中小企業から大手企業に転職する時の注意点 狙うべき大企業の特徴とメリットデメリットを知ろう

大企業のビル

中小企業から大企業に転職って普通はむつかしいというイメージがありますよね。

大企業の定義って意外と軽くて300人以上の従業員がいて、資本金が3億円以上あると「大企業」ということになります

参照 大企業の定義(ウィキペディア)

大企業って普通に中小企業で仕事してきた職歴があって、対策と準備をして転職活動すれば「大企業」には入れます。

大企業というと、本当にCMとかで名前の出る会社とか、超大手企業なんかはたしかに「転職」でハリいるのはむつかしいです。それは超大手企業は新卒採用しかしてないからですね。

超大手企業はちょっと正直むつかしいです。残念ですか?

しかし、逆に言うと、普通に大企業なら中小企業からでも無理なく転職することがきます。大企業が転職するのが難しい難しいと言われるのは、こういったネームバリューがーある大手企業ばっかり受けているからで、甘えは知らなくても同じような規模で、仕事内容もいい大企業はいくらでもあります。

私の住んでいる地域はメーカーが多いので、名前を知られていない技術系の仕事を募集してたり、正社員で営業から現場作業員を中途で募集していますからね。

名前はあまり聞いたことが無いですけど、調べてみると高解像度のカメラの技術で特許があったり、駆動系の摩擦材で特許が合ったりする会社がチラホラあります。

そういう会社の業績は、こんな時代でも右肩上がりでした。そう知名度が低くても一分野で特許が合ったりする会社って結構あります。長大企業みたいにネームバリューはありませんが、従業員への福利厚生も高く、工場の作業員でもそこそこの給料がもらえるのが特徴です。けっこうブルーワーカー的なイメーの会社がこういった隠れた優良企業ってことが多い傾向があります。

中小企業から大手企業に転職するなら「一分野で特化した大手企業、それでいて知名度が低い大企業」を狙うのがベター

中小企業から大手企業に転職するって、なんかめちゃくちゃ難しいイメージが先行してますけど、そうでもないですよ。

私の転職した先は製造業の「大企業」というくくりですけど、言い方が悪くて申し訳ないですけど、地元の底辺高校とか出てきてる人でも普通に中途で入って

来てますし、なんか「この人発達障害か?」っていう人も中途採用で入ってきました。実際後々分かったことですけど、その人発達障害でした。自分でも

自覚があって病院で診察受けたら発達障害認定されてましたね。なんか、普通に会話してても会話が通じない時がときがありましたしね。

だから、キャリアとか無くても普通に、タイミングと優良な求人マメに探すこと、履歴書と面接対策をやっていけば普通の中小企業から大企業への内定は取れます。

しかし、大企業といっても飲食系の大企業「ファミレスとか牛丼とかそのあたり」とかに入ってもブラック企業の餌食になるのが解かりますよね?

大企業でも明らかにブラック企業なら普通の中小企業のほうが100倍マシですし、かといって、超大企業でネームバリューも高く、仕事もユルイみたいな会社はすでに成熟した会社で、新卒採用でくらでも人が集まらるので、中途採用なんかしないんですよ。

地味と言うかあまり知られていない会社は、業績が上がっていてもなかなか人材が集まらないので、中途で採用するんですね。

「技術に特許が合ったりして、地味で名前は知られていないけど、その業界に行くとその名前を知らないような会社、業績も右肩上がり」と言う会社ってけっこうあります。一般的には知られていないですけど、その業界にいる人なら知っているような会社ですね。

あと、そういった会社の主要取引先も芋づる式で、優良企業ってパターンも多いです。取引先とかもチェックしたほうがイイですからね。

優良企業の取引先は優良企業ってことがけっこう多いです。逆にブラック企業はブラック企業同士でつるむみたいなイメージですね。

しかし、中で採用を出すといってと言っても2年に一回とかその程度です。なのでその採用するタイミングを逃すとなかなか中途採用でそういった地味で業績がいい会社にめぐり合うことができないんですね。

だから、求人探しってするべきなですよ。ある意味宝探しと一緒です。

仕事をしながらで、とにかく数年くらい探すくらいの焦らない気持ちでそういった、お宝求人を探す必要があります。

そういう風に求人を探しいると、いやでも求人誌とかを見る機会がおおくなりますよね。そうなると

「あれ、この会社っていっつも求人を出しているよな・・・・」

っていう求人があるのに気づくはずです。そういう求人は「完璧ブラック企業」ということになります。ブラック企業は大量募集、大量離職が基本なので、年がら年中求人を募集してるわけですね。

だから、普通に優良な大企業の中途採用が無いかチェックしていると、ブラック企業の求人もすぐわかるようになるので、余分な時間を使うことが無くなります。

といっても、求人誌軟化を使うよりも転職エージェントに依頼して、エージェントに求人を選んでもらうのが一番楽なんですけどね。

関連記事:BtoBの仕事で独時のノウハウを持った会社は強い

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

骨を折るようで申し訳ないですけど、大企業っていっても万能じゃないですよ 中小は中小企業の良さもあるので選択は慎重にしてくださいね

あと、中小企業から大企業に入りたいあなたの骨を折るようで悪いんですけど、大企業って万能じゃあないですよ。

大企業に入りて入りたい理由って、たいてい

「給料がイイ」

「福利厚生がしっかりしている」

「会社がつぶれる心配が中小企業よりは少ない」

っていうくらいだと思います。平均的にはたしかに大企業のほうが給料はイイですしね。安定もしているかもしれません。

しかし、大企業って、仕事は必ず上司をうかがわないといけないですし、なんか妙な報告書をつくるのってメチャクチャ多いですし、大企業だからって

残業が少ないと無くて、給料高い分それなりに激務だったりします。異動も多いですし、付き合いの飲み会とか人が多い分頻繁にあってメンドクサイですからね。

中小企業にも大企業にもメリットデメリットがあるので、個人的には「大企業が勝っている」ってことは思っていません。

だから、このあたりは「大企業だから絶対に中小企業よりはいいに決まっている」と言う風になるんじゃなくて、自分なりに考えてみて転職先を吟味したほうがいですからね。

転職って、満足度が60%以上あったら大成功ですからね。今の会社の満足度って30パーセントくらいでしょ?だからそのあたりまで満足度が60%以上になれば転職大成功ということです。

ちなみにブラック企業に入ってしまうと、満足度とかはマイナス147%くらいになります。この辺りは論外ということになりますからね。

余談ですけど、大企業でもブラック企業はかなりありますから気を付けて下さい。特に飲食系、販売系、広告系は金融、介護当たりの業界は大手のブラック企業が多いので気を付けてくださいね。

関連記事:零細企業のメリット

零細企業というとイメージが悪いですけど、どんな大きな会社も最初は零細企業だったわけです。そこから成長していく会社を選んで転職出来れば、仕事もバリバリできますし、社長の側近になって給料も会社の成長に合わせて急速に上がっていくというメリットがあります。大企業gばかりに目が行っていると、そういった零細企業のメリットを取りこぼしてしまうことになります。

どちらにしても転職をするならブラック企業に捕まらないのが絶対条件なので焦らず活動していきましょうね

中小企業から大企業に転職するにしても、転職するなら転職サージェントを使うのは必須です。転職活動のツールで何と使うか?っていうと転職エージェント一択ですからね。やっぱり転職してブラック企業に捕まるってのは一番避けたいところです。そこをうまくできるのが転職エージェントなわけなんですよね。

転職エージェントでは、厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。これは大手企業で同じです。

また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って難しイメージがありますし、初めてだったりするとなにからやっていいかも、わかりにくいものです。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスを持ったりして履歴書を作り、面接対策をすれば普通に内定は取れます。

準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですよね。

優良な大企業の求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがいいですね。ブラック企業じゃない求人があるという確認にもなりますし、コラからやってく仕事を選ぶ判断材料にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.リクルートエージェント

2.パソナキャリア

3.JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

 

リクルートエージェントは特に非公開求人の充実と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録はスマホでは下段の転職希望時期→希望勤務地と入力していき、パソコンでは公式ページのだいだい色のボタンの「簡単スピード無料登録」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけでスマホ・パソコンとも1~2分ほどで登録が完了します。

登録が終わるとエージェント(転職アドバイザー)からTELで連絡が入り、転職についての面談カウンセリングの日程を調整します。TELには出てくださいね(;´Д`) エージェントやさしいから大丈夫です笑。

後日、日程を合わせてエージェントと面談カウンセリングをするまでが一連の流れになります。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は、求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

【リクルートエージェント】 (←公式サイトに移動します)

 

 

 

リクルートエージェントが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアJAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)を選択しましょう。

パソナキャリアもJAC Recruitmentも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDリクルートエージェントに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

パソナキャリアは幅広い求人が多くJAC Recruitmentはハイクラス企業の求人が多いのが特徴ですね。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

パソナキャリア (公式)

 

JAC Recruitment(公式)

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
error: Content is protected !!