転職方法・ブラック企業からの転職コラム一覧

ハローワークの職業訓練後の就職率と就職するためのポイントと裏技

ハローワークでやってる職業訓練校の就職率は7~8割くらいです。ハロワは普通の求人はブラック企業が多いですけど、職業訓練校へ来る求人は割とまともなものが多いです。タダで受講できるのでスキルを磨いておくにはちょうどいいですね職業訓練校。就職するための職業訓練の生かし方をご紹介しています。

アラサーでスキル実績資格なしの転職の方法 面接官は「この人と働きたい」と思う人を選びます

アラサーで転職しようとしても、スキルも資格も仕事での実績もないと悩む場合もあります。ただ、そういったスキルなどは面接ではほとんど重視されません。実際面接官をやっていましたが、面接をして内定のポイントは「この人と働いてみたい」と思う人を採用しているだけです。そのを念頭に置いて転職活動をしていきましょう。

女性の社会進出のメリット 女性軽視のセクハラ・マタハラ職場は転職すべき理由

女性の社会進出はキャリアを持ちながら子供を育てられるという成熟した社会が理想ですよね。そのメリットがあれば女性も安心して仕事ができます。ただ現実はまだ成熟した社会とはいいがたく、セクハラ、マタハラなどが横行しています。そういう会社からは早く離脱して女性の仕事に理解のある会社に入るのが正しい選択になります。

代理店営業の転職先会社を選ぶ方法 ブラック飛び込み営業を辞めたい人は選択肢に入れよう

飛び込み営業をやっているけど、ブラックな仕事すぎて辞めたい。その場合は代理店営業への天昇kを考えるのが選択肢の一つです。やはりノルマが多いということと、飛び込んで営業するというのはもともと無理の有りすぎる仕事です。代理店営業の特徴を見て自分に適している場合は転職をしてみるのも人生の選択肢ですよね。

33歳女性が共働きで小さい子供がいる 定時で帰れる会社に転職が必須な理由

33歳の女性で共働き。しかも小さい子供がいる場合は定時で帰れる会社に転職すべきです。このままキャリアを積んでいくにしても残業が多い会社は生活のバランスがくずれてきて失敗します。子育てに理解のある会社は定時で帰れる会社が多いです。そういう労働環境を自分で作っていきましょう。

32歳の女性が今後を考えた転職成功のポイント 30代のキャリアプランを考えておこう

32歳の女性がこれから転職するにはキャリアプランを考えて転職活動をする必要があります。仕事中心で行くのかプライベート中心で生きていくのかを自分の中で決めて後悔のない30代を過ごしていくことが大事です。そのためにもしっかりとしたプランの作成が必要になってきます。

ベンチャー企業への転職は給料年収をアップされる最短の道 伸びる会社はポストが開いている理由

大企業でも最近では給料が上がっていくことはほとんどありません。年収アップをするにはこれから伸びていくベンチャー企業に入るのが効率的です。ベンチャー企業を選ぶときに経営者や経営方針などをしっかりとチェックしてこれから伸びていく会社を判断するのが重要です。

退職後の転職活動は不利?ブラック企業が知られているため不利にはならない理由

会社を退職してからの転職活動は不利になりがちだと言われています。実はそういうことは無くて、面接官は面接の受け答えで合否を判断しています。ブラック企業が認知されているので会社を辞めてから転職活動をする人のほうが多いくらいですしね。そこはあまり気にすることではないと思います。

外資系企業は人間関係や給料が日本企業よりも上です 転職のメリットは大きい理由

外資系企業のメリットは、日本的な人間関係のしがらみが無くて給料が高いということにあります。仕事ができても給料が上がらなないという矛盾が外資系企業にはありません。仕事に自信がある人なら迷わず外資系企業い転職すべきです。日本的なしがらみが無いのは想像以上に仕事がやりやすいですよ。

キャリアプランを立てられないデメリット 20代で徹底的に自己分析すべき理由

キャリアプランを立てられないという人がいますが、それは自分の人生の目的な「無い」と言っているのと同じです。20代で長期的なキャリアプランを立てることは、お金を稼ぐことよりもかなり重要です。10年20年先のキャリアプランを立てられないのは人生の大きなデメリットです。

error: Content is protected !!