際にあります。先輩からのイジメや主任からの無視、同僚からの嫌がせなどがあるなら素直にその保育園を離れて転園したほうがベターです。そこまでして悪い人間関係い耐えるのは時間の無駄だからです。
スポンサーリンク