-ブラック企業脱出マニュアル-

最初の会社は入った時にブラック企業と気づいていた でも時代背景もあってずっとここにいるしかないと思っていた

ノルマ地獄に追われる毎日 でも成績を上げても出世しない給料も上がらない「これおかしくね?」と思い始めた

過労が限界でうつ病を発症する 体が動かない死にたいと毎日思うこの悲しみ なんでこんなことになったんだ?

ブラック企業を辞める時のポイント 退職拒否などの対応など

ブラック企業を辞めて転職するときにあった特徴的なことをご紹介

 

-ブラック企業につかまらない就活のポイント-

ブラック企業に捕まらないための転職方法はハローワークや就職情報誌を使わないこと

就職活動のためのツールは効率はブラック企業の少ない効率のいい転職ツールを利用する

面接を受けた会社もしくは受けようとしている会社に行って職場の雰囲気を見ておく

万が一にでもブラック企業に入ってしまったと感じたら即日辞めるくらいのマインドを持つ

 

-ブラック企業への思い-

ブラック企業にいても1ミリもイイことは無い でもブラック企業は増え続けるため自分の身は自分で守るしかない

ブラック企業と昔の奴隷制度の時代とそんなに変わらない なんでそこまでして人を働かせるのか WINWINの関係でいいじゃん

 

-優良な転職エージェント一覧-

転職エージェントの詳細

第二新卒の転職エージェントの詳細

保育士の転職エージェントの詳細

薬剤師の転職エージェントの詳細

 

塾業界はブラック企業 総合職や塾講師で入ってはいけない理由と転職のススメ

塾業界はブラック企業ですよね。総合職や塾講師といった職種の違いはあっても、保護者からのクレーム、長時間の労総時間、サービス残業、子供のお守り夏休み冬休みの地獄の塾スケジュールといったとにかく激務です。生徒の成長を見たいといったやりがいだけではとてもやっていけない仕事量ですね。その実態をご紹介しています。

ブラック企業で毎日終電で帰れない仕事辞めたい それなら環境を変えていきましょう

ブラック企業にいると毎日終電まで働かされて、帰れないのはアリがちです。もう仕事辞めたいですよね。そのままその職場で仕事をするのはただのドMです。そして体を壊してうつ病になるのが目に見えているんので、とにかく労働環境を変えていくために行動しましょう。

転職が多い人でも理由があれば不利にならない ブラック企業にいるより転職成功のほうが100倍マシ

転職が多い人だと「履歴書が汚れる」みたいな不利になる傾向がありますよね。でも時代も変わってきて、より良い労働環境を自分で探していくというのが普通になっていきました。転職でもブラック企業とかにいて悶々としているより転職したほうが100倍マシです。転職が多くても理由があればそれほど不利になりませんよ。

コミュ障でも正社員でできる仕事でお勧め編 営業に回されたら転職を考えるのが得策ですよ

コミュ障でも正社員でできる仕事はあります。一つだけコミュ障で絶対やってはいけない仕事は「営業」です。もし営業に配属されたら、転職を考えるべきですね。具体的なコミュ障でもできる仕事をご紹介しています。

理不尽な上司に言い返すよりも対処方法が大事 会社の本部か労働基準監督署に進言べき理由

理不尽な上司に言い返しても無駄なんですよね。会社を辞めたいですし組織では上司にたてついても無駄なので、上司の暴言をしっかり「録音」して会社の本部や労働基準監督署に報告しましょう。そうすればたいていそのクソ上司はどこかに行きます。とにかく上司の暴言の証拠を取っておくのがキモです。

地方銀行員のブラック具合がわかる友人の体験 辞めたい気持ちが勝って転職した話

地方銀行はブラック企業が多いです。特に中途半端に発展している地方にはブラック地銀ばかりがはびこっています。といっても銀行は、ノルマ、パワハラ、サービス残業などが普通でノルマい追われて一生を終えていきます。それが嫌で転職する人は正しい選択ですよね。地銀から逃げ出したお話です。

履歴書に派遣社員在職中の職歴の書き方 フリーターから正社員に就職するための行動解説

履歴書に派遣社員在職中の職歴をどうやって書いてイイかは悩むところです。あまり気にせずに、派遣社員の職歴も普通に書けば良いんですよね。そこまで、気にする必要はありません。派遣でも普通に仕事していればアピールポイントはあるはずなのでそこを積極的に書いていきましょう。

ゼネコン(建設業)を辞めたい ブラック企業な実情と衰退産業からは自分から脱出すべきです

いわゆるゼネコンはやめとけ激務だからといわれてますけど、建設業は言わずと知れたブラック企業で残念ながら衰退していく業界です。ゼネコンに勤める人から現場監督、末端の職人までとにかく工事単価が低く人件費を削りまくってるので、納期もぎりぎりで長時間労働、サービス残業、休日はない人間関係も悪いという悲惨な状況です。こういった労働環境からはいち早く脱出すべきなのです。

error: Content is protected !!