ブラック企業対策

仕事で休憩に行けない会社や辞めたほうがイイ 労働環境がブラック企業確定な理由

仕事で休み時間とかがあるけど忙しくて時間が取れない・・・・休憩に行けないってのは普通に労働基準法違反ですし高確率でブラック企業ですからね。どうせサービス残業とかもやらされるんでしょうね。そういう職場は早めに脱出しないし辞めたいと思ったらすぐ行動したほうが無難です。
仕事お役立ちコラム・雑記・忘備録

円満退職は不可能だしありえない 辞める会社など気にする必要など全くない理由

円満退社って実際にはあり得ないというか無理です。そもそも円満退社を目指すとかは意味はないですし、退職する会社にいい顔してもそれによって1ミリもメリットはないです。しっかり有休取得などの権利を言わないとそのあたりちょろまかされるので、円満退社を理由にいいように最後までいいように言いくるめられますよ。
ブラック企業対策

仕事が泣くほど嫌で辞めたい 過剰なストレスでうつ病になる前に行動すべき理由

仕事があまりに激務だったり人間関係が悪かったりすると、ほんと泣くほど嫌だ、思わず泣いてしまうってことはけっこうあります。そういう職場では想像以上のストレスがたまるのでちょっと冷静に考えると、もう労働環境は変えたほうがいいい決まってます。無理してうつ病とかになったら取り返しのつかないことになる可能性もありますからね。
仕事お役立ちコラム・雑記・忘備録

給料減額されて辞めたい 給料が下がるとサービス残業も同じで労働環境見直すべき理由

給料を減額されてもう退職するほうがいいんじゃね?って思うのは普通ですし、割と正しいです。給料が下がるってのは傾斜の経営が悪化、仕事をしても今後給料が上がる可能性はゼロに近くて、仕事自体も評価されていないってのがまるわかりですからね。いいことは一つもないですから労働環境は変えたほうがいいに決まってってます。
ブラック企業対策

会社に不信感があるから辞めたい時の行動方法 転職か我慢するかの判断は大事です

今務めてる会社に不信感があるってのは、けっこうありがちなことです。そもそも会社を「信頼する」ってことは危険ですからね。不信感があっても労働環境がマシならまだ我慢したほうがいいですけど、不信感があるる会社ってだいたいブラック企業なのでそこにいる意味はあまりありません。行動しないと永遠に不信感を持ったまま働くことになります。
会社での人間関係の対応方法

会社で尊敬できる人がいないから辞めたい 上司・先輩が尊敬できない会社の現状

会社で尊敬できる人ってのは実際いはなかなかいません。尊敬できる上司、先輩がいないから辞めたいってのはナンセンス。そういう人材がいない会社だから経営が長期的いヤバくなるんじゃないの?っていう視点でその会社を見たほうがいいです。そりゃまあ尊敬できいる人がいない会社はショボい人材ばかりってことですからね。
会社での嫌な上司の対応方法

上司が気分屋でうざいから辞めたい パワハラ八つ当たり上等の上司から逃げる方法

上司が気分屋で毎日情緒不安定で対応がもういやだ。ウザいしもう辞めたいよとか思いますしね。こういった上司の対応は無視とかま無駄です。異動するか転職するかの二択です。当たり前なんですけどね。けっこうい加減なアドバイスが多すぎて悲しい現実です。
仕事お役立ちコラム・雑記・忘備録

うつ病で仕事干されるなら逆にラッキー 時間があるスキに転職活動すればいいじゃん

激務やひどい人間関係でうつ病になって休職したりすると、たいてい仕事を干された状態になります。これってラッキーじゃないですかね?仕事やらなくて給料もらえるなんて最高です。そもそも上司とかで仕事ロクになってないで給料もらってる人とかけっこういるでしょ?それといっしょですからもっと楽に考えるべきです。
仕事お役立ちコラム・雑記・忘備録

転職が恥ずかしいなら一生奴隷 社畜洗脳を解いて行動しないと人生破たんする理由

転職するのが恥ずかしいってのはナンセンスですし、完全に社畜洗脳されています。そんなショボい理由で行動を渋っていたら自分の人生がどんどん悲惨方向性にいくのは簡単にイメージできますからね。意志が弱いとかそんなレベルじゃなくてほんと意味不明なレベルなのが「転職が恥ずかしい」っていう心理です。そんな風に思ってるなら転職なんてしないほうがイイですよ。
転職方法・ブラック企業からの転職コラム

1日12時間労働がきついから辞めたいのは当たり前 サービス残業だったら即転職すべき理由

1日に12時間労働は単発ならいいですけど、それがずっと続いていくのはけっこうきついです。それを続けると高確率で肉体的にも精神的にもボロボロになって辞めたくなります。うつ病になりやすいですし、実際経験上ボロボロになって使い捨て人財として扱われているのと一緒です。
スポンサーリンク