転職コラム一覧

ノルマがなくて「BtoB」の業界に入るのがブラック企業に捕まらないポイント 特許があり独自の経営をしている会社を選ぶのがベターな理由

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

20代後半のフリーターやニートが正社員に就職しないと人生が詰む理由 効率的で賢いホワイト企業への就職方法

20代後半でフリーターニートのままでそのまま30代になると人生が詰みます。正社員になるのが難しい、きついと嘆いているだけで現実から目をそらしているとそのまま一生バイトや派遣で生活することになります。20代後半のフリーターでも就職できないというのは間違いで、普通に準備と対策をすれば内定を摂れる理由をご紹介しています。

働きながら転職活動するにはハローワークを使ってはいけな理由 在職中での転職活動を効率よくやる方法

働きながら転職活動をするのにハローワークを使うのはNGです。在職中の転職活動はきついし辛いですからね。そのうえブラック企業満載のハロワを使ったら悲惨なことになります。効率よく時間を使って転職活層をしていくのがベターです。その方法をご紹介しています。

転職するか迷っている人は転職理由を書き出して分析すべき理由と後悔しない転職方法

転職するか迷っている場合には、まず転職したい理由を書き出して理由をネガティブなものかポジティブなものに判断する必要があります。その判断によってなるべく早く行動を決定することが必要です。転職は年齢が若い方が有利と言うのが鉄板なので、だらだら時間が過ぎてしまうと後で必ず後悔することになります。

入社四年目で会社を辞めたいと思うようになる理由と実際の転職方法

会社に入って4年目くらいだと会社のことも仕事のこともわかってくる時期で自分の限界もかってくるので辞めたいと思うことはよくあります。そもそもその会社で10年後にイヤイヤ仕事をやっているイメージしかない場合は20代のうちに転職をしておくおとは最重要課題です。自分の将来に負のイメージしかない場合は労働環境を変えていく必要があります。

転職失敗で辞めたい 転職したばかりだけど会社を辞めたい時のマインドと実際の転職方法

転職をしたけど、その転職先の仕事が合わない、あまりに条件と違う、人間関係が最悪だというケースもあります。そういう場合はあまり悩まずまた転職すればいいだけです。そのために転職という方法があるわけですし、そこで我慢していても1ミリも人生いい方向に進まないですからね。

転職の面接で落ちる3つの理由と5つの対策方法

転職の面接で落ちまくるのは私も転職の時に経験しました。面接で受からない理由がわからなかったのですが、そこを自分なりに考えてみて、それについて対策していきました。理由と対策を私なりに転職経験から具体的に書いてみました。自分を客観的にみてみて対策をしていけば面接はクリアーできるので大丈夫ですよ。

転職活動でハローワーク使うのは危ない 嘘の求人とブラック企業があるハロワの現状と正しい転職方法

転職活動でハローワークを使うのは危険です。嘘の求人でもOKというのが厚生労働省のページから公然と成り立っていますし、そもそもブラック企業ばかりのハロワと利用自体が無駄です。優良な求人を紹介してくれるツー路を最初から利用するのがベターに決まってますので、気を付けてください。

賃金・スキルアップ・会社への不満が転職で同業他社への成功のカギな理由

賃金が低い、スキルアップしたい、会社に不満のあると言うケースでは同業他社に転職すれば解決るる可能性は高いです。面接のときにはそういった不満をうまくプラスの内容にして志望動機にすればOKです。同業他社への転職は今でも常識となっているので労働環境を見直してみましょうね。

アラサーでスキル実績資格なしの転職の方法 面接官は「この人と働きたい」と思う人を選びます

アラサーで転職しようとしても、スキルも資格も仕事での実績もないと悩む場合もあります。ただ、そういったスキルなどは面接ではほとんど重視されません。実際面接官をやっていましたが、面接をして内定のポイントは「この人と働いてみたい」と思う人を採用しているだけです。そのを念頭に置いて転職活動をしていきましょう。

error: Content is protected !!