-ブラック企業脱出マニュアル-

最初の会社は入った時にブラック企業と気づいていた でも時代背景もあってずっとここにいるしかないと思っていた

ノルマ地獄に追われる毎日 でも成績を上げても出世しない給料も上がらない「これおかしくね?」と思い始めた

過労が限界でうつ病を発症する 体が動かない死にたいと毎日思うこの悲しみ なんでこんなことになったんだ?

ブラック企業を辞める時のポイント 退職拒否などの対応など

ブラック企業を辞めて転職するときにあった特徴的なことをご紹介

 

-ブラック企業につかまらない就活のポイント-

ブラック企業に捕まらないための転職方法はハローワークや就職情報誌を使わないこと

就職活動のためのツールは効率はブラック企業の少ない効率のいい転職ツールを利用する

面接を受けた会社もしくは受けようとしている会社に行って職場の雰囲気を見ておく

万が一にでもブラック企業に入ってしまったと感じたら即日辞めるくらいのマインドを持つ

 

-ブラック企業への思い-

ブラック企業にいても1ミリもイイことは無い でもブラック企業は増え続けるため自分の身は自分で守るしかない

ブラック企業と昔の奴隷制度の時代とそんなに変わらない なんでそこまでして人を働かせるのか WINWINの関係でいいじゃん

看護師でも楽でのんびり働ける職場を探してみよう ブラックな職場から離脱しよう

看護師の仕事で楽でのんびり働けるような職場ってのは決まっています。「夜勤が無くて」「急性期医療が無くて」「組織が大きすぎない」ってことですからね。そこから自分のペースで働ける職場を選んでいくことは本当に大事なことですよ。無理に激務の職場を選ぶ必要など全くありませんからね。

看護師のシフトが出るのが遅い病院はブラックな激務で人間関係が悪いことが多い理由

看護師の仕事していて翌月のシフトが出るのが月末ギリギリとかで遅いっていう悩みはよく聞きます。こういう病院て仕事がなあなあだったり、効率が悪かったりしてその分仕事が激務だったり人間関係が悪かったりする傾向もあります。そういう病院に勤めている場合は労働環境を見直したほうがいいケースも多々あります。

看護師の人間関係が悪い職場を辞めたい 閉鎖社会で女性社会でのストレスが原因な理由

看護師の仕事は長時間労働で不規則で病人を相手にするのでそれこそ神経をつかいます。ただでさえストレスがたまるのに、その上に人間関係までわるかったら目も当てられません。それこと簡単に過労で倒れたりうつ病になったりします。そうなる前には労働環境は見たのしたほうがベターです。

大卒で期間工をやるのは一時的にすべき理由 効率よい転職活動で正社員になるべき

大卒で期間工をやるのは、あくまで一時的な「つなぎ」の働き方にすべきです。期間工をしながら転職の準備をしたりするのがベターですね。期間工を一生の就業形態にするっていうのはあまりに危険ですし、将来惨めな思いをする可能性が高いのであまりおススメできません。

パワハラ上司の末路は悲惨 会社から捨てられ誰からも無視される人生

パワハラやってる上司って会社に守られているうちはイイですけど、会社から捨てられることもあるもろ刃の剣の人間です。どもみち会社から外に出れば誰にも相手にされないゴミクズなので、多かれ少なかれ悲惨な末路を歩みます。パワハラ上司がいる会社は早めに離脱したほうが無難ですよ。

口下手な営業の成果を出す会話と営業を辞めたいなら転職すべき理由

営業って多少口下手でも普通に成果を上げることができます。流暢にしゃべれるのがそこまでメリットにはならないのが営業です。お笑い芸人じゃないですからね。営業にはやり方があってお客さんから会話を引き出す方法をが最も大切です。でも営業はつとレスがたまるのであまりやりたい仕事ではないんですよね。

体育会系のクズでヤバい奴がいる会社を辞めたい? パラハラ・飲み会強要するのは当たり前

体育会系の人間がクズでヤバいってのは疑う余地がないですけど、そういった人間が多い会社にハマると本当にきついですからね。営業の仕事とか会社自体が体育会系で、飲み会強要、パラハラ、イジメなどをされている場合はその環境からの早めの離脱がおススメです。

NO IMAGE

仕事を辞めたい新卒入社が半年で転職を決意すべき理由 思考停止を避けるべき

新卒で入った仕事を半年で辞めたい・・・っていう直感を大事にしたほうがいいです。3年は頑張ろうとかいう思考停止に陥ったり、自分の状況を変えていくことをしないと年齢だけが上がって転職がやりずらくなって、メンドクサイことになりますからね。

モンスターペアレントへの対応方法と転職すべき理由 人間関係のストレスは無い方がいい

モンスターペアレントの対応方法はとにかく謝ってのらりくらりとかわすことです。謝り方にもコツがあり、どうしてもかわすことができなければ、第三機関の手を借りることになります。それかもうそういう輩がいる職場って労働環境を変えたほうがいいいんじゃない?ってお話です。

error: Content is protected !!