仕事を変えたい時の状況別転職方法 心理状況と労働環境を吟味して早期に人生を立て直すべき理由

仕事仲間

仕事を変えたいと思ってるわけですねあたなとしては

結論から言うと、仕事を変えたいなら「転職活動をする」っていうのがセオリーです。当たり前すぎますけど結論は出ています。

しかし、仕事変えたいと言っても状況が違う場合には、その転職活動の方法も違ってきます。状況によって転職活動の方法は変えていったほうがこれまた無難です。

行動の方法をテキトーにやっていると、時間ももったいないですし、効率も悪いですし、なにより失敗しやすいです。自分の状況をサラッと考えてから状況別に行動していきましょう

仕事を変えたいには大きく2パターンあります 「なんとなく仕事が合わない」と「この仕事限界だもうダメだよ変えたいよ」ってパターンです

仕事を変えたい時には大きく2パータンの思考がありますからね。

「なんとなく仕事が合わない、私の求めている仕事はこれじゃあない」

「もうこの仕事限界だよ無理だよ、仕事変えなきゃ死ぬよ」

みたいなパターンです。

前者のなんとなく仕事変えたい・・・・は今の仕事をするのには別に心底嫌じゃないけど、これから仕事をしていく自分のステップアップのためというポジティブな意識ですよね。待遇とか給料とか要素も絡んでるでしょうね。

それに対して、後者はの「もうこの仕事限界だ」はいわゆるブラック企業で長時間労働の激務をやってパラハラ上司とかにイジメられてもう精神にも肉体的にも限界だから、仕事を変えたい・・・と言ったところです。

程度の差はありますけど、極論言うと仕事変えたいってのはこの2パーターンしかありませからね。

個人的にに思うですけど、今の時代って9割くらいが後者の「もう限界だかから仕事を変えたい」っておもうパターンじゃないんですかね?

そもそも前者のように「なんとなく仕事が合わない」っていう程度の思いくらいでは、会社を辞める人っていないでしょ?完全に自分の能力を持て余して今の会社で物足りないとしても、頭がよくて仕事ができるからといって、次の転職先でうまくいくって行く確証ってないですからね。

一応、サイトの趣旨から転職を勧めますけど、仕事ができる人ならうまくいくって考えは捨てたほうがイイですよ。なぜなら、日本の会社って普通にまだまだ上司に媚び売ったりしないと出世できないですからね、逆に仕事ができると疎まれたりして、仕事の邪魔されたり妬みの対象にされますから。それが日本独特の会社の傾向ですからね。

関連記事:媚びる姿勢がないと出世できませんよ

仕事で出世するためには上司に媚びるのも必要です。露骨に媚びるのもなんですけど、適度に上司を立てることができる人は、仕事ができなくても出世しますよね。現実的にそういう人を何人も見ているので間違いないです。このまま会社で出世しいくつもりなら媚びる技術を習得しておきましょう。

選択肢として、前者の「なんとなく仕事が合わないから仕事変えたい」って思っていて、自分の仕事力に自信のある人は「外資系企業」を目指すのがベターですね。

外資系企業なら日本会社と違って「結果しか」見ていません。そして結果を出せば給料は倍増します。30代で2000~3000万円と言う年収も可能になってきますからね。

その代わり、外資系企業は結果が出ないと簡単にクビになる世界なので自分の仕事力に自信のある人がチャレンジしてくださいね。

関連記事;外資系企業は実力主義で給料も圧倒的に良いですよ

外資系企業のメリットは、日本的な人間関係のしがらみが無くて給料が高いということにあります。仕事ができても給料が上がらなないという矛盾が外資系企業にはありません。仕事に自信がある人なら迷わず外資系企業い転職すべきです。日本的なしがらみが無いのは想像以上に仕事がやりやすいですよ。

後者の「仕事が限界でもう無理だ」って人のほうが圧倒的に仕事変えたいって人の理由で多いと多いと思います。ほんと、仕事ってブラック企業とかで

悲惨な待遇とかを受けてるなら辞めたほうがイイですけど、なんか自分に仕事が合わないってくらいの重いなら正直辞めないほうがイイですよ。

余力のある状態で会社を辞めても、そのあと後悔することが多いですからね。

でもどうしても仕事を辞めたいというなら転職活動を開始していきましょう。転職方法はシンプルに選択肢は2つしかありません。

仕事を変えたいなら転職活動をするというのが結論です 転職活動の方法の選択肢は2つです

仕事を変えたいときには転職活動は必須ですけど、その行動方法はシンプルでです。上述の2つの状況に合わせて行動していくだけなので、焦らず転職活動をしていくのが大事ですね。

「仕事が合わないから仕事変えたい」の場合は普通の会社なので、できれば会社に在職しながら転職活動をする

「仕事が合わないから仕事変えたい」と思ってる位の場合って、いわゆる「普通の会社」なんですよね。激務って程でもなく、普通に仕事ができる環境ってことです。ブラック企業じゃあないわけですね。

その場合は、会社の仕事をやりながら、転職活動をしたほうがいです。仕事をしながらでも時間的余裕がありますしね。それに普通の会社なら途中で気が変わることもあります。

転職活動してると、意外と今務めている会社のいいところもわかってくるんですよね。そういう意味でも、「仕事が合わないから仕事変えたい」くらいのソフトな転職理由なら、まずはその会社を辞めたないで、その会社に勤めながら転職活動をするのがイイですね。そうすれば今の会社を辞めるかどうかも他の会社を見てから決断できますし、転職活動をしていればもっといい会社があるかもしれません。

ポイントですけど、転職活動をしていることは絶対に会社内の人には言わないでください。それが信頼している上司とか、社内の友人とかでも転職活動していることは言わないほうがイイです。

会社って所詮利害関係なので、友達とかに転職活動してるのがばれても、ほとんど会社にバレます。それがばれたら、出世とかができなくなる可能性も高いですからね。保守的な日本的な会社になればなるほどそのかの制が高いです。といかく転職活動をするってことは誰にも言わないほうがいいです。

転職したいなーとかも言わないほうがイイですよ。そこから転職活動をしてるのがバレた人をみたこともありますからね私。

「もうこの仕事が無理だ限界だ」っていうブラック企業で長時間労働、もう精神的に限界なら退職してから転職活動をする

この仕事無理だ限界だよ・・・・っていう場合は、その会社ってブラック企業なんですよね。長時間労働、サービス残業、パワハラ上司、ノルマとかあってキツイみたいな仕事のパターンです。

ブラック企業に勤めながら、仕事をやりながら転職活動をするのは実質不可能です。あなた自身がよくわかると思いますけど、プライベートの時間なんて無いですからね。しかも仕事休んで面接とかに何回も行けないですしね。そもそも、腸う時間労働で精神的に厳戒の状態で時間もないので、履歴書書いたり

面接対策とかもじっくりできないから、ブラック企業で仕事やりながら転職活動って無理ですよ。やりたい人はやってみてください止めませんから。

そもそも、ブラック企業なんて1ミリも務める意味がないので、サクッと辞めて転職活動したほうが、人生のスパンで考えると全然効率がイイですからね。

ブラック企業にずっと長く務める気なんてないでしょ?そもそもどのみち、過労で倒れるか、うつ病になるのでいずれは退職に追い込まれますからね。

早い段階でそれに気づいて、ブラック企業を辞めて転職活動をするってことは、あなたが考えてりう以上に人生において大事な行動になってきます。

なぜなら、転職って若ければ若いほど有利ってのは鉄板の常識ですからね。1日でも早い方がイイにきまってます。そのあたりになるべく早く気付くことができるかが勝負ですね。

関連記事:社畜洗脳が解ければ退職に未練はなくなる

転職を決意する瞬間て、ふと自分が社畜洗脳をされていたというのに気づいてしまうんですよね。そのきっかけは自分がうつ病になったり、あまりに理不尽な仕事を要求されたり大きなショックを受けたりすると社畜洗脳が解けることがあります。労働環境が以上だと気づいてしまったら転職するしかないんですよね。

あとは転職のツールはハローワークとか使うとマズいです これはけっこう大事なポイントです

後は転職するためにハローワークとかちまたの求人誌を使ってしまうとけっこう悲惨です。なぜなら、ハロワとかはブラック企業がてんこ盛りです。これは掲載企業を審査していないからなんですね。ブラック企業の奴隷の優良な漁場になってしまってます。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業ってほとんどないんですよね。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的を得たアドバイスをしてくれます。

転職は、難しいっていうイメージがありますし、初めての場合何からやっていいかもわかりにくいです。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらうなどして履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れまます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

ブラック企業に勤めながら転職活動をすると、この準備と対策を取る時間が無いんですよね。物理的に無理な戦いになってきます。

優良な求人を紹介してもらって、自分目で見てみるのがいいですね。そうすればブラック企業じゃない求人があるってい確認になりますし、これからやっていく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.ワークポート

 

DODAは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

DODAエージェントサービス(←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアワークポートを選択しましょう。

パソナキャリアもワークポートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア 公式

 

ワークポート 公式

 

仕事を変えたいって思うのは、私も新卒で入った地方銀行に入った1週間目から思いましたからね( ;´Д`)

そう思った理由はブラックな環境だったらってのがありますけど、結局「仕事変えたい」って思いつつ8年も勤めてしまいました。

当時はあまりネットも普及してなくて、情報も無かったですけどものすごく後悔してるんですよね今だに。なんでサッサ辞めなかったのか?って後悔しています。

仕事が合わない上にブラックな仕事でしたらね。悩む要素とか今考えると全くないんですおね。

しかし、当時は「転職するといってもまともな会社が無い」的な感じの恐怖心がありました。いわゆる就職氷河期でしたからね。知名度のある会社に入れただけでもよかった・・・・なんて思ってました。

これって完全に間違いだったんですね。別に知名度が無くてもいい会社て世の中にはいっぱいありましたし、全然仕事がユルい会社とかも普通にたくさんありました。

私は地銀から製造業に転職したんですけど、知名度とか全くなかったですけどマイナーな部品ですけど、日本でのシェアを独占していて特許を持っていたんですね。

だから、業績は右肩上がりなんですよね。取引先もそういう会社が多くて知名度が無くても仕事がユルクて、そこそこ給料がもらえる会社が多かったです。

関連記事:製造業のホワイト工場は美味しいですよ

製造業のメーカー企業でホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

ちなみに、勤めていた地銀は合併して社員がリストとかになってましたしね・・・・・辞めてよかったです。

決断が遅いと後悔することもありますから気を付けたほうがイイです。人生は意外と短いので、後悔しても遅いってのは身を持って体験してしまったわけです。

「仕事を変えたい」と思った時点で、もうその仕事にあんまり未練が無いってのは自分でもわかっているはずですよね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!