サービス残業・時間外勤務を強要する会社の不満への対応方法と転職したほうがイイよと言う理由

時間とビル

サービス残業や時間外勤務での残業代が払われないって、そんな会社いくらでもありますからね。

労働基準法には罰則とか無いですし、サービス残業をしていても逮捕とかはされることはないですからね。その時点でそりゃサービス残業やりますよ。

そういう会社はもともと「社員を違法でも無料でこきつかって少ない人件費で利益を上げよう」と思ってる経営者ってことです。経営者をやる人はサイコパスが多いのでそういうことは躊躇なくやります。

サイコパスっていうのは、生まれつき悪いことをしても罪を感じない人です。サイコパスって頭のイイ人が多いので、人を殺しても罪の意識を感じない人も多いですけど、それをすると捕まるというのも理解しているので、頭のイイサイコパスは法に触れること捕まることはやらないですし、法に触れてもうまくすり抜けれられることは平気でやります

さて、そんなサービス残業をする会社には愛想が尽きていると思いますけど、サービス残業を訴えて、市表せる方法た確かにあります。

サービス残業を是正する方法

サービス残業を強いられて、その残業代を払わせるためにはいくつか方法があります。

①労働基準監督署に相談する

②弁護士に相談する

③労働組合にを作る

こういったことがあげられます。これがよくある方法ですよね。これの大前提はまず、「サービス残業をやらされている証拠をとっておく」ということです。

タイムカードとか今時時ではICカードとかで退社時間を打刻したりすると思いますけど、よくあるのが退社時間を打刻してから仕事をしたり、そもそもそういったタイムカード的なものが無いというひどい会社もいまだにありますからね。

まずは、サービス残業をやらされた日付時間をしっかりとメモやブログとかなんでもいいですから、その日付と時間を記録として残しておきましょう。

そういうのが数カ月あれば証拠としては十分ですからね。

その証拠を持って、労働基準監督署に相談したり、弁護士に相談すれば残業代を勝ち取ることもできる可能性が高いです。

あとは、会社に労働組合が無ければ労働組合を作ることで、サービス残業を改善要求することができますしね。

労働組合を作ると、会社と対等に話し合いができる権利、いわゆる団体交渉権を得ることができます。これって憲法28条で認められていますから、会社側は交渉を拒むことはできないんですね。労働組合が無い会社は労働組合を作って、権利を主張するという方法もあります。

さて・・・・でもこういったことまでしてサービス残業払わせるってめんどくさいですよ( ;´Д`)

そもそも、サービス残業をしない会社ならそんなことしてまで、労働基準監督署に訴えたり、弁護士に相談したり労働組合を作る?とかって仕事しながらそんなことするって人生の時間がもったいないような気がしますけどね・・・・・

サービス残業を訴えて支払わせる方法とかはあります でもそこまでしてその会社にしがみつくのもどうかと思いますよ

そもそもサービス残業を強要している会社って「ブラック企業」が多いですよね。そういった会社とかのために労基とか弁護士に相談したり、しかも労働組合とかを作ってまで対抗する手間と時間をかける意味ってあるんですかね?

そんな会社にいてあれこれ会社を相手に交渉するって時間もったいなくないですか?精神的にもきついですし、そんな暇があるなら普通にまともな会社に転職したほうがイイような気がしますけどね・・・私間違ってますかね?

そういった、悪質というか程度の低いサービス残業をやらせるのが前提みたいな会社と交渉とかしても消耗するだけだと思いますけどね。

それに、そんな訴えをしてサービス残業代を勝ち取ったとしても、その会社自体の労働環境とかどうですか?激務でこき使われて給料とか安いんじゃないですか?そんな会社でそこまでして残業代を勝ち取ってもあんまり意味がないような気がしますけどね・・・

そもそも残業の訴えの時効って2年なんですよね。なので長年勤めてきても2年分しかもらえないってことじゃあないですか。

それじゃあもらえても多くて100万円くらいじゃないですかね?労力を使うわりには得るものが少ないような気します。

そもそも、そんな訴えをしたりしたらその会社での出世とか目をつけられて絶対無理ですし、長期的に見たらそこにいてもしょうないいでしょう

サービス残業をやらせている会社が悪いっていうのは疑う余地はないですけど、それに対して訴えを起こしたらその会社での出世とか絶対でいないですからね。

そりゃ、建て前的にはそういった訴えをして人に制裁的なことをしちゃいけないことになっていますけど、会社としてはこんなめんどくさい奴、さっさと辞めてほしいに決まってます。

会社が欲しい人材ってのは「なんでも理不尽な仕事でも言うことを聞いて、サービス残業も文句を言わないで働いてくれる奴隷」が欲しいわけですからこうやってつっかかってくる人はもう会社としてはいらないわけです。

それに、ぶっちゃけいう言ことを聞く奴隷のほうが出世しますしね。まあ、ブラック企業で中途半端に出世してもさらに仕事がきつくなるだけなんですけどね。しかも給料はたいして上がらないですし、責任だけ大きくなるという出世パターンがブラック企業の特徴です。

何が言いたいかと言うと、サービス残業を訴えたとしても、そのまま働いていたしたとしても、そんな会社で働いていても「未来はない」ってことですね。

そんなことするなら普通に転職活動してサクッと「まともな会社」「残業代が出る会社」「そもそも定時で帰れることの方が多い会社」に転職したほうがイイにきまってます。サービス残業だ出る出ないとかで争っているのってなんかバカみたいですよね。

サービズ残業しない会社とかもありますよ。そもそも接客業とか販売業はサービス残業が多いです そのあたりの業界は外したほうが無難

世の中には、当たり前ですけど、サービス残業とかをしないというかやらせない会社も多いです。というか労働基準法で残業代はつけるのが決まってますから

当たり前なですけどね。

サービス残業が当たり前・・・・ってなっている会社ってのはどのみちだんだんと経営が傾いてきます。そりゃ、長時間労働が前提の経営で利益を上げてるわけですからね。仕事の「効率」を考えていないということです。

これほどネットなどの進歩出てきた世の中で、いまだに長時間労働、人海戦術をやっているような経営方針ならいずれ会社はじりじり傾いてきます。どのみちブラック企業ですから、長期間勤める人もあんまりいないと思いますけどね。

あと、サービス残業が多い業界ってのはだいたい決まってますしね。

飲食、販売業、金融、広告、芸能・・・・こういったところはメチャサービス残業ですからね。時間の観念とかそういうのは無いと言ってもイイです。

他にも挙げればきりがないですけど、逆に残業自体が少ないのはメーカーだったり、工場系だったりと時間で稼働している仕事とかですね。

そもそもサービス残業ありきで、それが前提で会社が経営されているっていうのはあまり未来がありません。これだけ情報が発達して仕事の効率化もはかっていける状況でありながらそれができないということは、長期的に見ればその会社は衰退していくに決まっていますからね。

人海戦術的なビジネスはもう限界にきていると思います。24時間営業とかも正直必要ないですからね。無理に人を低賃金でいいように使って利益を上げていくビジネスモデルはもう終わりがはじまっていますよ。間違いなくね。

そんなサービス残業をやらせる会社にウンザリしているならさっさと転職するのがベターです

サービス残業を強要する時点で会社の質が著しく低いというんは簡単にイメージできますよね。先ほどいいましたが、そういった会社は長期的には衰退してきます。ワ〇ミとかそうですからね。そういったブラック企業的なビジネスモデルはもう限界にきています。

だから、早めにその会社から脱出するのがベターですよ。転職が難しいとかいう情報ってそういったブラック企業に奴隷を縛り付けるための情報操作もありますからね。

ただ、転職と言ってもハローワークとかちまたの求人誌にはブラック企業がたくさん掲載されていますしね。ハロワとかは掲載企業を審査したいないので、ブラック企業が多く掲載されています。どれの狩り場と化しているわけですね。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

たしかに転職って不安ですし、なかなか行動を起こしにくいものです。

しかし、転職って優良な求人を消化しいてもらって、アドバイスをもらったりして履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですんよ。

優良な求人を消化しいてもらって、自分の目でみてみるとブラック企業じゃない求人があるという確認にもなりますし、これからやる仕事を選ぶうえでの参考にもなりますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.ワークポート

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性がグッと高まりますよ。

 

 

転職サイトDODAで求人探し

 

DODAエージェントサービス (←公式サイトに移動します)

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はワークポートリクルートエージェントを選択しましょう。

ワークポートもリクルートエージェントも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く見ることができることと、転職エージェントの使い勝手や担当するアドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるため、時間的に余裕がある場合には併用をするのも効率のイイ転職活動をするポイントになります。

 

ワークポート 公式

 

リクルートエージェント 公式

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!